いくつ答えられる?ダヴィンチクイズ

【年表付】ユリウス・カエサル(シーザー)とはどんな人?名言や性格まで紹介

ガイウス・ユリウス・カエサルは頭が良く行動的で、ローマの政治体制を変えようと奮闘した人物です。カエサルの名前である「Caesar(シーザー)」という単語に「皇帝」という意味が付けられるほど、彼は歴史的に重要な偉人です。カエサル自身は皇帝になる前に殺されてしまいましたが、彼の跡を継いだオクタウィアヌスがローマ帝国の初代皇帝になっています。

ガリア地方の蛮族との戦いに勝ってローマの領土を広げたり、自分に反抗してくる政治的な敵たちを倒したり、国を治めるための素質を備えていた、リーダーにふさわしい人でした。

ガイウス・ユリウス・カエサル

カエサルの功績は数多くあります。当時、権力を持ちすぎて腐敗していた元老院の力を弱めようとして、自分を含めた政治的な要人で同盟を組む「三頭政治」を行ったこと。ガリアと呼ばれる、現在のフランス、ベルギー、スイスにあたる広範囲の土地を平定して、ローマの領土拡張に貢献したこと。f

カエサルの軍事的活躍によるローマ国境内の安定化は、後のパクス・ロマーナ(ローマの平和)に繋がります。彼の功績があったからこそ、ローマはその後1,000年以上も続いた名誉ある大帝国になったのです。

今回の記事は、幼い頃に映画「グラディエーター」で古代ローマの魅力に惹き込まれ、それ以来ヨーロッパ史を幅広く研究している筆者が執筆させていただきます。

カエサルとはどんな人物か

名前ガイウス・ユリウス・カエサル
誕生日紀元前100年頃
(紀元前102年という説も)
生地ローマ
没日紀元前44年3月15日
没地ローマ
配偶者1番目:コルネリア
2番目:ポンペイア
3番目:カルプルニア
埋葬場所フォロ・ロマーノ

カエサルの性格は「野心家・女たらし・借金王」

借金王で女たらしだったカエサル

カエサルは「ローマ最大の野心家」と言われています。従来の政治体制を変えようと奮闘したのですから、野望を実現しようとする芯の強さや頭の良さがあって当然だと言えます。過程よりも結果を重視し、なにか成果があるような行動でなければ行動する意味がないと信じていました。

しかし一方で、リーダーとしてカリスマ性を発揮する傍ら、お金や女性には非常にだらしなかったとも伝えられています。借金の額は天文学的数字だったそうです。独裁者としての地位に登り詰めた人物が、実は女たらしの借金王だったというポイントが、カエサルが今日まで人気な偉人である理由なのかもしれません。

クレオパトラから届いた贈り物は自分の「身体」

身体を贈り物にしたクレオパトラ

三頭政治のメンバーだったポンペイウスと対立したカエサルは、ポンペイウスを追ってエジプトのアレクサンドリアに進軍します。ちょうどその時、エジプトのプトレマイオス朝は後継者の座を巡ってクレオパトラとプトレマイオス13世の師弟が争っていました。

カエサルは両者を仲介しようとしますが、プトレマイオス13世派の刺客から攻撃を受けたことからクレオパトラに味方します。クレオパトラは贈り物として自分の身体を絨毯に包み、カエサルのもとに運ばせました。カエサルはクレオパトラの美貌と知性にあふれた理知的な人柄を気に入り、それから2人は親密になり、カエサリオンという子どもをもうけました。

文筆家としても評価されたカエサル

カエサルは政治家、軍事家としての一面の他、文筆家としても高く評価されています。彼が書いた作品として残っているのは『ガリア戦記』『内乱記』『反カト論』『類推論』で、古典ラテン語の最重要文献として研究されてきました。

ドイツの歴史家で、ローマ史の研究によってノーベル文学賞を受賞したテオドール・モムゼンは、カエサルを「ローマが生んだ唯一の創造的天才」と評価しています。また、17世紀から18世紀にかけてのフランスの有名な哲学者モンテスキューも、カエサルについて次のように述べています。

「人々は、カエサルの幸運についてしきりに語る。しかし、この非凡な人物は、多くのすぐれた素質もあり、欠陥はないわけでなく、多くの悪徳を積みもしたが、どんな軍隊を指揮したところで勝利者となったろうし、どんな国家に生まれたところで、それを統治したことであろう」。

哲学者 モンテスキュー

ブルータス、お前もか!で有名なカエサルの死

カエサルの死

すべての政敵を打ち倒したカエサルは前46年、ローマに凱旋し、元老院の有名無実化を実現します。前44年には終身の独裁官に任命され、皇帝として君臨しようとする野望があからさまになってきました。それを危惧した元老院は、カエサル独裁反対派を組織し、カエサルの暗殺を企てます。

カエサルには懇意にしていたブルータスという部下がいました。しかしブルータスはローマの共和制を熱心に願っており、独裁者として権力を集め出したカエサルに疑念を抱くようになります。暗殺の場で、カエサルは自分を殺そうと取り囲む群れからブルータスを見つけ、「ブルータス、お前もか!」と叫んだ有名なエピソードが残っています。

カエサルは信頼していた部下から裏切られ、皇帝になる道半ばで殺されてしまったのでした。

カエサルの名言

「人は喜んで自己の望むものを信じるものだ。」

「お前たちが、やる気充分でいるのはわかっている。わたしに栄光をもたらすためには、どんな犠牲も甘受する気でいるのもわかっている。だが、わたしが、お前たちの命よりも自分の栄光を重く見たとしたら、指揮官としては失格なのだ。」

「賽(さい)は投げられた。」

「わたしは王ではない。カエサルである。」

「ブルータス、お前もか!」

カエサルにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「自分を捕らえた海賊を後日撃退した?」

海賊を処刑にした逸話

当時のエーゲ海では海賊活動が盛んでした。アナトリア半島沿岸部にあるロドス島に向かう道中、海賊に捕まり、身代金として20タレントを要求されました。それに対してカエサルは「20は安すぎる、50を要求しろ」と命令し、「戻ったらお前たちを磔にしてやる」と尊大な態度で接していました。

身代金が支払われて解放された後、カエサルは海軍を招集してすぐさま海賊を捕らえました。アシア属州の総督は処刑を拒否しましたが、カエサルは海賊を磔にして処刑し、有言実行を果たしたといいます。

都市伝説・武勇伝2「女たらしだった?」

無類の女性好き

カエサルのあだ名は「ハゲの女たらし」でした。元老院議員の約3分の1が妻を寝取られていたと言われていますが、実際の人数についての記録はなく、誇張が含まれているとされています。しかし、それほどまでにカエサルは女性にだらしなかったそうです。

カエサルの凱旋式の際は、軍団兵たちが「夫たちよ、妻を隠せ。ハゲの女たらしがお通りだ!」と叫んだと言われています。ただし、古代ローマでは、凱旋の際には兵たちが将軍に対して野次を飛ばすという習慣があったため、これはあくまで仲間内のノリということでもあります。

カエサルは背は高く筋肉質な身体ではありましたが、当時の美男子の条件である「細身、女も見紛うほどの優男」には当てはまっていないとも言われています。見た目ではなく、他の部分で多くの女性を虜にしていたのでしょう。

カエサルの略歴年表

紀元前100年
政治家の息子として誕生
カエサルは、同名の父ガイウス・ユリウス・カエサルと、名家の出身である母アウレリア・コッタのもとに誕生しました。父は古代ローマの政務官職の1つであるプラエトル(法務官)を務めた後、アシア属州の属州総督をしていた人物です。

カエサルの名前は現代まで残っています。カエサルの生まれた月である7月を表す英単語 July や、皇帝という意味を表す単語カイザー(ドイツ語)、ツァーリ(ロシア語)に形を変えて残りました。

紀元前78年
政敵スッラの死後、ローマに帰還
元老院派と民衆派で争う中、独裁で粛清を開始していた元老院派の政治家スッラに目をつけられたことで、カエサルは紀元前81年に亡命。その後、スッラが死んだことでローマに帰還し、巧みな弁舌で有名になりました。

その弁論の上手さは、当時有名だった哲学者キケロにも賞賛されるほど。感情的なジェスチャーや息継ぎの暇もないマシンガンのような話しぶりで、カエサルは権力をふりかざすだけの属州総督を次々と告発していきます。

紀元前60年
執政官に当選して第1回三頭政治を開催
カエサルはローマに服属していなかった数々の部族を倒してオリエントを平定するという功績をあげました。自分と同様に元老院に不満を持つポンペイウスと結託して、コンスル(執政官)に当選します。そこに騎士階級の代表者であって、亡きスッラ派の重鎮であるクラッススを引き入れて三頭政治を行い、圧倒的な政治力を持っていた元老院に対抗できる勢力を形成しました。
紀元前58~51年
ガリア戦争
コンスルの任期を終え、カエサルはガリア地方の属州総督に就任しました。ガリア人部族のヘルウェティイ族が、ローマ属州を通過したいという要求を拒否したことをきっかけとして、ガリア人とのガリア戦争に踏み出すことになりました。

ガリア地方の多くの部族を相手にしながら、侵入しようとしてくるゲルマニア人を防いだり、ブリタンニア(現在のイギリス南部)にも遠征したり、戦争に明け暮れた時期でした。紀元前51年にはガリア全土を平定し、ローマでの名声を大いに高めました。

紀元前49年
ローマ内乱・ポンペイウスと対立
パルティア遠征したクラッススが戦死したことで、三頭政治のパワーバランスが崩れ、カエサルは元老院派に接近したポンペイウスと対立するようになりました。ポンペイウスがギリシアで勢力の立て直しを試みている間に、カエサルはイタリアの実質的な支配権をゲットします。

攻防を続けながらも、エジプトに逃げたポンペイウスを追いかけていると、到着した先でカエサルは世界三大美女として有名なクレオパトラと出会います。

紀元前45年
終身独裁官に就任
政敵ポンペイウスはエジプトで暗殺され、カエサルは勢いのまま元老院を掌握し、ローマの支配権を確実なものにしてから共和制への移行に着手しました。元老院の権限を狭めて権威を低下させ、自らが終身独裁官に就任して自分のところに権力を集中させました。これが後の帝政ローマの基礎となります。
紀元前44年
暗殺
独裁的な権限を手に入れたカエサルのことを、もちろん元老院派は快く思っていませんでした。本当に共和制にしていく気があるのか疑い出している共和制派と手を組み、カエサルの暗殺を計画します。

元老院会議に出席しようとしてポンペイウス劇場に向かう途中、待ち伏せていた人たちや同伴していた腹心の部下ブルータスに囲まれ、カエサルは刺殺されました。カエサルはブルータスのことを遺書に書くほど、信頼している部下でした。

カエサルの具体年表

紀元前100年 – 0歳「誕生」

政治家一家のカエサル家に誕生

プラエトル(法務官)やアシア属州総督を務めた同名の父ガイウス・ユリウス・カエサルと、何人も執政官を輩出した名家出身の母アウレリア・コッタのもとに、カエサルは生まれました。彼の叔母の夫、つまりカエサルにとっての義理の叔父は、大規模な軍制改革を行った政治家ガイウス・マリウスです。

ガイウス・マリウス

カエサルが誕生した時期のローマは、民衆による市民集会で政治を行うべきとする「民衆派(ポプラレス)」と、元老院が主導して政治を行うべきとする「元老院派(オプティマテス)」で分かれており、義叔父のガイウス・マリウスは「民衆派」の英雄でした。必然的に、血縁関係のあるカエサル家も民衆派だったとされています。

紀元前81年 – 19歳「亡命」

政敵スッラの粛清から逃れてローマから亡命

ポントス王国との戦争での権限を巡って、元老院派のスッラと民衆派のマリウス(カエサルの義理の叔父)は真っ向から対立。スッラはマリウスを排除しようとしてローマを制圧し、終身独裁官となった後に民衆派を徹底的に粛清しようとしていました。

カエサルも粛清リストに名前があがっていましたが、若く、まだ政治活動をしていなかったことから、スッラの支持者や巫女が助命を嘆願し、カエサルは助かります。カエサルはその当時、パトリキ(貴族)の家系であるキンナの娘コルネリアと結婚しており、スッラから命を助ける代わりに離婚しろと命令されますが拒否します。スッラの追手から逃げるために、カエサルは小アジア・アカエアに亡命します。

紀元前78年 – 22歳「ローマに帰還し、政治家としてキャリアをスタート」

政敵スッラが死んだことでローマに帰還、弁舌を駆使して有名に

哲学者キケロ

カエサルの命を狙っていたスッラが死んだことで、カエサルはローマに戻れることに。下層階級が住むスブッラという地区の一角にある質素な家に暮らし始めました。

当時ローマでは、属州統治の際に現地民に脅迫したり、搾取や収賄を行ったりする人が多くいました。カエサルはそのような属州総督を次々と告発し、歯に衣着せぬ物言いで有名になります。同時期にすでに有名だった哲学者キケロも、カエサルの弁舌っぷりを賞賛しました。

軍団司令官になってクルスス・ホノルム(名誉のキャリア)を歩み始める

カエサルはトリブヌス・ミリトゥム(軍団司令官)に選出されます。しかし、ヒスパニアでのローマ戦争やスパルタクスらが首謀した紀元前73年の第三次奴隷戦争があったにも関わらず、カエサルが活躍したという記録はありません。後にカエサルと三頭政治を行うことになるポンペイウスやクラッススは、奴隷戦争での活躍の功績がありました。

紀元前69年 – 31歳「財務官に就任」

クァエストル(財務官)に就任

カエサルはクァエストル(財務官)に就任します。この時、スッラの粛清以来すっかり見なくなった、義理の叔父マリウスの像を掲げ、自らを民衆派であることを公然と示すようになります。また、この時期に妻のコルネリアも亡くなりました。

アレクサンドロス大王

財務官の任務でカエサルはヒスパニアへ赴任しました。ここでアレクサンドロス大王の像を目にして、「自分はアレクサンドロスの年齢に達しているのに、何も成し遂げていない」と自らの心境を漏らしたそうです。いつか偉業を達成してみせると、決意を新たにしました。

紀元前63年 – 37歳「カティリナ事件」

国家転覆の陰謀に加担したとして疑われる

カエサルはこの年、大量の借金をして買収工作を図り、最高神祇官に就任しました。同時期、ルキウス・セルギウス・カティリナ一味による国家転覆の陰謀が発覚し、執政官であったキケロは熱弁でカティリナ一味を断罪しました。元老院議員たちの間で陰謀の対処に追われる中、カエサルは陰謀に加担した者の死刑に反対。これに対してマルクス・ポルキウス・カトは処刑を主張し、結局陰謀者たちは処刑されることに。

処罰を反対したことから、カエサルも一味に加担していたのではないかと疑いがかかりました。その審議の最中、部下から手紙を受け取ったカエサルは「中身を見せろ!」とカトに詰められます。陰謀に加担した証拠が示されてあるに違いないと踏んでいたカトが手紙を開くと、それは女(しかもカトの異父姉)からのラブレターでした。会議は笑いに包まれ、カエサルの疑いは晴れました。

紀元前60年 – 40歳「第一回三頭政治」

元老院に対抗するためにポンペイウスとクラッススと組む

ポンペイウスはオリエントを平定して凱旋しましたが、元老院議員の対応に不満を抱いていました。そこにつけ込んでカエサルはポンペイウスと結託し、コンスル(執政官)に就任します。しかし、すでに功績を残しているポンペイウスと何もない自分とではバランスが悪いと感じ、騎士階級のクラッススを入れて元老院に対抗するための三頭政治を組みました。

まずカエサルは、執政官在任中に元老院での議事録を即日で市民に公開する事を決めます。それまでは議員から話を聞く以外には内容を市民が知ることはなかったため、議員たちはうかつな言動は出来なくなりました。また、グラックス兄弟以来、元老院におけるタブーであった農地法を成立させます。当初、元老院はこの法案に激しく反対。カエサルは職権で平民集会を招集、巧妙な議事運営で法案を成立させるとともに、すべての元老院議員に農地法の尊重を誓わせることに成功しました。

紀元前58~51年 – 42~49歳「ガリア戦記」

ガリア戦争で功績を残す

ガリア戦争で功績を残した

コンスルの任期を終えたカエサルはガリア地方の属州総督に就任します。ヘルウェティイ族がローマ属州を通過したいという要求を拒否したことをきっかけに、ガリア戦争がスタートしました。ヘルウェティイ族を抑えた後は、ガリア人の依頼を受けてゲルマニア人のスエビ族の長アリオウィストゥスとの戦いに勝ち、翌年にはガリア北東部に住んでいたベルガエ人の諸部族を制圧します。

最大の戦いは紀元前52年、アルウェルニ族の族長ウェルキンゲトリクスとの戦いです。この時はほとんどのガリア部族が敵対しましたが、アレシアの戦いでこれらを破ります。ガリア遠征により、カエサルはガリア全土をローマ属州とし、ガリア戦争の一連の経緯を『ガリア戦記』として本に残しました。

また、カエサルはこの戦争でガリア人に勝利し、ローマでの名声を高めました。彼は「新兵は新軍団を構成し、既設の軍団には新兵を補充しない」という方針を採ったため、長期間の遠征に従事した軍団は兵数が定員を割っていました。しかし、代わりに統率の取れた精強な部隊になり、軍団兵はローマにではなくカエサル個人に対し、忠誠心を抱く者も多かったとされています。これらのガリア征服を通して、カエサルは軍事力や指導力を蓄えていきます。

紀元前49年 – 51歳「ローマ内戦」

三頭政治が崩れてポンペイウスと対立

紀元前53年に、パルティアに遠征していたクラッススが死亡し、三頭政治のパワーバランスが崩れました。ポンペイウスがカエサルと距離をとって、元老院派に接近したことで2人は対立します。

ルビコン川を越えたカエサルはアドリア海に沿ってイタリア半島の制圧を目指します。ポンペイウスはローマですぐ軍団を編成することができなかったため、ギリシアに逃げて態勢を整えます。カエサルはポンペイウスを追ってギリシアに向かい、デュッラキウムの戦いで敗北を喫しますが、紀元前48年のファルサルスの戦いで兵力に劣りながらも優れた戦術によって勝利を収めました。

ポンペイウスはエジプトのアレクサンドリアに逃げ込みますが、そこでプトレマイオス13世の側近の計略によって船の上で殺害されてしまいました。カエサルが到着したのはその数日後でした。

クレオパトラと親密になる

クレオパトラと親密になった

カエサルが到着した時のエジプト・アレクサンドリアでは、プトレマイオス12世の後継者争いでクレオパトラ7世とプトレマイオス13世の姉弟が対立していました。カエサルは両者の仲介を目指していましたが、プトレマイオス13世派から攻撃を受けたことで、クレオパトラ7世の側に立って政争に介入します。ナイルの戦いで、カエサルのローマ軍はプトレマイオス13世派を打ち破りました。

紀元前46年、ローマへ帰還したカエサルは民衆の熱狂的な歓声に迎えられ、豪華な凱旋式を開きました。その時、カエサルはクレオパトラ7世をローマに招いており、クレオパトラ7世はカエサルとの間の息子とされるカエサリオンを伴っていたとされます。

紀元前45年 – 55歳「終身独裁官に就任」

終身独裁官に就任して権力を自分に集中させる

対立していた政敵をほぼすべて打ち倒してローマ内戦を終わらせたカエサルは共和制の改革を始めます。属州民に議席を与え、定員を600名から900名へと増やしたことで元老院の権力を失わせたり、機能不全に陥っていた民会、護民官を単なる追認機関としたりすることで有名無実化しました。代わって、終身独裁官に就任し、権力を1点に集中することで統治能力の強化を図りました。

祭典の際にカエサルは王の証ともいえる月桂樹を奉じられましたが、ローマ市民からの拍手はまばらで、逆にカエサルが月桂樹を押し戻すと圧倒的に大きな拍手が巻き起こったそうです。 共和主義者はこの行動をカエサルが君主政を志した表れと判断します。この他にも、カエサルの尊大な振る舞いや言動、そして終身独裁官としての絶対的な権力に対し、マルクス・ユニウス・ブルータスら共和主義者は共和政崩壊の危機感を抱くようになりました。

紀元前44年 – 56歳「部下に裏切られて暗殺される」

出勤途中に腹心の部下に刺されて死亡

暗殺されたカエサル


紀元前44年3月15日、カエサルは元老院議会へ出席しようとしていました。妻・カルプルニアは前日の夜に悪夢を見たため、カエサルに元老院への出席を避けるよう伝え、カエサルも一度は見合わせることを検討していましたが、暗殺を企てている部下の忠告を受け、何も知らないカエサルは出席することにしました。

カエサルは身体の不可侵性を保障される護民官職権を得ていましたが、それに加えて元老院議員から安全に関する誓約を取った上で、独裁官に付属する護衛隊を解散していた。したがって、カエサルを守る者は近くに誰もおらず、待ち伏せていた元老院派や共和制派の人々に滅多刺しにされてしまいます。その激しさは、暗殺者同士で手を切り合うほどで、23の刺し傷のうち、2つ目の刺し傷が致命傷となったといわれています。

ユリウス・カエサル の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ガリア戦記(講談社学術文庫)

ユリウス・カエサル自身が書いた有名な歴史書で、古代史研究の最重要文献といわれています。自分がいかにしてガリアを平定し、ローマを繁栄させたのかについて、自画自賛せずに書かれてあります。ページ数は多いですが、詳細な地図や用語集もあるため理解しやすく、カエサルの奮闘物語として読みごたえがあります。

内乱記(講談社学術文庫)

これもカエサル本人が書いた歴史書で、政敵ポンペイウスとの対決を描いています。「ガリア戦記」はゲルマニア人などの外の民族との戦いで、この本は「内乱」というタイトル通り、政治的な戦いを繰り広げています。「ガリア戦記」よりもカエサル本人の感情の吐露が多く、人間味を感じながら読み進めることができます。

カエサル(講談社学術文庫)

ユリウス・カエサルについての入門書です。変革期のローマを、カエサルがどのように関わり、どのように動かしていったのかについて分かりやすく解説しています。また、ローマを繁栄させ、そこで出世するために現実的なビジョンを常に見据えていた行動派というカエサルのキャラクターを読み取ることができます。

おすすめの動画

【世界史漫画・古代ローマ編③】カエサルの生涯を4分で簡単解説!ローマの英雄がなぜ裏切られたのか…

カエサルの生涯について、ポップなイラストで4分という短い時間で解説してくれるので、カエサルについての流れをつかむためだったら、文章で勉強するより分かりやすいです。当時カエサルがどう思って行動していたのかについても触れられているので、物語として知識を吸収することができます。

おすすめの映画

ジュリアス・シーザー(1970年版)

ウィリアム・シェイクスピアが原作になっている映画作品です。カエサルに対する反乱軍の蜂起と、カエサルが暗殺されるまでを描いています。カエサルの側近であるアントニーやブルータスが主人公で、カエサル暗殺を主軸としてストーリーが展開していきます。ブルータスがカエサルを暗殺した経緯がドラマティックに表現されています。

シーザーとクレオパトラ(1945年)

古い映画ですが、「風とともに去りぬ」でオハラ役を射止めた美しいイギリス女優ヴィヴィアン・リーがクレオパトラ役をしたことで有名な作品です。カエサルがクレオパトラを再びエジプト女王の座に就かせようと画策するストーリーで、史実とは関係なしに恋愛や政治を絡めた人間ドラマが見どころです。

おすすめドラマ

ROME(ローマ)

2005年のドラマですが、美術衣装などにこだわっていて映像に古さを感じさせません。ローマ帝国の歴史だけでなく、そこで暮らす人たちの生活感が伝わってきます。食事のシーンなど、生活空間が登場するシーンが非常に多く、そうした背景の細部まで徹底的に作り込まれています。

人間の心理描写の深さや、抑揚のあるストーリー展開など、飽きずに最後まで一気見できます。シーズン2までしかないため、一気見にも時間がかかりません。

関連外部リンク

カエサルについてのまとめ

カエサルは2000年以上前に生きた人物なのに、今なお多くの歴史ファンを魅了している偉人です。自分が皇帝になることはかないませんでしたが、彼の意志はオクタウィアヌスに引き継がれ、彼は初代皇帝アウグストゥスになります。

実は政治家として成りあがるために多額の借金をして買収したり、周りが呆れるほどの女たらしだったりと、人間味あふれる魅力的なキャラクターでもあります。だからこそ、歴史に名を残す偉人になれたのではないかと思います。

この記事を読んで、カエサルが作り上げようとしていたローマがこれからどう変わっていくのか気になった方もいるのではないでしょうか。この記事を参考にして、歴史や偉人のキャラクター性を学んでいってみてください。

コメントを残す