小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

狭山事件とは?事件の真犯人や経緯、場所、長い間問題になっている理由について解説

「狭山事件ってどんな事件だったの?」
「結局犯人は誰だったの?」
「なんでこんなに長い間問題になっているの?」

あなたはこのような疑問を抱いているのではないでしょうか。狭山事件とは1963年当時高校1年生だった少女が下校途中に行方不明となり、3日後に遺体で発見された事件です。

埼玉県の南西に位置する狭山市(写真は稲荷山公園)

遠い昔に起こった事件であるにも関わらず、狭山事件について聞いたことがあると言う人は多いでしょう。世間では度々問題にされてきましたが、その内容までは詳しくは知られていないかもしれません。

今回は狭山事件がどんな事件で、なぜこれほど長い間問題になってきたのかを明らかにしていきます。

今回は狭山市と深い縁がある私が、狭山事件の詳細や真犯人、被害者家族、そして事件にまつわる謎についても詳しく解説していきます。

狭山事件とは

事件発生からすでに57年が経とうとしている
事件名狭山事件
事件内容強盗強制性交殺人事件
発生日時1963年5月1日
発生場所埼玉県狭山市
犯人石川一雄
罪状強盗強制性交
強盗殺人
死体遺棄
恐喝未遂

狭山事件の流れを簡単に解説

屈託のない笑顔が愛らしい中田善枝

1963年の5月1日、埼玉県狭山市で、当時高校1年生だった少女が帰宅途中で行方不明となりました。必死で探す家族には身代金を要求する脅迫状が届けられました。被害者の姉が犯人の言う通りに指定場所に向かいましたが、無残にも少女は3日後に遺体で発見されます。

犯人として逮捕されたのは、同じ狭山市内に住む当時24歳の青年でした。

狭山事件の犠牲になったのは、市内の農家の四女・中田善枝(16歳)でした。5月1日は高校に登校、午後3時23分に目撃された後に行方がわからなくなったのです。

身代金を要求された家族は5月2日の深夜、要求どおりに指定場所に向かいました。そこで犯人に遭遇、会話までします。しかし、警察の張り込みに気づいた犯人は逃走し、4日に善枝は遺体で発見されるという最悪の結末を迎えたのです。

その後5月23日に別件で逮捕された市内に住む石川一雄が、狭山事件の犯人として再逮捕されました。

被害者宅に届いた脅迫状が大きな証拠に

かなり読みにくそうな脅迫状だ

犠牲者となった善枝が行方不明になってすぐに、兄が車で高校に様子を見に出かけました。結局善枝の居場所はわからずじまいだったのですが、高校から帰宅した後、自宅のガラス戸に白い封筒が挟んであるのに気が付きます。

それが身代金を要求する脅迫状で、状況から犯人が直接被害者宅に届けたものと思われますが、それを家族の誰も目撃していないことが不自然にも感じられます。しかし、自筆の脅迫状は事件の大きな証拠となりました。

犯人として逮捕された人物とは

石川一雄の逮捕当時と現在の様子・時の流れを感じる

犯人として逮捕されたのは、石川一雄という24歳の青年でした。中学校を除籍処分となった石川は職を転々としていましたが、1962年から63年にかけて市内の養豚場で住み込みで働いていました。この養豚場の関係者の筆跡鑑定をおこなったところ、石川の筆跡が脅迫状と一致したのです。

石川は乱暴で粗野な性格だと言われており、前科はついていなかったものの、ケンカや窃盗を繰り返していたため、評判は芳しくありませんでした。その上、事件の犯人の血液型がB型だと発表されると、自らの血液型がBであるにも関わらず、A型だと偽りました。

石川は周りから見ると、どこまでも疑わしい存在だったのです。

拭いきれない冤罪の可能性

こちらはシチズン・コニー(1962年製)の復刻版

中学校を除籍処分となった石川一雄。彼がきちんと学校に行ったのは、小学5年生までと言われています。そのため、事件当時石川は満足に読み書きができなかったと主張しています(石川によれば1967年頃から独学で読み書きを学んだそうです)。そのため脅迫状の筆跡と石川の筆跡が同じだと判断されたことには、疑問が残ります。

また、石川の自供により、被害者のカバン、腕時計、万年筆が発見されましたが、腕時計は警察側からの発表とはまったく別のものが発見されました(警察側の発表はシチズン・コニー。実際に発見されたのはシチズン・ペット)。

被害者が使っていた万年筆のインクはブルーブラックでしたが、自供により発見された万年筆のインクはライトブルーでした。これでは、犯人をでっちあげたと考える人がいても不思議ではありません。

警察の捜査における問題点

現在の埼玉県警察本部

1963年3月に発生した「吉展ちゃん誘拐事件」で警察は犯人を取り逃がしています。そのわずか2カ月後に再び犯人を取り逃がした警察には、世間の厳しい声が寄せられました。被害者の遺体が発見されると、警察庁長官が引責辞任をせざるを得ない状況に追い込まれたのです。

埼玉県警は165名体制の捜査本部を発足させましたが、それでも捜査は難航していました。なんとしてでも警察は狭山事件の犯人を逮捕、自供をさせたかったはずです。その強い思いは、冤罪を生んでしまったのかもしれません。

当時の捜査陣は石川に対して、罪を認めれば10年で出所できるようにはからうと持ちかけたそうです。石川には余罪がたくさんあるため、殺人の罪を認めなくても10年くらいは刑務所から出られない、それならば殺人を含めても10年で出所できるなら、良い話ではないかということだったようです。

石川一雄にもさまざまな問題があったようですが、こうして見ると警察の捜査にも問題点があったのではないでしょうか。

1 2 3

1 COMMENT

A

呆れて物も言えないようなしょうもない文章で読んだ自分が可哀そうになる。時間をつぶしたくないがこれだけ指摘しておく。被害者の少女の鎮魂の意を込めて。

近くの養豚場が部落出身者の所有だったから警察が目につけたと言い切っているが、全く違う。警察が取り逃がした犯人の足跡を追ったからここが浮かび上がった。石川はここで働いた経験があり、ここの友人だった。

自白を強要されたかもというが、「やった」「やらない」の話ならわかるが、犯人しか知らない通学カバンの埋められている場所を、どう強制自白するのか、ユリゲラーじゃあるまいし。
姉が要求金を渡しに行った時は妹はまだ生きていると思っていた。だから言うとおりに出かけた。当然でしょう。この時点でノイローゼになるわけがない。こんなこともわからないのか。妹を残虐に殺害されたがゆえに精神異常に至ることもある、当然。また、この姉は犯人と片言の会話をしているが石川の声がそっくりだ、と同行の男性とともに証言している。こういう事は完全に無視して「石川が無罪であることを知っての罪悪感か」などとのたまう。

少女の魂は狂暴な殺人者が部落出身というだけで英雄視されているのを見て無念と察する。
改めて鎮魂を祈る

返信する

コメントを残す