知らないと恥ずかしい現代アーティストTOP90

血縁者は1600万人?チンギス・ハンの子孫とその功績を解説

チンギスハンと言えば、モンゴル帝国を創建した人物として皆さんもご存知の通りです。定住をしない遊牧民族をまとめ上げるほどの高い指導力とカリスマ性で、モンゴル帝国を巨大な国家へと導いていきました。

そんなチンギスハンですが、子孫がとても多いという話を聞いたことはありませんか?彼の子供や孫も歴史上で登場してきますが、実は現代にも多くの子孫がいると言われています。

今回は、現代にまで脈々と受け継がれている、チンギスハンの血脈についてまとめてみました。

チンギスハンの子孫は1,600万人いる?

チンギスハンの肖像

アジアの偉大な父11人の筆頭に選出

2015年の1月、イギリス・レイセスター大学のマークジョブリング教授やフランスのポール・サバティエ大学のパトリシア・バラレスク教授らによる研究論文が、科学紙として世界的に有名な「Nature」に掲載されました。この研究は、アジア人男性のDNAを分析してその祖先を調べたもので、アジア人の4割は「11人の偉大な父」のいずれかの子孫であるというものでした。その11人の中で最初に挙げられたのが、なんとチンギスハンだったのです。

今回の研究では、アジアの127の集団に属する5,000人ものアジア人男性のDNAを実際に採取して分析を行いました。着目したのは父から子へそのまま受け継がれる、男性しか持たない「Y染色体」。このY染色体を分析したところタイプ別に11種類に分類でき、それぞれの分布と歴史を調べ上げていく過程でチンギスハンが浮上しました。

統計的にはチンギスハンの子孫は現代に1,600万人も存在するといいます。論文では、モンゴル民族が移動能力の高い騎馬民族だったことで、遺伝子を広く遠くにまで拡散できたのではないかと推察しています。しかし、チンギスハンの墓の場所は謎となっており、実際のDNAを調査できない以上、論証を断定するのは難しいと結論付けています。

チンギスハン以外の偉大な父とは?

この研究でチンギスハンの次に名前が挙がったのが「ギオチャンガ」。中国明朝後期に存在した建州女直の部族長で、清朝の初代皇帝・ヌルハチの祖父として知られる人物です。ギオチャンガの血統は、中国北部からモンゴルにかけて分布し、約150万人に受け継がれていると推定されています。

契丹帝国・遼朝の建国者である耶律阿保機(やりつあぼき)についても、領土であった中国北部周辺では、今でも子孫が多く暮らしているといいます。しかし、残りの8人については人物を特定するに至りませんでした。

今回の研究ではアジアにフォーカスを当てていますが、別の研究者によって全世界を対象に同様の研究を行った例もあります。アメリカのジョン・ホプキンス大学による研究では、イギリスのウェールズ地方に住んでいた「グウィリム」という人物の子孫が、ヨーロッパだけでなくアジアやアフリカ・アメリカなど全世界に渡って分布しているとしています。グウィリムの子孫は600万人程だと推定されおり、この数字をみてもチンギスハンの子孫がどれだけ多いかがわかります。

チンギスハンの子孫の功績

オゴデイ:モンゴル帝国の基礎を整備

オゴデイの肖像

チンギスハンと第1后妃・ボルテとの間には4人の皇子がおり、それぞれが歴史の舞台で活躍しますが、中でも三男にあたるオゴデイの活躍には目を見張るものがあります。彼は2代目モンゴル帝国皇帝として、父・チンギスハンの行っていた領地拡大政策を継承。金王朝を滅ぼし、首都カラコルムを建設しました。

遊牧民族は特定の拠点に定住する文化を持たなかったため、これがモンゴル帝国初めての都となりました。さらに拠点ができたことにより東西の貿易が盛んになり、その後のさらなる領土拡大に繋がっていきます。

クビライ:元の初代皇帝

クビライの肖像

チンギスハンの孫にあたるクビライは元の初代皇帝として中国全土を支配した人物です。現在の北京にあたる大都を首都とし、大運河を建設することで船による物流の効率を上げました。さらに、河川を外洋と接続させることで、物資だけでなく人の行き来も盛んになり、大都は国際的な都市に発展することとなりました。

また、クビライの領土拡大戦略の一つで日本をターゲットにしたものが、皆さんご存知の「元寇」です。2度にわたる侵略が失敗してしまったのは、「神風」とも呼ばれる嵐が来たおかげとも言われています。しかし、実のところモンゴル帝国は他の東南アジアの島国の侵略にも失敗しており、陸上の騎馬とは勝手が違う船での戦いに慣れていなかったのではないかとの見方もあります。

バーブル:ムガル帝国の創始者

バーブルの肖像

チンギスハンの次男・チャガタイの子孫にあたるのが、ムガル帝国を建国したバーブルです。トルコ系民族でありながらモンゴルの血を引く彼は、ロディー朝を制圧して北インドのデリーに入城。インド土着のヒンドゥー教とバーブルが持ち込んだイスラム教が融合し、インド=イスラム文化が開花しました。

バーブルは母国語のチャガタイ=トルコ語の他にペルシア語、アラビア語にも精通していました。自らの半生を日記風に綴った回想録『バーブル・ナーマ』は、歴史的な史料としての価値だけでなく、トルコ語文学としても評価されており、その才能の幅広さがわかります。

多くの子孫を残したチンギスハンとはどんな人物だったのか?

モンゴル高原に建つチンギスハンの銅像

モンゴル帝国を創始した英雄

チンギスハンはモンゴル帝国の初代皇帝として、モンゴルの遊牧民族をまとめ上げた人物。モンゴル帝国建国後も周辺にある金、ホラズム、西夏を滅ぼし、現在のイランから中国にかけての領土を一代にして制圧した、歴史上類を見ないほどの猛将です。モンゴルでは建国の父として神格化され、今なお遊牧民の英雄として讃えられています。

多くの女性を集めて共同生活をさせていた

オルドの外観

チンギスハンは第1后妃・ボルテの他に、第2〜5后妃までがいましたが、それ以外にも占領国や侵略した土地の妃などが30人ほどいたとされます。さらにそれよりも身分の低い妻妾が500人ほどいたとされ、この女性たちがいくつかのテントに分かれ、共同生活を行っていました。

モンゴル帝国では「オルド」と呼ばれる日本でいう「大奥」のような施設が複数作られ、各オルドの監督役としてボルテを含む有力な后妃を据え、配下に残りの妃を従えた組織構造が作られていました。后妃たちは男たちが遊牧や戦闘で留守にしている間に、家事や庶務をこなすだけでなく、貴重品の管理や会計管理などもこなしていました。そのため、帝国の内部では女性が権力を持っており、政治に介入することも珍しくなかったといいます。

【年表付】チンギス・ハンとはどんな人?子孫や名言、漫画まとめ

チンギスハンの子孫に関するまとめ

今回はチンギスハンの子孫が1,600万人にも登るという、驚くべき話を紹介しました。チンギスハンが英雄になれたのも、子孫を多く残せたのも、その陰で支える女性たちの貢献があったんですね。

領地の拡大を続けたモンゴル帝国は、世界史上最も広大な土地を領土に持つ帝国にまで上り詰めます。その根底には、子供や妻を大切にする「家族愛」があったことを、知ることができました。この話を期に、皆さんも家族について改めて考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。