小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ナスカの地上絵とは何かを分かりやすく紹介【作られた意味や歴史的背景、絵の種類、場所や謎まで】

ナスカの地上絵は南米ペルーにある世界遺産で、ナスカの砂漠平原に描かれた巨大な絵や図形のことです。ハチドリの絵やクモの絵をテレビで見たことがある方も多いのではないでしょうか。ナスカの地上絵はいつ、誰が、何のために描いたのか未だに分かっておらず、「考古学最大の謎」とも言われています。

ナスカの地上絵 ハチドリ

ナスカの地上絵は今から1000年から2000年以上も前のナスカ文明が栄えていた時代に描かれたものと考えられており、描かれた理由については、季節や天候を読むための天文学書説、祭事のための道や広場説、宇宙人のための設備説に至るまで様々な予測が立てられました。しかし、現在もほとんど証拠が見つかっていないため、その真偽は不明です。

初めて地上絵が発見されたのは1920年代のことですが、現代でも新しい絵柄が続々と発見されています。2019年には山形大学の研究チームが140点以上もの新種を発見したと発表しました。また、2020年には新たに「ネコ科の動物の絵柄」が発見されたとニュースで取り上げられています。

2020年10月21日に発見された「ネコ科の動物」の地上絵

今回は謎の多いナスカの地上絵に興味を抱いた筆者が様々な文献を読み漁って得た知識を元に、ナスカの地上絵がいつ、誰によって描かれたのか、検証された説の真偽のほどはいかなるものか、新しく発見された「ネコの絵柄」はどんなものかに至るまで、幅広く紹介していきたいと思います。

ナスカの地上絵とは?

ナスカの地上絵 クモ
ペルー
場所ナスカ(インヘニオ川とナスカ川に挟まれた平原地帯『パンパ』に所在)
第一発見日時1939年(1926年という説も)
第一発見者ポール・コソック(アルフレッド・クローバーという説も)
種類動植物、図形、線(線が圧倒的に多い)
大きさ最大の絵柄は285mの鳥類の絵柄、線は何kmも続くものがある
動植物の絵は約30種類、図形や線は無数

ナスカの地上絵の概要

ナスカの地上絵 イヌ科の動物もしくはキツネ

ナスカの地上絵とは紀元前100年から紀元700年まで800年間続いたナスカ文化において、南米ペルーの砂漠平原に描かれた謎の巨大絵のことで、地上絵の地質に含まれているナスカ土器の年代によって描かれた時期が特定されました。

地上絵の種類としては動物、図形、線があり、メディアなどでよく取り上げられる動植物の絵は全部で30種類ほどしかなく、ほとんどが図形や線などのあまり意味を持たない絵柄となっています。そして、近年に至っても続々と新種の地上絵が発見されているため、まだ見つかっていない絵が数多く存在しているのではないかと期待されているのです。

世界遺産に登録されているモン・サン・ミシェル

ナスカの地上絵は1994年に世界文化遺産に登録され、世界各国から観光客が見物に訪れています。このように、世界遺産に登録されていること、新たな絵が続々発見されること、謎だらけなことなどが相まって、研究者をはじめとして全人類の興味を惹きつけてやまないのでしょう。

いつ、誰によって描かれた?

ナスカ土器

ナスカの地上絵は今から1000年-2000年以上前のナスカ文明の時代に、この地に住む民族によって描かれたと考えられています。ナスカの地上絵が描かれた年代はだいたい特定出来ており、地上絵を形作る地面や石に含まれる「ナスカ土器のかけら」によって予測されました。「ナスカ土器」とは、ナスカ文明の栄えていた時代に制作された土器で、種類は以下の4種類に大まかに分けられます。

  • 原ナスカ土器(紀元前100年-0年)
  • ナスカ前期土器(0年-400年)
  • ナスカ中期土器(400年-500年)
  • ナスカ後期土器(500年-700年)
ナスカの地上絵の近接写真 ここにナスカ土器のかけらが散らばっている

どのように年代を予測するかというと、例えば、動植物などの絵には「ナスカ前期」の土器が多く出土するため、紀元0年から500年ほどにかけて描かれたと考えられるのです。同様に推測すると、渦巻きや三角、台形などの図形の絵柄は紀元400年から700年にかけて、線の絵柄は紀元600年から1000年にかけて描かれたと予想されます。

南米「パンパ」の風景

そして、ナスカ土器に描かれている絵柄と地上絵の絵柄が一致していることから、ナスカ土器を作った人種と地上絵を描いた人種が一致しているのではないかと推定されています。実際に、地上絵が存在する砂漠平原(パンパ)には土器を作成していたとみられる痕跡や集落の跡が発掘されているのです。

また、地上絵が描かれるよりも前の時代には、山の斜面に「岩絵」と呼ばれるものが掘られている痕跡もあり、この「岩絵」が地上絵のはじまりとなったのではないかと考えられています。

どこにあるのか?

ナスカの地上絵の位置 世界地図

ナスカの地上絵がペルーのアンデス山脈と太平洋に囲まれた帯状の海岸地域にあります。この海岸地域は年間を通してほとんど雨が降らず、世界有数の砂漠地帯として知られているのです。

さらに詳しく見ていくと、その海岸地域を流れるグランデ川の支流である「ナスカ川」と「インヘニオ川」という2つの川に囲まれた砂漠平原地帯に地上絵が散在しています。砂漠平原地帯のことは「パンパ」と呼ばれており、地元の民族の言葉「ケチュア語」で「平原」という意味を表しています。

どのような方法で描かれたのか?

ナスカの地上絵 近接写真 黒い石を両脇へ避けるとラインが生じる

ナスカの地上絵は「パンパ」に散らばっている石を線状に両脇によけていくことによって描かれています。ナスカ川とインヘニオ川の上流では洪水が起こりやすく、その度に「パンパ」に大量の石が転がってくるのです。そして、散在した石が強い日差しと乾燥した空気に晒されることで酸化し、黒ずんでいきます。

この黒ずんだ石を両側に取り除くと、その下の白い地面が現れるため、石の黒と地面の白のコントラストによって線が浮かび上がり、絵柄が現れるという仕組みになっているのです。このような強いコントラストを描けるのは広い海岸地域の中でもナスカ地方だけであったため、地上絵の文化が発達していったのでしょう。

ナスカの地上絵が描かれた理由

天文学書説

天文学書のイメージ

ナスカの地上絵が描かれた理由としてもっとも有力と考えられていたのが天文学書説です。1939年にナスカの地上絵を発見し、1941年から本格的に研究に乗り出したポール・コソックが、地上絵の線の一つが「冬至の日の太陽が沈む方向」を示していることを発見したのです。

古代ナスカの人々が乾燥地帯で暮らすためには、地上に雨の降る時期を正確に予想しなければ農業が営めないため、地上に線を引いて、春分、夏至、秋分、冬至など季節の移り変わりを明確にできるようにしたのではないかと予測されました。

ナスカの地上絵を57年間研究したマリア・ライへ

この仮説を裏付ける働きをしたのがドイツの伝説の研究者、マリア・ライへです。マリア・ライへは1941年からナスカの地上絵を研究し始め、1950年からは「パンパ」に実際に居住して研究を進めた女性で、38歳から95歳に至るまで57年間に渡って地上絵の研究に精を出しました。

そして、彼女も天文学書説を支持し、線だけでなく、動植物の絵も天文学的な意味が含まれていると結論づけたのです。例えば、クモの絵柄はオリオン座とぴったり重なる、サルの絵柄も星の配置と同じになるなど、天文学と繋がる研究成果を発表しました。

オリオン座とナスカの地上絵・クモの比較

このように有力な仮説が次々に発表されたことから、「ナスカの地上絵は天文学と関係がある」という天文学書説が世界中に広まっていったのでした。

道・広場説

民族の儀式 イメージ フィジーの伝統芸能 火渡りの儀式

天文学書説と並んで有力視されているのが宗教的な儀式や祭りなどの際に使用するという「道・広場説」です。この仮説を提唱したのはペルーの歴史学者ハンス・ホルクハイマーで、1945年に調査を行なった結果、動植物の絵は祭りで踊る際に行進する道、図形は人々が集まる広場、線は先祖のつながりを示す系統図だと結論づけました。

舗装されているインカ道

1980年にはフォン・ブロイニッヒというドイツの研究者が「道・広場説」を支持し、渦巻きなどの図形や線は行進用の道、あるいは競技用のラインであると提唱したのです。さらに、インカ帝国が栄えていた時代に道路として利用されていた「インカ道」とナスカの地上絵の作り方が似ていることから、やはり、道の一種として捉えられ、聖地へ向かう巡礼の道や豊作を祈るための行進の際に用いる道ではないかという説も挙がっていったのです。

ナスカの地上絵の中に捧げられていたとされるナスカ土器

図形の地上絵の中には石が積まれた形跡があったり、土器や織物などが捧げられていた痕跡が残っていたりすることからも、何らかの儀式の際に使われたのではないかという説が有力視されるようになりました。

気球・宇宙人説

ナスカの地上絵・巨人 宇宙人とも評される

スイスの古代文明研究家のエーリッヒ・フォン・デニケンは、1968年に出版した「未来の記憶」という書籍の中で、「ナスカの地上絵は宇宙人が作った宇宙船の滑走路だ」という説を提唱しました。ナスカの人々は宇宙からの使者のことを「神」と崇めており、いつしか宇宙人がまた戻ってくるのではないかと期待しつつ、新たな地上絵を増設していったのではないかという仮説を立てたのです。

動植物の絵は神への供物として考え、空からでも見えるように大きく描いたのではないかと結論づけました。この宇宙人説により、有名な「巨人の地上絵」は実は宇宙人を表しているのではないかという意見まで出てくるようになったのです。

ウッドマンは気球によってナスカの地上絵を観察した

また、この宇宙人説から派生して、空から地上絵を眺めるという説を気球説に置き換えたのがアメリカの冒険家のウッドマンでした。古代ナスカの人々は気球を作る文化があり、飛行するときに楽しめるようにと地上絵を無数に描いたのではないか、気球の居場所を特定できるように目印として描いたのではないかとの予測を立てたのです。

しかし、歴史上、初めて気球が発明されたのはモンゴルフィエ兄弟が1783年に上げた熱気球であるとされているため、それよりも1000年以上も前のナスカ時代に気球が上がっていたことは容易には考えられません。

虚構説

ナスカの地上絵で発見されている絵 一つに集めたイメージ図

ナスカの地上絵は謎が多すぎるために、実は作り話なのではないかとする説もあります。古代ナスカ文明の時代から存在していたものもあることにはあるのですが、その後に立て続けに発見された絵柄は現代に生きている人々が人知れず描いているのではないか、本当にナスカ時代に描かれたものはほんの少数なのではないかとも言われました。

地上絵が描かれた石 ナスカの地上絵は小学校でも再現実験が行われている

実際に新種の地上絵が発見されるたびに、実は作り物なのではないか、フェイクニュースなのではないかと様々な疑念が飛び交っています。しかし、現在は最新の技術を駆使して研究が進められているため、その包囲網をくぐり抜けて最新作を描くというのは至難の技だと思われるのですが、実際のところは調査や研究が進んでみないとわからないというのが実情です。

1 2

コメントを残す