小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

アンドロメダ銀河とは?位置や地球までの距離、衝突についても紹介

アンドロメダ銀河とは、秋の星座の代表格であるアンドロメダ座の名を冠した大銀河の事です。その名前を聞いたことはあっても、実際にどんな銀河なのかを詳しく知る人は少ないかもしれません。

アンドロメダ銀河は地球から肉眼で確認できる最も遠い天体といわれています。つまり七夕で有名な天の川銀河よりも遠方にあるということ。遠いところにあるため、そこには私たちの想像も及ばないような世界が広がっています。

しかしながら、最近の研究で少しずつアンドロメダ銀河のことがわかってきました。天の川銀河との意外な関係や二重のブラックホールを内包していること、さらには生命の存在が示唆されているなど、ロマンあふれる事実が浮かび上がってきています。

この記事では、アンドロメダ銀河とは一体何なのか、という簡単な説明から、最近の研究でわかってきたアンドロメダ銀河のすごい事実などをお伝えしましょう。

アンドロメダ銀河の基本情報

アンドロメダ銀河

肉眼で見られる最も遠い天体

アンドロメダ銀河は、地球から目視できる天体の中でも最も遠い天体だといわれています。銀河面に直角な渦巻を内包することから、学者のハッブルによるハッブル分類では「渦巻銀河」に分類されました。一般的に「銀河」と聞いてイメージできる、円状に渦巻く銀河の形です。

かつて系外銀河がよく知られていなかった頃、銀河は星雲と同一視されていました。星雲は宇宙の塵や星間ガスから成る天体であるのに対し、銀河はもう少し大きく恒星や暗黒物質なども重力によって巻き込んでいる天体です。銀河と星雲が同一視されていた歴史から、アンドロメダ銀河のことは今でも「アンドロメダ星雲」「アンドロメダ大星雲」と呼ばれることがあります。

地球からの距離はどのくらい?アンドロメダ銀河の位置

宇宙から見た地球

アンドロメダ銀河は私たちの住む太陽系銀河の隣にある銀河で、地球から約230~250万光年の距離に位置しているといわれています。秋の星座アンドロメダ座の中に見ることができるので、アンドロメダ銀河という名前がつきました。非常に遠い天体ではありますが規模が大きいため、暗い夜空だと肉眼でもぼんやりとした雲のように見ることができます。

天の川銀河との違い

私たちの住む太陽系銀河は、「天の川銀河」とも呼びます。七夕の逸話で知らない人はいないでしょう。かつては天の川銀河とアンドロメダ銀河はよく似ているとされていましたが、円状の渦巻銀河であるアンドロメダ銀河に対し、天の川銀河は棒状に渦を巻いているのが特徴。アンドロメダ銀河に比べて細長く見えるのが「川」と呼ばれる所以でしょう。

名前になっているアンドロメダ座って?

アンドロメダ座

秋の星座の代表格

アンドロメダ座は秋に見られる星座の代表格です。秋の中天に見えるペガサス座の大四辺形とくっついていて、アルファベットのAの形をしているのが特徴。エチオピアの王女アンドロメダの姿をあてはめた星座で、足元にペルセウス座、左側にはカシオペヤ座、右側にはうお座など、周りには有名な星座が連なっています。

アンドロメダ座の神話

星座の多くはギリシャ神話から誕生していますが、アンドロメダ座にも神話があります。アンドロメダの母親であるカシオペアが自分の美を自慢したことが海神ポセイドンの妻の怒りを買い、海に怪物ティアマトを放たれてしまいました。

荒れ狂う海を鎮めるために、生贄として差し出されたのがアンドロメダです。生贄として岩につながれていたアンドロメダを、ペガサスに乗った英雄ペルセウスが通りかかり助けてくれました。ペルセウスの英雄譚は数多くありますが、このときにメデューサの首で怪物ティアマトを石化した伝説も有名です。

アンドロメダとペルセウスはエチオピアに戻り、結婚します。アンドロメダ自身の活躍と呼べるものはありませんが、アンドロメダ座の近くには母親のカシオペヤ座や夫となったペルセウス座があり、ペルセウスが乗っていたペガサスも秋の星座になるなど、アンドロメダに縁のある人たちは近くで一緒に輝いているようです。

アンドロメダ銀河のここがすごい!

アンドロメダ大銀河

230万年前の光

前述したように、アンドロメダ銀河は地球から約230~250万光年離れたところにあります。これはつまり、アンドロメダ銀河の光が地球に届くまで230~250万年かかっているということ。今の私たちが見ているのは、230~250万年前の光なのです。

星の数は銀河系の約2倍

無数の星

私たちの住む太陽系銀河は、2,000億個の恒星と星間物質の集合体であると言われています。それだけでも途方もない数字に思えますが、アンドロメダ銀河の星の数はその2倍。つまり少なくとも4,000億個の恒星があると予測されています。

大きさは満月5つ分

アンドロメダ銀河の大きさは直径にして約10万光年。もっとわかりやすくいうと、満月の約5つ分に匹敵します。太陽系の中でも小さい部類に入る月ですが、人類もまだその全貌を明らかにしきれてはいません。その5倍の規模と考えると、人類にはまだまだ想像も及ばない世界が待っている気がしますね。

アンドロメダ銀河と天の川銀河は衝突する?!

アンドロメダ銀河と天の川銀河

衝突は避けられないと考えらている

アンドロメダ銀河は二重のブラックホールを内包していることがわかっています。そこから、現在のアンドロメダ銀河は数十億年前にいくつもの小さな銀河を引き寄せ、合体してできたことがわかってきました。特に約20億年前には、天の川銀河に次ぐ規模の大きさの銀河を飲み込んだと言われています。

アンドロメダ銀河は「青方偏移」と呼ばれる現象で、他の星団より青く見える部分があります。これはアンドロメダ銀河が私たちの住む天の川銀河に向かってきているという証であり、これまでアンドロメダ銀河が周りの銀河を飲み込んできたように、天の川銀河とも衝突することは避けられないと考えられています。

衝突するとどうなる?

衝突すると言っても、アンドロメダ銀河と天の川銀河が衝突するのはおよそ40億年後といわれているので、今生きている私たちには影響はありません。でも実際に衝突したらどうなるのかというと、予測ではアンドロメダ銀河の重力に太陽系は天の川銀河からはじき出され、アンドロメダ銀河に融合するのだと言われています。

アンドロメダ銀河に生命はいるのか?

太陽系の外にも生命はいるのか

生命の存在が示唆されている天の川銀河

太陽系を含む天の川銀河には、私たち以外にも知的生命体がいることが以前から示唆されています。地球と同様の環境が整っているとされているのが、ケプラー444と呼ばれる恒星。ケプラー444は110億年前から存在していたとされ、かつては知的生命体が存在していたと言われています。

【結論】アンドロメダ銀河には生命はいる?

アンドロメダ銀河にも生命がいる可能性があるのでしょうか。実際にはそこまで詳しい研究は進んでいません。ですが、前述したようにアンドロメダ銀河には天の川銀河の2倍もの星があるとされています。生命がいる可能性はゼロではないでしょう。

アンドロメダ銀河をよく知るための資料

アンドロメダ銀河のイメージ

動画

【衝撃】アンドロメダ銀河の星の数がとんでもなくヤバい…

美しい動画と音楽で、アンドロメダ銀河の基本情報を10分程度にまとめた動画です。アンドロメダ銀河の大きさや場所などの基本情報から、40億年後に天の川銀河と衝突する可能性があることまで網羅。寝る前や気持ちが沈んだとき、見れば宇宙の壮大さに胸が熱くなるでしょう。

書籍

アンドロメダ銀河のうずまき: 銀河の形にみる宇宙の進化(谷口義明/著)

図の入った丁寧な解説で、アンドロメダ銀河について知ることができます。アンドロメダ銀河の渦巻形状の意味、どのようにして渦がつくられているかという話から、そもそも銀河とは何かという宇宙について幅広く記載されています。天の川銀河との衝突についてももちろん、1,000億年先の宇宙についても思いを巡らせることができるでしょう。

アンドロメダ銀河に関するまとめ

アンドロメダ銀河について簡単に情報をまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

私自身、今回の執筆にあたってアンドロメダ銀河について改めて調べてみましたが、宇宙の壮大さにただただ打ちのめされるばかりでした。

肉眼でも見ることのできる天体としてファンも多いアンドロメダ銀河。中でも最もホットな話題としてあげられる天の川銀河との衝突は、地球はもちろん太陽系、太陽さえも消滅させる出来事として、人々の心を魅了しています。

そうはいっても宇宙の規模の大きさに比べたら、アンドロメダ銀河のことについてわかっていることは本当に一握り。こうして宇宙のことを知ると、日々の小さな悩みは本当に小さなことに思えてきます。

同時に人類の科学の進歩にも驚かされ、宇宙も人もまだまだ可能性は無限大であることにワクワクしてきませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す