小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

渥美清の死因は?まつわる噂や闘病生活、病弱だった幼少期の様子も紹介

「渥美清の死因は?」
「晩年の渥美清の様子が知りたい!」

渥美清さんは山田洋次監督による「男はつらいよ」シリーズで主人公「車寅次郎」を演じ、「寅さん」と呼ばれ広く国民に親しまれた昭和の名優です。渥美さんの人間味あふれる演技が国民に喜びと潤いを与えたとして、俳優としては史上二人目となる国民栄誉賞を受賞しています。

そんな渥美清さんは1996年8月4日に、68歳でこの世を去りました。渥美さんの死はすなわち「寅さん」の死であり、多くの「男はつらいよ」ファンや俳優仲間、芸能関係者が涙したと言います。

この記事では渥美清さんの死因や闘病中の様子、病弱だった幼少期について解説します。

渥美清さんの死因は?

死因は転移性肺がんだった

47作目の「男はつらいよ」に出演する渥美さん
出典:BS映画情報 (無料Ch)

渥美清さんの死因は転移性肺がんでした。

転移性肺がんが見つかったのは1994年のことで、ちょうど「男はつらいよ」の第47作目に取り掛かろうという時でした。その後、体調は優れないながらも病気と闘いながら、第47作と第48作の作品に奇跡的に出演を果たします。

さらに第49作目の製作を開始しようという矢先、渥美さんは「呼吸が苦しい」と家族に訴えすぐ手術を受けます。しかしこの時にはがんの転移が広がっていて、すでに手の施しようがない状態でした。

1996年8月4日午後5時10分、渥美清さんは享年68歳で転移性肺がんのためこの世を去ったのです。

肝臓がんも患っていた

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓
出典:オンライン医療事典 MEDLEY

渥美清さんの肺がんは転移性のもので、その原発となったのが1991年に見つかったとされている肝臓がんです。これは亡くなる5年前で、渥美さんは63歳の時でした。

肝臓がんが見つかる1991年の少し前から、徐々に渥美さんの体調は悪くなっていたといいます。1989年に公開された第42作「男はつらいよ ぼくの伯父さん」の撮影では少しずつ出演シーンが削られ、演技も以前のような勢いが失われつつありました。

それでも渥美さんは療養が必要とされるような負担の大きい治療は受けず、「男はつらいよ」への出演を続けるために必要最低限の治療しか受けませんでした。

死因に関する噂

手術によって亡くなったという噂がある

手術ミスの噂もあった
出典:医療法人社団 藤﨑病院

渥美さんの死には最後に受けた手術が原因で亡くなったという噂もあります。手術が行われてからたった4日で渥美さんが亡くなってしまったことが噂に拍車をかけました。

実際はもちろん手術ミスなどはなく、単なる噂にすぎません。手術後たった4日で亡くなったのはそれだけがんが進行していて、もはや手遅れの状態だったということでしょう。

しかし直接の原因ではなく手術を行ったことで間接的に死期を早めた可能性はあるかもしれません。体力のある若者なら大手術にも耐えられるかもしれませんが、がんに侵され体力も衰えていた渥美さんが手術に耐えられず力尽きてしまったということも考えられます。

二つの説があるがん宣告の時期

告知時期に二つの説
出典:オンライン医療事典 MEDLEY

実は渥美さんのがん宣告の時期には二つの説があります。一つは一般的に浸透している1991年に肝臓がんが発覚し1994年に肺への転移が確認されたという説で、もう一つは渥美さんの長男である田所健太郎さんが語っている説です。

田所健太郎さんは渥美清さんの俳人としての一面に迫るルポルタージュ「風天渥美清のうた」の中で、「父の病気ががんであることを知ったのは僕が幼稚園の頃だった」と答えています。これによると田所さんが幼稚園に通っていた1974年から1976年あたりに最初のがんが発見されたことになります。

もしかしたら渥美さんは20年にわたってがんと闘い、「男はつらいよ」の撮影をこなし役者人生を全うしたのかもしれません。

渥美清さんは病弱だった?

幼少期にはさまざまな病気を患っていた

病弱な子供だった
出典:日経Dual

渥美さんの生まれた家庭は貧しく、幼少のころから病弱だったそうです。小学生時代にはご飯をまともに食べられない欠食児童で、病弱に拍車がかかりさまざまな病気を患っています。

小学3年次と4年次では長期にわたって体調を崩し、小児腎臓炎、小児関節炎、膀胱カタルなどを患い学校も欠席がちな子供でした。休養しているあいだは日がな一日ラジオを聞いて過ごし、覚えた落語を学校に行ったときに披露していたというエピソードも残っています。

26歳で肺結核にかかり右肺を切除した

2年間の療養中の渥美さん
出典:アメブロ

渥美さんは26歳の時に肺結核を患い、右肺を摘出するという大手術を経験しています。

そのころの渥美さんは浅草の舞台に喜劇俳優として出演していて、テレビや映画などでの活躍を夢見て精力的に活動していました。しかし手術後は長期療養を余儀なくされ、埼玉県にあった保養所で2年間ほど療養生活を送ります。

この保養所での療養生活が渥美さんの運命を変えたといいます。肺を片方失ったことによって以前のようなドタバタ劇を演じることに限界を感じ、話芸や演技を磨くことで新たな活動へつなげようと努力した結果、テレビや映画の仕事が舞い込んでくるようになったのです。

復帰後渥美さんは酒やタバコを辞めて、コーヒーさえも飲まなくなるほど摂生した生活に努め、体を大事にするようになりました。

闘病生活中の様子

「男はつらいよ」への出演

42作目の「男はつらいよ」に出演する渥美さん
出典:アメブロ

渥美さんは闘病中も「男はつらいよ」に出演を続けていましたが、撮影は渥美さんにとってかなり無理をしての仕事だったといいます。映画の内容も1989年公開の第42作から主人公「寅さん」の甥である「満男」にスポットを当てたサブストーリーに移行し始めます。

体調が優れない渥美さんに配慮し立って演じるシーンを極力減らしていましたが、晩年は立っていることもつらくなり座っての演技が徐々に増えていきました。

肝臓がんが発覚した1991年に公開された44作目の撮影の際には、もはや人と笑顔であいさつを交わすことさえ辛かったようです。渥美さんの病状を知らないスタッフやファンの目にはこの態度が不愛想に映ったようで、渥美さんに批判的な意見を持つ人も少なくありませんでした。

亡くなるまで病気を隠し続けた

「男はつらいよ」の山田洋次監督
出典:Wikipedia

渥美さんはがんを患って入退院を繰り返しながら手術をうけていることを、家族や一部の人以外には公表していませんでした。世間はもちろん「男はつらいよ」のスタッフや山田洋次監督にも打ち明けていなかったと言います。

もともと渥美さんは「寅さん」というキャラクターを守るため、自分のプライベートをさらけ出すようなことはありませんでした。役者として真摯に役に向かい、ストイックに仕事と向き合ってきた渥美さんの人柄がよくわかります。

最期の時も「家族だけで看取ること」「世間への発表は荼毘に付した後にすること」などの遺言を残し、亡くなった3日後の1996年8月7日に松竹から訃報が公表されました。

渥美清さんの葬儀

葬儀は家族だけの「密葬」だった

家族や知人だけの密葬
出典:沖縄県メモリアル整備協会

渥美清さんの葬儀は渥美さんの遺言によって、家族だけで行う「密葬」を東京の町屋斎場で行われました。「男はつらいよ」の山田洋次監督や芸能関係者にも一切知らせず、監督らがそれを知ったのは葬儀を終えて荼毘に付した後でした。

実は「密葬」という言葉を世間に広めたのは渥美さんだと説明する葬儀屋もあるといいます。世間的には別れの会を開催し、事前に行われる家族や近親者で行う葬儀を「密葬」と呼ぶようになったのが渥美さんの葬儀からなのだとか。

山田洋次監督が弔辞を読んだお別れの会

渥美さんのお別れの会
出典:えんためにゅーす

渥美さんのお別れの会は神奈川県鎌倉市にある松竹の大船撮影所で1996年8月13日に開催されました。お別れの会には渥美さんを慕う芸能人や映画関係者、全国から集まったファンたちが約4万人も訪れ、会場から最寄り駅まで長蛇の列ができたそうです。

弔辞を読んだのは山田洋次監督で映画の撮影で渥美さんに無理をさせたことに対する謝罪と、27年間48作にわたって苦楽をともにしたことへの感謝を述べています。

「男はつらいよ」での共演者たちも渥美さんではなく、「寅さん」や「お兄ちゃん」といった呼びかけで声をかけ渥美さんとの別れを惜しみました。

渥美清死因に関するまとめ

いかがでしたか?

渥美清さんの死因は肝臓がんから転移した肺がんでした。しかしがんを患っていることを家族と一部の人以外にはひた隠しにして、最後まで「寅さん」を演じ切った渥美さんは間違いなく素晴らしい俳優でしょう。

そんな渥美さんの心意気が詰まった「男はつらいよ」は、もし見たことないならぜひご覧になってほしい作品です!

コメントを残す