小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

アメリカ独立戦争をわかりやすく解説【きっかけや年表、おすすめ映画も】

日本ではアメリカ合衆国というと、「自由の国アメリカ」「アメリカンドリーム」または、「世界の警察」など「自由」「正義」「夢」などポジティブな言葉とともにイメージすることが多いかもしれません。しかし、アメリカ合衆国は、初めからいまのような大国であったわけではありません。

1492年、コロンブスがアメリカ大陸に上陸してから、ヨーロッパ諸国が取り合いをしていました。その取り合いに勝利したのがイギリスです。イギリスはアメリカ東部の13州の植民地を統治していました。

しかし時間の経過とともに、アメリカの13植民地と本国イギリスの関係は悪化していきました。そこで勃発したのがアメリカ独立戦争です。植民地の人々は、自治権を求め、本国イギリスからの独立を求め、戦いました。

ここでは、アメリカ独立戦争とはどのような戦争がったのか、原因やきっかけ、さらに大国イギリスがどうして植民地軍に敗北したのかなど詳しくみていきます。

アメリカ独立戦争とは?

ジョン・トランブル「独立宣言」

アメリカ独立戦争とは1775年に始まった戦争で、アメリカにあるイギリスの植民地とイギリス本国との争いのことをいいます。

1492年にコロンブスがアメリカ大陸に上陸して以降、イギリスやフランス、スペインなどヨーロッパ諸国が入植し覇権争いをした結果、イギリスはアメリカ東部にイギリス領となる13の植民地をつくりました。その後長きにわたり入植者たちは経済力と生活水準を高め、独自の自治の制度を作り上げていき、1760年代の植民地の人口は、150万人を上回ったといいます。

この戦争でアメリカはイギリスの支配から独立し、翌年の1776年にアメリカ独立宣言をして、アメリカ合衆国という国を作る運びとなりました。

アメリカ独立戦争を起こした目的や意図は?

アメリカが独立戦争を起こした目的は、自分達と苦しめる古い体制(本国イギリス)を捨て、新しく自分たちの政府をつくることでした。

北米における権力を手にしていたイギリスですが、相次ぐ戦争で財政難に陥っていたため、東部13州の植民地からの税収を増やすことで財政難を補おうとしました。植民地の人々は、植民地側から代表者の参加がないにも関わらず、課税などの重要事項を勝手に決めてしまうイギリス本国の政府に対し、「植民地の人々と本国イギリスを平等に扱うこと」を求めました。

しかし、イギリス本国は、植民地側から代表者を受け入れることを拒否していたため、戦争の目的は「植民地と本国を平等に扱うこと」から「自分達を苦しめる古い政府(イギリス本国)を捨て、新しく自分達の政府を作ること」、つまり、イギリスからの独立へと変わっていきました。

アメリカ独立戦争が起きたきっかけは?

課税法を押し付けられ、不満が爆発

独立戦争後のアメリカ合衆国

戦争を繰り返したことで財政難になっていたイギリスは、アメリカの13植民地対し、砂糖法、印紙法、タウンゼント諸法などいくつかの税法をつくり、課税を強めることで埋め合わせをしようとします。これらの税法を一方的に押し付けてきたので、本国に対する植民地の不満は、次第に大きくなっていきました。

中でも、植民地側が最も反発を強めたのは1765年に発令された印紙法です。これは、「植民地で発行される印刷物全てに課税する」というものでしたが、「イギリス本国の議会に植民地側の意思が盛り込まれてないこの決定は無効である」と植民地の人々が強い反発を示しました。

印紙法をめぐる植民地側の反発の中、「代表なくして課税なし」という有名なスローガンも生まれました。結果としてこれらの税法は廃止されることとなります。

ボストン茶会事件で対立が本格化

航海法の廃止

1733年に起きたボストン茶会事件に激怒したイギリス本国は制裁措置としてボストン港を封鎖し、さらにマサチューセッツ州の自治権を剥奪し、イギリス軍の駐屯地を置きます。こうしてアメリカ植民地とイギリス本国の対立は本格化し、独立戦争の動きが強まっていきました。

ボストン茶会事件のきっかけとなった茶法は、貿易会社であるイギリス東インド会社に「13植民地に対してお茶を売る際に関税をかけない」という権利を与え、お茶の取引を独占させるものでした。そこで怒った植民地の人達、特に急進派の人達がこのボストン茶会事件を起こします。モホーク・インディアンに扮し、ボストンに停泊中の東インド会社の船を襲って積んであった紅茶を全て海に投げ捨ててしまいました。

アメリカ独立戦争の終結

初代大統領ジョージ・ワシントン

アメリカは勝利し、独立へ

アメリカ独立戦争は、1781年に独立軍がイギリスに勝利し、1783年のパリ条約でイギリスはアメリカと講和条約を結んで13植民地を正式に「アメリカ合衆国」として認めました。

植民地側の軍隊は農民を徴兵した民兵でしたので当初は苦戦しましたが、第2回大陸議会でヴァージニア州出身の政治家ジョージ=ワシントンが総司令官に任命されると、1776年3月、ボストンからのイギリス軍を撤退させることに成功します。

そして1776年7月4日「アメリカ独立宣言」がなされたことで独立軍の結束はより強固なものになり、フランス、スペイン、オランダなどヨーロッパ諸国からの支援を得てヨークタウンの戦いで勝利し、戦争は終焉を迎えました。

アメリカの勝利の裏には犠牲もあった

ネイティブ・アメリカン

アメリカ独立戦争で独立を勝ち取った入植者たちは、先住民の土地のさらなる略奪、殺戮を始めました。独立戦争は、先住民達から土地を略奪し、自由に扱う権利をイギリス本国から獲得するための戦争と言えるでしょう。アメリカ独立宣言やアメリカ合衆国憲法には、先住民を認める記述はありません。

独立軍の指揮官ジョージ・ワシントンは「先住民を根絶やしにしろ」と言うほど、先住民に対して敵意を持っていました。独立軍が勝利をすれば、さらに土地を奪われ迫害されると考えた先住民達は、イギリス側につくことを選びました。

しかし独立軍が勝利し、パリ条約でミシシッピ以東のルイジアナがアメリカ領に編入されたことで、先住民たちの恐れていたことが現実のものとなりました。

イギリスの敗因は?

独立戦争でイギリス軍が負けた一番の敗因は、ヨーロッパ諸国が独立軍側につき、イギリスが四面楚歌になってしまったことと言えるでしょう。1778年のサラトガの戦いで独立軍が勝利すると、フランスをはじめ、スペイン、オランダなどのヨーロッパ諸国が植民地側につきます。さらに、イギリスがおこなっていた海上封鎖に対立する形で中立国たちがロシアを中心に武装中立同盟を結び、物資の面で植民地側を支援しました。

他の敗因としては、イギリス軍が戦った相手がアメリカに移り住んだ「元イギリス人」だったこと、アメリカにイギリス軍の拠点を作れなかったこと、13植民地全ての方面を占領しなくてはならなかったこと、植民地側の戦い方が多岐に渡っていたことなども原因として考えられます。

アメリカ独立戦争でのフランスの動き

フランスの軍人・ラファイエット

フランスの独立戦争参加の背景

フランスは、仇敵であるイギリスを弱体化させるため、そして北米におけるフランスの植民地を復活させるため、独立戦争に参加しました。

しかし、10億リーブルもの戦費がかかった上、アメリカ合衆国の貿易上の一番の相手国はイギリスとなり、アメリカにおける元フランス領を取り返すこともできませんでした。

独立戦争の結果、フランス革命へとつながる

アメリカ独立戦争は、フランス革命の原因の一つになりました。アメリカ独立戦争に参加したことで、ただでさえ財政難だったフランスは、さらなる財政悪化を招きました。この財政悪化を打開しようとフランスで三部会が開かれます。

この三部会で国王は、第1身分、第2身分にも課税しようとしましたが、貴族達に否決されてしまいます。そのため、第3身分の平民が中心となり国民議会が開かれたことで、フランス革命へと進んでいきました。

フランスにとって独立戦争は、フランス革命のきっかけとなった戦争となりました。

アメリカ独立戦争を年表で振り返る

執務室のジョージ・ワシントン

1764年、砂糖法が制定

外国製ラムの輸入を違法とし糖蜜の関税を引き下げたため、ニューイングランドのラム蒸留所や商人は大打撃を受けました。

1765年、印紙法が制定。

収入印紙

この法により新聞、本、パンフレットなど植民地で印刷される全てのものに課税されるようになり、植民地の人は「表現・言論の自由」を奪うものとして大反発しました。翌年1766年に廃止されます。

1767年、タウンゼント諸法が制定

イギリスから入ってくるガラス・鉛・茶などに課税をかけられました。その結果植民地では本国イギリス製品の不買運動がおこなわれ、茶税を残し廃止されました。

1770年、ボストン虐殺事件

本国イギリスからの課税に反対する運動が続いていたマサチューセッツ州で、抵抗運動を抑えようとした本国イギリス軍と、反対集会に集まったボストン市民の衝突です。5人の市民が死亡しました。

1770年、茶法が制定

これはイギリス東インド会社がアメリカに輸出する紅茶を免税とする法で、イギリス東インド会社によるお茶の独占権を意味するものでした。

1770年12月、ボストン茶会事件

ボストン茶会事件

同年に制定された茶法に対して反発する急進派の人達が先住民に扮し、ボストン港に停泊中のイギリスの商船に乗り込み、342箱の茶葉(1万5000ポンド)を海に投げ捨てた事件です。植民地側が「茶会を開いただけ」という冗談を言ったことからボストン茶会事件と名前が付けられました。独立戦争のきっかけとなった事件の一つです。

1774年、第1回大陸会議の開催

ボストン茶会事件の後、ボストン港は封鎖、マサチューセッツの自治の制限、軍隊の駐屯とその費用の押し付けがされたたことを受け、ジョージアをのぞく12の植民地代表がフィラデルフィアに集まり、第1回大陸会議を開きました。「宣言と決議」が採択され、本国との通商を断絶することになりました。

1775年、レキシントン・コンコードの戦い

レキシントンの戦い

植民地側の武器弾薬の押収しようとしたイギリス軍と独立軍の最初の武力衝突で、ボストン郊外のレキシントンとコンコードで起こりました。

1775年5月、第2回大陸会議

13植民地全ての代表が参加し、ジョージ・ワシントンが総司令官に就任しました。

1776年、アメリカ独立宣言

イギリスからの独立を宣言

原案はトマス・ジェファーソンによるもので、アメリカの自由・平等など基本的人権、イギリス本国への革命権を認めるものとなりました。

1777年、サラトガの戦い

フランスのラ・ファイエット、ドイツの軍人フリードリッヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュトイベン、ポーランドのコシューシコなどが義勇兵として参加しました。

1780年、武装中立同盟の成立。

ロシアのエカチェリーナ2世を中心にヨーロッパ諸国の参加する武装中立同盟がつくられ、イギリスは国際的に孤立していきました。

1781年、ヨークタウンの戦い

勝利を収めた独立軍

独立軍は、チャールズ・コーンウォリスの率いるイギリス軍を降伏させ、戦争は植民地の勝利というかたちで終結しました。

アメリカ独立戦争を学べるおすすめの書籍

アメリカ独立革命 (日本語)

アメリカ建国史の第一人者である著者が、自らの専門書を一般向けに要約したものです。13植民地の成立、アメリカ独立戦争前、アメリカ独立戦争での戦い、そして憲法の制定までのアメリカについて書かれています。アメリカ合衆国という国が、どのように始まり、作られていったのかを知りたいかたに分かりやすく解説しています。

アメリカ独立戦争について、アメリカという国について知りたい方におすすめの一冊です。

アメリカ独立戦争〈上〉 (学研M文庫)

アメリカ独立戦争に関して日本語で書かれた数少ない本の中の一冊です。上巻では、アメリカ独立戦争が起こるまでのアメリカについて書かれていて、特に独立戦争へとつながる重要な位置づけであるフレンチ・インディアン戦争について詳しく書かれています。

アメリカ独立戦争といっても、戦争に至るまでには長い道のりがあり、様々な要因が重なっているため、この本を通してアメリカ独立戦争に至までのアメリカ社会(植民地社会)を知ることで、独立戦争についてより深く理解できるでしょう。

アメリカ独立戦争〈下〉 (学研M文庫)

アメリカ独立戦争について知るための入門書として最適な一冊です。下巻では独立宣言から始まり、フランスの参戦やサラトガの戦い、そして最後のヨークタウンの戦いへと戦争の流れが詳しく書かれています。

また、初代大統領ジョージ・ワシントンが指揮官として、統率力、カリスマ性など実際はどうだったのか、この本を読むことで分かるかもしれません。和平を結び、ワシントンが初代大統領として就任するところで終了します。

アメリカ独立戦争に関するまとめ

現在は世界の大国として君臨するアメリカ合衆国ですが、元々はヨーロッパ諸国の植民地としてスタートし、戦争を繰り返しながら大国イギリスから独立と自由を勝ち取りました。つまり、古い体制から新しい体制へと変わった最初の国がアメリカ合衆国といえるでしょう。

独立戦争は、入植者たちにとっては古い体制からの自由を手にした正義の戦いだったといえます。しかし、コロンブスがアメリカに上陸する前からそこには、先住民が住んでいました。入植者達が独立を勝ち取って作り上げたアメリカ合衆国は、先住民たちの土地を奪った上に成り立っている国でもある、ということも知っていただければ幸いです。

コメントを残す