【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

本物のヤクザの怖いところは?実際の怖い体験談7選

「ヤクザは実際会ったことないけど、やはり怖い人なのかな?」
「ヤクザと関わって起こった怖いエピソードを知りたい」

日本で昔から裏社会を取り仕切っているヤクザですが、普段生活しているとあまりかかわる機会がない人も多いことでしょう。テレビや漫画などの影響で抗争のイメージもあるようですが、やはりヤクザとかかわったことで怖い体験をしたという人は多くいます。

ヤクザは実際に会うとやはりとても怖い人たちだ
出典:Wikipedia

そこでこの記事では、ヤクザのどういった面が怖いのか、またヤクザとかかわって怖い目にあった人の体験談を紹介していきます。

この記事を書いた人

フリーランスライター

高田 里美

フリーランスライター、高田里美(たかださとみ)。大学は日本語・日本文学科を専攻。同時にドイツ史に興味を持ち、語学学校に通いながら研究に励む。ドイツ史研究歴は約20年で、過去に読んだヨーロッパ史の専門書は100冊以上。日本語教師、会社員を経て結婚し、現在は歴史研究を続けながらWebライターとして活躍中。

本物のヤクザの怖いところは?

ヤクザが怖いところを紹介
出典:Gigazine

フィクションの世界ではなく、本物のヤクザのどういったところが怖いのか?ヤクザを怖いと感じるところを紹介します。

見かけは普通でもやることが怖い

今のヤクザは一見するとヤクザと分からない人も多い

ヤクザの多くは、一見するとヤクザと分からない「普通の人」がほとんどです。一昔前だと周りを怖がらせるために「高級車に派手なスーツとサングラス」といったイメージもありましたが、今はそんな見かけのヤクザはほとんど見かけなくなりました。

特に上の役職の人であればあるほど見た目が分からない傾向があり、親分も含めて中堅ヤクザも物静かで礼儀正しい人も多いのです。周りには礼儀正しく振舞い、見かけは「いい人」でも、怒らせたりした場合恐ろしい顔を覗かせます。

今はいかにもヤクザという人は少ない
出典:シネマ係長の秘密基地

礼儀正しく物腰柔らかだった人が、急に恐ろしく豹変するので恐ろしくなってしまうのです。見かけが紳士的でも、裏稼業を渡り歩いていたことは間違いありません。表面は普通の人でも、裏で犯罪を犯しているという事実はヤクザの怖さの1つです。

敵対すると苛烈な報復がある

やられたらやり返すのがヤクザの鉄則だ
出典:語源由来時点

ヤクザと対立した場合、ヤクザは必ず「落とし前」をつけるのが鉄則です。例えばそれは敵対組織に対してもですし、一般人に対しても一貫しています。ヤクザの世界では「相手に落とし前を付けないまま」だと、同業者に舐められてヤクザとしてやっていけなくなるのです。

特に一般人はトラブルがあった場合、必ず足取りを掴んで落とし前を付けにやってきます。喧嘩をした場合は、偽の診断書を作って治療費と慰謝料を請求してくるといった話も。しかも弁護士を連れて合法的に請求してくるので、裁判でも負けて結局慰謝料を支払うことになってしまうそうです。報復は徹底しており、ヤクザの怖さの1つと言えるでしょう。

ケジメで指を詰めることも

ヤクザはけじめとして指を切り落とす
出典:Gigazine

ヤクザの世界では、「ケジメ」として指を詰めることもあります。ケジメとは広辞苑によると、

「区別。わかち。わけめ」
「道徳や習慣として守らなければならない区分」

広辞苑

という意味です。しかしヤクザの場合は、失敗の処罰や金銭的なトラブルで指を切り落としてしまいます。例えばギャンブルのノミ行為でお金の支払が滞った場合など、一般社会ならば話し合いや交渉になりますが、ヤクザの場合指を切り落とすのです。

山口組の司忍組長も指を詰めているそうだ
出典:Cherish

これは身体の一部を傷つけることで謝罪の意思を表し、これで無かったことにしてくださいと詫びを入れるのだといいます。ただしヤクザにも個人差があり、出来るだけ引き伸ばす人もいますが、昔気質の人はあっさりと指を落とすそうです。もちろん失敗の処罰として指を詰めることもあり、当事者ではなく、紹介者や兄貴分が責任として指を切り落とすこともあります。

指詰めはヤクザにとっての「荒くれ者がいる」「相手の組と引けをとらない」といったパフォーマンスの意味もあるのだそう。ヤクザの階級に関係なく指を詰めた人は多くおり、ヤクザの中でも大手、山口組の司忍組長も指はありません。また、同じように二次団体の最高顧問なども何本も指がないといい、ヤクザの世界はとても怖い世界であることがわかります。

ヤクザの階級や役職を組織図付きで一覧解説!年収の違いや収入源も紹介
1 2

コメントを残す