小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

恋愛漫画のおすすめ30選【名作からアニメ化、学園作品まで】

新しいお気に入り作品会えるかも!無料試し読み出来る作品

コーヒー&バニラ

読んでみて

2015年から『Cheese!』にて連載されている朱神宝さん原作の恋愛漫画。田舎から大学進学のために上京した主人公・白城リサは、ある事がきっかけで、「FUKAMIホールディングス」の社長である深見宏斗と付き合うこととなったのですが…という物語。

社長と大学生の熱愛という、現実世界で起きたらネットニュースでちょい討論になってもおかしくない内容となっていますが、王道のシンデレラストーリーとなっているのが魅力的な作品です。また、2019年からはMBS系列にて実写ドラマ化され、見逃し配信サイト「Tver」では100万再生を突破するなどの人気作となりました。

みんなのレビュー

ようやく読んだけどこんな話だったのか。ドラマでやっていい内容なのかこれは。 女子大生視点からすればシンデレラストーリーっぽいけど、若手社長でイケメンが一回り下の女子大生に恋をするって大丈夫なのかこの人と思ってしまう。好きになった理由もなんだか曖昧だし、、と純粋に楽しめない年齢になってしまったものだなぁ。

読書メーター

かわいすぎる男子がお家で待っています

読んでみて

漫画配信サイトで連載され、2020年8月に集英社から書籍版が刊行された高瀬わかさん原作の恋愛漫画。共通のアイドルがきっかけで友人になった美形の男子、ハルちゃんに同居を申し込んだ隠れオタクOLのレオ。色々ありながら、可愛い顔して辛口なハルちゃんとの同居を楽しむレオですが…という物語。

日常系のラブコメディでありながら、オタクあるあるなども混ぜ込まれている作品となっております。人によっては、少々きついと思われるやり取りもいくつかありますが、会話のテンポ間などは読んでいて楽しくなってくるような所が魅力的な作品です。

みんなのレビュー

紙本購入。女の子のような可愛らしい顔のガチアイドルオタクのハルくんと、男運ナシの無自覚美人のレオの同居もの。お互い恋愛対象外とのことで同居スタートしたはずが、ハルくんがあっという間にレオを好きになった!(じゃないと話進まないしね)。わりとありがちだけど、どうやら私は年下男の子と恋愛ベタな女子との話が好きらしい…。続きは電子で買ってもいいかなー。

読書メーター

椿町ロンリープラネット

読んでみて

2015年から2019年まで『マーガレット』にて連載されたやまもり三香さん原作の恋愛漫画。主人公の高校生・大野ふみは父の借金が原因で、小説家である木曳野暁の家へ住み込みの家政婦として働くことになりました。最初は無愛想だった暁ですが、次第にふみへ心を開くようになり…という物語。

小説家と女子高生が一つ屋根の下、という一つ前の時代でよくありそうな設定ながらも、周囲の人物の優しさなど、読んでて心穏やかになるかもしれません。また、一見地味ですが、芯がまっすぐ通ったふみを見ていると、自分も頑張らなきゃなと思う、そんな健気な主人公という印象を受けました。

みんなのレビュー

普段はぶっきらぼうなのに自分の作品を褒められて照れてる先生が可愛い! きつねうどんの件の会話が微笑ましかった。 「ばかめ」って言葉は乱暴だけど、表情と言い方が優しくてキュンとした♡ 一心は名字が昔と違うし、家族の話は避けてそうだし何があったのかな? 見た目は一心の方が好み!

読書メーター

NANA

読んでみて

2000年から『Cookie』にて連載され、2009年に作者療養のため休載されている矢沢あいさん原作の女性漫画。彼氏のために上京する小松奈々と、自身のバンドの成功を夢見る大崎ナナの二人は、東京行の新幹線で出会いました。そして、その出会いがきっかけで二人は同居することになったのですが…という物語。

それぞれの事情を抱えた二人のナナが、様々なことを経験しながら夢へと向かって行くというドラマチックな作品となっております。また、2005年に公開された実写映画では、小松奈々を宮崎あおいさん、大崎ナナを歌手の中島美嘉さんが演じ、主題歌である「GLAMOROUS SKY」がヒットするなど人気を集めました。

みんなのレビュー

幾つか図書館で借りられる漫画を見つけたので連続するかも。1巻は導入編かな。淳子が好きかも。男友達もいいやつ。章司もこの時点ではいいよね。小松の方のナナがもう恋愛依存症みたいな女の子なのね。不倫もしてたとは。なるほど、イメージとは全然違う漫画だ。というかバンドの方のナナはいきなり百合キス(営業でファンにする詐欺みたいなのだけど)とかやってるじゃない?!こっちもヤスがめっちゃいい性格。面倒見いいし、弁護士目指してるのにバンドには参加してくれてるし。バンドメンバーが引き抜かれたり脱退したりはやっぱり大変よね。

読書メーター

花のち晴れ~花男 Next Season~

読んでみて

2015年から2019年まで漫画配信アプリ『少年ジャンプ+』にて連載された神尾葉子さん原作の恋愛漫画。F4が卒業してから英徳学園はライバル校である桃乃園学院の台頭などにより、凋落しつつありました。そんな折、「C5」となのる5人組が新たに動き出していたのですが…という物語。

『花より男子』の続編であり、2年後の世界を描いた作品となっております。基本的な構図は前作と同じですが、F4よりも、少々抜けている部分が魅力的な「C5」が登場しております。また、2018年にはテレビドラマ化され、主人公の江戸川音には杉咲花さん、C5のリーダー・神楽木晴にはKing & Princeの平野紫耀さんが起用されました。

みんなのレビュー

花男が好きだったもののなかなか手をつけておらず、今回のドラマがキッカケで電子書籍を購入。F4とはまた違うタイプの個性的なキャラが勢揃いで、今後各々がどのように活躍していくかとても楽しみ。他の方もおっしゃってる通り、ジャンプコミックスだったことに驚いた!最新刊まで追いついたら、一度本誌の方も読んでみたい。

読書メーター

王道青春作品勢ぞろい!学園恋愛漫画

君に届け

読んでみて

2006年から2017年まで『別冊マーガレット』にて連載された椎名軽穂さん原作の学園恋愛漫画。北海道の北幌高校へ入学した主人公・黒沼爽子はクラスで孤立しておりました。そんな時、学年一の人気者でありながら分け隔てなく誰にでも接する風早翔太と交流したことをきっかけに爽子も少しづつ変わり始め、という物語。

爽子と翔太を中心とした3年間の高校生活を描いた作品で、こんな青春を過ごせたら楽しいんだろうなぁと少し懐かしい気持ちになった作品です。また、2010年には実写映画化され、主人公の黒沼爽子には多部未華子さん、風早翔太には三浦春馬さんがキャスティングされ、人気を集めました。

みんなのレビュー

私は君に届けの映画を観たとき凄く感動して泣けて心暖まるとても良い映画だと思った。三浦春馬さんを初めて知った映画です。 そして今日三浦春馬さんが亡くなった。 今原作を5巻まで読んでる。 全部読むには今日中には終わりません。 1巻から読み始めて爽子のけなげさ純粋さ、風早君の優しさ爽やかさ。純愛や友情の素敵さ。早風君が三浦さんでしかなくて。そして今日の出来事が信じられなくて。すべて重なって もう初めから涙が止まりません。泣きたかったんだ。って思うくらい号泣。目が腫れるとか関係なしで。 本当に素敵な作品。

読書メーター

ハチミツとクローバー

読んでみて

200年から2006年にかけて『CUTiEcomic』、『ヤングユー』、『コーラス』と掲載誌を変えながら連載された羽海野チカさん原作の恋愛漫画。美大生である主人公の竹本祐太は、ある時、桜の下で見知らぬ少女と出会い、一目ぼれします。その少女は、竹本の先輩の従姉妹である花本はぐみという人で…という物語。

大学生ならではの不器用な恋愛や、自分の将来などと向き合いながら成長していく姿を描いた「青春グラフィティー」のような作品となっております。2008年からはフジテレビ系列にてテレビドラマ化され、主人公の竹本裕太には生田斗真さん、花本めぐみには成海璃子さんが配役されました。

みんなのレビュー

僕が漫画が好きになるタイプは2つあって、1つ目は第1,2話で絵柄・ストーリーとも心を鷲づかみされる場合で、2つ目は何じゃこの漫画は?と第一印象が悪いものの、読むにつれ、ハマる場合で、この漫画の場合は後者でした。しかも1巻目ではエンジンがかからず、2巻目の主人公の竹本君の母親と義父のエピソードでようやくこの漫画は只者ではないと実感しました。その後のもう一人の主人公の真山君の原田さんとの複雑な関係を読んで、もう一回1巻目を読み直すとこの漫画が精緻に作りこまれていることが分かりました。繊細で切ない物語ですね~。

読書メーター

花ざかりの君たちへ

読んでみて

1996年から2004年まで『花とゆめ』にて連載された中条比紗也さん原作の恋愛漫画。アメリカ帰りの少女・芦屋瑞稀が憧れのハイジャンパーである佐野泉に会うために、男装して桜咲学園に入学し、なんと、佐野と同じクラスで、しかも寮も相部屋という怒涛の展開を迎えることになり…という物語。

2007年にフジテレビ系列で放映された「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」で本作を知ったという方も多いのではないでしょう。2011年には再ドラマ化、また台湾や韓国でもドラマ化されるなど、アジア圏を中心に人気を集めた作品として有名です。

みんなのレビュー

まんがパークにて、花ゆめ46周年記念全巻無料キャンペーンで一気読み。この方がデビュー当時はまだ花ゆめ本誌を読んでたけど、この作品の頃はもう読まなくなっていたし、ドラマも観たことなかった。なるほど、これは売れるわけだわー。女子はキュンキュンだよね、イケメン揃いで眼福だしね。作者さんは私のひとつ年上のようだけど、体調を崩されてこれ以後はあまり作品がないのか…長い人生色々あるよね…て、作品の感想から逸れたけども。

読書メーター

四月は君の嘘

読んでみて

2011年から2015年まで『月刊少年マガジン』にて連載された新川直司さん原作の学園漫画。かつて神童と呼ばれたピアニストの有馬公生は、母親の死を境にピアノから離れていました。そして、14歳の時に友人から同年代のヴァイオリニストである宮園かをりを紹介されたことがきっかけで再び音楽への道を歩み始め、という物語。

天才ピアニストであった主人公・有馬公生が宮園かをりとのきっかけに再び復活していく姿を描いた物語ですが、終盤に向けての切ない展開は、読み進めるうちに胸が締め付けられていく、そんな感覚を覚えます。2014年にはフジテレビ系列の「ノイタミナ」枠にてテレビアニメ化され、そちらも素晴らしい映像となっているので合わせてお楽しみください。

みんなのレビュー

尾田栄一郎が嫉妬した漫画家として数年前に話題になっててずっと気になってはいた。今回読んだが‥これ、とてもいい。恋愛漫画で、ピアノ漫画で、挫折からの復活漫画。とてもアガる内容。どこかで、一気読みしたい。

読書メーター

アオハライド

読んでみて

2011年から2015年まで『別冊マーガレット』にて連載された咲坂伊緒さん原作の学園漫画。男子が苦手な主人公・吉岡双葉は、男子だけど平気な「田中くん」と中学時代を仲良く過ごしていました。しかし、「田中くん」が転校してしまいます。高校へ進学した双葉はその高校で再び「田中くん」と再会するのですが…という物語。

青春ど真ん中の王道作品と言えるぐらいの青春漫画で、憧れてしまうぐらいのときめき作品となっております。みなさんも、こんな青春を過ごしてみてかったのではないでしょうか。また、2014年にはテレビアニメ化されていて、そちらではより具体的な青春を味わえる作品となっています。

みんなのレビュー

もういい歳した社会人なんだけど、アオハライドを全巻読了。読む前は青春全開すぎてついていけないだろうと思ったが、終わりまで楽しく読めた。もちろんついていけない箇所もありました(特に、9巻、図書室での「一瞬で俺のことしか考えられなくなる実験」笑)。やはり、まだキラキラしていた青春真っ只中の時期に読むべきだった。

読書メーター

ちょっとアダルトな世界?大人向け恋愛漫画

サプリ

読んでみて

2003年から2009年まで『FEEL YOUNG』にて連載されたおかざき真里さん原作のレディース漫画。広告代理店勤務の主人公・藤井ミナミは、CM制作を担っていますが、華やかな業界とは裏腹に、任されるのは地味な仕事ばかり。そんなミナミに、後輩が出来るのですが…という物語。

働く女性をテーマにして描かれた作品で、仕事を頑張っている人に向けて、キャラクター達の何気ない一言一言が、心に刺さる、そんな内容になっております。また、2006年からはフジテレビ系列の「月9」枠にてドラマ化され、主人公の藤井ミナミには伊東美咲さんが配役されました。

みんなのレビュー

働く女性の話。「努力が評価されるのは義務教育まで」とか、掃除のおばちゃんの「しんどいのは若くてかわいいからよ」とか。ハッとする言葉があって、まさに言葉のサプリ。奥行きのある感情を綺麗な絵と共に描いてある。例えば、「ゆっくり自殺しているみたい」とか特に好き。「正攻法以外のやり方を考えないと女は生き残れない」的なのもすごい良い。かっこいー。

読書メーター

凪のお暇

読んでみて

2016年から『Eleganceイブ』にて連載されているコナリミサトさん原作のヒューマン漫画。28際のOLで周囲に気を遣いながら生きてきた主人公の大島凪は、ある時、秘密裏に交際していた我聞慎二が、性行為目当てで付き合っている、という話を同僚としている瞬間を目にし、ショックを受けてしまい…という物語。

それまでの仕事や人間関係を全てリセットし、無職となった「お暇」期間を楽しむ凪と、その周囲の人物達による人間ドラマ。皆さんも、全てを捨てて、何もしたくないと思う瞬間とかあるのではないでしょうか。2019年にはTBS系列でドラマ化され、主人公の凪には黒木華さんが配役されました。

みんなのレビュー

電子。空気読みすぎて疲れてしまった凪が、すべてのものに(男も)断捨離して暇を楽しむ話。今の生活を全て捨ててやり直したい気持ちはなんとなくわかるし、共感できる。が、実際にはできないので凪の貧乏生活は楽しく読めた。アパートの独居老人を哀れみの目で見ていた凪が、実はそのお婆さん(おばさん?)が人生を謳歌していることに気づき、憧れを抱くところは良かった。他人の目からどう見られていても、自分が豊かだと思えるのがいいよね。元彼我聞がどうにもムリだわ。今更好きで忘れられないとか言っても遅いよね。。。

読書メーター

きょうは会社休みます。

読んでみて

2012年から2017年まで『Cocohana』にて連載された恋愛漫画。彼氏いない歴=年齢、という主人公のOL・青石花笑は33歳を迎えてしまい、落胆しておりました。そんな時、会社のアルバイトである田之倉悠斗と飲みに行った帰り、花笑が目を覚ますと、なんと、田之倉と一夜を共にした後で…という物語。

恋愛未経験である青石花笑が、一回り下で恋愛経験も豊富な田之倉悠斗と付き合うことになり、悪戦苦闘しながらも恋愛していく、という内容になっております。また、2014年には日本テレビ系列でテレビドラマ化され、青石花笑役には綾瀬はるかさん、田之倉悠斗役には福士蒼汰さんがキャスティングされました。

みんなのレビュー

1巻から完結の13巻まで読了。アラサーで恋愛未経験の主人公が、一回り歳下のバイトくんと良い雰囲気になるお話。花笑さんのあたふた感が初々しく、相手を思うあまりに上手く立ち回れない、自分に自信が持てず卑屈になってしまう姿に親近感が湧き、感情移入していました。田之倉くんは少しドライでSっ気のある印象。それが花笑さんと関わることで柔らかくなり、少し好感度が上がりました。でも少し不安は残るかな。最後は綺麗にまとまって良かったです。因みに私は朝尾さん派。ドラマも良いキャスティングでした。

読書メーター

わたしは真夜中

読んでみて

2014年から幻冬舎コミックスから書籍版が出版された糸井のぞさん原作の恋愛漫画。図書館司書である31歳の主人公・とばりは、中学の同級生と結婚し、子供を1人出産するも、相手の浮気が原因で離婚。そんな時、図書館で知り合った19歳の青年・池端太一から一緒に寝てほしいという頼みごとをされ…という物語。

気持ちを理解するというのが苦手なヒロインであるとばりと、純粋な気持ちで一緒に寝てほしいと頼み込む太一の年の差恋愛を描いた作品となっております。一見すると、初々しく感じる作品ですが、とばりの不器用さなど、等身大のリアルな大人像を描いた作品となっております。

みんなのレビュー

とばりさんのほんわかした雰囲気と池端くんの若さからの素直さ二人でいるときの空気感がいいなあ。 一緒だと安心して眠れるというのは大切なことだと思う。二人の関係がどうなっていくか楽しみ!

読書メーター

この会社に好きな人がいます

読んでみて

『週刊モーニング』や様々な漫画配信サイトで連載されている榎本あかまるさん原作の恋愛漫画。お菓子メーカーに勤める経理部の社員・立石。彼には秘密で付き合っている彼女がいました。それは、同期の社員である三ツ谷。二人の恋愛は、二人だけの秘密となっているのですが…という物語。

社内恋愛をテーマにして描かれた作品で、社内で付き合っていることをばらさないように、お互いが慎重になっているのが少し微笑ましくも見えるのが特徴的な作品です。実際の社内恋愛はもっとドロドロしたケースもあると思いますが、こういう恋愛なら少し憧れてしまうのではないでしょうか。

みんなのレビュー

お菓子メーカーの経理部に勤めるアラサー会社員の立石真直と同期で犬猿の仲だと周囲に思われている企画部に勤める三ツ谷結衣は恋人同士。同じ職場に居る秘密の社内恋愛。その事は二人にとっては恋を燃やすための燃料なのね。社内恋愛の経験が無いから分からないけれど…お互いを大好きで信頼し合っている様子が読んでいて微笑ましい。ONとOFFを意識するのは大事だし好ましい。ただ端から見て想い合う気持ちが溢れ出ちゃっている真直と結衣には秘密を隠し通す事は難しそうね(笑)。下の名前を呼ぶ事に特別感を持つとか初々しいったらないわ。

読書メーター

まとめ

恋愛漫画には男性視点の作品と女性視点の作品で傾向や描かれ方が違うものがたくさんあります。男性視点だとラブコメやハーレム要素が強く、女性視点だと純愛やラブロマンスが多い印象です。ある意味では、読者の願望が如実に表れているのかな、と感じます。

実際にはできないような恋愛など、ファンタジックに描かれた作品もあれば、限りなくリアルに寄せた作品なども見受けられます。中には、漫画のキャラに恋心を抱いたことも…。そういった様々な感情を動かされる恋愛漫画の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。この記事をきっかけに恋愛漫画に興味を持っていただければ幸いです。

1 2

コメントを残す