小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

統計学を学べるおすすめ本・書籍10選【初心者向けからビジネス向けまで】

「統計学に興味はあるけれど、どの本を読んで学んだらいいのだろう」
「AIブームで統計学に興味を持ったけど、もっと統計について詳しくなれる本はないかな」

統計学は、現代の生活の根幹となっている学問分野といってよいでしょう。ビジネスの世界においてもマーケティングや販売戦略を考えるうえで、統計学を活用することは必須となっています。

しかしながら、社会に出てから統計学の重要性を知ったものの、具体的にどのように統計学を学んでいけばよいか悩まれている方は多いのではないでしょうか。

また、近年のAIブームで統計学に興味を持たれた方も多いと思います。しかし、AI技術に統計学が活用されているとは聞いたものの、どのように統計学を学んでいけばよいか迷ってしまうのではないでしょうか。

この記事では、大学でAIを研究し統計学について学んだ筆者が、「統計学を初めて学ぶ人向けの本」「AIと統計について学べる本」「ビジネスに統計学を活用するための本」という3つの切り口で、統計学に関する本について紹介します。

統計学を初めて学ぶ人向けの本

完全独習 統計学入門

読んでみて

本書は、統計学を初めて学ぶ人、統計学を学ぶことに挫折した人をターゲットに書かれた統計学の入門書です。統計学を学ぶ上で最小限の情報を載せており、できるだけ簡単に統計を学ぶことができるように構成されています。

統計学を学ぶ上で障害となる数学的な知識をできるだけ省き、だれでも統計学を学ぶことができるようになっており、数学にアレルギーがある方にもおすすめできます。また、終盤には株式や社会調査などの実例を通して、統計学についての理解をより深めることができます。

統計学や数学に苦手意識をもっている方におすすめできる一冊です。

みんなのレビュー

[図解]大学4年間の統計学が10時間でざっと学べる

読んでみて

「大学4年間の〇〇が10時間で学べる」シリーズより、統計学について書かれた本著を紹介します。

本シリーズは大学で学ぶ学問のエッセンスをできるだけ短時間で学べるように解説することが特徴です。統計学に焦点を当てた本著では、東大の教授である筆者により、東大で学ぶ統計学をできるだけ優しく、かつ簡潔にかみ砕いて解説してくれます。

また、近年話題となっているIoTとセンサーによる情報収集やビックデータ、AIについても解説を行っています。

統計学を簡単に学んでみたいという方に、最初におすすめできる一冊です。

みんなのレビュー

マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆる~く解説

読んでみて

本著は、どうしても難しそうな印象を持たれてしまう統計学を、漫画という形式で学ぶことができるベストセラー本です。

とにかくゆるく統計学について解説しているところがポイントで、統計学とは何かという基本的な内容から、正規分布や仮設検定といった統計学の根幹までを漫画を読みながら学ぶことができてしまいます。

漫画を読み終わったときには知らないうちに統計学が身についているという、素晴らしい本です。文書を読むのが苦手な方は是非読んでみてください。

みんなのレビュー

統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)

読んでみて

本著は、長年東大の統計学の講義で利用され続けている伝統的なテキストです。

東大の教科書ではあるものの、一般の方からの評判もよいベストセラー本です。数学は登場するものの複雑な内容ではなく文系の方でも読み解くことができるでしょう。

統計学入門というタイトルながら、内容的には難しい範囲も含み、これを読み切れれば統計学の基礎についてはマスターしたといってもよいでしょう。

本格的に統計学を学んでみたい方に、最初の一冊としておすすめできる本です。

みんなのレビュー

AIと統計について学べる本

完全独習 ベイズ統計学入門

読んでみて

本著は、AIの根幹技術となっているベイズ統計学について学ぶことができる本です。

Googleの検索エンジンや、PCの文字入力における予測変換機能、ネットショップのリコメンド機能など、ビジネスの多くの分野で活用されているベイズ統計学ですが、具体的な中身を学ぶのはなかなか難易度が高い分野です。

こちらの本では、そんなベイズ統計学をビジネスパーソンでも学べるように、徹底的に易しく解説していることが特徴です。

IT業界に勤務している方はもちろん、それ以外にも社会で使われている統計学に興味がある方はぜひ読んでみてください。

みんなのレビュー

データ分析のための数理モデル入門 本質をとらえた分析のために

読んでみて

様々な社会現象を読み解くためには、「モデル化」を行うことが重要となります。この本では、現実をコンピュータで扱うためのモデル化の手法を解説しています。

AIを活用するためには、データ整備と仮説の設定が重要になります。その際に大切なのが、問題を解決するためにそろえたデータを抽象化する、いわゆるモデル化と呼ばれる手法です。本書を読めば、AIを活用するためのイロハを身に着けることができるでしょう。

ビジネスにおいてAIの活用が求められている中、AIについて学びたいという方におすすめできる一冊です。

みんなのレビュー

データ解析のための統計モデリング入門――一般化線形モデル・階層ベイズモデル・MCMC

読んでみて

本書は、AIを活用するための応用的な知識について解説された本です。これまでに紹介した本より少し難易度は高いですが、AIと統計学に関する網羅的な知見を身に着けることができます。

前半では、統計学の基本的な考え方やモデル化の手法について解説を行い、後半ではモデル化されたデータをもとにベイズ統計学を用いて問題解決を行うための手法について解説を行います。

本格的にAIと統計学ついて学んでみようと考えている方におすすめしたい一冊です。

みんなのレビュー

ビジネスに統計学を活用するための本

やさしく学ぶ データ分析に必要な統計の教科書

読んでみて

本書は、特に普段あまりデータ分析を行わないビジネスパーソンに向けに、データ解析の基本を学ぶことができる一冊です。

現代において、売上分析やアンケート解析など、データを収集し解析を行い、次のアクションを決定するという流れはビジネス活動において必須のものとなっています。しかし、これらのデータを「正しく」分析できる人は少なく、なんとなく分析をしてしまっている方は多いのではないでしょうか。

統計学を身につけてビジネスに活用したいと思っている方には、おすすめできる本です。豊富な図解とともにストーリー仕立ての解説を読むことで、あっという間に統計学を身に着けることができますよ。

みんなのレビュー

統計学が最強の学問である[ビジネス編]――データを利益に変える知恵とデザイン

読んでみて

本著は、統計学のブームを巻き起こした大人気シリーズである「統計学が最強の学問である」より、特にビジネス面での統計学の活用にスポットを当てた一冊です。

先進企業はいったいどのように統計学を活用しているのか、統計学を武器に企業を行った筆者が解説を行います。経営戦略や人事、マーケティング、オペレーションにおいて統計学をどのように活用していくのか、本書を読むことで理解を深めることができます。

日本ではあまり聞きなれない手法である「リサーチデザイン」という統計学を活用したビジネステクニックの紹介もあり、ビジネスにおいて統計を活用したい方にはお勧めできる一冊です

みんなのレビュー

図解 アンケート調査と統計解析がわかる本

読んでみて

続いては、アンケート調査と結果解析の分野における名著と呼ばれる本書を紹介します。

他の本と比較して少し難易度は高い本ではありますが、この本を読んだ多くの方々はその実用的な内容について絶賛しています。基本的な内容から応用的な内容まで、アンケート調査に活用できる多くの知見が記された一冊です。

アンケート調査を行う必要に迫われているものの、そのやり方がよくわからないという方には、特におすすめしたい一冊ですよ。

みんなのレビュー

まとめ

この記事では、「統計学を初めて学ぶ人向けの本」「AIと統計について学べる本」「ビジネスに統計学を活用するための本」という3つの切り口で、統計学に関する本について紹介しました。

統計学は、あらゆる学問や社会生活の根幹となっている重要な分野です。統計学を学ぶことで、社会がどのように成り立っているのか知ることができると思います。

この記事で紹介した本を読むことで、統計学についてもっと興味を持ってもらえたならうれしいです。

コメントを残す