松下幸之助がよく分かるおすすめ本6選【入門から上級まで】

「松下幸之助の本って人気だけど多すぎる!」
「入門として読むにはどの本がいいの?」

Amazonに膨大に存在する松下幸之助の書籍を前に、どの本から読んでいいか分からない人が多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、松下幸之助の生涯について知りたい人、人生に悩む人、組織のリーダーを務める人、経営に携わる人、それぞれにあった本を
初心者向け、中級者向け、上級者向けという3つのレベルに分けてご紹介していきます。

入門者向け

松下幸之助 夢を育てる -私の履歴書

読んでみて

松下幸之助の書籍を読む上で、必読の入門書です。松下氏の一生をカバーしており、「経営の神様」と言われるに至った時代背景、思考の変化、行動が詳細に記述されています。特に、大不況で在庫が溢れる中、20代の青年、松下が社員を首にせず、総動員で営業を指揮した場面は心が打たれました。

200ページ以内でサクッと読める内容になっており、入門者全員にオススメの一冊です。

みんなのレビュー

「松下幸之助本」は色々あって、仕事の関係で何冊か読んでみたのですが、
「幸之助さんの人生とはどんなモノだったのかを知りたい!」
という人が読む、最初の一冊にはこの本が一番よかったです。他の本は、ある年代や、特定の出来事に特化した内容のものが多いのですが、
この本は人生をトータルに振り返っているので、読んでいて、わかりやすく、理解しやすかったです。
これは、幸之助さんに限らず、この本のベースとなっている日経新聞の終面に掲載されている「私の履歴書」という連載が、初めてその人に触れる人でもわかりやすい内容とすることを心がけているからだと思います。もちろん、逆に「内容が浅く、もっと深い内容が知りたい」と思う人には物足りないところがあるとは思いますが・・・
この本で興味を持ったら、他の幸之助本を読んでみると、他の本もより理解できるのではないでしょうか?

Amazon Review

道をひらく

読んでみて

松下幸之助を語る上で欠かす事のできない名著です。松下の人生観について121篇にまとめられています。理想と現状の自分のギャップに悩む。人生の岐路に立たされている。他人に嫉妬しやすい。物事に本気になれないといった、誰しもが一度は抱く悩みに「道」「素直」「志」という側面から指標を与えてくれる本です。

「他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。」まずは一歩行動してみようと思わせてくれました。

みんなのレビュー

端的に大事なことがまとまっている。
精神的なものが多い。そのほとんどが人生において重要なことだと感じた。この本から感じたことを大事にしたい。困った時の道しるべにしたい。
つまるところ人生の聖書としたい。

Amazon Review

中級者向け

人生と仕事について知っておいてほしいこと

読んでみて

松下幸之助が大学生、新入社員に向けた講義3000本を編集した書籍です。社会人として仕事をする上で、「他人に愛され、人間的魅力のある人」になることが大切だと松下は説いています。また、プロとして、些細なことまで気を配ることが重要だと語ります。

これから社会人になる学生、若手社員はもちろんの事、仕事で結果が出ず悩む方、初心を思い出したい方にオススメの一冊です。

みんなのレビュー

経営の神様、松下幸之助氏がおくる人生論、仕事論。
仕事において大切なことを教えてくれる。
テクニックではなく心構えや考え方である。
仕事について熱く語れなくなっている人たちに是非読んでほしい。
またこれから社会人として働く若い人たちにも是非読んでほしい。
仕事を楽しむためのきっかけを与えてくれる良著である。

Amazon Review

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

読んでみて

松下幸之助が松下政経塾で塾生に語った内容をまとめた本です。「成長するために知っておいてほしいこと」「リーダーになる人に知っておいてほしいこと」の二部構成になっています。松下は、この本で「泣かずんば、それもなおよしホトトギス」の精神で雄大に構える事、決断には知識よりも知恵が重要である事を説いています。

リーダーを務めていて、チームの成果が出ない、部下が思い通りに動かない、決断ができない。といった悩みを抱える方にオススメの一冊です。

みんなのレビュー

なぜあなたはリーダーなのか?
その本質に迫る内容に、とても感動しました。
このような偉大な人物が一生をかけて築いた事を
体験をもとに語っており、一読の価値ありだと思います。
これからリーダーになる方、現在リーダーのかた
リーダーとしてどうあるべきかの一つの答えがここにはあります。
全てのリーダーに☆5つ

Amazon Review

上級者向け

社長になる人に知っておいてほしいこと

読んでみて

松下幸之助が経営者との会談、経営者向けの講義で語った内容を6章構成にまとめた書籍です。経営を行う上で、誰しも重要な選択をしなければならない、困難な場面に遭遇する。その際に、一番の指標になるのが「確固たる経営理念」で、経営者が熱意を持って理念を推し進める必要があると語ります。

経営者はもちろんの事、信念を持って生きている方にもオススメの一冊です。

みんなのレビュー

社長としての覚悟や責任の重さが伝わる一冊。
また、人間としての生きる上での基本がヒシヒシと伝わってくる。
厳しい社会での生き残りのヒントがたくさんあり、勇気とやる気がわいてくる。

Amazon Review

実践経営哲学

読んでみて

最後に、本著は松下幸之助が実際に経営をする中で感じた事、考えた事をまとめた書籍で、いわゆる理論、学術的な経営書籍とは一線を画するものです。1978年に創刊され、現在とは時代背景が大きく異なる中で、現在の社会にも通じる普遍的、かつ実践的な経営思想がまとまとまっています。

「社長になる人に知ってほしいこと」と合わせて、経営者を目指す人、すでに経営を行なっている人にオススメの一冊です。

みんなのレビュー

松下経営哲学の真髄が凝縮された本です。経営理念の確立、自主経営、ダム経営、衆知を集める等など。ついつい、眼前のことだけにとらわれ仕事をしてしまっている時にこの本を読むと「君、それではダメだぞ。しっかりせい!」と叱責してくれ鼓舞させてくれる本です。やはり、本質・基本が何より大事であることを痛感させられます。この本は私にとって生涯手放せない本になることでしょう。

Amazon Review

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んで、何から読み始めるのが良いのか、お分りいただけたでしょうか?

松下幸之助の書籍はどれも簡単な言葉で読みやすいため、レベルごとに、というよりも、自分の目的ごとに読むと良いと思います。

松下幸之助の本の初心者という方は、まず、『松下幸之助 夢を育てる -私の履歴書』から読む。その後、自分が抱えている悩みと向き合って、目的に照らし合わせて本を読んで行く事をオススメします。

何より、松下が書籍でも語っているように、自分の運命(道)に素直に向き合って、勇気を持って一歩踏み出してみる。まずは一冊、読み始めることが大事だと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。