小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

岡本太郎の名言10選!人生や芸術にまつわる格言の意図も詳細解説

大阪・万博記念公園の「太陽の塔」や、渋谷駅にある「明日の神話」など、数々の印象的な芸術作品を残したことで知られる岡本太郎。「芸術は爆発だ!」という言葉でも有名ですよね。

けれどもこの「芸術は爆発だ!」という言葉、どういう意図で発言したかご存知でしょうか?言葉だけが独り歩きしてしまって、岡本太郎の意図と違う理解をされていることが少なくありません。

この記事では、岡本太郎が残した名言をその意図や背景と合わせて10選解説します。また、名言が満載の岡本太郎の著作もご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

岡本太郎の名言と意図・背景

岡本太郎

芸術は爆発だ!

芸術は爆発だ。
これは随分前からの私の信念であり、貫いてきた生き方だ。
全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。
それが爆発だ。

CMにもなった「芸術は爆発だ!」という言葉は、後ほどご紹介する『自分の中に毒を持て』という岡本太郎の著作に書かれています。岡本の作品は抽象的でシュールレアリズムの側面をもち、また原色を多用することから「よく分からないけど激しいもの=爆発」と理解されていることが多いように感じます。岡本は「明日の神話」を水爆が爆発する瞬間をモチーフに描いていることもあって、爆弾が炸裂する様子をイメージしている人も多いでしょう。

けれども、岡本の意味する「爆発」とは上の引用にあるように「全身全霊が宇宙に向かってパーッとひらくこと」です。もしかしたら「放つ」という言葉の方がイメージしやすいかもしれません。人間に秘められているカラフルなパワーが漆黒の宇宙へと激しい勢いをもって放出される…そのようなイメージが岡本太郎の「芸術」であり、「爆発」なのです。

「能力がない」? なければなおいい。

自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。
なければなおいい、 今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。

岡本太郎は子供の頃からよく絵を描いていたそうですが、中学生の頃から「自分は何のために描くのだろう?」という疑問に悩まされていました。けれどもパリに滞在していた1932年、パブロ・ピカソの「水差しと果物鉢」を見て強い衝撃を受け、「ピカソを超える」という目標を掲げて制作に打ち込むようになります。上に引用した「決意の凄み」という言葉は、そういった大きな目標をもって制作した岡本にこそ当てはまる言葉だと感じます。

失敗する方を選べ

迷ったら、失敗する可能性が高い方、自分がダメになる方を選べ。
そうするとエネルギーが湧いてくる。

岡本太郎には「失敗」に関する名言がいくつもあります。失敗してもなおチャレンジし、さらに失敗してもまたチャレンジ…不屈の精神で物事に挑めというメッセージが伝わってきます。上に引用したのはそんな失敗についての名言のなかで筆者がもっとも衝撃を受けたものです。

おそらく、岡本が自分の制作に姿勢とはこういうものだったのではないでしょうか。自分の表現したいイメージがどれだけ不可能なものに思えれば思えるほど、ますますエネルギーが湧いてくる。岡本太郎はそのような人だったのではないかと感じます。

芸術はきれいであってはならない

(芸術は)うまくあってはならない。
きれいであってはならない。
ここちよくあってはならない。

岡本太郎がデパートで個展を開いたとき、ある作品の前から2時間も動かなかった女性がいたそうです。そのとき個展を管理していた支配人によると、その女性はぽつんと「やな感じ!」と吐き捨てるようにつぶやき、会場を後にしたといいます。それを支配人から聞いた岡本は大変喜びました。

このエピソードからうかがい知れるように、岡本は「うまく作ろう」「きれいな作品にしよう」「観た人が心地よいようにしよう」とは思っていなかったようです。確かに岡本の作品は、痛ましいものや目を背けたくなるようなものすらあります。いわば「不快感」を感じる鑑賞者が自分自身の心の動きに気づくのが岡本の芸術でした。

人生の目的は「生きる」こと

人生の目的は悟ることではありません。
生きるんです。
人間は動物ですから。

岡本太郎は縄文時代に強く惹かれていて、さまざまな縄文土器の写真や縄文美術についての著作を残しています。縄文時代の人々には独自の宗教観こそあれ、「悟る」ことを目的に生きてはいなかったように思います。

その日1日の自分の命を精一杯生きること、それは1番最初に引用した「芸術は爆発だ!」という言葉にもつながります。人生の目的は生きること、自分の命をパーッと開くこと…岡本太郎の芸術観であり、人生観でもある言葉です。

精神は拡がるときと、閉じこもるときがある。

人間は精神が拡がるときと、閉じこもるときが必ずある。
強烈にとじこもりがちな人ほど、逆に拡がるときがくる。

岡本太郎の秘書で養女の岡本敏子は、岡本の性格について「決して特別な人ではなかった。優しくデリケートで、弱虫といってもいいほどだった」と述べています。私たちが抱く一般的な岡本のイメージとはだいぶ離れた言葉ですが、敏子のいうような人柄だったからこそ、力強くエネルギーに溢れた作品が生まれてきたのではないでしょうか。

精神が強烈に閉じこもるような人ほど、強烈に拡がるときがくる。この言葉は岡本自身を表す言葉でもあり、私たちが落ち込んだときには「耐える勇気」をくれることばだと感じます。

法隆寺は焼けて結構!?

法隆寺は焼けてけっこう。
自分が法隆寺になれば良いのです。

1949年、法隆寺が火事に遭った後の言葉です。今の世であればそれこそネットで炎上しそうな言葉ですが、当時も相当に叩かれました。けれども、岡本太郎は言い訳もせず撤回もせず、ただ作品を作り続けました。

先ほどご紹介した岡本敏子は、岡本を「弱虫」と言いました。だとすれば、その弱さが強烈に裏返ったときに上に引用した強気な発言が現れ、岡本を鼓舞していたのでしょう。追い込まれた末に発揮する強さが絶大、岡本太郎はそのような人でした。 

嫌われても当たり前

自分の価値観を持って生きるってことは、嫌われても当たり前なんだ。

岡本太郎の価値観は、活動当時の一般人はおろか芸術家たちの間でさえ突出したものでした。岡本は多くの批判を受け、また自身でも多くの批判をしました。自分の価値観を突き通すならば、人に嫌われるのは当たり前で恐れるようなことではないのです。

「譲れないもの」を守ろうとするな

自分の中にどうしても譲れないものがある。
それを守ろうとするから弱くなる。
そんなもの、ぶち壊してしまえ!

私たちは「これだけはどうしても譲れない」という、ある種の矜持のようなものをもっています。けれども岡本太郎は、それこそが弱さの源だといいます。岡本は自身の弱さに気づくたびに自分のなかの「譲れないもの」の存在を認め、それを壊していったのではないでしょうか。

「守ろうとしているものは、本当に守らなきゃいけないようなものか?」そのような岡本の激励が聞こえてきそうな言葉です。

恋愛に全身をぶつける

恋愛だって芸術だって、おなじだ。
一体なんだ。
全身をぶつけること。
そこに素晴らしさがある。

岡本太郎は奔放な恋愛を好んだ人で、生涯独身を通しましたがかなりのプレイボーイでした。けれども決して軽薄なわけではなく、相手の女性ひとりひとりと全身全霊で恋愛してこそ素晴らしい、と考えていました。岡本は生涯に数多くの作品を残しましたが、制作に対する態度も恋愛と同じく全身全霊、ひとつひとつに魂をこめていたのだと思います。

岡本太郎の名言が分かる著作

岡本太郎と岡本敏子

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか

興奮と喜びに満ちた人生を送るための指南書です。「芸術は爆発だ!」という言葉もこの本に登場します。どれほど「常識人間」であることを捨てられるか、それこそが岡本太郎の生涯だったように感じます。

強く生きる言葉

岡本太郎の人生についての名言を集めた本です。優しさに裏打ちされた強烈なほどの強さに溢れた言葉の数々に、生きる勇気と希望をもらえます。今、気持ちが落ち込んでしまって何にも立ち向かえないと感じている人にぜひ読んでほしいです。

愛する言葉

岡本太郎とそのパートナーであった岡本敏子の残した、熱く激しい愛にまつわる名言集です。男性には岡本自身の、女性には敏子の言葉が響くと思います。恋愛に悩んだとき、自分の気持ちが分からなくなってしまったときにぜひ読み返したい1冊です。

岡本太郎の名言に関するまとめ

岡本太郎の名言について、その発言の背景や意図を解説してきました。いかがでしたでしょうか。

心のどこかに巣食う、うつうつとした暗い気持ち。それを吹き飛ばす威力とインパクトが岡本の名言にはあります。この記事を書きながら、筆者自身も岡本の言葉に勇気付けられました。

岡本の言葉に触れて興味をもったら、ぜひ作品を観に行ってみてください。岡本の作品には言葉とはまた違った、皮膚感覚で感じるエネルギーが爆発しています。明日を生きる活力や勇気をもらえること間違いありません。