小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

石川啄木をよく知れるおすすめ小説10選【有名作品から歌集まで】

「石川啄木さんの小説で読みやすい本ってどれだろう?」
「作品数が多すぎて選べない…」

と悩んでいませんか?

石川啄木さんは多くの小説を執筆しているため、どれを選べば良いのか迷いますよね。

そこで今回は、石川啄木の作品が好きな著者が石川啄木さんをよく知れる10冊のおすすめ小説をレビューも交えて紹介します。

この記事を読めば、あなたに適した小説が見つかりますよ。

石川啄木をよく知れるおすすめ小説10選

一握の砂

読んでみて

石川啄木さんの作歌を集めた一冊。明治41年から43年まで551の作品が収められています。

また、「1首3行書き」の形式で「東京」と「北海道」での生活について書かれているのです。批判や哀惜の内容が多くなっています。

石川啄木さんは現代的な感覚を持っている人物だと感じました。作品の中には「愛犬の耳を斬る」というの歌があり、衝撃な部分もあります。

石川啄木さんのどのように生きてきたのか、知りたい人におすすめの作品です。

みんなのレビュー

札幌

読んでみて

石川啄木さんの中編小説(長編と短編小説の間の長さがある小説)。札幌での人々の姿と生活を書いている作品です。

筆者が札幌に滞在した期間は2週間でした。小説の登場人物には人物にはモデルがおり、事実に基づいた小説です。

この小説は最初のページからインパクトがあり、引き込まれる内容でした。また、ユーモアのあるキャラクターと微妙なロマンスが良かったです。

石川啄木さんが札幌で過ごした日々がどのような内容だったのか、興味がある人におすすめします。

みんなのレビュー

病院の窓

読んでみて

この小説は、釧路新聞の佐藤という男性をモデルにした作品です。さまざまな気持ちの葛藤しながら生きている男性が書かれています。

1人の新聞記者の生き方や様子が描かれていて、リアルさを感じました。また、男性が今の生活から抜け出そうとしている姿を上手く表現されています。太宰治さんよりも優れた作品だと思います。

石川啄木さんと太宰府さんの作品の中を読み比べてみたい人に、おすすめです。

みんなのレビュー

足跡

読んでみて

「スバル」に掲載するために作られた小説です。登場人物の若い教員は石川啄木さん自身で、過去の記憶を元に書かれています。

しかし、中村星湖さんから厳しい意見を言われて、作品は完成せずに終わりました。

この小説は文章が良くて、素晴らしい内容だと感じました。また、予想できない展開が楽しみです。美しく流れます。

石川啄木さんの新たな小説を探している人に、おすすめのしますよ。

みんなのレビュー

葬列

読んでみて

この作品は、石川啄木さんの活字になった最初の小説です。内容としては、馬鹿茂とお夏との話が書かれています。

石川啄木さんの豊かな感性が表現されている内容になっていました。一冊を読むためには時間がかかります。

しかし、読み応えがあるため、読んでみる価値があるでしょう。読者の人生を変えるきっかけになる可能性があります。

小説好きな人にはたまらない一冊です。

みんなのレビュー

雲は天才である

読んでみて

石川啄木さんが、故郷で小学校の教員していた時の話が書かれた一冊。この作品は1906年の夕方頃から書き始めた作品です。

当時の石川啄木さんの状況が分かる内容になっています。

この小説を読んだことで、自らの人生に影響を大きな与えた人もいました。読者の心を動かすような内容になっており、素晴らしい作品です。

教員時代の石川啄木さんを知りたい人におすすめの一冊です。

みんなのレビュー

天鵞絨

読んでみて

「天鵞絨」は、田舎から逃げて東京に出た女性について書かれてます。

また、平穏な農村に対する作者の思いが込められている作品です。

この本を読んだ人は、「最高の内容だと感じる」や「多くの人におすすめしたい」との声がありました。さらにどのような展開になって何が起こるのか、楽しみな一冊。

読み応えがある小説を探している人は、一度読んでみてください。

みんなのレビュー

漂泊

読んでみて

「漂泊」は1908年に発表された作品で、小説の中では3人の青年が登場します。その中で主人公は石川啄木さんの分身とされているのです。

また、他にも文学人の吉野章三さんや教師の大島経男さんと似た人物が登場しています。

この小説は物語が良くて、絶妙な内容になっていました。読者の人生観を変えてくれるような作品と言えるでしょう。

悩みを抱えている人は「漂泊」を読んでみることで、新たな発見ができる可能性がありますよ。

みんなのレビュー

鳥影

読んでみて

「鳥影」の元の題は「静子の悲」でしたが、途中で「鳥の骸」に変更されます。最終的には、「鳥影」になり、1908年に東京毎日新聞に連載されました。

作品は全体的に理解しやすく、読み応えがあります。また、物語に引き込まれる内容で思い出に残る一冊でした。

読み応えのある小説を探している人におすすめします。

みんなのレビュー

二筋の血

読んでみて

「二筋の血」は石川啄木さんが、子どもの頃に体験した女児と死に関する思い出が書かれた作品です。この小説の中で石川啄木さんがどのような表現をするのか迷っている部分が表れていました。

小説の内容は本当に魅力的で、素晴らしかったです。途中で悲痛に感じる部分もありますが、最後まで読み応えがありました。最後のエンディングは意外に驚かなかったです。

難しい内容で読み直すこともありますが、石川啄木さんの小説を楽しみたい人におすすめします。

みんなのレビュー

まとめ

今回は、石川啄木さんをよく知れる下記10冊のおすすめ小説をレビューも交えて紹介しました。

  • 一握の砂
  • 札幌
  • 病院の窓
  • 足跡
  • 葬列
  • 雲は天才である
  • 天鵞絨
  • 漂泊
  • 鳥影
  • 二筋の血

石川啄木さんの小説は、読み答えがある作品が多くあります。

また、石川啄木さん自身を描く内容も盛り込まれているため、小説を通じて彼の生き方が知れますよ。

彼がどのような生き方をしていたのか、興味がある人は一度読んでみてください。石川啄木さんの小説家としての表現力や感性について、学んでいきましょう。

コメントを残す