小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

夏目漱石の死因は?原因はピーナッツ?病歴や最後の様子も解説

夏目漱石はいつ亡くなったの?」
夏目漱石が死んでしまった原因は?」
「最後の様子はどんな風だったの?」

「坊っちゃん」や「吾輩は猫である」などの作品を発表し、歴代の千円札の顔にもなった夏目漱石。実は、彼は49歳という若さで亡くなっています。

夏目漱石は、幼い頃より病気がちで、多くの通院歴がある人物でした。そして、医者からの禁止令を受けても、ジャムやアイスクリームをやめられなかったという、大の甘い物好きでもありました。

結果的に、この食生活も要因となり命を落とすのですが、死に至るまでにはさまざまな出来事があったのです。今回は、日本を代表する作家夏目漱石の死因や、死因につながったと言われるピーナッツの秘密、彼の最後の様子も含めてご紹介します。

夏目漱石の死因とは?

有名な夏目漱石の肖像
出典:Wikipedia

夏目漱石は、1867年2月9日に生まれ、1916年12月9日に亡くなりました。実は作家としての人生は短く、10年ほどしかありませんでした。

死因は胃潰瘍による内出血。原因はピーナッツだという話が有名です。

死因は胃潰瘍による内出血

若かりし頃の夏目漱石
出典:Wikipedia

夏目漱石の死因は、胃潰瘍によって引き起こされた腹部の内出血でした。胃潰瘍の原因は、過食や糖分の過剰摂取、ストレスが挙げられています。

現代の医学では、胃潰瘍で亡くなることは極端に少なくなっています。しかし、夏目漱石が生きたのは明治時代。当時は医療が未発達であり、胃腸薬がようやく普及していた時代だったのです。

実際に、夏目漱石も「タカジアスターゼ」という胃腸薬を服用していました。この描写は、彼の処女作である「吾輩は猫である」の中にも登場しています。

胃潰瘍によって、太い血管に穴が開くと、大量出血を起こして手術が必要です。しかし、残念なことに当時は医術の発展が乏しく、夏目漱石は命を落としてしまいました。

過去に5度の胃潰瘍を経験

書斎で撮影された1枚
出典:Wikipedia

夏目漱石は死に至る以前にも、5度の胃潰瘍を経験しています。もともと神経質な性格で知られ、ストレスにも過敏だった故に、度重なる胃潰瘍での通院を余儀なくされました。

特に有名なのは、1910年の入院の際です。「門」を執筆中に胃潰瘍を発症し、入院を経験しています。退院後に療養先で大量の吐血、なんとその量は800ccだったと言われています。

その後もストレスや糖分の過剰摂取をやめられずに、入退院を繰り返していました。

胃潰瘍の原因はピーナッツの食べすぎ?

ピーナッツの食べ過ぎには注意
出典:Wikipedia

ピーナッツは、食物繊維が多く、消化に時間がかかる食べ物です。食べ過ぎは消化不良を招き、腹痛や下痢を引き起こす危険性があると言われています。

もちろん、あくまで「食べ過ぎはよくない」というだけですが、夏目漱石はピーナッツが大好きでした。加えて、大の甘党であった彼は、ピーナッツの砂糖菓子もよく食べていたそうです。

胃潰瘍を繰り返し患っていた夏目漱石にとって、ピーナッツの摂りすぎは控えるべきだったのですが、それができませんでした。胃には常に負担がかかり、ある時ついに限界が来てしまいます。

ある日、夏目漱石はピーナッツを口にした晩、突然腹部の内出血を起こして意識を失ったのです。そして、そのまま亡くなってしまったことで「夏目漱石の死因はピーナッツの食べすぎ」だと噂されました。

過去の壮絶な病歴

教員時代の夏目漱石、イケメンです
出典:Wikipedia

夏目漱石は、幼い頃より病弱な人物でした。天然痘や虫垂炎にはじまり、大人になってからは精神的な病にも悩まされていました。さらに、晩年には胃潰瘍の他にも、痔や糖尿病での通院を余儀なくされたのです。

幼い頃から病弱だった

5歳ごろのかわいらしい写真
出典:Wikipedia

夏目漱石の病歴は、わずか3歳で発症した天然痘(てんねんとう)からはじまりました。天然痘とは、「天然痘ウイルス」による感染症で、発熱に加えて全身に疱瘡(ほうそう)という発疹が表れ、顔に痣が残ると言われています。夏目漱石も右頬に痕が残り、コンプレックスに感じていました。

また、大学の予備校時代には、虫垂炎や結膜の病気であるトラコームにもかかりました。結果、大学入学を留年しています。教師として働きだしてからも、肺結核や神経衰弱に悩まされ、病弱な人生を歩んだのです。

精神病弱、現在で言ううつ病?

画家ゴッホが描いた、「悲しむ人」
出典:Wikipedia

夏目漱石は、もともと神経質な性格だったと言われています。彼の精神病弱に拍車がかかったのは、33歳の頃、国費留学生としてイギリスへ渡った時でした。

夏目漱石は当時、熊本の第五高等学校で教授を務めていました。幼い頃より英語の成績がよく、英文学者としても活躍していたのです。すると、文部省から「国費留学生として、英国で英文研究に従事するように」と命を受けます。そして1900年、夏目漱石は家族を残して渡英しました。

もっとも不愉快な2年間なり

留学中、十分でなかった国費によって貧しい生活を強いられ、英国の人々の人種差別、自身のコンプレックスを強く感じるようになります。

結局、夏目漱石の精神病弱は悪化し、帰国命令が下って日本へ帰還しました。帰国後には、教え子の自殺が重なり、常に不安定な精神状態が続いたといいます。現代の医療で診ると、「うつ病や統合失調症の気があったのでは?」と言われているほどです。

夏目漱石の性格は?影響を与えた人物やエピソードと共に紹介

最後の様子とは

別邸でくつろぐ、晩年の姿
出典:Wikipedia

夏目漱石は1916年12月9日、自宅で執筆作業中に腹部の内出血を起こして亡くなりました。彼の死に際の言葉には諸説ありますが、倒れた後には目を覚ますこと無く、この世を去ってしまいました。

日本を代表する文豪の最後の姿とは、一体どのようなものだったのでしょうか。

最後は自宅で迎える

雑司ヶ谷霊園に眠る
出典:Wikipedia

夏目漱石は亡くなる数日前、フランス学者である辰野隆の結婚式に参列していました。祝宴の場に用意された「ピーナッツ」も食べています。

その後、当時連載中だった「明暗」の執筆を進めていた際に、突然激しい痛みに襲われます。諸説ありますが、家族がかけつけると「腹に水をかけてくれ」と叫んだと言われています。そして、泣く娘を叱責した妻をなだめ、「いいよ、泣いてもいいんだよ」と声をかけました。

そして、そのまま帰らぬ人となったのです。

夏目漱石の遺体は、東京帝国大学の医学部解剖室にて解剖されました。なんと、その際に摘出された脳や胃は寄贈されており、現在も保管されています。自宅で最期を迎えた夏目漱石は、家族が見守る中静かに息を引き取ったのです。

未完の作品「明暗」

「明暗」の原稿の一部
出典:Wikipedia

「明暗」は、朝日新聞で1916年5月から連載されていた長編小説です。188回も続いていた作品でしたが、残念ながら未完となってしまいました。

複雑な夫婦関係を軸として、人間のエゴイズムを描いた近代小説です。シュールな設定ですが人気を博し、未完となったあとも、高い評価を得ている作品になっています。

未完ですが、夏目漱石の死の翌年には岩波書店から刊行され、現在でも多くの人に愛されているのです。

夏目漱石のおすすめ作品・本15選【漫画や短編、長編作品まで】

夏目漱石死因に関するまとめ

夏目漱石の人生は、病気とともに歩んだといっても過言ではありません。しかし、決して暗いものだけでもありませんでした。

例えば、精神を病んだ英国留学ですが、「創作への方向に向かう」きっかけとも発言しているのです。夏目漱石は37歳で作家デビューし、作家人生は10年ほどしかありませんでしたが、病と戦い、偉大な作品を多く残しました。なにごとも、辛いことばかりではないのです。

今回は、過去に千円札の顔にもなった偉大な小説家、夏目漱石の死因についてご紹介しました。彼の作品は、自身の人生を反映した作品が多くあります。この記事をきっかけに、彼の作品の奥深さを知っていただけると幸いです。

こちらの記事もおすすめ

夏目漱石とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や死因、名言についても紹介】 【日本の文豪】夏目漱石の名言15選!発言の意図や背景も紹介 【夏目漱石クイズ#1】紙幣の顔となった日本の文豪。

コメントを残す