小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ジャンヌ・ダルクとはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や名言、死因についても紹介】

ジャンヌ・ダルクは百年戦争において危機的な状況にあったフランスを救った軍人です。フランスでは国を救った聖女として認知されており、また世界的にも有名な人物です。

ジャンヌは12歳のときに神の声を聞き「フランスを救わなければならない」という使命に駆られ、生まれ育った村を飛び出しました。その後、イングランド軍に支配されていたオルレアンを見事奪回することに成功し、国民たちから「神の使い」として崇められるようになります。

ジャンヌ・ダルク

しかし、当時のフランス王・シャルル7世は自分よりもジャンヌが国民の支持を集め始めたことを快く思っていませんでした。そしてパリ奪還に失敗したジャンヌはブルゴーニュ軍に捕えられてしまうのですが、シャルル7世はジャンヌ救出を積極的にしようとはせず、ジャンヌはイングランド軍に引き渡され宗教裁判にかけられてしまいます。

裁判にかけられた結果、ジャンヌは「異端者」と見なされ火あぶりの刑に処されることになるのです。ジャンヌは命が尽きる最期の瞬間まで「イエスさま」と燃え盛る炎の中で叫び続けたといいます。

こうして異端者として処刑されてしまったジャンヌですが、百年戦争終結後の復権裁判により有罪が覆され無罪が確定します。こうしてジャンヌは、非業の死を遂げた聖女としてフランスで語り継がれるようになりました。

ジャンヌ・ダルクとはどんな人物か

名前ジャンヌ・ダルク
(仏:Jeanne d’Arc)
別称オルレアンの乙女
誕生日1412年頃1月6日
生地フランス王国、ドンレミ
没日1431年5月30日
没地イングランド王国、ルーアン
配偶者なし
埋葬場所なし

ジャンヌダルクの生涯をハイライト

聖女ジャンヌダルク

救国の聖女と名高く、映画などの題材になるジャンヌダルク。わずか16歳の頃に戦争へ身を投じ、国を救った彼女はどんな人生を送ってきたのでしょうか。まずは彼女の生涯を簡単にまとめて紹介します。

ジャンヌは1412年頃、フランスのドンレミ村で農夫婦の家に生まれました。

いたって普通の村娘だったジャンヌは、12歳のときに神のお告げを聞きます。「戦争に参加してイングランド軍と戦い、王太子シャルルを王にしなさい」という内容の神のお告げに従い、ジャンヌは16歳になった頃にドンレミ村を出ました。

親戚のデュランと共に王太子のいるヴォークルールへと向かったジャンヌは、当時の守備隊長であるボードリクール伯に、王太子へ謁見する許可を願います。しかしボードリクール伯にとって、ただの村娘にすぎないジャンヌの話は聞き入れられませんでした。

しかしジャンヌは諦めることなく、再びボードリクール伯と面談し、「ニシンの戦いでフランス軍は敗北する」という予言をします。予言は見事に的中し、ジャンヌは王太子シャルル7世に謁見する許可を得られました。

ジャンヌはシャルル7世に、自身が受けた神のお告げについて話し「私ならばフランスを救うことができます」と言いました。

彼女は異端者ではないか、と疑ったシャルルは神学者たちにジャンヌの身辺調査をさせます。神学者たちによって、ジャンヌが異端者でないことを確認すると、シャルル7世はジャンヌが軍に加わることを許可しました。

当時の勢力図。ジャンヌの故郷を含めた北フランスはイギリスの支配下にあった

ジャンヌが入ってから、フランス軍の快進撃が始まります。ジャンヌが入隊してから、フランス軍は次々とイングランド軍の砦を落とし、敵の手に落ちていたオルレアンを開放しました。

勢いのついたフランス軍は奪われていた領土を取り返していき、ランスに到達します。そしてついに、1929年7月17日ランスにてシャルル7世の戴冠式が執り行われました。

オルレアンの解放、シャルルの戴冠式などの功績が認められて、ジャンヌの一族は貴族として迎え入れられます。しかし栄光は続かず、1930年コンピエーニュ包囲戦でジャンヌは捕縛されてしまいました。

捕縛されたジャンヌは身代金と引き換えにイングランド軍へと引き渡されます。当時は魔女や悪魔の存在が信じられており、神の声を聞いたというジャンヌは異端者扱いされました。

ジャンヌは罠にかけられてしまい、男装をしていたのを理由に宗教裁判で異端者認定されてしまいます。ジャンヌは、男装にはやむを得ない事情があったことを訴えましたがすべて無視されてしまい、死刑判決を受けます。

死刑の中でも最も残酷と言われている火刑に処され、ジャンヌは19歳という若さで亡くなりました。

ジャンヌの性格は真面目で優しく、信心深い

毎日決まった時間に祈りを捧げていた

ジャンヌは真面目で優しく、信心深い性格でした。

ジャンヌの幼なじみによると、ジャンヌは優しくて飾り気がない、信仰に厚い少女だったといいます。ジャンヌの信心深さは友人の間でも有名で、よく「あなたは信心深すぎるわよ」とジャンヌに指摘していたくらいです。

また、ジャンヌは働き者としても有名でした。

裁縫や麦の刈り入れ、家事などもしており、必要があれば糸を紡ぎながら家畜の番もしていました。祭りの日には村の子供たちと一緒に遊びに行くなど、面倒見もよかったようです。

聖女として活躍する前から、ジャンヌはたくさんの人に愛されていました。彼女が後世まで伝わる偉業を成し遂げられたのは、行動力や固い信念だけでなく、多くの人に愛される性格も影響していたのではないでしょうか。

ジャンヌが聖女として認定されたのは最近

ジャンヌダルク列聖(聖人として認められること)の記事

今では救国の聖女として有名なジャンヌダルクですが、実は聖女として正式に認定されたのは1920年とわりと最近です。

ジャンヌは亡くなる直前、イギリス領北フランスのルーアンで宗教裁判にかけられ、異端と認定されてしまいます。有罪判決を受け、火刑に処されてしまったジャンヌの名誉はすぐには戻りませんでした。

ジャンヌが亡くなってから25年後にようやく名誉回復のための裁判が行われ、ジャンヌは無罪と認められます。

ジャンヌの死後、彼女の名前はフランスの歴史にたびたび出てきました。カトリックの象徴として用いられたり、政治に利用されたりとジャンヌの勇姿はフランスの人々の間で語り継がれていきます。

そして名誉回復の裁判から500年後の1920年に、ようやくローマ教皇から聖女として認められたのです。

ジャンヌ・ダルクの生まれ

信心深い母のもとに生まれる

ジャンヌ・ダルクは、ローマ帝国とフランス王国の両方に所属するバル公領・ドンレミ村で生まれました。家族構成は以下の通りです。

  • 父:ジャック・ダルク
  • 母:イザベル・ロメ
  • 長男:ジャクマン
  • 次男:ジャン
  • 三男:ピエール
  • 長女:ジャンヌ・ダルク
  • 次女:カトリーヌ

両親は農業を営んでおり、信仰心に篤かったといいます。また、ジャンヌの母親は特に信心深い性格でよくジャンヌに祈祷文を教えていました。

ジャンヌが神を信仰するようになったのは、両親から強く影響を受けたからだと考えられます。

ジャンヌは均整の取れた体格をしていた?

現存している彫像や絵画はすべて想像で作製されたもの

実は容姿について正確な資料が残っていないジャンヌですが、とある資料から彼女は均整の取れた体格をしていたと推察されています。

オルレアン解放を成し遂げたお礼として、ジャンヌには衣服が送られました。彼女が受け取った衣服には詳細なメモが残されており、研究者はメモの記述から、ジャンヌは身長160cmで均整の取れた丈夫な体をしていたと考察しています。

なぜ身長までわかるのかというと、当時の男性服は衣服の長さが膝まであり、ジャンヌが着ていた服の丈は80cmだったからです。

今の私たちとあまり変わらない身長で、成人する前から戦争で活躍していたと思うと改めてジャンヌのすごさがわかりますね。

ジャンヌ・ダルクの死因、処刑理由

遺灰が流されたセーヌ川

ジャンヌはブルゴーニュ公国軍に捕らえられ、身代金と引き換えにイングランド軍に引き渡されました。その後宗教裁判にかけられたジャンヌは「異端である」という判決を受け火刑に処されることになります。

処刑はイングランドの統治領であったルーアンの「ヴィエ・マルシェ広場」で執行されました。高い柱に縛り付けられ民衆の目に晒されながら、ジャンヌは炎に身を焼かれ息を引き取ったのです。

黒こげとなった彼女の遺体は民衆の面前にさらされ、更に灰になるまで燃やされました。ジャンヌの遺灰は処刑執行人によってセーヌ川へと流されました。

ジャンヌの死に様はあまりに壮絶で、見ているものを恐怖に陥れたといいます。

ジャンヌダルクの功績

功績1「ジャンヌ・ダルクのオルレアン包囲戦」

オルレアン包囲戦でのジャンヌ・ダルク

百年戦争の最中に起きたオルレアン包囲戦によって、フランスは非常に危機的な状況に陥っていました。もしオルレアンを落とされていたら戦争に勝利していたのはイングランドだったかもしれないと言われているほどです。

ジャンヌはフランス軍の先頭に立ち、オルレアン包囲戦で指揮を執りました。戦いは熾烈を極めジャンヌ自身も深手を負いましたが、無事にフランス軍を勝利に導きます。

オルレアンが解放されたのはジャンヌが戦場に到着してわずか9日後のことでした。この功績が称えられ、後にジャンヌは「オルレアンの乙女(ラ・ピュセル・ドルレアン)」と呼ばれるようになります。

またジャンヌの生まれ育った村もジャンヌの功績を称えるため「ドンレミ・ラ・ピュセル」と後に村の名前を変えています。

功績2「シャルル王太子の戴冠を助けた」

戴冠式のジャンヌの肖像画

ジャンヌは劣勢だった戦況をひっくり返し、王太子シャルル7世の戴冠を助けて戦争終結のきっかけを作りました。

その頃のフランスでは、国王はランスの大聖堂で戴冠式を行わなければならないという慣しがありました。しかし、当時のランスは地域一帯がイギリスの領地でした。王太子シャルル7世をランスまで連れていくには、まず領地を取り戻す必要があります。

ジャンヌが軍に入るまで、フランスは劣勢でした。しかし神の声を聞いたジャンヌが加わってから、戦況はガラリと変わりました。オルレアン解放を経て、「私たちには神がついている」と勢いづいたフランス軍は次から次へと領地を取り戻します。

オルレアン解放からわずか2ヵ月でジャンヌはランスまでの道を開き、シャルル7世は無事戴冠式を終えて、正式なフランス国王として即位しました。

今までフランス側には、国としてイギリスと交渉できる政府がありませんでした。しかし、シャルル7世が正式に国王となったため、戦争を終わらせるための話し合いができるようになったのです。

功績3「決定的な発言をさけ、宗教裁判で異端認定を避けていた」

尋問を受けるジャンヌダルク(右)

ジャンヌは異端審問のさい、決定的な発言を避けて異端認定を避けていました。

当時の裁判記録でもっとも有名なものは「神の恩寵を受けていたことを認識していたか」と問われたさいの回答です。

ジャンヌはこの質問に

「もし自分が恩寵を受けていないならば、神様がそれを与えてくれるようにと祈ります。もし自分が恩寵を受けているならば、神様がいつまでも私をそのままの状態にしてくれるようにと祈ります」

と、肯定も否定もしませんでした。彼女の返答を聞いた者は呆然とします。

実はこの問答、ジャンヌに仕掛けられた罠でした。教会の教えでは、神の恩寵は人間が認識できるものではないとされています。問いに頷けば「自分は異端である」と言ったことになり、首を振れば「自分は罪を犯しました」と告白したことになるのです。

ただの村娘が、巧妙に仕掛けられた罠を回避するとは誰も思いませんでした。

ジャンヌの思考力は優れており、手を変え品を変えた質問にも明確に、かつ問題のない答えを返しています。ジャンヌの口から「自分は異端である」と言わせたかった教会関係者ですが、彼女のはっきりとした答えにこのままでは論破されてしまうと慌てました。

ジャンヌの署名

ジャンヌを異端認定できるような発言を引き出せなかった教会は、彼女が文盲だったことを利用して、「私は異端です」と内容を偽った宣誓供述書にサインさせるしかありませんでした。

1 2 3

コメントを残す