小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

室町幕府の将軍を一覧で紹介!系図や補佐、覚え方も紹介

「室町時代の将軍はどんた人たちだった?」
「全15代の将軍の覚え方は?」
「室町幕府の将軍の補佐役はなんて言う?」

などの疑問を持っていませんか?室町時代を通し、将軍職を務めてきた足利(あしかが)一族。室町時代は、南北朝時代と戦国時代を含めると約237年続き、その間全部で15代の個性豊かな将軍が登場しました。

この記事では、そんな室町幕府の歴代将軍15名を、家系図や一覧、それぞれの簡単な略伝を交えご紹介します。また、全将軍の覚え方や、将軍の補佐役にも触れていきます。

室町幕府の将軍15人の家系図

室町幕府歴代将軍の系図(赤の数字が室町幕府の歴代将軍)
出典:ピグまろ日記

上記が室町時代の将軍15人の系図になります。「室町」とは、三代 義満が造営した将軍の邸宅「花の御所」が京都の室町通り沿いに建っていたことに由来しています。室町時代は西暦1336年から1573年までの約237年の長きに渡り続きました。

しかし、その初頭は南北朝時代、後期は戦国時代にあたり、将軍の威厳が絶頂だったのは三代の義満から六代の義教くらいまで。ゆえに、多くの期間が動乱期だったのも室町時代の大きな特徴です。

室町幕府の将軍15人を紹介

室町幕府歴代将軍の一覧

室町時代を代表する建造物「金閣寺」
出典:Wikipedia

以下が室町時代の将軍一覧です。カッコ内の西暦は将軍職の在任期間です。

  • 初代:足利尊氏(1338年~1358年)
  • 二代:足利義詮(1359年~1367年)
  • 三代:足利義満(1369年~1395年)
  • 四代:足利義持(1395年~1423年)
  • 五代:足利義量(1423年~1425年)
  • 六代:足利義教(1429年~1441年)
  • 七代:足利義勝(1442年~1443年)
  • 八代:足利義政(1449年~1474年)
  • 九代:足利義尚(1474年~1489年)
  • 十代:足利義材/義植(1490年~1493年/1508年~1522年)
  • 十一代:足利義澄(1495年~1508年)
  • 十二代:足利義晴(1522年~1547年)
  • 十三代:足利義輝(1547年~1565年)
  • 十四代:足利義栄(1568年)
  • 十五代:足利義昭(1568年~1588年)

初代:足利尊氏(たかうじ)

足利尊氏
出典:Wikipedia

室町幕府の初代将軍です。後醍醐天皇に従い、新田義貞らとともに鎌倉幕府の倒幕に貢献しました。その後、後醍醐天皇が始めた政治(建武の新政)に多くの武士が反発。尊氏はその中心となり後醍醐天皇の政権を打倒しました。こうして尊氏が室町幕府が樹立し、室町時代が始まるのです。その後、観応の擾乱では弟の直義(ただよし)を失脚させ、足利将軍家の礎を築きました。

戦場でも笑みを絶やさず勇猛果敢に戦う豪快な人物、気前が良くて度量の大きい人物として伝わる一方、気分の浮き沈みが激しい性格だった節があり、双極性障害(躁鬱病)だったのではないかとも言われています。

二代:足利義詮(よしあきら)

足利義詮
出典:Wikipedia

尊氏の嫡男。鎌倉幕府倒幕の際には、幼いながらも足利家家臣に連れ出され新田義貞の軍勢に合流、京都で戦っていた父 尊氏の名代として鎌倉攻めに参加しました。建武の新政では、尊氏が後醍醐天皇から離反すると父とともに南朝と対立、主に鎌倉で関東を統治しました。

南北朝時代を描いた古典「太平記」では無能な二代目とされていますが、政治や軍事でも一定の活躍を見せており評価が別れる人物です。また、連歌や和歌を多く残しており、父の尊氏と同様に文化人としても評価されています。

三代:足利義満(よしみつ)

足利義満
出典:Wikipedia

義詮の子で三代将軍。南朝と北朝に分裂していた朝廷をひとつにまとめ(明徳の和約)、南北朝時代を終わらせるとともに、明(みん)との勘合貿易を積極的に行い、大陸文化へ傾倒した人物として知られています。室町幕府の権力は義満の時代に絶頂を極め、一説には皇位の乗っ取りを目論んでいたとも言われています。しかし、乗っ取り目前で急死し、計画は頓挫しました。

義満が隠居所として造営した北山山荘は「金閣寺」の名で知られ、国内外問わず人気の名所として、平成6年(1994年)にユネスコの世界文化遺産に登録。公家文化と武家文化を融合し、伝統的な寝殿造りや、禅宗寺院の様式を融合した優美な建築様式に代表される文化は「北山文化」と呼ばれています。

四代:足利義持(よしもち)

足利義持
出典:Wikipedia

義満の子。大陸文化へ傾倒した父のやり方を刷新するため、明への従属(冊封関係)を解消した将軍。先代の義満と、実質的な後継となった6代の義教(5代の義量は早世)の個性が強いため影に隠れがちですが、動乱に明け暮れた室町時代の中にあって、比較的安定した政権を築いた将軍であり、義持の将軍の在職期間28年は歴代室町将軍の中で最長です。

晩年には出家し将軍職を息子の義量に譲りましたが、義量が急逝。義持には他に息子がおらず、義量にも子がなかったため、再び義持が将軍とみなされました。しかし、後継者を明確にしないまま義持自身も亡くなってしまったため、この後に、有名な「くじ引き将軍」が誕生するのです。

五代:足利義量(よしかず)

足利義量
出典:Wikipedia

義持の嫡男。父の義持に溺愛され、義持が外出する時にはいつも同行させていたと言います。17歳で将軍職を譲られましたが、実権は義持が握ったままでした。

義量は先天的に身体が弱かったにも関わらず、義持に戒められるほどの大酒飲みだったとされ19歳の若さで急逝。義量には子がいなかったため、義持が再び将軍とみなされました。

六代:足利義教(よしのり)

足利義教
出典:Wikipedia

義満の子で義持の弟。先代の義量が早世、兄の義持も後継を決めないまま死去し、将軍職は約4年間空位となりました。そのため、出家していた義持の弟たちの中からくじ引きで次期将軍を選ぶこととなります。このことから、義教を「くじ引き将軍」と呼ぶこともあります。将軍をくじで決めるとは随分いい加減とも思えますが、昔は今と違い、くじ引きは神託(神の意思)とされていたため、適当に決めたわけではないのです。

義教は日本の歴史上でも特筆すべき暴君で、その恐ろしさは「万人恐怖」と称され、「お酌が下手な侍女を殴打し出家させた」、「口うるさい僧侶の頭に灼熱の鍋をかぶせ舌を切った」といった恐怖のエピソードが数多く残っています。しかし、その横暴が禍し、宴の最中に家臣に襲撃され亡くなりました(嘉吉の変)。

七代:足利義勝(よしかつ)

足利義勝
出典:Wikipedia

義教の子。父の義教が嘉吉の変で暗殺されてしまったため、わずか9歳で将軍に就任。とは言え、この年齢では政治権力があるはずもなく、実権は有力家臣が握っていました。

しかし、将軍になってからわずか8ヶ月で急死。死因は一般的に病死とされていますが、暗殺説、落馬説などの説も存在しています。

八代:足利義政(よしまさ)

足利義政
出典:Wikipedia

義教の子で義勝の弟。本来は将軍になる予定ではなかったため出家していましたが、六代の義教が暗殺され、七代の義勝が早世したため、8歳で次期将軍候補とされ、約6年の空位期間を経て将軍になりました。後に義政自身の後継者候補を巡って、妻の日野富子と意見が対立。これが約11年にも及ぶ応仁の乱の大きな引き金となったのですが、当事者の義政は乱の最中にも遊興にふけり、何一つ有効な解決策を見出せませんでした。

以上のことから、将軍としての評価は極めて低い人物ですが、一方で文化面では偉大な足跡を残し、質素なものに美を見出す「わび・さび」の価値観を創出しました。これを「東山文化」と言い、現代の茶道や華道、日本庭園などにも多大な影響を与えています。その東山文化の代表が、義政の隠居所で、現在も多くの人々に愛される名所、世界文化遺産「銀閣寺」です。

九代:足利義尚(よしひさ)

足利義尚
出典:Wikipedia

義政の子。義政と日野富子には男子がなく、義政の弟である義視(よしみ)を将軍後継に指名していましたが、後に富子が懐妊し義尚が生まれました。これにより、義政は義視を支持、富子は義尚を支持する立場となり、これに室町幕府の有力守護大名の家督争いが絡み、応仁の乱へと発展していきました。

結果的には義尚が九代将軍となりますが、わずか9歳だったため、政務は家臣が中心となって行いました。成長した後は、応仁の乱で衰退した幕府権力を取り戻すため奮起しますが、やがて酒に溺れるようになって政治や軍事を顧みなくなったとされ、近江の陣中で没しました。25歳でした。

十代:足利義材(よしき)/義植(よしたね)

足利義材
出典:Wikipedia

八代 義政の弟。先代 義尚の急逝に伴い将軍職に就きましたが、幕府の権力者である管領家の細川政元と後に対立。明応2年(1493年)に義材は将軍職を剥奪され、新たに義澄が擁立されました。この政変は「明応の政変」と呼ばれ、将軍権力の失墜を示すとともに、戦国時代の幕開けを告げる事件のひとつとされています。

なお、義材は後に義澄を追い落として将軍職に復帰。名を「義稙」と改めました。鎌倉幕府、室町幕府、江戸幕府の中で、将軍職に2回就いたのは義材(義植)だけです。

十一代:足利義澄(よしずみ)

足利義澄
出典:Wikipedia

八代 義政の異母兄(政知)の子。細川政元のクーデター「明応の政変」によって義材を将軍職から引きずり下ろし、十一代将軍として擁立されました。しかし、実権は細川政元に握られており、やがてそれを良しとしない義澄は政元と対立しました。

その後、政元が暗殺されて細川家の内紛が発生(永正の錯乱)。翌年には先代の義材(この時は義尹と名乗っていた)が有力守護大名である大内氏の援護を得て将軍に復帰し、義植と名を改めました。これにより義澄は京都から追われてしまいます。その後も将軍復帰を目指しましたが叶わず病死しました。

十二代:足利義晴(よしはる)

足利義晴
出典:Wikipedia

義澄の子。父の義澄が京都を追放され、義稙(義材)が将軍に返り咲きましたが、義稙に不満を抱く家臣もおり、その代表格である細川高国によって、わずか10歳で将軍に擁立されました。しかし、名ばかりの将軍で実権はほとんど無かったとされています。

細川家の一人 細川晴元や、下克上の風潮で台頭してきた三好長慶といった実力者に翻弄され続け、京都に返り咲いては逃亡を繰り返し、嫡男の義輝に将軍職を譲った後、逃亡先の近江で亡くなりました。

十三代:足利義輝(よしてる)

足利義輝
出典:Wikipedia

義晴の嫡男。織田信長や豊臣秀吉と同世代。父の義晴と同じく京都への復帰を目指しましたが、三好長慶に翻弄され入京と逃亡を繰り返しました。あくまで将軍権力の復帰を強く志しましたが、それ良しとしない三好の家臣らによって襲撃を受け暗殺されました(永禄の変)。

義輝は剣豪としても知られており、襲撃を受けた際には自ら刀を振るって次々と刺客を斬り伏せたと伝わっています。しかし多勢に無勢で、畳を盾とした刺客たちに四方から槍で突き刺されたとも、倒れたところを槍で串刺しにされたとも言われ、壮絶な最期を遂げたました。

十四代:足利義栄(よしひで)

足利義栄
出典:Wikipedia

十一代 義澄に次男である足利義維(よしつな)の子。永禄の変で十三代の義輝暗殺を企てた三好三人衆によって擁立された将軍です。

しかし、後に十五代将軍となる足利義昭が、織田信長に担がれて上洛の動きを見せたため、三好三人衆はこれに対抗するも敗北。義栄は一度も入京できないまま、阿波(諸説あり)で病死しました。

十五代:足利義昭(よしあき)

義輝の弟で室町幕府最後の将軍。もともとは出家していたのですが、永禄の変で兄の義輝が暗殺された後に僧侶を辞め、織田信長の助力を得て上洛し将軍となりました。しかし、後に信長と不仲になり、有力大名と手を組み信長包囲網を形成するも敗北。その後も幕府再興を目指しましたが叶うことはなく、元亀4年(1573年)京都から追放され、室町時代は終焉しました。

なお、追放された後も義昭が将軍だったことには変わりがなく、豊臣秀吉の天下統一が目前に迫った天正16年(1588年)、将軍職を辞し再び出家。京都(山城国槇島)に1万石の領地をもらい、秀吉の良き話し相手として余生を過ごしました。

足利義昭とはどんな人?生涯・年表まとめ【信長や光秀との関係、子孫も紹介】

室町幕府の将軍15人の覚え方

足利将軍の邸宅「花の御所」
出典:Wikipedia

室町幕府の歴代将軍は初代の尊氏を除き、名前の一文字目が「義」であり2代~15代までは「足利義」が共通です。なので、名前の二文字目(尊氏のみ一文字目)を順番に「尊詮満持量教勝政尚稙澄晴輝栄昭」の並びで覚えるのが主流です。

もしくは、「明日秋満つ。モカの釜ヒタヒタね、澄んで晴れてる、ひでー秋」(あした(足利尊氏)あき(義詮)みつ(義満)。モ(義持)カ(義量)の(義教)か((義勝)ま(義政)ヒ(義尚)タヒタね(義稙)、すんで(義澄)は(義晴)れてる(義輝)、ひで(義栄)ーあき(義昭))といった語呂合わせで覚えるパターンもあります。

室町幕府の将軍の補佐役はなんて言う?

管領の細川政元
出典:Wikipedia

室町幕府将軍の補佐を担う役職を「管領(かんれい)」と言います。将軍に次ぐNo.2の地位であり、幕府の政治や重要な行事などを取り仕切っていました。

管領には誰でもなれるわけではなく、足利義満が定めたとされる細川、畠山、斯波の三家が交代で担っていました。この三家を「三管領」と呼びます。

室町幕府歴代将軍に関するまとめ

室町時代は期間だけ見れば、200年以上続いた長い時代区分です。将軍の数も15名と江戸時代と変わりません。しかし、その多くが動乱期であり、歴代将軍たちも歴史の波に翻弄されながら将軍職を担ってきました。このような時代背景から、室町時代は非常にややこしく、初代の尊氏、三代の義満、八代の義政、十五代の義昭以外は、あまり知られていない印象です。

ですが、室町幕府の歴代将軍は非常に個性的で、理解が進むほど面白い時代であることに気付きます。日本の歴史の中でも人気の戦国時代に直接繋がっている室町時代とその将軍たち。今回の記事が室町時代の入門になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す