【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

コンクリート事件の被害者は妊娠していた?悲惨すぎる事件の真相

「女子高生コンクリート詰め殺人事件という残酷な事件があると聞いた」
「被害者女性が妊娠していたという噂を聞いた…」

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」は、1988〜1989年にかけて起きた当時17歳の女子高生を拉致監禁の末に、強姦・拷問行為を繰り返して殺害し遺体を遺棄した事件です。発覚後はあまりの事件の悲惨さに世間は驚愕しましたが、凶悪犯罪であるにもかかわらず少年犯罪として軽い刑しか執行されず、少年法を見直すべきだという声が多くあがった事件でもありました。

人の仮面をかぶった鬼畜と呼ばれる犯人の犯行に怒りを感じずにはいられない
出典:ENDIA

また、この事件では被害者の古田順子さんが妊娠していたという噂もあります。それは事実だったのでしょうか?「人の仮面をかぶった鬼畜」といわれる犯人たちの所業を知らない世代にも知ってもらうために、被害者が妊娠していたという話を含めた事実をお伝えします。

この記事を書いた人

フリーランスライター

高田 里美

フリーランスライター、高田里美(たかださとみ)。大学は日本語・日本文学科を専攻。同時にドイツ史に興味を持ち、語学学校に通いながら研究に励む。ドイツ史研究歴は約20年で、過去に読んだヨーロッパ史の専門書は100冊以上。日本語教師、会社員を経て結婚し、現在は歴史研究を続けながらWebライターとして活躍中。

女子高生コンクリート詰め殺人事件とは?

戦後史上最悪の事件の1つといわれる事件だ
出典:MATOMEDIA

最初に女子高生コンクリート詰め殺人事件とはどういった事件だったのかを紹介します。事実を正確に伝えるために残酷な表現が登場しますが、その点はご留意頂けると幸いです。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の概要

鬼畜の所業といわれた事件はあまりに酷すぎる内容だ
出典:世界犯罪目録

女子高生コンクリート詰め殺人事件とは、1988〜1989年に起きた事件の通称です。埼玉県三郷市内の路上で、当時17歳の古田順子さんが不良少年グループに拉致されました。そして当時犯人たちのたまり場となっていた東京都足立区綾瀬の加害者宅に古田さんを約40日間監禁。

監禁中に犯人4名が行った行為の一部は以下の通りです。

  • 仲間たちを呼びよせ輪姦した
  • マッチを陰部に刺し火をつけた
  • 足の爪をはがした
  • 膣を灰皿代わりにした
  • ゴキブリを食べさせた
  • 少女の足に油を注ぎ点火し火傷させた

これはあくまで一部であり、他にも古田さんは辱めを受け、拷問を受け続けていました。度重なる暴力により被害者の顔は腫れあがり、手足の一部は化膿して極度の栄養失調になっていたといいます。犯人は血で汚れるからとビニールで拳を覆い、手首をテープで止めて暴行を続けていました。

遺体はドラム缶に入れられ遺棄された
出典:NeeSee

そして度重なる暴力の末に古田さんが亡くなると、犯人たちは遺体の遺棄を企てドラム缶を準備。そしてドラム缶に遺体を入れてコンクリート詰めにし、東京都江東区若洲の埋立地に遺棄しています。

少年法適用の軽い刑が問題となった

犯行が発覚し事件の詳細が分かると世間は驚愕した
出典:NeeSee

この事件は1989年に犯人たちが他の婦女暴行事件とひったくり事件で逮捕された後に、余罪を調べた際に発覚。証言通りに江東区若洲でドラム缶に入った遺体が発見され身元を照合しますが、遺体は損傷が激しく指紋から身元を証明したといいます。

事件の発覚により、主犯4名を含めた多くの事件に関与した人物が逮捕されました。特に事件に深くかかわった主犯の4名は東京家庭裁判所で「刑事処分が相当」と判断し、東京地方裁判所に起訴されました。検察は、

「稀に見る重大・凶悪な犯罪で、犯人の態様も極めて残虐・冷酷である。人の仮面をかぶった鬼畜の所業であり、被告人らが犯行当時少年で、うち3名は家庭環境が良好とは言い難いことを考慮しても、厳しい刑を持って望む以外にない」

と重い刑罰を求刑しましたが、犯人が未成年であったために「少年法」が考慮されています。

少年法により主犯4名は求刑よりも軽い刑が執行された

そのため主犯格の宮野裕史に懲役20年、湊伸治が懲役5年から懲役10年以下の不定期刑、小倉譲が懲役5年から9年以下の不定期刑、渡邊恭史は懲役3年以上4年以下という被害者遺族や世間も納得しない判決が出たのです。

被害者の古田順子さんが妊娠していたのは本当なのか?

古田順子さんには酷い強姦・拷問の痕が残っていた

被害者の古田順子さんはとても残酷な目にあわされ続けていました。発見された古田さんは、酷い強姦・拷問が見て取れる様子だったといいます。

度重なる強姦により妊娠していた

検視によると受精が確認されたという

古田順子さんは40日間昼夜問わず400回以上強姦され、司法解剖により妊娠していたことが分かっています。受精後すぐは身体に変化はありませんが、多くの場合眠さなどが起き「つわり」と呼ばれる体調の変化が徐々に出始めます。犯人たちは度重なる拷問だけでなく、度重なる強姦で被害者に望まぬ妊娠までさせていたのです。

子宮が引き裂かれた状態で発見された

被害者の子宮は引き裂かれていた

古田さんは妊娠していましたが、犯人たちによって膣に花火などを入れられ、最後には子宮をドリルで引き裂かれてしまっていたといいます。そのために発見された時の身体は、子供が産める状態ではありませんでした。ドリルで引き裂くなど、本当に人間がやることなのかと感じてしまう話です。

最終的に識別が難しいほど悲惨な状態で発見される

被害者の様子は変わり果てていた

発見された古田さんの遺体は変わり果てた姿となっており、肉親でも識別が難しいほどだったといいます。状態は、

  • 顔は原型をとどめない程に破壊されていた
  • 鼓膜は損傷し聞こえなくなっていた
  • 前髪は抜け落ちていた
  • 脳は萎縮していた
  • 歯が抜け落ちていた
  • 手足の傷が腐敗していた
  • 性器には空き瓶が入れられていた

だったといい、あまりの酷さに目を背ける捜査官もいたそうです。脳はストレスのあまり、アルツハイマー患者同様に萎縮していたといいます。

1 2

1 COMMENT

コメントを残す