小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【年表付き】島津豊久とはどんな人?功績や逸話、名言まで紹介

島津豊久は1570年から1600年にかけて活躍した薩摩藩(現在の鹿児島県)出身の戦国武将です。島津というと島津義久や島津義弘といった名武将で有名ですが、島津豊久も小田原征伐や朝鮮出兵に参加し豊臣政府の発展に大きく貢献しています。

また、島津豊久は忠義に厚く勇猛果敢な武将であることも知られていて、天下分け目の戦いである関ヶ原の戦いでは自軍の大将を助けるために自分が影武者になり、戦死しました。今回はそんな島津豊久の人柄や生い立ち、功績などを通してその人生を振り返ってみましょう。

島津豊久とはどんな人物か

名前島津豊久
誕生日1570年7月13日
没日1600年10月21日
生地薩摩藩串木野城
(現在の鹿児島県いちき串木野市)
没地関ケ原
(現在の岐阜県大垣市上石津町烏頭坂)
配偶者島津忠長娘
埋葬場所鹿児島県大垣市島津塚

島津豊久の生い立ち

島津豊久 甲冑

島津豊久は1570年7月13日に島津義久の4男である島津家久の家の長男として、薩摩藩串木野城で生まれます。島津豊久は一人っ子で、当時の幼名は豊寿丸。島津家久の後継ぎとして大切に育てられました。

島津豊久が生まれた時代は戦国時代の真っ只中で、当時最も天下に近いと言われていた織田信長が猛威をふるう時代です。さらに、島津豊久の生まれた薩摩藩も領地の争いが勃発していて、彼が生まれた年に島津家は薩摩藩を平定しています。

島津豊久と島津義弘の関係は?

島津義弘 肖像画

島津義弘とは島津豊久と同じく薩摩藩出身の戦国武将で、あまりの強さと活躍から鬼島津という異名が付くほど恐れられていた人物です。

そんな島津義弘は島津豊久の父である家久の2番目の兄で、生前の島津豊久とは深い親交があったことが知られています。島津豊久は父を17歳の時に亡くしていて、島津義弘はまだ若い島津豊久を実の息子の様に可愛がっていました。

そのため、島津豊久は島津義弘を深く敬愛していて、彼がピンチの時には必ず駆け付けるなど、二人の間には強い絆があったことが伺えます。

島津豊久はどんな性格?

島津義久は叔父である島津義弘の朝鮮出兵に同行したり、関ヶ原の戦いで200人しかいない島津義弘の軍に自分の家臣を引き連れて駆け付けています。このことから、自分を可愛がってくれた島津義弘の窮地を救おうとする忠誠心の厚い人であったことが伺えました。

また、島津豊久は部下への面倒見が良かったという言い伝えもあり、朝鮮出兵の際には兵士1人1人にお酒を注いで励ましたという逸話も残っています。そのため、島津豊久は目上の人間だけでなく目下の人間に配慮できる頼もしさも兼ね備えた武将であることもわかりますね。

島津豊久の功績

功績1「朝鮮出兵で大活躍!」

東莱城殉節図

島津豊久は1592年の豊臣秀吉の命令による朝鮮出兵にも島津義弘と共に参戦しています。特に有名なのが江原道の春川城に入った時のエピソードです。

彼らが春川城に在城していたとき、明から6万の大軍が城を攻めてきます。対する島津豊久達の軍は500人の兵士からいないため状況は圧倒的不利。それでも、兵たちによる奮戦で一時は退却した明の軍団は再び現れて城を攻め始めます。

そこで、島津豊久は持ち前の勇猛果敢さを駆使してぎりぎりまで敵を引き付けて約100艇の銃で敵に攻撃を仕掛けました。そして明軍が突然の攻撃に浮足立ったところで島津豊久は全軍を率いて出撃します。これに驚いた明軍は逃走していきますが、島津豊久は追撃を行い最終的に城を守り抜くことに成功しました。

功績2「島津の退き口で義弘の影武者を務める」

関ヶ原の合戦 屏風

1600年に起こった関ヶ原の戦いでも島津豊久はピンチの島津義弘を救うために活躍します。ここで起こったのが有名な島津の退き口です。島津義弘は関ヶ原の戦いで徳川家康の要請を受けて東軍に援軍として駆け付けますが、入城を断られてしまい、仕方なく石田三成率いる西軍に味方することになります。

しかし、西軍でも島津義弘の軍隊は冷遇され、これに恨みを持った島津軍は戦が始まっても戦いに加勢することはありませんでした。戦いは西軍が優勢でしたが、小早川秀秋の裏切りにより敗戦が濃厚となり島津軍は東軍に囲まれて命の危機に陥ります。

この時に島津豊久は軍の最後尾に数名を配置して足止めを行う「捨てがまり」という戦法で島津義弘の影武者を務めて、彼の命を救いました。また、島津豊久はこの時の戦いで討ち死にしたと言われています。

島津豊久の名言

今日の儀は面々手柄次第に可相働候、御方も共通に御心得候得

この言葉は関ヶ原の戦いで加勢しない島津軍に痺れを切らした石田三成が加勢を申し出た時に、島津豊久が放った言葉です。この言葉は「今日の戦は各々好きなように戦うことと心得ているので、私たちも好きなようにやらせていただきます。」という意味があります。西軍で散々な扱いを受けた島津軍と伯父をないがしろにされた島津豊久の恨みがこもっていると言えるでしょう。

天運は既に窮まる。戦うというも負けは明らかなり。我もここに戦死しよう。義弘公は兵を率いて薩摩に帰られよ。国家の存亡は公(義弘)の一身にかかれり

この言葉は関ヶ原の戦いで東軍に囲まれて、死を覚悟し切腹しようとした島津義弘に島津豊久がかけたとされる言葉です。この言葉は要約すると「既に勝負は決しています。私が敵を引き付けるので義弘公は退却してください。薩摩藩の未来はあなたにかかっています。」という意味になります。島津義弘は島津豊久のこの言葉で撤退を決めて、徳川家康の率いる本軍の突撃し真横を通り退却に成功しました。

島津豊久にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「実はかなりの美少年?」

小生、明治三十年ロンドンにて惣領事の荒川巳治氏を訪いしに、氏の話に、関ヶ原で討死せし島津豊久はなかなかの美少年なりし。朝鮮にて大決戦ありし前に武勇士を一々その前によび出してしまいをやりしに、おのおの一期の思い出なりとて大いに勇み討死を事ともせざりし由。

この言葉は1867年生まれの生物学者南方熊楠が記した言葉です。南方熊楠は「関ケ原で討ち死にした島津豊久は中々の美少年だったらしい。朝鮮の戦いの前に兵士を1人ずつ呼び出して酒を注いだところ、兵士は大層喜んで死んでも良いとまで思ったそうだ。」と世間話で知人が話したことを書いています。

さらに、この言葉以外にも様々な文献で「無双の美童」「美少人」などと容姿を褒める言葉が記されているので、当時の人たちから見るとかなりのイケメンであったことが伺えますね。

都市伝説・武勇伝2「島津豊久は関ヶ原の戦いで死んでいない?」

瑠璃光寺 島津塚

島津豊久は関ヶ原の戦いで亡くなった後は埼玉県にある瑠璃光寺で火葬され埋葬されたという言い伝えがあります。実際に瑠璃光寺には島津塚という島津家の墓所が設置されていて一般人でも参拝できる墓所です。

しかし、関ケ原の戦いの後島津家は三年間彼の生死がわからず、安否を確認させたという逸話も残っています。また、島津豊久は関ヶ原の戦いで生き残り、どこかに落ちのびたという説も残っていて本当に亡くなったかどうかは定かではありません。

島津豊久の簡単年表

1584年 - 14歳
初陣で首級を討ち取る

沖田畷の戦いは現在の長崎県で勃発した戦いで九州の戦国大名である龍造寺隆信対有馬晴信の戦いで島津家は有馬軍を援護する形で参加しています。

この戦いには島津豊久の父である島津家久も参加していて、持ち前の頭脳で敵を翻弄し勝利しました。当時14歳の島津豊久は初めて参加するこの戦いで敵を1人討ち取っていて無事生還しています。

1588年 - 18歳
日向佐土原城主になる

1587年、島津豊久は父である島津家久を亡くし、翌年の1588年に父の後を継ぐ形で日向佐土原城の城主となります。島津家久の死因ははっきりとはしていませんが、豊臣軍の陣に挨拶に言った後に急死しているので毒殺や暗殺の疑いもありました。この疑いを晴らすために豊臣秀吉は島津義弘に島津豊久に領地を与える様に命じています。

また、この頃から島津義弘は島津豊久を自分の子と同じように面倒を見ていたので、島津豊久は彼のことを深く信頼するようになりました。

1592年 - 22歳
朝鮮出兵で様々な武功を上げる

1592年には天下を収めた豊臣秀吉が朝鮮を侵略しようと計画し、日本各地の大名に朝鮮出兵を命じました。島津豊久は島津義弘に同行して、朝鮮出兵で様々な武功を上げています。朝鮮出兵は約6年に渡って続きますが、戦いの途中で豊臣秀吉が病死して主君を失った大名たちは日本へ帰国することになりました。

島津豊久の年表

1570年 – 0歳「薩摩藩串木野城に生まれる。」

島津豊久は1570年の7月に島津家久の長男として誕生します。また、関ヶ原の戦いの後に島津家の後継者になるいとこの島津忠恒はこの時6歳です。

姉川の戦いにて織田信長が勝利する

島津豊久が生まれた同年には織田信長による姉川の戦いが勃発し、その3年後織田軍の敵である浅井氏と朝倉氏は滅亡してしまいます。さらに、この時浅井氏と朝倉氏を支持したことが原因で比叡山延暦寺は織田信長の手により焼き討ちにされてしまいました。

室町幕府の崩壊

同じく島津豊久の生誕から3年後の1573年には、室町幕府の将軍であった足利義昭が織田信長の手により京都から追放されています。この時点で室町幕府の崩壊は決定的になり、時代は戦国時代の真っ只中に突入します。

1584年 – 14歳「初陣として沖田畷の戦いに参加する」

島津氏 家紋

島津豊久は1584年14歳の時に初めて戦である沖田畷の戦いに参加して敵の首を討ち取っています。

島津家久の作戦で島津・有馬軍が圧勝

沖田畷の戦いは敵である龍造寺軍は約6万人、それにたいして島津・有馬軍は約6千人という兵力差で圧倒的に不利な状況に立たされていました。しかし、島津豊久は戦いの場となった沖田畷の地形を生かした「釣り野伏」という戦法で龍造寺軍を撃退します。この時の勝利で島津家は九州の中でも最も強力な戦国大名として君臨しました。

豊臣秀吉、小牧・長久手の戦いで織田氏と交戦

小牧・長久手の戦いは尾張や美濃を中心として起こった一連の戦のことで、1582年に本能寺の変で死亡した織田信長の後継者として誰が天下人になるかを争って起こりました。

当時の豊臣秀吉は大阪城を建設するなど天下人として振舞っています。これをよく思わなかった織田信長の息子は徳川家康を味方に付けて戦いを挑みましたが、結果的に両者は和解しました。

1588年 – 18歳「父の死後佐土原城城主となる」

刀狩令 文書

1588年、父である島津家久の死後に島津豊久は18歳という若さで佐土原城城主となります。

島津氏、豊臣秀吉に降伏する

1587年島津氏は九州平定のために戸次川の戦いで豊臣秀吉の軍勢に敗北します。この時豊臣秀吉は既に大きな力を持っていたので、島津氏は降伏して豊臣氏の傘下に入りました。

また、この時島津家久は豊臣氏の陣中に挨拶に言った後に急死しています。

豊臣秀吉、刀狩令を発令する。

1588年自分の地位を確実なものにした豊臣秀吉は刀狩令を発令。農民が刀を所持することを禁止して、兵農分離を進めていきます。この政策は農民による一揆の防止や寺院の武装解除を目的として行われた政策です。

また、当時交付された文書には取り上げた刀などは大仏殿を作るための釘やかすがいに使用すると書かれていました。

1590年 – 20歳「小田原征伐に参戦」

1590年島津豊久は豊臣秀吉の要請で小田原征伐に参加

豊臣秀吉、天下統一を果たす

小田原征伐は北条家の家臣が真田昌幸の領地に侵攻したことが原因で起こりました。当時豊臣秀吉は大名間の争いを禁じていて、争いの原因となった北条氏を滅ぼしています。そして、この戦いをきっかけに豊臣秀吉は東北地方の平定も果たして、事実上天下統一を成し遂げました。

徳川家康、江戸城に入城する

1590年は豊臣秀吉から北条氏の領地一帯を褒美として与えられた徳川家康が江戸城に入城して、関東地方を治めた年でもあります。褒美で領地をもらったというと良い事のように聞こえますが、豊臣秀吉は領地を与えるとともに徳川家康が元々持っていた三河(現在の愛知県)などの領地を取り上げています。

当時の関東地方は京都から遠い田舎という扱いで、領地を取り上げられた徳川家康は仕方なく江戸城に入城。豊臣秀吉はなるべく仲の良くない徳川家康を遠ざけるためにこのような褒美を与えたと言われています。

1592〜1598年 – 22~28歳「文禄・慶長の役に参戦」

島津豊久は1592年から1598年の6年間島津義弘に同行して、朝鮮出兵に参加しています。ここでも、勇猛果敢な戦い方が評価され慶長の役の漆川梁海戦では「豊久跳んで敵船に移り,敵を斬ること麻の如し」と語り継がれています。

豊臣秀吉、病死する。

1598年豊臣秀吉は62歳で病死しています。生前自分に死が近いと悟った豊臣秀吉は諸大名を集めて徳川家康に自分の息子である秀頼の面倒を見る様に頼んでいます。

また、この時、病に臥せっていた豊臣秀吉の代わりに、徳川家康、毛利輝元、上杉景勝、前田利家、宇喜多秀家が五大老として政治を取り仕切っていました。

日本軍が朝鮮から撤退

豊臣秀吉の死をきっかけに五大老は、朝鮮に出兵していた大名たちに日本への帰還命令を出して呼び戻しました。こうして、豊臣秀吉による朝鮮出兵は幕を閉じます。

この朝鮮出兵では多くの犠牲が払われ、豊臣秀吉に忠誠を尽くしていた大名たちは大幅に戦力を削がれました。逆に出兵せずに済んだ徳川家康の軍は、この間に着々と力を蓄えていたという背景もあります。

1600年 – 31歳「関ヶ原の戦いにて戦死する」

島津家久は1600年に起こった関ヶ原の戦いで、島津軍の撤退時に戦死します。

薩摩藩にて庄内の乱が勃発

関ヶ原の戦いが起こる1年前の1599年には島津豊久のいとこの島津忠恒が、家臣の筆頭を斬殺したことが原因で内乱が起こります。この内乱は島津家の内乱の中でもかなり大きく、最終的には徳川家康が仲介をして収められています。

しかし、この戦いで島津氏はかなりの犠牲を払ってしまいました。そのため、この戦は関ヶ原の戦いの際に島津義弘が援軍要請を出した時の兵を遅れなかった理由の一つとも言われています。

関ヶ原の戦いで徳川軍が勝利する

関ヶ原の戦いでは石田三成が率いる西軍は約8万人、徳川家康の率いる東軍や約7万人で一見徳川家康の方が不利に見えます。しかし、この数字はあくまで関が原に布陣した兵士の数であり、徳川軍の守備部位隊には更に多くの兵士を保有していました。

また、西軍は大名同士の確執も多く足並みが上手く揃わなかったことや、合戦の途中で小早川秀秋が裏切ったことで撤退を余儀なくされ、関ヶ原の戦いに敗北します。

島津豊久の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

忠義に死す 島津豊久

忠義に死す島津豊久は、島津豊久本人を主人公としてその半生が描かれた小説です。この本は小説なので脚色等もありますが、沖田畷の戦いや朝鮮出兵、関ケ原の戦いなどで島津豊久がどのように行動したのかが書かれています。そのため、もっと詳しく島津豊久の人生を追ってみたいという方におすすめの本です。

島津豊久と島津家久

島津豊久と島津家久は、島津家の二人を主人公とした長編小説です。この本では島津豊久だけでなく、優れた兵法で活躍した父の島津豊久の半生も描かれています。そのため、島津豊久やその周辺の人物との人間関係も知りたいという場合におすすめの本です。

関ケ原 島津退き口

島津の退き口では島津軍は後退ではなく前進する形で徳川の本陣の横をかすめる様に撤退を行い、少数で進撃してくる姿に徳川家康は震えあがったと言われています。しかし、なぜ後方ではなく前方に進む形で撤退したのか不思議に思う方も多いのではないでしょうか?

関ケ原島津退き口は関ヶ原の戦いでどのようなやりとりがあって、島津の退き口が行われたかについての経緯が詳細に書かれているので、このような疑問を解決したい方におすすめです。

おすすめの動画

島津義弘 関が原の戦い 島津の退き口

この動画は関ヶ原の戦いの直前から島津の退き口までの経緯が簡単に紹介されていて、初心者の方でも分かりやすい動画です。島津豊久の名前は直接出てくることはありませんが、島津義弘がなぜ西軍に味方したのか、援軍は何故来なかったのかなどを15分ほどで知れるので手っ取り早く経緯を知りたい方におすすめします。

関連外部リンク

島津豊久についてのまとめ

いかかでしたでしょうか?この記事は戦国時代の猛将島津豊久の人生を振り返ってみました。

戦国時代では島津義弘や島津家久を含めた島津四兄弟が有名ですが、島津豊久の勇猛果敢ぶりも注目していきたいところですね。島津豊久は31歳という若さでこの世を去っていますが、彼の残した功績はその後の島津家の発展に大きく貢献しています。

また、お世話になった島津義弘への忠義の厚さや仲間思いな性格も彼の魅力の一つですね。この記事をきっかけにより多くの人が島津豊久の人生に興味を持っていただければ幸いです。

コメントを残す