小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

作家サンテグジュペリとはどんな人?生涯や年表まとめ【人物像や名言、作品、死因について紹介】

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900~1944)は、フランスの作家です。『星の王子さま』『夜間飛行』などの大ベストセラー作を世に送り出し、日本でも「星の王子さまミュージアム」が建てられるなど、現在でも読者を魅了し続けています。

そんなサン=テグジュペリは「飛行文学」という新たな文学のジャンルを切り開いた作家としても知られています。というのも、彼の作品は大半が自身の「操縦士体験」からきているのです。

サン=テグジュペリ

兵役で志願したサン=テグジュペリは、1921年に航空隊へ入隊。民間飛行資格を取得するも、わずか2年後に飛行場での墜落事故に遭い、頭蓋骨を骨折。操縦士として退くことを余儀なくされてしまいます。

その後は自動車会社などで働きながら、1926年から本格的に執筆活動を始めます。1929年にデビュー作『南方郵便機』を出版。さらにその2年後『夜間飛行』を出版し、フェミナ賞という文学賞を受賞します。こうして文学者としての道を歩み、1934年に『星の王子さま』を出版。世界に名を知られる人物となったのです。

今回はそんなサン=テグジュペリに関して、星の王子さまは20回以上、更に伝記などを何冊も読み倒すほど大ファンである筆者が、その生涯と作品について徹底解説していきたいと思います。

サン=テグジュペリとはどんな人物?

名前アントワーヌ・マリー・ジャン
=バティスト・ロジェ・ド・サン
=テグジュペリ
誕生日1900年6月29日
生地フランス・リヨン
没日1944年7月31日
没地フランス内陸部の偵察中に行方不明
配偶者コンスエロ・スンシン
埋葬場所パリ アンヴァリッド前に記念碑

代表作『星の王子さま』の凄さ

『星の王子さま』

サン=テグジュペリと言えば『星の王子さま』というイメージが浸透しているほど、日本でも有名な文学作品。売り上げは世界累計1億5千万冊を超え、世界200の国と地域で翻訳が成されている超ベストセラー作品です。映画化やアニメ化なども世界中で行われており、未だに多くのファンがいます。

そんな『星の王子さま』が凄い理由は、児童文学という体裁で出版されたのにも関わらず、実際は大人に読まれているというところ。生命・愛・人生といった人間の最も考えるべき普遍的テーマに焦点を当てたストーリーが、今もなお読者の心を引き付けて離さないのです。

サン=テグジュペリは最近まで死因が不明だった

偵察に行ったまま消息不明に

操縦士として、作家として人生を全うしたサン=テグジュペリは、1944年に亡くなりました。しかし、亡くなった当初は戦争の影響で偵察に行ったまま、行方がわからなくなった…という事態が発生しており、1945年に裁判所が認めるまで、亡くなったかどうかもわからない状態が続いていたのです。

しかし、その後サン=テグジュペリが最後に乗っていたされる飛行機の目撃情報がいくつか寄せられた(写真もあった)ため、大規模な捜索を実施。粘り強く調査をつづけた結果、2000年にある1枚の飛行機残骸写真がサン=テグジュペリの搭乗機であると認められ、死亡が事実であると再確認されたのです。

あの「宮崎駿」監督は、サン=テグジュペリの愛読者

宮崎駿

『となりのトトロ』など、スタジオジブリで知られる日本のアニメーション作家『宮崎駿』が、実はサン=テグジュペリの愛読者であったことは有名な話です。サン=テグジュペリの代表作『人間の土地』のカバー絵に装画を描くなど、日本での拡散にも一手担っています。

宮崎駿監督とサン=テグジュペリ作品において、その価値観が類似していると感じる箇所はいくつもあります。例えば『もののけ姫』や『風の谷のナウシカ』では、「人間の欲深さによる自然破壊と、それに対する怒り」が裏テーマとして見受けられます。

これはサン=テグジュペリも「星の王子さま」「人間の土地」などで綴っているテーマであり、宮崎駿監督のリスペクトが見て取れます。人間と世界の本質を表したい!という感情は、似通ったものがあるのでしょう。

『紅の豚』はサン=テグジュペリ作品を元に作られた?

「紅の豚」の1シーン

1920年代のイタリアで、戦争で英雄になることを拒み、自ら魔法の力で豚になった飛行士「ポルコ」を描いた作品が『紅の豚』です。知らない人のほうが珍しい、宮崎駿監督の代表作の1つでもあります。

人間の欲深さによって発生した戦争に反対しつつも、そんな人間が作った飛行機に兵器として乗らなくてはならなかったサン=テグジュペリ。その葛藤する想いを文学に載せたのか、「星の王子さま」などでは平和を謳う箇所が多く見受けられます。

そして、その戦争と飛行機への想いはそのまま宮崎駿監督の『紅の豚』ストーリーへと反映されています。あの名作アニメはサン=テグジュペリがいなければ生まれていなかったと考えられるのです。

サン=テグジュペリの名言

大切なものは、目には見えない

努めなければならないのは、自分を完成させることだ

本当の愛はもはや何一つ、見返りを望まないところに始まるのだ

あなた自身を与えれば、与えた以上のものを受け取るだろう

おとなは、誰も始めはこどもだった

サン=テグジュペリの作品一覧

  • 南方郵便局 – 1926年
  • 夜間飛行 – 1931年
  • 人間の土地 – 1939年
  • 戦う操縦士 – 1942年
  • ある人質への手紙 – 1943年
  • 星の王子さま – 1943年

サン=テグジュペリにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「サン=テグジュペリは一度“奇跡的な生還体験”をしている」

ベドウィン族の男性

サン=テグジュペリにまつわる有名な逸話として、「フランス-ベトナム間の最短時間飛行記録に挑戦した際、機体トラブルで砂漠に不時着した」というエピソードがあります。

リビア砂漠(サハラ砂漠)に不時着後は生存が絶望視されていたのですが、なんとそこからベドウィンという遊牧民に助けられ、歩いてエジプトに到着。奇跡的な生還を果たしています。この体験が後の『星の王子さま』にも繋がりました。

都市伝説・武勇伝2「星の王子さまは宇宙人である」

王子さまは宇宙からやってきた

『星の王子さま』の主人公「ぼく」は、飛行機が墜落してサハラ砂漠に不時着。その時に1人の少年=王子様と出会います。この王子さまは「とある惑星からやってきた」と語っていることからわかるように、実は星の王子さまは宇宙人なのです。

この事実は『星の王子さま』を読んだことのある人にとっては当たり前の事実なのですが、まだ読んだことのない人には驚きの話だったりします。そして、不時着したのはサン=テグジュペリの実話が元であることから、一部の都市伝説ファンの間では「サン=テグジュペリは宇宙人に遭ったのでは?」と噂されています。

都市伝説・武勇伝3「星の王子さまは“肉体と精神の分離説”を提唱している?」

「王子さまは金星人」という人も

物語では、星の王子様が最後毒蛇に噛まれることで、身体をおいて自分の星へ帰ることができる…という風に終結します。この行為がいわゆる「肉体と精神の分離」を表現しているとして、一部のファンの間で噂になりました。

すなわち都市伝説で良く言われる「次元上昇」(=魂を分離して移動できる)に近い話だと言われており、人間よりも遥かに優れた金星人が、次元を超えて地球にやってきたのだ!…という、何ともSFチックな発言をする方もいます。

サン=テグジュペリの早見年表

1900年
フランス・リヨン市で生まれる
フランス南東部に位置するリヨン市で生まれたアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ。じつは両親ともに貴族の家系であり、アントワーヌは伯爵の子として誕生しました。サン=テグジュペリ家は5人の子を持ち、アントワーヌはちょうど真ん中の子にあたります。
1912年
初めて飛行機に乗る
12歳のとき、サン=モーリスという地域近郊の飛行場にて、初めて飛行機に乗ります。これは「空の洗礼」とも呼ばれており、サン=テグジュペリが飛行士文学というジャンルを切り拓くうえで、非常に重要な出来事となりました。
1919年
海軍兵学校の試験に不合格
19歳の時、海軍兵学校の筆記試験にて失敗、不合格となってしまいます。貴族の家系にありながら特権階級への入り口で躓いたこともあって、アントワーヌは社会的地位を徐々に失っていきました。その後はパリの美術学校に入学し、人生に模索する学生生活を送っています。
1923年
墜落事故に遭い、頭蓋骨を損傷
その後兵役のため憧れの飛行機へ乗ることとなったアントワーヌ。民間飛行免許・軍用飛行免許を習得し、少尉として生活するも、23歳のとき墜落事故で頭蓋骨を損傷。当時の恋人ルイーズの両親の反対もあって操縦士としての道を絶っています。その後は自動車会社へと入りました。
1926年
作家デビュー&民間航空会社へ入社
墜落事故の後、ソーレ自動車会社で働いていたアントワーヌは、文芸誌「銀の船」に短編小説『飛行士』が掲載されたことをキッカケに、本格的な作家活動を始めます。また、同時期に民間航空会社のラテコエール社に入社したことで、飛行機、そして仲間にも恵まれることとなりました。
1929年
『南方郵便機』を出版
民間航空会社で定期郵便の仕事をしていたアントワーヌは、29歳の時にその仕事が影響して『南方郵便機』という小説で出版デビューを飾っています。男女間の恋愛を描いた物語でしたが、構成技法など様々な理由から高い評価を受けることはありませんでした。
1931年
『夜間飛行』を出版
31歳の時、彼の代表作の1つとなった『夜間飛行』を出版します。当時はリスクが大きかった夜間飛行という事業の中で描かれる、主人公たちの勇気と尊厳が話題を博し、結果として今なお読まれるほどの大ベストセラーに。また本作で、フランスの権威ある文学賞の1つ「フェミナ賞」を受賞しています。
1931年
コンスエロと結婚
夜間飛行でブレイクを果たしたアントワーヌは、同年にコンスエロ・スンシンという女性と結婚しています。ただ思い描いていた幸せな結婚生活とはいかなかったようで、性格の不一致から悩むことも多かったそう。
1935年
夜間飛行の飛行記録に挑戦するも失敗
映画の脚本なども引き受けるようになった35歳のとき、パリとベトナム・サイゴン夜間飛行の飛行記録更新に挑戦します。しかし、機体トラブルによりサハラ砂漠に不時着。遊牧民に救われながら何とか生還を果たします。
1939年
『人間の大地』を出版&第二次世界大戦で徴兵
飛行士としての15年間を綴ったエッセイ『人間の土地』を出版。人間らしい生き方を模索するなど、その質の高い内容が高評価を呼び、同年のアカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞。アメリカでもベストセラーとなりました。
1943年
『星の王子さま』を出版
代表作『星の王子さま』を出版。もともとは戦時中クリスマスの子供向け本として出版要請があり、それを機会に書かれた本。そのため、体裁としては児童書として出版されています。世界で1億5千万以上販売された大ベストセラーです。
1944年
偵察飛行に出たのち、消息を絶つ
第二次世界大戦で徴兵後、コルシカ島という島にある基地から、フランス上空への偵察飛行に出掛けた際、行方がわからなくなります。結局翌年には死亡が認定され、およそ50年経った2000年に、アントワーヌが最後に乗った搭乗機の存在が認められることとなりました。

サン=テグジュペリの具体年表

1900年 – 0歳「フランス・リヨンにて生を受ける」

幼少期を過ごしたサン・モーリス城

フランスのリヨンに生まれたサン=テグジュペリ

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(以後,アントワーヌ)は、フランスの南東部に位置するリヨン市で生まれました。お父さんのジャンが保険会社の調査員としてリヨンに赴任し、そこで母親のマリーと出会ったため、そのままリヨンで結婚となったそうです。

ただ、父親のジャンがアントワーヌ4歳のときに病気で亡くなったため、幼少期は母方の大叔父にあたるトリコー伯爵夫人に連れられ、サン=モーリス城というお城で過ごすことになりました。この館はどこか哀愁のある雰囲気があったそうで、アントワーヌの文学観に影響を与えたとも言われています。

サン=テグジュペリの家族は?

父のジャン、母のマリー共に貴族の家系です。そのため、幼少期から金銭的に不自由したことはなかったようで、先述した通りお城で過ごすという生活を送っています。また、兄弟はアントワーヌ含めて5人おり、アントワーヌはそのちょうど真ん中っ子です。

幸せな家庭で過ごすアントワーヌに最初に訪れた悲劇が、先ほどお話しした父の死でした。その後もアントワーヌの弟に当たるフランソワが亡くなるなど、家族の「死」に若いうちから触れた経験が、独特な詩想の源泉となっていることは言うまでもありません。

1919年 – 19歳「海軍の試験に不合格」

海軍兵学校の受験に失敗

学校教育に馴染めなかったサン=テグジュペリ

アントワーヌは9歳の時にノートルダム聖十字学院に入学します。しかし、枠に収めようとする学校教育は彼の自由な発想力・創造力には合わず、成績は低迷。その後スイスにある聖ヨハネ学院でも文学にいそしみ、勉強とはそりの合わない学生生活を続けます。

そして19歳の時、その性格が災いしてか海軍兵学校の筆記試験で落ちてしまうのです。こうして出世コースを完全に外れたアントワーヌは、パリの美術学校建築科にギリギリで入学。アントワーヌ史上最大の人生に悩む青年時代を送ったのです。

不合格の前の災難…。弟・フランソワの死

先ほども少し触れましたが、アントワーヌは17歳の時に弟のフランソワを亡くしています。元々心臓が弱かったそうで、フランソワはアントワーヌと同じ聖ヨハネ学院に通っていましたが、病が原因で退学しています。

そして、1917年に全財産をアントワーヌに託す形で心臓リューマチで死去。わずか15歳という若さで亡くなりました。このときの死の様子をアントワーヌは写真に撮っており、その写真は非常に美しかったと言われています。ちなみにフランソワは幼少期に過ごしたサン=モーリス城の敷地内にある墓地にて葬られました。

1923年 – 23歳「飛行場での墜落事故とその後…」

パイロットになったのですが…

墜落事故により頭蓋骨を骨折…

その後兵役(志願)により、再度操縦士になるチャンスを得たアントワーヌはストランブール第二航空隊に入隊します。そして、1922年には操縦士の免許を次々に取得し、夢に見たパイロットとなるのです。

しかし、1923年の5月。リソーという少尉と共に飛行場を飛び立ちますが、墜落してしまい頭がい骨骨折の重傷を負います。それにより当時の恋人ルイーズ・ヴィルモランの家族の反対に遭い、最終的に操縦を止めて軍を除隊しました。なお、ルイーズとは後に破局しています。

飛行機とは離れたサン=テグジュペリのその後

操縦士を辞めたアントワーヌは、その後民間の自動車販売会社へ就職します。そこではトラックのセールスマンとして働きますが、1年間でたった一台しかトラックは売れなかったそうです。

ただ、この頃より自動車販売会社に勤めながら執筆活動を開始し、『踊り子マロン』という短編小説を書いています。しかし、「踊り子マロン」は残念ながら未完の作品となり、一部が『南方郵便機』に挿入されるだけの結果となりました。

1926年 – 26歳「作家デビュー&親友との出会い」

『南方郵便機』

雑誌の短編小説「飛行士」にて本格的にデビュー

作家として本格的にデビューしたのが、アントワーヌ26歳のときでした。文芸誌である『銀の船 4月号』に彼のデビュー作「飛行士」が掲載されたのです。この物語は世界中で読まれ、その後も操縦士に関する話を多く執筆したことから、その界隈では有名な人物へと成りあがりました。

その3年後に当たる1929年に『南方郵便機』で出版デビューしたことを見ても、作家としてのアントワーヌは早熟だったことが見て取れます。やはり幼少期から自然と育まれてきた感性と、パイロットという当時はまだ珍しい職業が、世の中の関心を集めたのだと考えられます。

親友「メルモーズ」や「ギルモ」との出会い

アントワーヌは同年の10月に、知り合いのツテからラテコエール社という民間の航空会社に就職します。ここで営業部長らから訓練を受け、後にフランス航空業界の開拓者として名を馳せることとなるのです(整備士から飛行訓練を積み、飛行士へと復帰する流れ)。

そして、この会社で出会ったのが生涯の友となる「ジャン・メルモーズ」と「アンリ・ギヨメ」でした。特にギヨメに関しては、後に彼が事故でアンデスに不時着した際アントワーヌが助けに行き、その話を『人間の土地』に綴るなど、執筆活動にも影響するほどの親友となりました。

1931年 – 31歳「サン=テグジュペリ結婚」

31歳で結婚

美しい容姿を持つ「コンスエロ」と結婚

アントワーヌは31歳の時、フランスで「コンスエロ・スンチン・サンドヴァール」という女性と結婚しています。彼女は見た目から非常に美しい女性で、性格は気まぐれ・奔放であったと言われています。

しかし、彼女との結婚生活は順風満帆とはいかず、結婚後すぐに性格の不一致から関係に破綻をきたしてしまいます。そうしてW不倫を繰り返したものの、結果としてアントワーヌが亡くなるまで妻として婚姻関係を維持し、多少なりともアントワーヌの文学観に影響を与えた人物となりました。

1939年 – 39歳「『人間の大地』を出版」

フランス語版『人間の大地』

ベストセラーとなったエッセイ『人間の大地』を出版

作家として大成を迎えたのは1939年。この年に発表したエッセイ集『人間の土地』がアカデミー・フランセーズ小説大賞を受賞したのです。この他にも同作品は1940年に全米図書賞ノンフィクション部門最優秀作品に選出され、フランスを飛び出して有名作家の仲間入りを果たしました。

そんな『人間の土地』は、飛行士として駆け抜けた15年間の経験を元に、人生や友人との関係などを考えるエッセイ集となっています。親友への想いや墜落経験などを赤裸々に語っていることから、彼の人生経験そのものが文学として輝き、評価されたのだとわかる…そんな内容に仕上がっています。

同年に第二次世界大戦の偵察隊へ徴兵される

そんな大ベストセラーを発表した同年9月。第二次世界大戦が勃発し、アントワーヌは予備空軍大尉として徴兵を受けます。トゥールーズのモントードラン基地配属となり、後方基地の教官などの任務を遂行しました。

ちなみにその後は前線での飛行を希望し、爆撃機などではなく偵察飛行隊に配属されています。ドイツとの戦争では7回出撃しましたが、フランスがドイツに降伏した後はニューヨークへ亡命。亡命後も自由フランス空軍へ志願するなど、アントワーヌの空への意欲が失くなることはありませんでした。

1943年 – 43歳「代表作『星の王子さま』を出版する」

『星の王子さま』の1シーン

戦争に荒れる最中出版された『星の王子さま』

1943年、北アフリカ戦線での偵察隊として着任する2か月前に『星の王子さま』を出版します。出版は当時亡命中だった北米で行われ、初版以来アントワーヌ自ら挿絵を描き、そのキャラクターは今も世界中で愛されています。

そんな『星の王子さま』は現時点で総販売部数が1億5千万冊を超えており、世界200の地域で翻訳がされている超ベストセラーとなりました。ちなみに本作は子供向けという体裁を取っていますが、実際は友人を含めた大人に向けて書いたとも言われており、その旨は本書冒頭にも記載があります。

改めて知っておきたい…。「星の王子さま」のストーリーは?

『星の王子さま』初版

ここで『星の王子さま』を知らない方のために、ストーリーなどの簡単な概要を紹介していきます。主人公はパイロットの「ぼく」で、サハラ砂漠に墜落したところから物語は始まります。

そして「ぼく」は孤独に過ごす中、サハラ砂漠で「王子さま」と出会うのです。彼はとある小惑星からやってきており、彼の惑星にあるバラと喧嘩をしたため、他の世界の星を見る旅に出たのだと語ります。そうして、「ぼく」と「星の王子さま」の大冒険が始まるのです。

この物語が人気となったのは、何といっても「人間の本質を付く話」が多く含まれているからだといえます。彼らは別の星でたくさんの大人と遭遇するのですが、その大人たちが現代の大人を風刺したキャラクターであり、心に響くのです。

愛・平和・人生について教えてくれるからスゴい!

『星の王子さま』が初版後60年以上にわたり、1億を超える人々に愛された理由は非常に明白です。その理由は「愛や平和など、人間が生きる上で大切なこと全てを教えてくれるから」に他なりません。

主人公の「ぼく」と共に旅に出る「星の王子さま」は、まるで子どものようにピュアな性格であり、それゆえに大人がハッとするようなことを次々突きつけていくのです。この忘れかけていた純真な心を思い出させてくれる「問題提起」のような文章が、この作品の肝となっていて、読者を惹きつけて離さないと言われています。

1944年 – 44歳「偵察中に消息を絶つ。その翌年に死亡が認定される」

発見されたブレスレット

フランス内陸での偵察中、行方不明となったサン=テグジュペリ

アントワーヌは1944年の7月31日、コルシカ島からグルノーブル,アヌシー(いずれもフランス内陸部の都市)らを偵察に単機で出撃。しかし地中海付近で行方がわからなくなり、完全に消息を絶ってしまいます。

そしてその翌年に裁判所がアントワーヌの死亡を認定します。しかし行方不明から54年が経った1998年に地中海のマルセイユ沖にある島近くの海域で、妻や連絡先などが書かれたブレスレットが発見されます。

それをキッカケに同海域で既に見つかっていた飛行機の残骸写真との照合がされ、2000年にアントワーヌの搭乗機が発見されました。当時は多くのメディアでこの大発見が報じられ、話題となっています。

日本でのサン=テグジュペリと星の王子さま

日本でも当然翻訳がされ、老若男女に親しまれている『星の王子さま』。初期には岩波書店が翻訳・出版を担いましたが、現在は様々な出版社から新訳が成されています。また、1978年にはアニメ化も果たし、一気に日本国内に定着したとされています。

また1999年には箱根に『星の王子さまミュージアム』が開園し、2019年に20周年を迎えた人気ミュージアムとなっています。このように『星の王子さま』は日本でも多くの人に親しまれ、愛され続けているのです。

関連作品

サン=テグジュペリに関連するおすすめ書籍・本・漫画

星の王子さま

サン=テグジュペリの最大のヒット作。本書を読まずしてサン=テグジュペリを語ることは不可能といって言い代表作です。大人から子どもまで、何度読んでも楽しめる本書は、人生の喜びから悲しみまで全てを包括する素晴らしい一冊。まだ読んでいない人は必ず読破してほしいですね。

人間の大地

パイロットとして過ごした15年間をギュッとまとめたサン=テグジュペリによるエッセイ集。緻密で繊細な文章が、彼の人格をこれでもか!と表現しており、あの宮崎駿監督も影響を受けたのがよくわかる、普及の名作エッセイです。数多くの賞を受賞しているため、その価値も折紙付き。

夜間飛行

フランスの栄誉ある文芸賞である「フェミナ賞」を受賞した、サン=テグジュペリの代表作の1つ。内容はパイロットである主人公が友人らとの交流&操縦士としての仕事を経て、勇気と尊厳を得ていく物語となっています。

サン=テグジュペリに関連するおすすめ動画

【文学】世界的名作「星の王子さま」前編(しくじり先生リバイバル)

お笑い芸人、教育系ユーチューバーとして人気のオリエンタルラジオ・中田敦彦さんによる「星の王子さま」の解説動画です。作品を邪魔せず、独自の解釈を盛り込むその話術は見事で、「本は読みたくないけど内容は知りたい!」という方にもピッタリの動画となっています。

Journey of the Heart – Hayao Miyazaki 世界・わが心の旅 宮崎駿

スタジオジブリのアニメーション作家「宮崎駿」さんが、サン=テグジュペリの過ごしたフランスの地などを想起しながら、自身の想いに迫っていくドキュメンタリー番組。代表作『人間の土地』についても触れるなど、彼の影響力の大きさがはかり知れる動画です。

サン=テグジュペリに関するおすすめ映画

リトルプリンス-星の王子さまと私

『星の王子さま』の世界観を崩すことなく、初のアニメーション映画化を達成した本作。原作をそのまま映画にするのではなく、女の子があるお爺さんに『星の王子さま』の話を教わり、そこから成長していくというストーリに展開になっています。

星の王子さま

原作を元に撮影されたミュージカル映画です。主人公を演じたリチャード・カイリーの演技が可愛らしく、日本でも人気の作品となっています。原作の雰囲気をミュージカル付きの実写として楽しめるので、明るい気分になりたい人にオススメです。

関連外部リンク

サン=テグジュペリについてのまとめ

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは、『星の王子さま』の作者として有名になり、現在でも人気作家の一人として日本でも知られています。

そんなサン=テグジュペリが『星の王子さま』を書き、多くの読者に人間の本質、人生で大切にすべきこと等を教えられたのは、他でもない彼自身の人生が素晴らしいものだったからだとわかります。

貴族生まれの子どもとして、一人の夫として、そして何よりパイロットとして、多くの経験を積んできたからこそ生み出すことのできた名作の数々は、必ずあなたの悩みや鬱憤を晴らし、人生に希望の希望を与えてくれます。ぜひこの機会に彼の著書を読んでみては?

コメントを残す