小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

坂本龍馬の姉「坂本乙女」ってどんな人?性格や龍馬に与えた影響とは?

日本史上でもトップクラスに有名な偉人・坂本龍馬。型破りな行動力や、志半ばで暗殺されたという悲劇性、その死に残る多くの謎などから、多くの歴史ファンを虜にする人物です。

そこらのゴロツキにはまず負けないレベルの武力と、武力では勝てない人間を味方に引き込む話術、自分よりも頭の良い人間を味方につける人懐っこい人柄など、基本的に様々な分野で”勝利”を収め、自らの理想に向けて邁進を続けた龍馬ですが、その龍馬が武力でも話術でも人柄でも、全く頭が上がらなかった人物が、おそらくは日本史上にただ一人だけ存在しています。

その人物は”坂本乙女”。名字からも(というかこの記事のタイトルからも)分かりますが、坂本龍馬の実の姉です。

日本の歴史そのものに関わった人物ではありませんが、龍馬を育て、愛し、導き続けた乙女という女性は、ある意味で言えば明治維新に無くてはならない存在だったとも言えます。

この記事では、そんな坂本乙女という人物について、龍馬との関わり以外の観点からも深掘りしていきたいと思います。

坂本龍馬の姉はどんな人?何人いる?

坂本龍馬の姉」というと、やはりこの記事で取り上げている乙女が有名ですが、実は龍馬には乙女を含めて3人の姉と、1人の兄がいました。大家族の中の末っ子ということで、多くの愛情を受けていたからこそ、龍馬は気弱ながらやさしい少年として育ったのでしょう。

家族構成は以下の通りです。

  • 父:八平直足
  • 生母:幸
  • 義母:伊与
  • 長男:権平直方
  • 長姉:千鶴
  • 二姉:栄
  • 三姉:乙女
  • 二男:龍馬

長姉の千鶴と二姉の栄については、殆ど記録が残っておらず人物像が不明瞭なままです。

しかし、色々な意味で”濃い”エピソードを残す乙女を「嫁の貰い手がいないかも」と心配していたという話が残っていることから、その時代に即した価値観を持っていながら、乙女との仲は決して悪くなかったことは推察されます。

坂本龍馬の姉「坂本乙女」とはどんな人?

龍馬の姉・坂本乙女
名前坂本留(さかもととめ)
通称坂本乙女(”お留”から派生して”乙女”)
別名坂本独(さかもとどく)
誕生日1832年2月2日
没日1879年8月31日(享年48歳)
生地不明(土佐だと思われる)
没地不明
配偶者岡上樹庵(1856年~1867年)
埋葬場所不明

「坂本乙女とはどんな人?」と聞かれると、その答えはおそらく「(色々な意味で)凄い人」という答えに集約されるかと思います。

乙女の性質は、一言で表すと”漢(おとこ)”です。

身長174㎝、体重112㎏と、現代を基準にしてもかなり大柄な体格。剣術や馬術、水泳等の武芸に長け、中でも薙刀は下手な男なら数人がかりでもなぎ倒すほどの実力。その反面、和歌や舞踊、三味線や琴などの芸術分野にも才能を発揮する、かなり万能なタイプの人物だったようです。

弟である龍馬は乙女とは真逆な、様々な分野に対する呑み込みが悪く、塾の先生からも匙を投げられるタイプだったということもあり、龍馬に武芸や学問の基礎を教えたのは、家族である乙女だったとも言われています。

また、龍馬の「おねしょ癖」を治したのも乙女だったと言われており、坂本龍馬の幼少期のエピソードには、必ずと言っていいほど顔を出す人物でもあるのです。

坂本乙女の来歴

坂本乙女は、土佐藩の郷士である坂本家の4人目の子として生まれました。上には兄が一人と姉が二人おり、6歳のころには弟である龍馬が誕生することになります。

しかし、彼女が14歳のころに、母である幸が死去。以降龍馬は、父の後妻である伊予に教育を受けることになりますが、当時の龍馬は気弱で泣き虫で物覚えの悪い、言ってしまえば”落ちこぼれ”の少年。その性質は悪い方向ばかりに働き、いじめにあった龍馬は塾で抜刀騒ぎを起こしてしまい、通っていた塾を追い出されることになってしまったと言います。

そんな龍馬を見かねた乙女は、自分が龍馬の母代わりになることを決意。物覚えの悪い龍馬に、根気強く書道や和歌、剣術などの武士としての基礎の部分を教え込み、当時の彼の最大の難点だった”おねしょ癖”を治したこともあったといいます。

そんな乙女の献身もあって、龍馬は(当時の価値観からすると微妙ですが)立派な武士として成長。日本の行く末を大きく変える大器となったのです。

坂本乙女はどんな性格だった?

ここまでこの記事を読んでもらえればわかるように、坂本乙女の性格を一言で表すなら、”女傑”という言葉が最もふさわしいかと思います。

そこらの男よりも雄々しい人物であり、龍馬をいじめるいじめっ子たちを怒号一つで黙らせる胆力と威圧感。恵まれた体格もあって、もし彼女が家督を継いで武士となっていたら、それはそれで中々面白い世が出来上がったかもしれません。

そんな雄々しさもありながら、幼くして母を亡くした弟を見かねて、自身も14歳という若さで母親代わりを買って出るなど、周囲に対する深い愛情も見て取ることができます。ガキ大将的でもあり、口うるさい委員長的でもありながら、「嫌われていた」という記録が全く無い事からも、彼女の性質が周囲から受け入れられるものだったことは想像に難くありません。

総じて、困難にぶち当たった時に「飄々とした態度で、裏道を見つけて進んでいくタイプ」が龍馬だとすれば、乙女はその真逆である「正々堂々と、壁を破壊しながら正しい道を突き進むタイプ」だったと言えるでしょう。

仲のいい姉弟でありながら、そう言った物事の進め方は真逆という部分は、中々に面白い部分です。考察してみるのも面白いかと思われます。

龍馬の姉といえば、なぜ乙女なのか?

姉が3人いた龍馬ですが、「龍馬の姉」と言われると大抵の人がイメージするのは、やはり「乙女ねぇやん」でしょう。

そのイメージはやはり、「龍馬のエピソードに、乙女が登場する頻度がやたらと高い」ことと「”坂本乙女”という人物自体のインパクトが凄まじい」という部分に起因しているのだと思います。

龍馬のエピソードへの登場だけを例に挙げても、

  • ほとんど母代わりとして、幼い龍馬を養育した
  • 足相撲で龍馬を負かし続けた
  • 泣く龍馬を「それでも男か!」と叱りつけた

という幼少期のエピソードから、

  • 『江戸の剣術道場で腕前を褒められた』という自慢を、手紙にして乙女に送った
  • おりょうとの結婚について、乙女に相談の手紙を送った
  • そもそも龍馬が送った手紙のほとんどが乙女に宛てたもの

という成長してからのエピソードまで、龍馬の生涯への登場に事欠きません。

坂本龍馬とはどんな人?生涯・年表まとめ【暗殺理由や名言、性格も紹介】

龍馬が非常に乙女の事を慕っていたことがわかるエピソードですが、若干彼にはシスコン(マザコン?)のような部分があったのかもしれません。

ともかく、「龍馬の姉=乙女」という認識は、歴史に残るエピソードからも読み取れるため、ある意味で間違ってはいない認識だと言えるでしょう。

坂本乙女が龍馬に与えた影響は?

これに関しては、もはや「ほとんど全て」と言っても過言ではないかと思います。

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように、乙女の存在が幼い龍馬に与えた影響が、とても大きなものだったというのは間違いありません。

とりわけ武芸の分野では、乙女が龍馬に与えた影響が顕著です。龍馬が「北辰一刀流免許皆伝」の強者だというのは、龍馬に少し興味を持った大半の方が知っている事ですが、実はこの免許皆伝は、剣術ではなく薙刀術の免許だったというのはご存知でしょうか。

薙刀を得意とする乙女から武芸の基礎を習った龍馬ですので、もしかすると彼は、刀よりも薙刀の方が得意な人物だったのかもしれません。

他にも、家族に結婚の相談をしたり、やたらと筆まめだったり、そもそもその時代にしては異質な性格だったりと、乙女と龍馬の一致点を挙げていくと、もはやきりがないとすら言えるでしょう。

政治や権威といった既存の枠組みにとらわれずに、もっと大きな世界を見て、日本という国そのものを動かした坂本龍馬と、「女は貞淑であれ」という既存の価値観にとらわれず、肝の据わった価値観を押し通して坂本龍馬という英傑を育て上げた坂本乙女。

もしかすると乙女が龍馬に与えた最も大きな影響は、「既存の枠組みにとらわれない自由な価値観」なのかもしれません。

【意外】坂本龍馬はどんな性格・人柄だったのか?その凄さや人物像に迫る

坂本乙女とおりょうの関係性は?

龍馬の妻・おりょう

坂本龍馬に大きく影響を与え、彼のエピソードには生涯を通じて度々名前が挙がる乙女ですが、龍馬の妻であるおりょうとの関係については、実は詳しいことがわかっていません。

一般的には「不仲だった」と言われがちな乙女とおりょうですが、おりょうは晩年に「乙女さんにはとても親切にしてもらいました」という懐古の言葉を残しているのです。

「乙女と不仲だったせいで、龍馬の死後におりょうは坂本家を追い出された」と、これまでの通説では言われていましたが、本当はおりょうと不仲だったのは、龍馬と乙女の兄と義姉である権平夫婦であり、乙女はむしろおりょうの事を気に入っていたとも言われています。

ただその一方で、「乙女が、龍馬とおりょうの結婚に反対していた」という証拠や、おりょうが晩年に「夫を亡くしてから本当に親切だったのは、勝海舟と西郷隆盛と寺田屋のお登勢さんだけだった」という言葉を残していることもあり、不仲説もまだ根強く残っている状態です。

筆者個人の考えですが、多くの男気溢れるエピソードを持つ乙女が、夫を亡くして未亡人となったおりょうを無下に扱うとは思えません。様々な解釈ができるのが歴史の面白い所ではありますが、個人的には一刻も早く真実を明らかにしてほしい部分だと思います。

坂本龍馬の妻、おりょう(楢崎龍)の生涯とは?出会いや結婚生活、末路を紹介

龍馬の死後、乙女はどうした?

龍馬の死の直前に夫と離婚し、坂本家に戻っていた乙女は、実家で龍馬の訃報を聞くことになりました。その際に乙女が何を言ったか、何を思ったかについては記録に残っておらず正確な部分はわかりませんが、子に先立たれた親のような嘆きがあっただろうことは間違いありません。

そして龍馬の死後、乙女は歴史の表舞台から忽然と姿を消しています。坂本家については、その後もおりょうとの関係などで度々歴史上に名を表しますが、その中に乙女の名前はほとんどなく、彼女の後半生は殆ど謎に包まれています。

その後、晩年の乙女は養子に迎えた坂本直寛と共に暮らし、名前を”独”と改めたと記録されています。

そして1879年8月、壊血病にかかった彼女は、そのまま帰らぬ人となりました。壊血病にかかった原因は、当時は死病であったこれらの感染を恐れて、野菜を全く食べなかったからだと言われています。

坂本龍馬の姉・坂本乙女に関するまとめ

坂本龍馬という大器を見事に育て上げたグレートマザー、坂本乙女。

気弱で泣き虫ないじめられっ子だった龍馬が、日本という国そのものを変えるまでに至るには、「乙女ねぇやん」の存在が何より重要だったと言えるでしょう。武芸も芸術も人柄も優れ、生涯にわたって全面的に龍馬の味方として彼を支えた乙女は、きっと龍馬にとっては何よりの支えだったのだと思います。ちょっと異様な数残る手紙の山が、その信頼関係の証左です。

「龍馬との足相撲」のエピソードなど、記事では紹介しきれなかったエピソードがまだ残っている人物でもありますので、興味を持った方はぜひとも調査して、「グレートマザー・坂本乙女」のエピソードに胸躍らせてみてください。

それでは、本記事におつきあいいただき、誠にありがとうございました!