小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【2021年版】人気な有名声優25人!男女併せて主な代表作品付きで紹介

アニメーションや海外ドラマの吹き替えなどに必要不可欠な、声優という職業。近年では子供たちのあこがれの職業として認知されているほか、声優自身が顔出しでバラエティに出演するなど、活動の幅を大きく広げている職業でもあります。

とはいえ、一口に声優と言ってもそれぞれが得意とする分野は異なり、その中でも「有名な方」と一口に括るのは、非常に難しいのが現状です。

ということでこの記事では、役としての幅の広さや露出の多さ、あるいは単純な知名度などから、今押さえておきたい有名声優を25人紹介させていただければと思います。

花江夏樹

柔和な印象の好青年な花江夏樹は、優しく柔らかな声質で多くのキャラを演じる大人気声優の一角。
出典:アニメイトタイムズ
生年月日1991年6月26日
所属事務所アクロスエンタテインメント
代表作『鬼滅の刃』竈門炭治郎、
『東京喰種』金木研、
『NieR:Automata』ヨルハ九号S型
etc…

大ヒットを記録した『鬼滅の刃』で主人公を演じ、現在注目を集める人気声優です。どこか儚く優し気な声質と、ギャグキャラから冷酷な悪役までを演じ分ける演技力で、非常に多くの作品で人気キャラを演じています。

演技の活動以外にも、2015年4月から2020年10月までおはスタのメインMCを務めていた他、YouTuberとしても精力的に活動を行っている、現在の多彩な声優業界をけん引する柱こそが、この花江夏樹という人物だと言えるでしょう。

梶裕貴

見た目の印象と合致する少年声だけでなく、ドスの利いた低い声での演技も魅力的な梶裕貴。
出典:ヴィムス
生年月日1985年9月3日
所属事務所ヴィムス
代表作『進撃の巨人』
エレン・イェーガー、
『七つの大罪』メリオダス、
『あんさんぶるスターズ!』
衣更真緒 etc…

『進撃の巨人』のような感情的な主人公から、クールなライバル、明るい少年など、一度聞いただけでは同一人物と気付けない役幅の広さを持った実力派声優です。熱さの中に脆さをあわせ持った、やや高めの若々しい声が最大の特長だと言えるでしょう。

数多くの主役キャラを演じる人物というだけでなく、近年では一風変わった悪役や、感情の読めない人物の役も増え、その確かな演技力を見せつけています。声を聞くたびに新たな一面を知ることができる、「まさに声優」と呼ぶべき人物だと言えそうです。

松岡禎丞

多くの主要キャラを演じている松岡禎丞は、その真面目で真摯な人柄でも多くのファンを獲得している。
出典:アニメイトタイムズ
生年月日1986年9月17日
所属事務所アイムエンタープライズ
代表作『ソードアート・オンライン』
キリト、
『鬼滅の刃』嘴平伊之助、
『ジョジョの奇妙な冒険』少年A
etc…

数多くの作品で主人公や主要キャラを射止め続ける、業界内でも屈指の「主人公声優」です。癖のない声質でありながら耳に残る声音を持ち、正統派な主人公声から『鬼滅の刃』で見せたダミ声での演技など、非常に多彩な演技力を持ち味としています。

また、イベント出演などでは真面目で演技に対する真摯な人柄が垣間見え、ちょっと天然が入った部分も多くのファンから愛される一因となっています。

花澤香菜

可憐な声と本人の飾らない人柄で、多くのファンから絶大な支持を集める花澤香菜。
出典:Wikipedia
生年月日1989年2月25日
所属事務所大沢事務所
代表作『〈物語〉シリーズ』千石撫子、
『PSYCHO-PASS サイコパス』
常森朱、
『妖狐×僕SS』髏々宮カルタ etc…

ふんわりとした癒し系ボイスで多くのヒロイン役を射止める、業界内屈指の「ヒロイン声優」です。ふんわりとした心優しい女の子から、芯の強さを感じる女傑の役まで、非常に多くのメインキャラクターを演じています。

近年では顔出しでのバラエティ出演も多く、お笑いコンビ『ジョイマン』と共演して、”ジョイウーマン”としてネタを披露するなど、可愛らしい声の演技だけではない、様々な一面を見せてくれる魅力的な人物だと言えるでしょう。

悠木碧

高い演技力だけでなく、ファンに近い目線での振る舞いも、悠木碧の人気を支えている。
出典:アニメイトタイムズ
生年月日1992年3月27日
所属事務所プロ・フィット
代表作『魔法少女まどか☆マギカ』
鹿目まどか、
『幼女戦記』
ターニャ・デグレチャフ、
『ポケットモンスター ベスト
ウィッシュ』アイリスetc…

広い声域と演技力で、正統派ヒロインから一風変わった役までを射止め続ける実力派声優です。歌手活動やイベントへの出演にも積極的であり、そのエキセントリックでありながらファン目線に近い人柄は、多くのファンに愛されています。

演技力の振り幅は非常に広く、最近ではゲーム『Fate/Grand Order』にて、1キャラで”幼い女の子”、”気のいいお姉さん”、”古くから存在する神”という全く違う側面を持つ人物を見事に演じ分け、ファンの度肝を抜いたことでも話題となりました。

神谷浩史

神谷浩史の最大の特長は、その演技に対する真摯さから出てくる説得力のある演技。
出典:アニメ!アニメ!
生年月日1975年1月28日
所属事務所青二プロダクション
代表作『夏目友人帳』夏目貴志、
『進撃の巨人』リヴァイ、
『デュラララ!!』折原臨也 etc…

特徴的なやや高めの声質で、多くの人気キャラを演じる大人気声優です。声優アワードでは2012年から2016年まで最多得票賞を受賞し続け、声優アワードにおける殿堂入りすら果たしています。

近年ではドキュメンタリーなどで密着取材を受けることも多く、その中では”声優”という職業に対しての確固たる信念と真摯な姿勢を見ることができます。ブレることも揺らぐこともない人間性もまた、ファンの人気を集める要因となっている人物です。

津田健次郎

冷たくも温かく、ミステリアスにもぶっきらぼうにも聞こえる独特の低音ボイスこそが、津田健次郎の最大の武器。
出典:Wikipedia
生年月日1971年6月11日
所属事務所アンドステア
代表作『遊☆戯☆王デュエル
モンスターズ』海馬瀬人、
『ゴールデンカムイ』
尾形百之助、
『呪術廻戦』七海建人 etc…

独特の渋みがある低音ボイスでファンを魅了する、現在大注目の声優です。2020年の声優アワードでは主演男優賞を受賞した他、連続テレビ小説『エール』ではナレーションを務め、その色気のある声で多くの世代を虜にしました。

海外作品の吹き替えにも数多く参加しており、『スター・ウォーズ』でのカイロ・レン役は、役柄としての苦悩や葛藤の伝わる名演として非常に高く評価されています。

石田彰

石田彰の演技に見られる若々しいハリと独特の色っぽさは、ファンからしばしば「石田ボイス」と称される。
出典:アニメ!アニメ!
生年月日1967年11月2日
所属事務所ピアレスガーベラ
代表作『新世紀エヴァンゲリオン』
渚カヲル、
『機動戦士ガンダムSEED
DESTINY』アスラン・ザラ、
『銀魂』桂小太郎 etc…

ハリと色気に満ちた若々しい声質で、ミステリアスな青年から、今どきの若者、ラスボス級の大物や老人、果ては女性まで演じてしまう業界屈指の演技力の持ち主です。業界内にも多くのファンを持ち、前述の松岡禎丞も「石田さんに憧れて声優を目指した」と公言しています。

多様化する声優の活動の中でも、歌の活動や顔出しにはあまり積極的ではない人物ですが、その独特の人柄を示すエピソードは有名であり、そんな一面もまた多くの同業者やファンを惹きつけています。

杉田智和

低音ボイスと独特の緩い空気感。そして視聴者目線のホスピタリティで、多くのファンから支持を集める杉田智和。
出典:アニメイトタイムズ
生年月日1980年10月11日
所属事務所株式会社AGRS
代表作『銀魂』坂田銀時、
『涼宮ハルヒの憂鬱』キョン、
『ジョジョの奇妙な冒険』
ジョセフ・ジョースター etc…

独特の低さと渋さを感じさせ、一度聞いたら忘れられない声を持つ大人気声優です。ラジオなどのトークでは、独特の緩さの中に作品に対する深い愛情と洞察を感じることができる、ファンとしての目線とプロとしての視点をあわせ持つ人物でもあります。

若手声優に対する面倒見の良さを示すエピソードも数多く、業界内での信頼も非常に厚い。それでいてイベントなどでは絶妙なボケや進行を見せる、飄々としながらも非常に真摯な人柄の人物こそが、杉田智和という人物です。

沢城みゆき

色気のある声質だけに頼らない、圧倒的な演技力こそが沢城みゆきの真骨頂。
出典:Wikipedia
生年月日1985年6月2日
所属事務所青二プロダクション
代表作『ルパン三世』
峰不二子(3代目)、
『化物語』神原駿河、
『ソードアート・オンラインII』
シノン etc…

色気のある声質を軸に、声色を巧みに操って多くの役を演じ分ける、業界屈指の実力派声優です。近年では『報道ステーション』のナレーションも担当し、その落ち着いた声音で多くのニュースを視聴者に分かりやすく届けてくれています。

演技に対する誠実な向き合い方が有名であり、敵から味方に移るキャラクターや、峰不二子のような敵でも味方でもないキャラクターなど、数多くの難しい役どころを巧みに演じる実力は、現在の業界内でも憧れを抱く人物が数多く存在しているといいます。

早見沙織

美しさと強さをあわせ持った声質で、多くの人気キャラを演じ分ける実力派声優。
出典:アイムエンタープライズ
生年月日1991年5月29日
所属事務所アイムエンタープライズ
代表作『やはり俺の青春ラブコメは
まちがっている。』雪ノ下雪乃、
『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ、
『ラブプラス』高嶺愛花 etc…

可愛らしさと美しさが同居する、透明感のある声が特徴的な女性声優です。その澄んだ声を活かしたヒロイン役や神秘的な役のほか、確かな演技力で悪役や勇猛な女戦士役も演じ、業界内にも熱烈なファンが多い声優の一人となっています。

海外作品の吹き替えやナレーション、音楽活動やラジオパーソナリティとしての活動等も数多く行っており、澄んだ声質と同様の、優し気でふんわりとした人柄もまた、多くのファンを魅了することに繋がっています。

1 2

コメントを残す