小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ニコラテスラをよく知れるおすすめ本6選【入門から上級まで】

エジソンよりも偉大な発明家だったと言われる「ニコラ・テスラ」。彼は世界の電源システムを考えだした天才発明家ですが、その生涯は決して明るいものではなかったと言われています。

ここでは、ニコラ・テスラに興味があって調べた筆者が、テスラについて書かれている本で代表的な6冊を紹介します。

今回は初心者向け、中級者向け、上級者向けという3つの切り口で紹介します。

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙

読んでみて

ニコラ・テスラが100年ほど前に出版した2冊の本をまとめた本です。テスラの本の中でも人気が高く、導入として読むべき一冊だと言えます。自伝なので、謎多きニコラ・テスラについて知りたいときに読みたい本です。

内容はやや抽象的で、テスラの天才性が伺える著書となっています。そのため、論理的に解読するというよりは、読みながら書かれていることの本意を察する読み方になります。好き嫌いは分かれる一冊と言えそうです。

みんなのレビュー

未来テクノロジーの設計図 ニコラ・テスラの「完全技術」解説書 高電圧高周波交流電源と無線電力輸送のすべて

読んでみて

テスラが35歳のときに、国際学会で発表した内容の本です。「超高周波超高電圧の電源」について書かれており、後半はテスラの「世界システム」についても語られています。

やや難解で、中級者から上級者向けの内容ですが、テスラが発明した電気の仕組みがどうなっているのか、「世界システム」とはなんなのかが読み取れる一冊です。

みんなのレビュー

私たちが生活にかかせない蛍光灯を開発した人である
ニコラ・ステラは他にも様々な発明をしました。
その仕組みを知っておいてもいいかと思ったので本を選びました。

ブクログ

天才二コラ・テスラのことば

読んでみて

タイトルの通り、テスラの言葉で語られた著書です。雰囲気としては名言集のような感じがあり、テスラの詩的なセンスが楽しめる一冊です。

天才らしい抽象的な言葉が多いですが、比較的読みやすいので、初心者から上級者まで読める本です。ニコラ・テスラの天才性と思考がわかるので、論理的にも直観的に読めます。

みんなのレビュー

ニコラ・テスラの地震兵器と超能力エネルギー—人類が知らない重量(スカラー)波の存在を探る

読んでみて

近年、話題となっている地震兵器というキーワードがタイトルに登場する、見るからに興味深い本です。都市伝説でもおなじみの地震兵器について触れているので、タイトルに惹かれた方は読むといいでしょう。

テスラの理論が展開され、常人には理解し難い文章もあります。ただ、扱っている題材が地震兵器、超能力エネルギーなどマニアックなので、感心がある方は間違いなく楽しめる内容です。

みんなのレビュー

発明超人ニコラ・テスラ

読んでみて

偉業を成し遂げた天才発明家にもかかわらず、その知名度は低いニコラ・テスラ。そんなテスラについて日本人が書き記した伝記が、この『発明超人ニコラ・テスラ』です。

テスラが成し遂げた成果、目指していたいものがわかる本で、客観的に書かれているのでわかりやすいです。初心者から中級者まで楽しめるので、テスラに興味がある方は一度は読むといいでしょう。

みんなのレビュー

知られざる天才ニコラ・テスラ

読んでみて

テスラが送ってきた人生がわかりやすく書かれている本です。読みやすいので、テスラのことをよく知らない、知っているけど深くは知らないという方でも楽しめる内容です。

また、エジソンとの関係も書かれているので興味深いです。テスラがいかに天才だったか、どのような経緯でマッドサイエンティストになったのかがわかり、彼の研究や功績についてわかります。

みんなのレビュー

まとめ

ニコラ・テスラについて詳しく知れる、またはテスラの本の中でも人気のタイトルを6つ紹介しました。

この記事で特に伝えたかったのは、以下の通りです。

  • テスラについて書かれた本で代表的な著書6選
  • それぞれ、どのような内容なのか?
  • 初心者から中級者におすすめのテスラの本はどれか
  • 上級者向けのやや難度が高い本はどれか

ニコラ・テスラの言葉は抽象的かつ神秘的なものも多く、一般には難解な文面も多いですので、初心者でも読める本を紹介しました。

また、どのレベルの読者に適しているかも説明しているので、参考にしていただければと思います。

この記事を読んで、偉大な発明家ニコラ・テスラについて理解を深めてほしいと思います。

コメントを残す