小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

大山巌とはどんな人だった?子孫や捨松との関係性は?墓所や銅像も紹介

大山巌は天保13年10月10日(1842年11月12日)~大正5年(1916年12月10日)は薩摩藩(現在の鹿児島県)に生まれます。大山巌のいとこには西郷隆盛がいます。大山巌は西郷隆盛から幼少期に教えを受け、恩師として尊敬していました。

大山巌を一言で表すと「リーダーとしての器量を発揮して、明治日本の礎を築いた」といえるでしょう。大山巌は「日露戦争」と言われる世界最強として当時恐れられていたロシア帝国と戦った日露戦争で、満州軍総司令官として一癖も二癖もある日本軍の将軍達を率いて出陣し、見事に勝利を飾ります。

もし大山巌ではなく誰か違う人が総司令官として出陣したら、癖のある将軍たちをまとめることができず、日露戦争で日本が勝つのは難しかったと思います。また日露戦争に勝利することができなければ、明治日本も建国から数十年で終わりを告げ、日本の歴史も大きく変わっていたかもしれません。

大山巌は従兄弟で名リーダーとして明治維新を成し遂げた偉人として知られる西郷隆盛から色々な教えを幼少期から受けていました。そのため西郷隆盛がいかにして人を統率しているのかを間近で見て、リーダーとしてどのように人を率いていけばいいかの心構えを受け継いでいたかもしれません。

その一例として大山巌は非常に優れた統率力を持った人物でした。大山巌の人材統率法は全ての仕事を部下へ任せ、自分は一切口出ししないと言う方針で仕事をしていました。なぜこのようなスタンスを取っていたのでしょうか。

それは自分が部下へ指示をすれば、部下がトップの指示を待つだけの人になってしまうと考えていたからです。そのため大山巌は自分が知っている事でも、部下に口を出さず自分で考えて行動して欲しいとの願いを込め、このような方針で部下を統率し、リーダーとしての力を発揮するのです。

「坂の上の雲」という小説で大山巌を知りその人間性に魅了されてから大山巌に関する書籍を隅から隅まで読みあさった筆者が彼の人物像を骨の髄まで詳しくお伝え致します。

大山巌とはどんな人か?

名前大山巌
生地薩摩国鹿児島城下加治屋町柿本寺通
誕生日1842年11月12日
没日1916年12月10日
没地東京(自宅)
配偶者先妻:沢、後妻:捨松
埋葬場所栃木県那須塩原

大山巌の生まれは?

大山巌は天保13年10月10日(1842年11月12日)に名家として知られる佐々木源氏の家紋を用いる大山家の次男として生まれます。大山巌の性格は一言で言えば血気盛んな人でした。彼の性格を現すエピソードが幼少期に残っています。大山巌は幼い頃、学問などを西郷隆盛から教えられますが、学問があまり得意ではな示現流の武道に熱中し、近所の人々からワンパク小僧として知られていました。

また大山巌は青年期になると江戸幕府を倒す過激な運動に参加しますが、失敗に終わり自宅謹慎を命じられることになります。このように大山巌は激しい性格の持ち主でしたが、自分の興味がある砲術については真剣に学び、薩摩藩随一の実力の持ち主として知られていきます。

大山巌の家族構成は?

  • 父綱昌
  • 母:競子
  • 先妻:沢(死別)
  • 長女:信子
  • 次女:美津子(夭折)
  • 三女:芙蓉子
  • 四女:留子
  • 後妻:捨松
  • 五女:久子
  • 長男:高
  • 六女:永子
  • 次男:柏
  • 孫:梓
  • 孫:桂

大山巌の大失敗

大山巌は上記で紹介したように優れた指導力を持った人です。日露戦争では優れた指導力を持って組織を動かしロシアに勝利します。しかし大山巌はこの日露戦争で最大の失敗を犯していました。それは大山巌が日露戦争についての批評を許さなかったことです。

そのため日露戦争で失敗した経験を反省して次に活せず、反省することなく次に進む組織体制は太平洋戦争で、日本陸軍が解体されるまで続くことになります。

大山巌の妻「捨松」や子孫はどんな人だった?

大山巌は美人好みで最初の奥さんであった沢子を非常に気に入っていました。そのため大山巌は沢子が亡くなった時、ショックを受けますが、パーティー会場で出会った捨松という女性に一目惚れ。その後二人は結婚することになりますが、二人の間に面白いエピソードが残っているので紹介しましょう。

大山巌は捨松に誘われてデートをしたことがありました。しかし捨松は大山巌が何を話しているのかまったくわかりませんでした。そこで捨松は大山巌へ英語で話しかけるとスムーズにコミュニケーションが取れ、彼の心の広さにひかれていき、結婚を決めたそうです。

大山巌と捨松は2男6女を授かります。また孫には生物学者として有名な大山桂や歴史学者大山梓がいます。

大山巌の墓所や銅像はどこにあるの?

明治日本の礎を築いた大山巌のお墓は栃木県那須塩原市にあります。彼の銅像は現在東京に二か所設置されています。

一つ目は現在東京芸術大学内にありましたが、太平洋戦争が終戦した時に校内で倒れている所を発見され、現在同じ場所に立て直されています。また東京千代田区九段坂には大山巌が騎乗している姿の銅像が立てられています。

興味のある方は訪れてみてはいかがでしょうか。

大山巌はマッカーサーから尊敬されていた?

大山巌は多くの人々からも尊敬されていました。例えば彼が亡くなった時の葬儀の時、日露戦争で敵国であったロシアの将官がわざわざ大山巌の墓前にひときわ目立つお花を添えたそうです。また連合国最高司令官であったダグラス・マッカーサーも彼を尊敬していました。

ダグラス・マッカーサーは若い頃、軍人であった父の副官として一緒に日本へ旅行した際、日露戦争で活躍した大山巌と直接会って語り合い、感銘を受けたそうです。その後昭和天皇と会見した際も「大山元帥と直接お会いしたことがあります」と回顧し、彼が大山巌を敬っていた事がうかがえます。

大山巌の名言は?

「若い者に心配させまいと思って、知っとることも知らん顔しておらねばならなかった。」

「来るべき会戦は日露戦争の関ヶ原なり。ここに全戦役の決勝を期す」

「児玉どんが善処してくれるけん。俺はじっと待つのが仕事じゃ」

大山巌にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「大山巌の銅像だけが撤去を免れる?」

太平洋戦争時代の日本は資源が枯渇していたので、多くの銅像を潰して資源としていました。また潰されずに資源から逃れた銅像もGHQが日本を占領した時、「軍人の銅像は軍国主義の象徴である」との理由から潰されてしまいます。

しかし大山巌の銅像だけは潰されずに残ったそうです。その理由はGHQの最高司令官であるダグラスマッカーサー大山巌を尊敬した事が理由だそうです。こうして大山巌の銅像は残り、その後有志によって再建されることになります。

都市伝説・武勇伝2「君が代の制定に関わっていた?」

色々なスポーツやライブで歌われている国歌「君が代」。実はこの歌の制定に大山巌が関わっていたとされる説が残っています。明治時代初期の日本には国歌と呼べる歌がありませんでした。

その事を知ったイギリス軍楽隊の隊長は「近代国家において国歌が無いのは良くないから、私が作ってあげよう」と明治政府へ提案します。この事を知った大山巌は薩摩琵琶歌の「蓬莱山」の中にある歌詞を明治政府へ提案。

この大山案が採用されたことがきっかけで、君が代の原型となり、現在に伝わっている君が代になったとされています。

大山巌の生涯歴史年表

大山巌の早見年表

1842年
大山巌誕生
大山巌は天保13年(1842年)に薩摩藩の下士大山家で生まれます。三人兄弟の次男として生まれます。
1862年
京都で倒幕計画に参加
薩摩藩は長州藩と同盟して幕府を討伐する作戦を開始。薩長連合軍と幕府軍は鳥羽伏見でぶつかり合うことになります。この時、大山巌は砲隊長として戦に参加して活躍します。大山巌は鳥羽伏見の戦い以降に続く戊辰戦争でも功績を残していきます。
1868年
鳥羽伏見の戦いに参加
薩摩藩は長州藩と同盟して幕府を討伐する作戦を開始。薩長連合軍と幕府軍は鳥羽伏見でぶつかり合うことになります。この時、大山巌は砲隊長として戦に参加して活躍。大山巌は鳥羽伏見の戦い以降に続く戊辰戦争にも従軍し、活躍します。
1877年
恩師西郷隆盛が起こした西南戦争へ従軍
大山巌は自分を幼少期から育ててくれた西郷隆盛が鹿児島の地で反乱を起こしたため、彼を討伐するため、出陣します。
1894年
日清戦争勃発
1894年清国と日本との間で戦争が勃発。この時大山巌は第2軍を率いて出陣して旅順等を一日で攻略する手柄を立てます。
1904年
日露戦争勃発
当時世界最強の国家として恐れられていたロシア帝国と日本は1904年に戦争状態に陥ります。大山巌は総司令官として朝鮮半島へ出陣してロシア陸軍に勝利します。同じ時期に活躍した連合艦隊総司令官東郷平八郎と共に讃えられることになります。
1916年
自宅にて死去
大山巌は胆嚢炎が原因で1916年自宅で亡くなります。享年75歳でした。

大山巌の具体年表

1842年 – 0歳「薩摩で生を受ける」

1842年薩摩で誕生

大山巌は天保13年10月10日に薩摩藩の下士大山家に誕生します。三兄弟の次男として誕生し、家族構成は下記のとおりです。

  • 父:大山 綱昌
  • 母:競子
  • 長男:(書籍に記載なし)
  • 次男:大山巌
  • 三男:大山誠之助

幼少期の大山巌は腕っぷしが強く腕白小僧として知られ、戦ごっこや示現流の剣術などに明け暮れてあまり学問に力を入れませんでした。しかし成長していくにつれて学問にも興味を示していくようになります。

大山巌に学問を教えていたのは維新三傑の一人として知られる西郷隆盛です。大山巌は西郷隆盛から学問を指導されていました。また大山巌は西郷隆盛から当時の日本が置かれていた状況や幕府に関する考え方などを聞かされて、時勢に関する考え方も育っていきます。

ちなみに明治日本の陸軍を改造して近代の軍隊へ進化させたクレメンス・ヴィルヘルム・ヤーコプ・メッケルも同じ年に誕生しており、大山巌が誕生した時期は明治日本の礎に大きく関与した人が生まれた時期と言えるかもしれませんね。

1862年 20 歳「倒幕運動に加わる」

倒幕運動に参加

大山巌は恩師西郷隆盛が幕府を倒すためにクーデターを企てていた事を知り、幕府を倒すための運動に参加します。大山巌は薩摩藩の藩士と一緒に京都にある寺田屋で幕府を倒すための計画を練っていました。

しかし薩摩藩主島津久光が差し向けた使者の説得を受けて、寺田屋を後にして自宅謹慎することになります。大山巌は自宅謹慎が解かれると薩摩藩とイギリス艦隊との間で戦いが勃発。後に薩英戦争と呼ばれる戦いに参加します。

大山巌は大砲でイギリス艦隊に立ち向かいますが、大砲が艦隊に届かないことにショックを受けてしまいます。大山巌はこの時受けたショックが彼の人生に大きな転機を迎える事になります。

江戸で砲術を学ぶ

大山巌は薩英戦争が終結した後、江戸の江川太郎左衛門が開いている蘭学を中心とした兵学の塾へ通います。この塾で大山巌は兵学だけでなく弾道術や小銃などの砲術をしっかりと学び、薩摩藩随一の砲術の専門家としてその名を知られていくことになります。

そのおかげで大山巌は西郷隆盛から信頼されることになり、小銃などの兵器購入や西郷隆盛から密命を受けた任務などを命じられることになり、西郷隆盛の片腕として頭角を現していくことになり、他藩の志士からもその名を知られていくことになります。

1868年 26歳「鳥羽伏見の戦いに参加」

砲術の専門家としての冴えを見せた鳥羽伏見の戦い

薩摩藩と長州藩は同盟を結び、幕府討伐作戦が開始されることになります。大山巌も薩摩藩の二番隊隊長に任命されて出陣していきます。

当初大山巌は伏見に駐屯している幕府軍の基地伏見奉行所を襲撃して勝利しますが、すぐに鳥羽方面へと転戦を命じられます。鳥羽方面での戦いでは幕府軍が優勢であり、大山巌も左耳を負傷する苦戦を強いられますが、幕府軍を撃退することに成功します。

この時の戦いで大山巌は砲兵隊に弱点があることに気づき、砲兵隊を援護する部隊を設立。砲兵隊を援護する部隊は当時の先進諸国では常識として確立された考え方でしたが、日本ではまだ浸透していない考え方でした。

大山巌はこの砲兵を援護する部隊の考えた方をどこで学んだのか分かりません。ですが、大山巌が新しい考え方を躊躇なく兵学に用いる事の出来る考え方を持っていた事は事実です。

戊辰戦争で各地を転戦

江戸幕府は鳥羽伏見の戦いの後、江戸城を開城し将軍徳川慶喜が降伏します。ですが、各地に割拠する旧幕府軍は薩長に降伏することなく戦いを継続。大山巌は旧幕府軍を討伐するため、各地を転戦することになります。

大山巌は宇都宮城攻略戦で大鳥圭介率いる旧幕府軍を撃破した後、会津藩を討伐するために進軍を開始。大山巌は会津藩の藩主松平容保が籠っている会津若松城を攻略するため、自慢の砲兵隊を率いて大手門を攻撃しますが、左腿に銃弾を受けて倒れ、鹿児島で療養することになります。

1877年 ‐35 歳「西郷隆盛の反乱「西南戦争」鎮圧戦に参加」

心に傷を負う

大山巌は明治政府が誕生した後、フランスなどの西欧諸国へ渡って大砲などの勉学に励みます。しかし大山巌は明治政府から緊急帰国要請が入ったため、やむなく帰国することになります。

大山巌が帰国することになった理由は西郷隆盛らが官職を辞職してしまい、西郷の信頼厚い大山に西郷を説得させて官職に復帰させようと政府が目論んだためでした。

大山巌は西郷隆盛と会見し彼を説得するため、言葉を尽くしますが説得は失敗に終わってしまいます。その後西郷隆盛は明治政府に対して反乱。

大山巌は政府軍の司令官として反乱を起こした西郷軍と戦い、西郷隆盛が立てこもった城山に対して攻撃を行い西郷隆盛を倒して反乱を鎮圧します。この城山の戦いの時大山巌は、西郷隆盛が亡くなった事が悲しくて馬上で涙を流していたそうです。

大山巌はこの戦いで西郷隆盛を倒してしまった事を亡くなるまで気にして、この戦い以降故郷である鹿児島へ帰ることをしなくなったそうです。故郷と縁を切る程大山巌にとって西郷隆盛は大事な存在で、深く尊敬していた為、心に深い傷跡を作ってしまったと考えられます。

1883年 -41 歳「捨松と結婚」

捨松との結婚

大山巌は欧州各地へ留学したり、日本に帰国してからは政府要職へ就くことになり、忙しい毎日を送っていました。そんな時愛する奥さん沢子が亡くなってしまいます。大山巌は奥さんが亡くなった事を知って大いに気落ちしてしまいます。

気落ちしていた大山巌ですが、あるパーティに出席した際、きれいな女性に一目惚れしてしまいます。その女性の名前を捨松と言います。大山巌は捨松を大変気に入って人脈をフルに使って捨松の実家へ縁談の申し込みをします。

捨松の実家では最初大山巌の縁談を断っていたのですが、西郷従道が説得にあたると捨松の実家も断り切れなくなり「本人が了承すれば縁談を進める」と返答してきます。捨松は大山巌の事を良く知らない為、彼にデートを申し込みます。

大山巌は捨松との提案にOKを出しますが、薩摩弁で話す大山巌の言葉の意味がさっぱり分からず、捨松も困ってしまいます。そこで捨松は英語で彼とコミュニケーションを図るとスムーズに進み、以降何回かのデートを重ねてゴールイン。

武士の考え方が色濃く残る明治時代において、デートを重ねてから結婚するのは珍しいと言えるでしょう。

1894年 – 52歳「日清戦争へ従軍」

司令官として日清戦争へ

大山巌は1894年日本と清国が会戦した際、日本軍の第2軍司令官として出陣します。この第2軍は、清国が主力軍を率いて参戦した時に第1軍と合流して決戦する日本軍の切り札的な存在の部隊でした。

そのため大山巌率いる第2軍は主力の戦いに参加しませんでしたが、旅順や金州などの副次的な軍事拠点を一日で攻略する功績を残しています。

この功績によって大山巌は日清戦争終了後数か月後に陸軍大臣の要職に加えて、貴族院議員、侯爵の位を与えられています。大山巌が脇役であってもしっかりと功績を残して、高い評価を与えられていたのが伺えますね。

1904年 – 62歳「満州軍総司令官として日露戦争を戦い抜く」

総司令官として勝利へ導く

大山巌は62歳の時、日本に対して兵力差約16倍、歳入額で約10倍、人口においても約3倍以上の超巨大国家ロシアと戦うことになります。

日露戦争の原因は色々ありますが、ざっくり説明するとロシアは朝鮮半島を入手して南下する国土拡張政策を考えていました。日本は自国の領土に近い朝鮮半島を防衛するため、上記で紹介した国力差を省みずに戦いを挑みます。

大山巌は満州軍総司令官として陸軍全軍を指揮して、大国ロシアとの戦いに参加。この時大山巌はほとんど全軍の指揮に関して命令を下すことなく、総参謀長で信頼する児玉源太郎の作戦の計画を一任し、全ての責任を自分がとるスタンスで望みます。

ですが、大山巌は言うべき時にはしっかりと発言して全軍の気を引き締めています。例えば大山巌が奉天会戦直前に司令官クラスの人物を集めて「来るべき会戦は日露戦争の関ヶ原である。ここに全戦役の戦勝を期す」と激励。

最終決戦である奉天会戦ではロシア軍を破って勝利を飾ることに成功。また日本海軍がバルチック艦隊を壊滅させる大勝利を得た事がきっかけで、日露戦争は日本の勝利で終結。

批評を禁じる

満州軍総司令官として日露戦争で勝利を飾った大山巌。しかし大山は大きな失敗をしてしまいます。それは日露戦争における反省を禁じてしまった事です。そのため、日露戦争において失敗した出来事などについての経験を反省しませんでした。

そしてこの日露戦争における反省を禁じてしまった為、日本陸軍は陸軍が解体されるまで反省することはありませんでした。

1916年 – 76歳「名将死す」

多くの人々に慕われた名将死す

大山巌は日露戦争における活躍によって明治政府の重鎮として元老職で活躍します。しかし1916年胃病からが発病し胆嚢炎を併発した事によって亡くなってしまいます。享年76歳でした。幕末から明治、大正と生き抜いた大山巌。

大山巌は多くの人々から慕われていました。大山巌が亡くなった時、山縣有朋や日露戦争で共に戦った黒木為楨など明治政府の重鎮と言われる人々が押し寄せてきたそうです。更に大山巌は日露戦争で戦った敵国であるロシアの人々からも慕われ、彼のお葬式にはロシア陸軍を代表して冥福を祈りに来ています。

明治日本を支えた大山巌は幕末から明治に起きたほとんどの戦役に参加した名将でありながら、上記で紹介したように多くの人々に慕われた人でもありました。

大山巌の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

西郷家の人びと

この本は大山巌に関する情報が載っているだけでなく、大山巌の従兄弟である西郷隆盛や彼の家族についても色々と知ることが出来る本です。大山巌や西郷隆盛、西郷隆盛の家族についてしっかりと理解したい方向けの一冊です。

大日本帝国軍人の言葉―かつて日本を導いた男たちに学ぶ

大山巌が日露戦争に述べた名言が乗せられている書籍です。大山巌がどうして名言を述べたのかその背景についても簡潔に述べられており、文章が得意でない方でも簡単に読める一冊になっています。また大山巌の名言だけでなく、日本陸軍の将官たちの名言が記載されていますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

おすすめの動画

日露戦争時代人物烈伝

大山巌をさくっと知りたい方向けの動画です。また大山巌だけでなく日露戦争に参加した軍人や軍費調達に奔走した人物なども紹介されています。大山巌だけでなくどのような人物たちが日露戦争に参加したのかをさくっと知りたい方におすすめです。

おすすめドラマ

坂の上の雲

明治日本を知る上で一番有名な小説司馬遼太郎の「坂の上の雲の」ドラマ版となります。この作品には日露戦争で活躍した大山巌や児玉源太郎などの軍人たちが登場。キャスティングも素晴らしく絵師や絵本作家でも活躍している米倉斉加年さんが大山巌を演出しています。他にも主人公である秋山真之を本木雅弘。秋山好古を阿部寛が出演しており、見ごたえばっちりなドラマに仕上がっています。

関連外部リンク

大山巌についてのまとめ

いかがでしたか。今回は大山巌の人生を年表とともに彼に関する事件などを紹介してきました。私は大山巌を坂の上の雲で知り、大山巌に関する書籍を読んで彼の人柄などを調べ上げていくと色々と情報が錯綜し、いざ記事を書こうとするとどの情報が正しいのかの取捨選択に悩みっぱなしでした。

大山巌とはどんな人だった?子孫や捨松との関係性は?墓所や銅像も紹介しかし一つ言えることは大山巌は幕末~明治~大正で発生した戦の殆どに参加した名将であることは間違えないでしょう。この記事がきっかけとなって大山巌を一人でも知ってくれれば幸いにです。

コメントを残す