小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【稀代の作家】ヘミングウェイの生涯!作品や名言、カクテルも紹介

ヘミングウェイは、20世紀を代表するアメリカの作家です。「武器よさらば」、「誰がために鐘は鳴る」、「老人と海」など多くの名作を残しました。1954年にはノーベル文学賞も受賞しています。

行動派の作家として知られ、自ら戦場に赴いて、その実体験を作品にしたりしています。また、狩猟や釣り、ボクシングといったアウトドアな趣味を持ち、その豪快なライフスタイルはアメリカ社会に多大な影響を与えました。

ヘミングウェイ

彼の小説は、「ハードボイルド小説」と呼ばれています。ハードボイルドとは、感情的・情緒的な表現が少なく、客観的な事実を簡潔な文章で表現する手法のことです。その文章は、シンプルながら広い意味を持ち得るため、読み手を味わい深い世界へいざないます。

簡潔な文章が求められる新聞記者出身のヘミングウェイは、小説においてこの技法を確立し、次々と名作を生み出していったのです。これらの作品は、後世の作家にも大きな影響を与えました。

今回は、ヘミングウェイの代表作「老人と海」を読んで、彼の世界観に魅了された一介の読書好きがお送ります。どうぞよろしくお願いします。

ヘミングウェイとはどんな人?

名前アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway)
誕生日1899年7月21日
生地アメリカ合衆国イリノイ州オークパーク
没日1961年7月2日
没地アメリカ合衆国アイダホ州ケッチャム
配偶者エリザベス・ハドリー・リチャードソン(1921~1927)、ポーリン・ファイファー(1927~1940)、マーサ・ゲルホーン(1940~1945)、メアリー・ウェルシュ・ヘミングウェイ(1946~1961)
埋葬場所ケッチャム墓地(アメリカ合衆国アイダホ州)

ヘミングウェイ に影響を与えた人とは?

父から大きく影響された

ヘミングウェイは父親に大きな影響を受けたといわれています。医者だった父・クラレンスは、とても男性的でアウトドアが好きな人でした。北ミシガンの大自然の中に別荘を構え、ヘミングウェイも父に連れられて、釣りや狩猟の手ほどきを受けています。

また、祖父・アンソンもヘミングウェイに大きな影響を与えました。南北戦争に兵士として参加した祖父は、戦場の武勇伝をヘミングウェイに聞かせています。ヘミングウェイ12歳の誕生日には、狩猟用の散弾銃を贈ったそうです。

一方で、ヘミングウェイは母親とは不仲だったようです。母・グレースはオペラ歌手として経済的に自立し、厳格なクリスチャンでもありました。経済力があった母親(収入は父親の20倍)は父親を支配していました。ヘミングウェイはそんな父親を被害者だと思っており、父・クラレンスが1928年に拳銃で自殺したときも、父の自殺は母親が原因だと考えていたようです。

また、母親もヘミングウェイの冒険的な生活が理解できず、冷え切った関係が続いていました。結局、親子関係は修復されず、母親の葬式にも彼は参列しませんでした。

ヘミングウェイ の性格 は?

恰幅がよかったヘミングウェイ

「パパ・ヘミングウェイ」と称したヘミングウェイのイメージといえば、「豪快」「男らしい」「逞しい」…といったところでしょうか。確かに、男らしい屈強な肉体を持ち、狩猟や釣りなどアウトドアな趣味を持っていた彼には、これらの言葉がぴったりです。

しかし、彼には非常に繊細な一面もあったといわれています。赤十字の運転手として第一次世界大戦に参加したヘミングウェイは、敵の砲弾を受けて重傷を負ってしまいます。この時に味わった死への恐怖は、彼の作品へ多大な影響を与えると同時に、不眠症などの形で彼を苦しめることになったのです。

また、晩年は2度の飛行機事故に見舞われ、事故の後遺症に悩まされることになります。ノーベル文学賞の授賞式も健康上の理由で欠席しています。屈強な男を演じていたゆえに、その肉体にダメージを負ったときのショックは計り知れないものがあったでしょう。このことが、彼の悲劇的な最期につながっていきます。

ヘミングウェイの女性関係 は?

ヘミングウェイは恋多き男だった

彼の女性関係は実に奔放でした。結婚するたびに別の女性と不倫を繰り返し、生涯で3度の離婚・4度の結婚を経験しています。

自分が甘えられる女性にはついつい惹かれてしまうタイプだったようです。これは、自身の母親と不仲だったことも影響しているのかもしれませんね。豪快な男のイメージですが、内面では愛に飢えていたのかも…。

ちなみに、4人の妻との間にはヘミングウェイの代表作がそれぞれ1つずつ生まれています。

  • 最初の妻 ハドリー…『日はまた昇る』
  • 2番目の妻 ポーリン…『武器よさらば』
  • 3番目の妻 マーサ…『誰がために鐘は鳴る』
  • 4番目の妻 メアリー…『老人と海』

女性との生活は作家ヘミングウェイに大きな影響を与えていたといえるでしょう。

ヘミングウェイが愛したカクテルとは?

ヘミングウェイ・ダイキリ

彼はフローズンダイキリというカクテルを愛飲していました。キューバのバー「ラ・フロリディータ」で1日12杯も平らげていたそうですね。

通常のダイキリでもアルコール度数20以上ある強いお酒ですが、お酒にめっぽう強かったヘミングウェイは、ラムの量を通常の倍にして、砂糖を抜いて飲んでいました。彼が特注していたダイキリは「パパ・ヘミングウェイ」と名付けられています。

また、モヒートを愛飲していたことでも知られ、『我がモヒートはボデギータにて、我がダイキリはフロリディータにて』という言葉を残しています。

ヘミングウェイの名言は?

この世は素晴らしい。戦う価値がある。

男はしばしば一人になりたいと思う。女も一人になりたいと思う。そしてその二人が愛し合っているときは、そういう思いを互いに嫉妬するものだ。

人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない。

ヘミングウェイのおすすめ作品

代表作ベスト3

老人と海

ヘミングウェイの代表作です。この作品で1954年にノーベル文学賞を受賞していますね。年老いた漁師・サンチャゴの大魚との格闘を通して、自然の厳しさ、人間の勇敢さを描き出した名作です。

誰がために鐘は鳴る

ヘミングウェイ自身が体験したスペイン内戦をテーマにした作品です。戦場という極限の地で揺れ動く男女の情愛が、ヘミングウェイらしいシンプルな文体で描かれています。また、戦争のむなしさを描いた「武器よさらば」とは異なり、戦争で勇敢に戦う人間の姿を肯定的に捉えています。

武器よさらば

ヘミングウェイ自身の第一次世界大戦への参加体験を元に書かれた作品です。戦争に翻弄される男女の運命を描いています。読了後の虚無感が、何とも言えないカタルシスを呼び起こします。

長編小説ベスト3

日はまた昇る

1926年に発表されたヘミングウェイにとって初めての長編作品です。アメリカ合衆国のロストジェネレーション達の刹那的・退廃的な日々を描いています。作中の闘牛のシーンは、大きな見どころの一つです。

エデンの園

ヘミングウェイの死後、1986年に遺作として発表されました。それまでの硬派なヘミングウェイの文学とは一線を画す、エロティシズムに正面に向き合った異色の作品です。

海流のなかの島々

ヘミングウェイの死後、1970年に遺作として発表されました。『老人と海』を読んだ人には特にお勧めできます。ヘミングウェイの自伝的作品と言われており、死の香りが色濃く漂う作品です。逞しい「パパ・ヘミングウェイ」のイメージが覆されるかもしれませんね。

短編集ベスト3

キリマンジャロの雪

1936年に発表された短編小説です。足の壊疽(えそ)で衰弱していく夫とそれを看病する妻の様子を描いています。簡潔な文章によって、勇敢な男が死に向かっていく虚しさが表現されていますね。

清潔で、とても明るいところ

1933年に発表された短編小説です。午前2時のスペインのカフェを舞台に「虚無」とは何かついて語った哲学的作品です。「虚無」はヘミングウェイの価値観の一つだったともいわれ、代表作「武器よさらば」にも彼の虚無思想が色濃く出ていますね。

蝶々と戦車

スペイン内戦をテーマにした作品。戦争で混沌としたマドリードを舞台に、酒場で発生した殺人事件を描いています。ヘミングウェイの中でも、とても意味深な作品ですね。スペイン内戦の知識があると作品をより深く味わえると思います。

ヘミングウェイにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「怪魚・カジキとの格闘!」

釣り好きだったヘミングウェイ

アウトドア好きだったヘミングウェイは、魚釣りを愛したことでも知られています。しかし、そこは「パパ・ヘミングウェイ」、釣り上げる魚も規格外でした。よく狙っていた獲物はマカジキだったそうで、大きいものだと全長3m、体重100kgを遥かに超える巨大魚です。マカジキ釣りの最中にサメを釣り上げたこともあったそう…!

さらに、釣り好きが高じて、1950年にカジキ釣り大会を自ら創設しました。「ヘミングウェイ・カップ」と呼ばれるこの大会は、現在も毎年6月に開催され、世界中の釣り好きが集う国際的なイベントとなっています。

4日間でどれだけ多くのカジキを釣り上げられるか競うというものですが、彼の小説『老人と海』にちなんで「カジキを船に寄せるまで、サポートなしで1対1で勝負する」という特別ルールが設けられています。ちなみに、ヘミングウェイ自身も2度の優勝経験があります。

都市伝説・武勇伝2「2度の飛行機事故から生還!」

事故に遭うも奇跡の生還

彼は命を落としかねない飛行機事故で2度も生還を果たしています。

夫婦でアフリカ・コンゴを観光していた時、乗っていた飛行機が電線に接触し墜落してしまいます。新聞には死亡記事が出たそうですが、2人は九死に一生を得ます。しかし、翌日、別の飛行機でエンテベという町に向かう途中、その飛行機で火災が発生してしまいます。ヘミングウェイは頭突きでコックピットのガラスを割り、全身に重傷を負いながらも命からがら脱出に成功します。凄い生命力ですね…。

しかし、飛行機事故の重症のために1954年のノーベル文学賞の授与式を欠席しています。その後も、事故の後遺症に苦しみ、思うような活動ができなくなってしまいました。

ヘミングウェイの略歴年表

1899年
誕生

ヘミングウェイはシカゴ郊外のオークパークで誕生します。父クラレンスは医者、母グレースは元オペラ歌手の声楽家でした。

1913年
高校に入学
地元の公立高校に入学したヘミングウェイ。このころから小説を書き始め、校内雑誌に短編小説が3本掲載されています
1917年
新聞記者になる
高校を卒業したヘミングウェイは、大学には進学せずに新聞記者になりました。地元紙『キャンザス・シティ・スター』に就職し、社会部の記者の見習いになっています。彼の明瞭簡潔な文章は、この時代に磨かれたものでした
1918年
第一次世界大戦へ
第一次世界大戦が勃発すると、アメリカでは多くの若者が兵士に志願し戦場に向かいました。ヘミングウェイは赤十字の傷病兵運搬車の運転手として、イタリアに赴きます。これがヘミングウェイにとって初めての戦場でした
1921年
結婚、パリでの新生活を始める

22歳のとき、ヘミングウェイは8歳年上の女性ハドリーと結婚します。そして、ピカソをはじめ多くの芸術家が集っていたパリでの新生活をスタートさせました。

1923年
初めての作品集を発表する
24歳の時、初めての作品集『三つの短編と十の詩』を出版します。この頃に、新聞記者をやめて作家一本で生きてゆく決意を固めます。妻ハドリーには親から相続した多額の財産があったため、記者をやめても生活には困らなかったといいます。
1926年
『日はまた昇る』を発表
27歳の時、初めての長編小説『日はまた昇る』を出版します。この作品は若者を中心にヒットし、作家として名をあげました。
1929年
『武器よさらば』を発表
最初の妻ハドリーと離婚していたヘミングウェイは、アメリカのリゾート地キーウエストに移住します。そこで、自らの戦争体験をもとに『武器よさらば』を発表します。この小説は大ヒットを記録し、彼は時代の寵児となります。
1937年
スペイン内戦
1937年にスペイン内戦が勃発すると、ヘミングウェイは従軍記者としてこの戦争に参加しました。この経験を元に1940年に長編小説『誰がために鐘は鳴る』を書いています。
1940年
キューバに移住

ヘミングウェイは3番目の妻マーサとともにキューバに移住しました。人生の3分の1にあたる22年もの歳月をキューバで過ごすことになります。

1944年
第二次世界大戦に参加
1939年にナチスドイツがポーランドに侵攻したことを引き金に、第二次世界大戦が勃発します。ヘミングウェイも従軍記者としてこの戦争に参加しました。
1952年
『老人と海』を発表
長らく作品の発表がなかったヘミングウェイですが、1952年に『老人と海』を発表しました。世界的なベストセラーとなり、ピュリッツァー賞とノーベル文学賞を受賞することになります。
1954年
飛行機事故
ヘミングウェイはアフリカを旅行中に、2度も飛行機事故に遭います。瀕死の重傷を負い、死ぬまで後遺症に苦しみました。
1961年
自殺
愛用の猟銃で自ら命を絶ちました。61年の生涯でした。

ヘミングウェイの生涯具体年表

1918年 – 18歳「第一次世界大戦に参加する」

第一次世界大戦勃発!多くの若者が戦場へ行くなか…

赤十字の職員として戦場へ

1917年、アメリカは第一次世界大戦に参戦します。当時のアメリカ大統領ウィルソンは、第一次大戦を「戦争を終わらせるための聖なる戦争」と形容します。この言葉に国民は奮い立ち、多くの若者が兵士に志願しました。ヘミングウェイもその一人でした。

しかし、左目の視力が弱かったため、兵士としては不合格となってしまいます。落ち込んでいたヘミングウェイは、ある仕事の求人を偶然目にします。それは、赤十字の傷病兵運搬車の運転手でした。1918年、彼は赤十字の運転手としてイタリアの戦場に向かうことになったのです。このとき、まだ18歳でした。

なぜ、ヘミングウェイはここまで戦場に行きたがったのでしょう。祖国アメリカに対する想いもあったでしょうが、ヘミングウェイ自身の作家的探求心もあったといわれています。すでに作家を目指すようになっていた彼は、戦場で見たものを活かしてより良いものを書きたいという意志があったようです。

戦場で重傷を負い、死の恐怖を味わう

ヘミングウェイ(右)

イタリアの戦場に向かったヘミングウェイ。しかし、最前線に送られてから2週間後、敵の砲弾を受けて重傷を負ってしまいます。隣にいた兵士は、即死だったそうです。この直後に、家族にあてた手紙には「この戦争には英雄など誰もいません。死ぬことはいとも簡単なことです。僕は死というものを見て、死とは何かが本当に分かっています」と綴られています。刷り込まれた死への恐怖は、彼の作品に大きな影響を与えると同時に、終生彼を苦しめることになりました。

無事戦地から帰還したヘミングウェイは、イタリア戦線から負傷して帰国した最初のアメリカ人となりました。地元に帰ったヘミングウェイは英雄として迎えられ、講演を依頼されました。しかし講演会では、戦場での恐怖感を正直には話さず、誇張した武勇伝を話したといいます。

他人から聞いたり、他人が体験した話を、自分のものとして語っていたようです。この時はまだ、自身の死への恐怖感に正面に向き合うことはできなかったのでしょう。それと同時に、「真実と向き合う」というジャーナリズム的姿勢を信条としていたヘミングウェイにとっては、屈辱的な経験だったのかもしれません。これらを克服し生まれたのが、1929年発表の小説『武器よさらば』でした。

1929年 – 30歳「『武器よさらば』を発表」

妻との離婚、友人との決裂

1927年4月にヘミングウェイは最初の妻ハドリーと離婚し、同年5月にハドリーの友人であったポーリンと結婚しました。元モデルだった美しいポーリンにヘミングウェイが激しく惹かれた末の結婚でした。ただ、結果的に、無名時代を支えたハドリーを裏切ることになってしまいました。

ヘミングウェイとポーリン

また、自身初の長編小説『日はまた昇る』をきっかけに、パリの友人との関係も悪化してしまいます。この小説は、スペインを舞台に1人の女性と4人の男性が複雑な関係に陥いるという筋書きです。しかし、これはヘミングウェイが友人たちとのスペイン旅行をモデルに書いたものでした。客観的かつリアルに描かれた登場人物たちのやり取りは、仲間うちでは誰がモデルにされているかすぐに分かってしまったのです。プライバシーを暴露される格好になった友人たちは憤り、ヘミングウェイから離れていきました。ただ、ヘミングウェイに悪気はなかったようで、むしろ小説のモデルになれて喜んでいるだろうと考えていたそうです。

『武器よさらば』を発表する

大ヒット作品を世に送り出す

妻と離婚し、友人を失ったヘミングウェイはパリを離れ、アメリカ南部・フロリダ州のリゾート地キーウエストに移住します。この地で、自らの戦争体験を元にした小説に取り組みます。これこそ、『武器よさらば』でした。これまで戦争で味わった恐怖感を小説にすることはありませんでしたが、『武器よさらば』では戦争のむなしさに正面から向き合っています。

『武器よさらば』は戦争の実体験をもとに書かれた初めての小説として、アメリカではセンセーショナルに受け止められました。結果的にこの小説は、発表から3か月で7万部を超える大ヒットを記録、ヘミングウェイの名声は不動のものとなったのです。

1952年 – 歳「『老人と海』を発表」

ヘミングウェイ、スランプに陥る

筆がどうにも進まない時期も

1940年に「誰がために鐘は鳴る」を発表して以降、ヘミングウェイはスランプに陥ります。物語が書けなくなったのです。なんとか状況を打開しようと、第二次世界大戦にも従軍記者として参加しています(ただ、死後57年後の2018年に発表された短編小説「中庭に面した部屋」の内容から、ヘミングウェイは私設軍隊を率いて戦闘に参加していた可能性が高いともいわれています)。しかし、スランプを打開するには至らず、悶々とした日々を過ごしました。

そんな日々を変えたのは、1人の女性との出会いでした。18歳の美少女アドリアーナです。ヘミングウェイは彼女に片思いをしていたそうです(一方のアドリア―ナは、ヘミングウェイを尊敬していましたが、恋愛感情はなかったそうです)。1950年には、初老の陸軍大佐と18歳の少女の恋を描いた『河を渡って木立の中へ』を発表しました。この作品は不評に終わりましたが、その2年後の1952年、名作『老人と海』を発表しました。

『老人と海』を発表する

最後の傑作「老人と海」

ヘミングウェイの生涯最後の傑作『老人と海』。老いた漁師サンチャゴの大魚との闘いを通じて、人間の逞しさ、自然の厳しさ・美しさをうたった小説です。『老人と海』では、それまでの客観的描写を徹底する姿勢は薄れ、老人の独白が多く見られます。

この小説には、晩年のヘミングウェイが見出した新たなヒーロー像が表現されているといわれています。主人公のサンチャゴは孤独な老人であり、それまでの戦場で躍動する主人公とは一線を画します。ドラマチックな恋愛も一切ありません。そんな老漁師はカジキとの闘いには勝利しますが、サメの群れにはなす術もなく敗れてしまいます。そして彼は言うのです、「人間は滅茶滅茶にやられるかもしれない。でも、打ち負かされることはないのだ」。

ヘミングウェイは、敗者となったサンチャゴを主人公にすることで、勝者・敗者を超越した人間の本質を見出し、あるべき人間の姿を表現したのです。「俺は漁師に生まれてきた。だから、そのことだけを考えれば良い」、サンチャゴの言葉にこそ、勝敗を超えて己の生を全うする1人の人間の逞しさが凝縮されています。そして、サンチャゴの人生は、肉体の衰えたヘミングウェイの目指した新しい生き方でもあったのです。

『老人と海』は高く評価され、1953年にはピュリッツァー賞を受賞し、翌54年にはノーベル文学賞を受賞します。ヘミングウェイは、遂に作家の頂点に立ったのです。

1961年 – 61歳「ヘミングウェイ、死す」

飛行機事故で瀕死の重傷を負う

不運にも事故に見舞われる

『老人と海』を発表した2年後の1954年、ヘミングウェイは趣味のハンティングためにアフリカを旅していました。しかし、滞在中に2度も飛行機事故に見舞われます。2度目の飛行機事故では、フロントガラスを頭突きで突き破って何とか機内から脱出しますが、頭蓋骨骨折、脊椎損傷、内臓破裂、頭や腕に火傷を負うなど、瀕死の重傷を負ってしまいました。

一命をとりとめたヘミングウェイですが、以後健康に深刻な問題を抱え、思うような活動ができなくなってしまいます。躁鬱状態に陥り、自殺願望を口にするようになります。また、身体的な苦痛から逃れるために大量の飲酒をしていたようです。

晩年も、文章を書くことは続けていましたが、物語がまとめられず、執筆は滞ってしまいました。小説家として生きることが難しくなったヘミングウェイの精神状態は、悪化の一途をたどっていきました。なお、これらの膨大な遺稿はヘミングウェイの死後に取りまとめられ、『海流の中の島々』などの作品が遺作として発表されています。

自殺

最後は自分で人生の幕を下ろした

1960年、ヘミングウェイはアメリカのアイダホ州ケチャムの山荘に移り住みます。療養のためでした。不安定な精神状態に加え、長年の不摂生による糖尿病にも苦しんでいたため、ミソネタ州のメイヨウクリニックに入院します。しかし、症状は改善せず、死ぬまで入退院を繰り返しました。1961年7月2日朝、ヘミングウェイは愛用の猟銃で自らの頭を撃ち抜きました。享年61歳。

アメリカ社会のヒーローであり続けたヘミングウェイ。しかし、肉体的な衰えによって、屈強で逞しい男として生きることが難しくなりました。その中で見出した新たな生き方が、『老人と海』のサンチャゴのような『淡々と己の生き方を貫く」ことでした。

『人間は打ち負かされることはない』…ヘミングウェイは本気でこの言葉を信じていたのだと思います。しかし、身体が思うように動かなくなり、小説家として愚直に生きることさえできなくなった彼に、新たな生き方を模索する気力は残されていませんでした。なにより、「文章が書けない」という小説家としての死刑宣告は、彼の最も重要なアイデンティティを奪い去るものでした。

ヘミングウェイの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ヘミングウェイと猫と女たち

彼が愛した「猫」と「女性」をキーワードに、ヘミングウェイの人間的本質を紐解いていきます。「誰がために鐘は鳴る」「武器よさらば」などの名作も丹念に分析されているので、ファンには必見の学術本です。

パパ・ヘミングウェイ

ヘミングウェイの伝記です。14年にわたってヘミングウェイと親交があった作者が、ヘミングウェイ本人の言葉を交えながら綴っています。ヘミングウェイの晩年を知るうえでは貴重な資料とされています。

おすすめの映画

パパ:ヘミングウェイの真実

1950年代のキューバを舞台に、実在のアメリカ人ジャーナリストと文豪ヘミングウェイの友情の実話を映画化したもの。実際にキューバで撮影が行われています。

老人と海

『老人と海』からインスパイアされた映画です。沖縄・与那国島を舞台に、巨大カジキの一本釣りに挑み続ける老人の姿をとらえたドキュメンタリーです。小説「老人と海」さながらに、厳しい自然に挑む老人の勇敢さが印象的ですね。

おすすめドラマ

私が愛したヘミングウェイ

2012年に製作されたテレビ映画です。日本では2013年にWOWOWで放送されました。ヘミングウェイと彼の三番目の妻マーサとの恋愛を描いた作品で、ニコール・キッドマン演じるマーサの逞しさが印象的です。

関連外部リンク

ヘミングウェイについてのまとめ

【稀代の作家】ヘミングウェイの生涯!作品や名言、カクテルも紹介屈強さと繊細さを併せ持った男、ヘミングウェイ。

彼は強い人でしたが、強靭な人ではなかったのでしょう。そんな男がヒーローを目指し続けた結果、待っていたのは破局であったことには教訓を感じざるを得ません。

しかし、彼の遺した作品は、我々に生きる勇気を与えてくれます。これからも、彼は「人間として生きること」の意味を我々に教えてくれるでしょう。

コメントを残す