小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ショパンとはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や死因、名曲についても紹介】

音楽をやったことがある人でもない人でも、殆どの人が「ショパン」という名前を聞いたことがあるかと思います。クラシック音楽界で最も有名と言えるベートーヴェンやモーツァルトには名を劣らせますが、主にピアノ曲界隈ではその超絶技巧と歌心を中心として世界中に名を轟かせています。

フレデリック・ショパン

現在では『ショパン国際ピアノコンクール』と呼ばれる、世界中の腕のあるピアニストたちが一堂に会す世界で最も権威の高いピアノコンクールも開催され、そこで優勝すれば一生のピアノ人生を手に入れることができます。日本人も、第5回コンクール以来ほぼ毎年入賞を果たしています。

そんなショパンの有名な曲は数多く、今世界に出回っているショパン名義の曲殆ど全てが有名と言っても過言ではありません。ノクターン等のゆったりと唄いこむ曲から、英雄ポロネーズや革命のエチュードと呼ばれる威勢のいい曲、幻想即興曲等の超絶技巧を必要とする曲まで、様々な曲を世に排出しています。

しかし、これらの曲は全てが難しく、かなりのピアノ経験年数がないと弾けない曲ばかり。ピアニストにとって”憧れの”ショパンと言うこともできます。

今回は、ピアノ経験15年になってようやくショパンの超絶技巧を要する曲を弾けるようになり、毎日ショパンの曲を聴き弾きまくっている筆者がお伝えします。

ショパンとはどんな人物か

名前フレデリック・フランソワ・ショパン(Frédéric François Chopin)
誕生日1810年3月1日(1809年3月1日との説もあり)
没日1849年10月17日
生地ワルシャワ公国 ジェラゾヴァ・ヴォラ
没地フランス パリ
配偶者なし
埋葬場所ショパンの遺言に従い埋葬されず

ショパンが音楽に目覚めたきっかけ

音楽家の両親のもとに生まれた

ショパンには音楽に目覚めたきっかけ、というよりも、必然的に音楽の道に進むことが神から望まれていました。父親はフルートとヴァイオリンに優れ、母親はピアノに長けており、指導者でもあったそうです。

そんな両親の下に生まれたショパンは、特別な理由もなく幼き頃から音楽が身の回りにあり、自ら音楽を始めようとしなくとも自然とピアノに触れていきました。ちなみにショパンは幼いながら母親の弾くピアノに涙を流し、6歳にして耳にした旋律を再現しようとしたり、作曲さえもしていたという天才。

瞬く間に神童と呼ばれたモーツァルトや音楽の父と呼ばれたベートーヴェンと比較されるようになりました。

ショパンの人柄や性格

病弱で穏やかな少年だった

ショパンは子供のころから病弱であったこともあり、比較的穏やかな性格だったと言います。まさに音楽に人生全てを捧げたとも言えるほど、一年中ピアノを弾いたりしていたそうです。しかし時にはピクニックに友人と出かけたり、狩りまでしていたとのこと。意外と活発な面もあったのですね。

情緒的な音楽を作り上げる感情豊かなショパンですが、その情緒を恋愛には上手に応用できなかったようです。26歳でマリア・ヴォンジスカというポーランド人貴族の娘に恋をしますが、相手が16歳であることから叶わぬ恋となり、28歳の時には小説家であるジョルジュ・サンドと恋仲になりますが、37歳の時に結局破局してしまいます。

一説には、天才気質のショパンを気遣って付き合うことを躊躇した人が多かったのではないか、と言われていますが、彼は昔から病弱だったことからその看病も大変だったのでしょう。

ショパンのピアノ曲

ピアノ曲は100曲以上!

ショパンは主にピアノ曲で有名です。その数は100曲以上にもなり、現在でもその多くが数々のピアニストの手によって演奏されています。曲調としてはポロネーズからノクターン、ワルツやマズルカまで、実に多種多様な楽曲を手がけています。

ちなみに彼が一番最初に作曲した現存最古の曲は『ポロネーズ ト短調』と『ポロネーズ 変ロ長調』の2曲で、なんとこれらを7歳にして作曲したとのこと。モーツァルトやベートーヴェンの比較対象になるのも頷けますね。

ショパンの名曲12選を一覧で紹介【定番のピアノ曲から隠れた名曲まで】

ショパンのオーケストラ曲

ショパンのオーケストラ曲は?

ピアノ曲で有名なショパン。オーケストラの曲もいくつか作曲しています。と言っても有名であるのは主にピアノ協奏曲ですが、オーケストラを交えた曲も作曲しているのです。ショパンらしい曲調の音楽で、彼自身の挑戦曲とも言えるでしょう。この曲はショパンコンクールでも度々演奏されています。

ショパンは一体何がすごいのか?

すごさ1「ピアノの詩人と呼ばれるほど作品が情緒豊か」

美しく情緒豊かなメロディー

ショパンの凄いところは、どんな曲をとっても必ず情緒豊かなメロディーが内包されているというところです。幻想即興曲にしても、英雄ポロネーズにしても、威勢の良い音楽の背景には必ず美しいメロディーが存在し、ワルツにしても、彼の豊かな感情がメロディーという形にのって演奏者に語りかけます。

それだけでなく、当時の音楽としては革新的な形式の曲や、半音階的和声法などを完璧に使いこなしたことで、それまでは単一的だった曲想の中に新たな感情を埋め込まれることとなりました。新しい曲調や各曲が内包する旋律の中に、ショパンがピアノの詩人と呼ばれる所以を見出すことができるのです。

すごさ2.「7歳にしてピアノ曲を作曲」

7歳で作曲!

7歳と言えば現在の我々日本人はようやく小学生になり、段々と自我が芽生え始める頃ですが、なんとショパンはその時期に2つのピアノ曲を作曲しているのです。2曲のうち『ポロネーズ ト短調』の方は出版もされ、当時彼のピアノ教師であったズヴヌィをも驚愕させることでその名は瞬く間に音楽界を席巻したと言います。

その後も彼は子供ながらに多くの曲を作曲することで、現在も尊敬されるショパンという名に着実に華を付けていったのです。

すごさ3.「ピアニストとしても、作曲家としても有名」

アレクサンドル1世

ショパンの凄いところは、彼が作曲家だけでなくピアニストとしても有名であったというところにもあります。7歳の頃から公開演奏を行い、11歳にしてロシアの皇帝アレクサンドル1世の前で所謂御前演奏をもこなします。

また、ポーランド立憲王国の副王であったコンスタンチン・パヴロヴィチ氏の息子の遊び相手として度々招かれ、副王の御前でも演奏を披露したそうです。

ちなみに8歳で行った演奏会では「モーツァルトの再来」、15歳で行った演奏会では「ワルシャワで最高のピアニスト」と各地で絶賛され、子供ながらに当時の成人ピアニストを超える才能を持っていたのです。

ショパンの名言は?

A wrist is the bow for a pianist.
(手首はピアニストにとっての弓である。)

Only the sound the ear permits is music.
(自分の耳が許す音だけが音楽である。)

I say common sense, but this must be a very small element. Because it isn’t so strong to say so that common sense gets the idea by which I’m in addition to everything from the beginning.
(常識というが、これは非常に小さな要素に違いない。というのは常識がぼくの頭からすべてのほかの考えを引き出すほど強力なものではないのだから。)

Simplicity is the final achievement. After one has played a vast quantity of notes and more notes, it is simplicity that emerges as the crowning reward of art.
(シンプルさは最終的な目標です。 とてつもない膨大な量の曲を演奏したのち、その報酬としてシンプルさを手に入れることができるのです。)

I shall create a new world for myself.
(私は自分のための新しい世界を創造する。)

Man is never always happy, and very often only a brief period of happiness is granted him in this world; so why escape from this dream which cannot last long?
(人は決していつも幸せではない。幸せは大抵ほんの僅かな間だけもたらされる。この貴重な幸せをしっかり堪能しようではないか。)

ショパンの生涯歴史年表

1810年 – 0歳「ショパン誕生」

ワルシャワ公国の地図

ショパン、ワルシャワ公国にて誕生

ショパンは1810年、ワルシャワ公国のジェラゾヴァ・ヴォラにて誕生しました。ワルシャワ公国はナポレオン・ボナパルトによって作られた公国で、1807年~1813年のわずか数年しか存在しない短命の国でした。

父親の名前はニコラ・ショパンといい、もともとはフランスのロレーヌに住んでいたフランス人で、ポーランドに越してきた後、1794年のコシチュシュコの蜂起でワルシャワの市民兵として副官まで昇格した人物でした。

父親も母親も姉も全員音楽に達者で、ショパンは生まれた時からピアノやフルートなどの美しい音色に囲まれて育ちました。ショパンの音楽人生は生まれた時から始まっていたのです。

誕生後間もなくワルシャワへ移住

父親が友人からの誘いに乗じ、ワルシャワ学院にてフランス語を教えるべく、ショパン一家はワルシャワへと移住しました。ワルシャワ学院は現在で言う中高一貫校のようなもので、サクソン宮殿という歴史豊かな宮殿の中にありました。

1810年以来一家もこの宮殿の中にある広い庭園の中に住むこととなりましたが、1817年に突然この宮殿が軍用地として徴収されることとなり、ショパン一家は隣接する建物で暮らすことになります。ちなみにショパンは1823年から1826年にかけてワルシャワ学院にも通っていました。

1816年 – 6歳「本格的な音楽教育がスタート」

ヴォイチェフ・ジヴヌィに音楽を教わる

ヴォイチェフ・ジヴヌィ

ショパンは1816年からジヴヌィから音楽の指導を受け、1817年から本格的にピアノのレッスンを受けるようになりました。もともと母親や姉からピアノの指導を受けていたということもあり、上達が速くあっという間に実力はジヴヌィを超えてしまいます。

ちなみにショパンは実力こそジヴヌィより遥かに高かったのですが、後年ショパンはジヴヌィを高く評価しており、師匠を超えても尊敬を忘れない彼の心を見て取ることができます。

ポロネーズを2曲作曲

7歳で本格的にピアノを習い始めたショパンですが、なんと同じ年に2つのポロネーズを作曲します。『ポロネーズ ト短調』と『ポロネーズ 変ロ長調』の2曲ですが、前者は出版もされました。これらの作品はワルシャワの中で瞬く間に有名となり、既成の偉大なポロネーズに匹敵する程の人気があったといいます。ちなみにこの翌年、弱冠8歳でありながらワルシャワで演奏会をも開催しています。

1826年 – 16歳「ワルシャワ音楽院での修行をスタート」

ワルシャワ音楽院

ワルシャワ音楽院に入学

1826年、ショパンは父親の勧めでワルシャワ音楽院に入学します。現在のポーランドで最も権威のある音楽院であり、同時に最も規模の大きな音楽院です。現在はフレデリック・ショパン音楽アカデミーと呼ばれています。ショパンはこのアカデミーで3年間音楽を学びました。

ショパン、音楽院を首席で卒業

1829年、ショパンは晴れてこの音楽院を首席で卒業し、ピアニスト、そして作曲家としての人生をスタートさせます。3年間の在学中には休暇の際に様々な地へと赴いてその見聞も広めていったといい、この3年間の様々な経験が彼の音楽の深さに味を付けていったのでしょう。

卒業後ショパンはすぐに音楽の都ウィーンへと赴き、2回演奏会を開催して華やかなデビューを果たしました。多くの人からは好意的な評価を受けた彼の演奏でしたが、一方で、彼のピアノからは小さな音しか出なかったと文句を言う人も中にはいたといいます。

1835年 – 25歳「両親との最後の再会」

バラの花と手紙を包んで

カルロヴィ・ヴァリにて両親と最後の再会

1835年、ショパンは生涯最後となる両親との再会を果たしました。以後昔から病弱であった彼は両親との再会を達成することができずにそのまま亡くなってしまいます。最期に立ち会った彼の家族は姉だけだったのです。

マリアに求婚

カルロヴィ・ヴァリで両親と会ったのち当時住んでいたパリへと戻る途中で、彼はワルシャワ時代に親交のあったポーランド人貴族のヴォジンスキ伯爵の娘マリアと出会い、恋に落ちます。当時彼女は16歳でしたが、ショパンが求婚してくると受け入れ、事実上の婚約状態となりました。

しかし、マリアの母親は一旦認めたもののショパンの健康状態の悪さを知ると婚約破棄を促し、婚約延期の後結局ヴォジンスキ家がショパンに婚約破棄を申し出ました。彼は従うことしかできず、マリアからもらったバラの花、そしてマリアと彼女の母親からもらった手紙を紙包みにまとめ、その上に「Moja bieda」(我が哀しみ)と欠いたと言います。この失恋への想いは彼の大作『ワルツ 変イ長調』の中に現れており、現在でもこの曲は『別れのワルツ』との名で有名です。

マリアとの婚約破談後、1938年にショパンはジョルジュ・サンドとの名で知られるフランスの文筆家と出会い、恋に落ちます。しかし結局結婚まではいかず、1847年に2人は分かれてしまいました。

1844年 – 34歳「インフルエンザにかかる」

インフルエンザにかかる

ショパンは1844年にインフルエンザにかかりました。今でこそ薬の処方等で重病化することも死亡することも殆どない病気ではありますが、当時の医療技術では大変大きな病でした。もちろん幼いころから病弱であったショパンにとっては一大事で、これをきっかけに自分の体調を見つめなおす時期にかかります。

1848年 – 38歳「パリでの最後の演奏会」

最後の演奏会

1848年、ショパンは体調が芳しくない状況ながらもパリで最後となる演奏会を開催しました。その後はイギリスで演奏旅行を行いますが、同年10月頃に彼は遺言をしたためます。もう最期が近いことを彼自身悟っていたのでしょう。

1849年 – 39歳「ショパン永眠」

ショパンの墓

ショパン、フランスパリにて永眠

ショパンは1849年、39歳という若さでその短い人生に幕を閉じました。彼の死因については現在でも不明で、死亡診断書では肺結核とされていますが、彼が抱えていた病気は他の疾患ではなかったのではないかという説も存在し、様々な議論が交わされています。

彼の葬儀はパリのマドレーヌ寺院で行われましたが、準備に遅れが生じたために2週間も延期されたといいます。しかしそのおかげで遠方からも人々が集まることができるようになったために、至る所から文学人や貴族が参列したといいます。

ショパンの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ショパン―200年の肖像

この本はその名の通りショパンの肖像画について記された本ではありますが、ショパンの生涯からショパンを取り囲む芸術作品、現在でもショパンの名を残す漫画やアニメ、ピアノコンクールまで、様々な観点からショパンを評価しています。まさにショパンを「目で楽しむ」といったところ。

[新装版]フレデリック・ショパン全仕事

この本は1つ1つの楽曲について作品番号順に、その曲ができた背景や周辺情報をあまり深堀せず解説しているものです。中にはあまり知られていない曲についても解説されているので、ある意味では辞書として、またある意味では伝記として用いることができる、そんな書籍です。

おすすめの動画

(Bunin)Chopin Polonaise Op.53

この動画は、ブーニンという世界的ピアニストがショパン国際ピアノコンクールで優勝した際の動画です。とても軽やかに、そしてコンクールという大舞台でも楽し気に弾く姿は世界中の音楽家たちに強い印象を与えました。彼は一般の世界通念から逸脱した個性的な演奏をするピアニストでも有名です。

Stanislav Bunin plays Chopin Piano Concerto no. 1, op. 11 – video 1985

こちらは上記のショパン国際ピアノコンクールと同じ年、ブーニンがワルシャワ・フィルハーモニーとショパンのピアノ協奏曲第1番を共演した際の動画です。ブーニンの情熱的なピアノ演奏に呼応するように、演奏の後半になるにつれてオーケストラの覇気が高まっていくのがわかります。

おすすめの映画

ショパン 愛と哀しみの旋律

この映画は『愛は哀しみに変わり、美しき旋律は永遠になる。』というテーマのもと、ショパンが生涯で最も愛したジョルジュ・サンドとの恋物語を、ショパンの数々の名曲にその価値を見出しながら描いた作品です。まさにショパン自身の生きざまを完璧に表現した名映画と言えます。

楽聖ショパン

こちらの映画はショパンの人生を、史実に忠実に即しながら描いた作品です。そのストーリー性はもちろんのこと、映画に出演している俳優たちの最高の熱演も相俟って、感動の涙なしには観ることのできない、そんな映画となっています。

おすすめの音楽

英雄ポロネーズ

ショパンの数々のピアノ曲の中で最も威勢の良い曲と言っても過言ではないでしょう。優雅な時代と苦難の時代、そして栄光の時代と、ショパンの故郷ポーランドを『英雄』という名を借りて歌う曲です。ショパンの人生の苦しみを表現し、故郷への想いがこもった曲と言え、世界中のピアニストの憧れの曲となっています。

子犬のワルツ

子犬のワルツは、最も有名なショパンの名曲と言えるでしょう。ショパンの特徴的な曲調がよく曲の中に現れており、これぞショパンと世界中の人に言わしめるほどの曲です。ショパンの曲の中ではさほど難しくはなく、比較的取り組みやすい曲となっています。

関連外部リンク

ショパンについてのまとめ

世界中のピアニストが憧れ、尊敬するショパン。その人物像は、演奏家には良くあることながら病弱で早死にしてしまう程の比較的大人しい人物でした。

しかしその短い人生の中で、ピアノ曲を数多く世に排出。その天才的なピアノ技術や作曲技術が当時から世界中の人々に感動を与え、モーツァルトやベートーヴェンの比較対象になるほどの人物に成り上がったのです。

現在でもその存在が重宝されるショパンです。音楽に興味がなくとも、その名を残すコンクールや漫画・映画、彼の残した楽曲に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。きっと当時のポーランドの苦難、病弱であったショパンの気持ちが理解できるはずです。

その感情・情熱を、現在を生きる我々が継承すれば、きっとショパンは穏やかに口元を緩めるでしょう。