小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

三億円事件のお金の行方は?真相や現在の貨幣価値、影響についても解説

「三億円事件で奪われたお金の行方は?」
「三億円事件の影響ってあるの?」

三億円事件は、1968年12月10日に発生した窃盗事件です。1986年に起きた「有楽町三億円事件」や、1990年に起きた「練馬三億円事件」と区別するために「府中三億円事件」とも呼ばれています。

未解決事件として、現在でも度々メディアで取り上げられていますが、お金の行方はあまり知られていません。今回は、昭和の事件に関心を持った著者が、三億円事件で奪われたお金の行方について解説します。

現在の驚くべき紙幣価値や、当時の金融に与えた影響についても触れますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

三億円事件のお金の行方は?

昭和事件を代表する未解決事件
出典:デイリーニュースオンライン

三億円事件は、1968年12月10日に東芝社員のボーナス約3億円を乗せた現金輸送車が、白バイ隊員に呼び止められたところから始まりました。

車の下に爆弾が積まれている、逃げろ

白バイ隊員に化けた事件の犯人は、銀行員を下ろすと現金を車ごと窃盗。犯人はわずか3分程の短時間で、大金を盗み出したのです。

警察は、多額の費用や大勢の捜査員を導入して犯人を追ったものの、結局事件は未解決のまま、1975年12月10日に時効を迎えています。しかし、現在に至るまで奪われたお金の行方はわかっていません。

殆どが不明

現金輸送車と同型の日産セドリック
出典:Wikipedia

三億円事件で白バイ隊員に変装して現金を奪った犯人は、事件後お金とともに姿を消しました。しかし盗まれた現金輸送車自体は、事件当日のうちに発見されています。

犯人は現金輸送車を逃走後に乗り換えたと見られますが、目撃者の証言から車種は「トヨタカローラ」だということが判明したのです。そして、トヨタカローラも事件発生から4ヶ月に小金井市で発見。中には、現金輸送車に積んであったジェラルミンケースが残されていました。

しかし中身は空になっており、懸命な捜査を続けるも、犯人はおろかお金の行方を探し当てることもできませんでした。現在でも、殆どが不明のままになっています。

警察が発表した紙幣の記番号とは

公表された紙幣の記番号

警察は事件当初、犯人やお金の行方について「すぐに判明するだろう」と高を括っていました。なぜなら、事件現場や乗り捨てられた白バイなどから、多くの遺留品が見つかっていたからです。

そして楽観ムードな警察は、あろうことかマスコミに「奪われた紙幣の記番号」がXF227001A〜229000Aであることを公表してしまいます。当時読売新聞の記者をしており、事件を追っていたT氏は「えー、それ言っちゃうの」と思い、驚いたといいます。

警察が発表した記番号は、500円札2000枚の100万円分でしたが、犯人が公表を知れば「使わない」もしくは「処分してしまう」のではないか?と感じたのです。T氏の読みは的中し、その後も現金が発見されることはありませんでした。

使われた形跡もない

発見に至らず、時効は成立
出典:文春オンライン

このように、警察は一部のお札の記番号を把握していたので、利用されればすぐに判明するはずでした。しかし、お金は使われた形跡がなく、足取りを追うことはできなかったのです。

ちなみに、実は記番号XF227278Aのお札のみ発見に至っています。しかし、このお札は番号が傾いていたことから、偽札という判断が下っているのです。

また犯人説の中には、三島由紀夫が創設した「槍の会」のメンバーらとの説があり、強奪した3億円の一部を富士の樹海に隠したとされています。ですが、現在に至るまで真偽は不明。50年以上たった今、犯人はこの世にいないかも知れませんが、「遺品整理などで発見された」という話もないのです。

従業員へのボーナスは支払われていた

お金の出処とは?

三億円事件では、東芝の府中工場に勤める社員のボーナスが奪われましたが、翌日にはそれぞれ従業員に支払われています。なぜなら、東芝が保険をかけていたから。

保険会社からの補填があったおかげで、事件翌日には予定通りの支給を済ませることができたのです。さらに、保険会社も外国の保険会社に二重保険をかけていたため、日本国内での損失はなかったとされています。

三億円事件は、事件自体の損失が国内から発生しなかったことと、奪われた金額が正式には2億9430万7500円だったことから、語呂合わせで「憎しみのない強盗」とも呼ばれているのです。

現在の紙幣価値は20億円?

発見されたジュラルミンケース
出典:時事ドットコム

三億円事件で強奪された「三億円」とは、もちろん当時の価格を指します。では、現在の紙幣価値に換算すると、およそいくらになるのでしょうか?

一般的には、現在の価値で10億円以上と言われています。しかし、当時の大卒初任給と照らし合わせると、大きな誤差があるのです。

1968年の大卒初任給は約36,000円。2016年時点での大卒初任給がおよそ203,000円です。両者を比較し現在の紙幣価値を計算すると、なんと約20億円相当にもなります。

この数字は国内強盗事件の歴代最高額であり、今なお超える出来事はないのです。

三億円事件による金融への影響

金融への影響とは?
出典:オトナライフ

昭和を代表する事件である「三億円事件」ですが、これをきっかけとして変わったことがいくつかあります。それは、給料の口座振込制度の普及と現金輸送時の警備強化でした。

三億円事件による金融への影響を、下記で詳しく解説します。

給料の口座振込制度

昔は当たり前だった給料袋
出典:封筒印刷製作所

三億円事件による有名な金融への影響は、給料の口座振込制度の普及です。著者の父親世代となると、会社からの給与は手渡しが一般的でした。給料袋にお金を入れて機嫌よく帰宅する父。多くの人が、漫画やメディアで目にしたことがある光景でしょう。

しかし、現在では給与の受け渡しは銀行口座への振り込みが主流です。慣れ親しんだ給与の支払い方法ですが、実は三億円事件が深く関係しています。

口座振込制度の重要性は、昭和40年代には徐々に浸透していました。しかし、昭和43年に発生した三億円事件により、口座振込制度への意識変革は急速に加速します。

そして、口座振込制度が普及すると銀行にお金が集まるようになり、企業への貸し出しが増加。結果的に、日本経済へ好影響を与えたのです。

輸送時の警備強化

防犯意識の高まり
出典:ライフルホームズ

三億円事件をきっかけに、輸送時の警備強化も行われました。大量の現金を輸送することや、銀行員が運ぶことに対する危機感が高まり、警備の強化が成されたのです。

そして、同時に警備会社が発展しました。1962年(昭和37年)に日本初の警備会社を立ち上げたセコムは、東京オリンピックや三億円事件の影響を受けて、一気に認知が進んだのです。

また、前述した銀行振込制度の普及により開発されたのがATM。ATMは無人窓口が多かったことから、同時期に防犯カメラの重要性も提唱され、一気に防犯の意識が高まるきっかけとなったのです。

三億円事件は、日本の経済や金融、防犯面でも大きな影響を与えました。

三億事件お金の行方に関するまとめ

三億円事件は、誰も傷つけることなくすばやい犯行であったために、現在でも高い注目を浴びています。お金の行方は現在でも不明な点から、「犯人の本当の目的は何だったのか?」という憶測も途切れません。

犯人逮捕に至らず未解決のままの事件ですが、この事件をきっかけとして、日本の仕組みが大きく変わったことも事実です。

当記事をきっかけに、現在当たり前に利用する金融機関の制度や警備会社の存在について、改めて歴史の認知に繋がればと願っています。

こちらの記事もおすすめ

三億円事件とは?事件の経緯や真相、犯人像、関連作品まで紹介

コメントを残す