小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

南宋とはどんな王朝?皇帝や日本との繋がりもわかりやすく解説

「南宋ってどんな国?」
「どうして、南宋が建国されたか知りたい」
「南宋の滅亡について知りたい」

この記事をご覧のあなたはそのような疑問を持っているのではないでしょうか?。南宋とは1127年から1276年、または1279年まで中国南部に存在した王朝です。

もともとは中国全土を支配する宋(北宋)という王朝でしたが、北方にすむ女真族の金に華北一帯を占領され(靖康の変)、南半分だけを支配する王朝になってしまいました。北宋と南宋の仕組みはほとんど同じなので、支配領域の違いが北宋と南宋の違いです。

金が宋を滅ぼし欽宗皇帝と徽宗上皇を北方に連れ去った靖康の変より前の宋を北宋、靖康の変後の宋を南宋と呼ぶようになりました。南宋は経済大国として発展し、日本と深いつながりを持ちます。

しかし、力を増すモンゴル帝国(元)の攻撃の前に南宋軍は敗れ去り滅亡しました。今回は南宋の建国や経済発展、滅亡などについてわかりやすく解説します。

南宋とは?

南宋とは12世紀前半から13世紀後半にかけて、長江流域以南を治めた漢民族の王朝です。もともと宋は960年の建国以来、中国全土を治める王朝でした。

靖康の変で北方に連れ去られた前皇帝の徽宗

しかし、北方民族の金との戦いに敗れ国土の北半分を失います。そればかりか、皇帝の欽宗と前皇帝の徽宗が北方に連れ去られてしまいました。この事件を靖康の変といいます。宋の皇族の多くが北に連れ去られる中、徽宗の9男趙構は江南に逃れ、南宋を建国します。

南宋は紹興の和約で金と和睦したのち、都の杭州(臨安府)を中心に江南の開発に努めました。その結果、世界でも屈指の経済大国となります。日本とは文化や経済の面で強い結びつきがありました。

しかし、元の軍事的圧力の前に1276年に都を失います。そして、1279年までに全土を制圧され滅亡しました。

南宋建国の中心人物たち

南宋の初代皇帝となった高宗

南宋の初代皇帝となった趙構は、北宋の風流天子こと徽宗皇帝の9男として生まれました。1127年に起きた靖康の変で父や兄が捕らえられる中、趙構は運よく金軍の手を逃れます。それを知った金軍は執拗に趙構を追い続けました。

南宋の初代皇帝となった高宗

ようやく金軍の追っ手を振り払った趙構は皇帝として即位し高宗となります。しかし、捕らえられた欽宗が退位したわけではなかったので、彼の即位の正当性は弱く不安定でした。彼は国内の即位反対派や金からの攻撃にさらされ危機的な状況で政治を行います。

和平の成立後も帰国できなかった欽宗

ようやく高宗の地位が安定したのは1138年に杭州臨安府を都と定めた頃でした。のちに、金との和平が成立してから金は欽宗の返還を申し出ます。しかし、せっかく確立した権力基盤が揺らぐのを恐れた高宗は欽宗の帰国を認めませんでした。

金と徹底抗戦を主張した岳飛

金に対し徹底抗戦を貫いた岳飛

岳飛は金軍と徹底的に戦った南宋の将軍です。姓は岳、名は飛、字は鵬挙です。名を呼ぶのは目上の人や近親者に限られるので、岳鵬挙と呼ばれていたでしょう。ここでは、通例に従い岳飛と書きます。

軍事力の劣る南宋軍は各地で金軍と戦い敗北しました。しかし、一部の将軍は金軍との戦いに勝利し戦線を支えます。その将軍とは、岳飛や韓世忠でした。

宋の旧都開封を描いた清明上河図

1140年、岳飛は金に占領された宋の領土を取り返すため北伐軍を起こします。岳飛軍は朱仙鎮の戦いで金軍に勝利し旧都開封の間近に迫りました。しかし、金との和平を目指していた宰相の秦檜の差し金により友軍が撤退。孤立した岳飛軍も退却せざるを得ませんでした。

和平を目指す秦檜にとって民衆の絶大な支持を受ける岳飛の存在はとても邪魔なものでした。そのため、岳飛は秦檜に無実の罪を着せられ謀殺されます。

紹興の和議を成立させた秦檜

和平派のリーダーとして金と紹興の和議を結んだ秦檜

秦檜は金と和平を結んだ南宋の宰相です。北宋滅亡後、金に仕えたようですが詳細はよくわかっていません。その秦檜が南宋に姿を現したのは1130年のことでした。帰国した秦檜は高宗に重用され和平派のリーダーとなります。

皇帝の高宗と宰相の秦檜は金との和平を模索しました。しかし、岳飛をはじめとする軍人たちは講和に反対します。そこで、秦檜は抗戦派の中心人物である岳飛を謀殺してしまいました。このことに怒った将軍の韓世忠が岳飛の罪を問いただすと、秦檜は「莫須有(あったかもしれない)」と口を濁します。

その後、秦檜は反対派を追い落とし1142年に金と紹興の和約を結びました。この和約で南宋は淮河以北の領土を放棄し、金に毎年銀25万両、絹25万匹を支払うこととなります。秦檜はその後も権力の座に居続け、1155年に宰相の地位にとどまったまま亡くなりました。

罪人の姿にされ唾を吐きかけられた秦檜夫妻の像

死後、彼は売国奴として批判されるようになります。明の時代には岳飛をまつった廟の前に罪人姿の秦檜夫妻の像が作られました。民衆は彼らの像に唾を吐きかけ、侮蔑の意を示します。

経済大国となった南宋

和平の成立後、南宋は国内の経済開発に全力を注ぎました。稲作では低湿地を干拓し水田にする農業技術やベトナムから導入された干ばつに強い占城稲の栽培などが行われ、農業生産力が高まります。

景徳鎮に残る陶磁器の窯元

米以外にも、茶やサトウキビなどの商品作物が生産されました。さらに、景徳鎮での最高級の陶磁器生産や絹織物や印刷業の発展なども見られ、経済活動が活発化します。また、会子という紙幣が発行されますが、これも経済発展の結果といえるでしょう。

経済力をつけた南宋の商人たちは積極的に海外貿易に乗り出します。周辺国の商人たちも南宋の豊かな物産に目をつけました。そのため、遠隔地との取引も活発化しました。南宋の物産は金や高麗、日本だけにとどまらず東南アジアやインド、地中海諸国にも運ばれます。

日本と南宋のつながりとは?

日宋貿易を推進した平清盛

南宋ができた12世紀前半は日本では平安時代の末期でした。南宋が安定した12世紀後半、日本で政権を担ったのは平清盛でした。彼は海外の船を迎え入れる博多と近畿地方に物資を運び込む大輪田泊(現神戸港)の支配権をもつことで日宋貿易の主導権を握りました。

日本でも流通した宋銭

日本と南宋が行った日宋貿易によって、大量の宋銭がもたらされます。この宋銭は中国だけではなく東アジア・東南アジアで国際通貨として使われました。日本でも宋銭をつかって物の売り買いをするようになり、貨幣経済が発展します。

平氏が滅亡し鎌倉幕府が強い力を持ってからも日本と南宋の交流は続きました。この時期、日本と南宋の間を多くの学者や禅僧が行き来します。その結果、日本に禅宗や儒教がもたらされ盛んに研究されました。

南宋が滅亡した経緯

強大化するモンゴル帝国

モンゴル帝国の創始者チンギス・ハン

13世紀の初め、モンゴル族のリーダーであるチンギス・ハンがモンゴル高原を統一し、周辺諸国の征服戦争を始めました。その子、オゴタイの時代には南宋の宿敵である金がモンゴル帝国によって滅ぼされます。

モンゴル帝国は中国北部だけではなく、ロシアや東ヨーロッパ諸国を攻撃し、イランや中央アジアのイスラム諸国を屈服させます。そして、モンゴルの矛先は世界一の繁栄を誇っていた南宋にも向けられました。

重要拠点、襄陽の陥落

襄陽攻略を命じたフビライ・ハン

1264年、第4代ハンの後継者争いに勝利したフビライはモンゴル帝国の5代目ハンになりました。彼は南宋攻略の最重要拠点である襄陽の攻略に着手しました。襄陽は三国時代に荊州とよばれた交通の要衝です。

襄陽城は近隣の樊城とともに南宋防衛の要です。この地を守っていたのは呂文煥でした。彼は襄陽城で2年にわたってモンゴル軍に抵抗します。すると、フビライは新兵器である「回回砲」を投入し城壁を破壊しました。なすすべを失った呂文煥はついにフビライの軍門に下ります。

南宋降伏とそれに殉じた忠臣、文天祥

長期戦となった襄陽攻防戦で国力のすべてを使い果たした南宋に、モンゴル軍に抵抗する力は残っていませんでした。1276年、フビライの腹心であるバヤンに率いられたモンゴル軍は南宋の都の杭州臨安府を陥落させます。

南宋滅亡に殉じた文天祥

モンゴル軍が杭州にせまったとき、南宋の官僚の一人である文天祥は私設軍を組織してモンゴル軍に抵抗します。しかし、2年にわたる抵抗戦の末、文天祥は捕らえられてしまいました。獄中の文天祥は「正気の歌」をつくり、南宋への忠義を現しました。その後、文天祥はモンゴル軍によって処刑されます。

意見が分かれる南宋の滅亡年

1276年説

南宋時代の杭州の地図

南宋滅亡を1276年とするのは、南宋の都である杭州臨安府が1276年に陥落したからです。滅亡した時の南宋の皇帝は恭帝でした。モンゴル軍との戦いで実戦部隊を失った恭帝はモンゴル軍のバヤンに降伏し杭州臨安府を明け渡します。

南宋の政府もこのとき降伏しており、中国南部全体を支配する王朝としての南宋はこの年に滅亡したといってよいでしょう。恭帝は北方に連れ去られ、モンゴル(元)のフビライによって瀛国公に封じられ丁重に扱われました。ただ、余生については記録がなくわかっていません。

南宋の政府が降伏し、政権としての実態を失ったときを南宋滅亡と考えるなら、1276年段階で南宋はほろんだといってよいでしょう。

1279年説

最後の皇帝とされる祥興帝

杭州臨安府の陥落後、抵抗をあきらめない南宋の臣下の張世傑や陸秀夫は恭帝の兄を端宗として皇帝に即位させ、南方で再起を図りました。端宗が1278年に死去するとその弟が即位しました。最後の皇帝となった彼は祥興帝とよばれます。

祥興帝を擁する南宋の生き残りたちは元軍に追われ、中国の海岸を南へと逃げます。そして、現在の香港付近にあった涯山(がいざん)にたどり着きました。

このとき、南宋軍は1000隻もの大型船をしっかりとつなぎ合わせ、船の外側に泥を塗って焼打ちを防ぐ工夫を施していました。その様子はまるで海上に要塞が出現したように見えたでしょう。この海上要塞に対し元軍は執拗に攻撃を繰り返します。

祥興帝をおぶって入水する陸秀夫の像

そして、1279年2月6日、元軍南宋軍の海上要塞を陥落させました。祥興帝は宰相の陸秀夫とともに入水します。一方、軍司令官の張世傑はベトナムに逃れて抵抗しようとしましたが嵐に遭遇し溺死します。こうして、南宋は名実ともに滅亡しました。

南宋に関するまとめ

いかがでしたか?

今回は南宋についてまとめました。南宋は12世紀前半から13世紀後半まで存続した漢民族の王朝です。南宋の初代皇帝高宗は岳飛ら金と戦うべきという抗戦派を退け、秦檜らの和平策を採用しました。

金との和平の成立後、南宋は経済成長を遂げ世界屈指の豊かな国となります。その南宋の富を狙って攻め込んだのがモンゴル帝国(元)のフビライでした。モンゴル軍は南宋軍の重要拠点襄陽を攻め落とすと、その勢いで都の杭州臨安府を陥落させます。

この記事を読んで南宋の建国や経済発展、日本との関係、南宋滅亡までの流れなどについて少しでも「そうだったのか」と思っていただける時間を提供できたら幸いです。

長時間をこの記事にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

コメントを残す