小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

【年表付】俳人「山口誓子」とはどんな人?生涯や代表作、名言まとめ

山口誓子は日本を代表する俳人の一人で、1901(明治34)年に京都府で生まれた俳人です。誓子(せいし)は俳号(俳句を詠むときに用いるペンネームのようなもの)で、本名は新比古(ちかひこ)といいます。

彼の最大の功績は、俳人の水原秋桜子とともに、現代俳句の基礎を築いたことです。季語や定型といった俳句のルールは守りつつ、近代的・都会的な俳句を多く残し、1994(平成6)年に亡くなるまで20冊もの句集を発表し、90年にわたる俳句人生を全うしています。

若き日の山口誓子

京大三高俳句会で俳句を学び、はじめは日野草城と鈴鹿野風呂に、次いで「ホトトギス」の高浜虚子に師事しました。その後、水原秋桜子に従い「ホトトギス」を離脱すると、新興俳句運動を牽引しつつ、俳誌「天狼」を主宰しました。

今回は、そんな山口誓子の俳句に深い魅力を感じている筆者が、その生涯や人物像、名言、代表的なや俳句などについて簡単な年表も添えてご紹介していきます。

山口誓子とはどんな人物か

名前山口新比古
俳号山口誓子
誕生日1901(明治34)年11月3日
没日1994(平成6)年3月26日
生地京都府京都市
没地兵庫県神戸市
配偶者浅井梅子(山口波津女)
埋葬場所芦屋市営霊園

山口誓子の生まれ

京都府京都市上京区岡崎町(現在は左京区)に生まれた山口誓子

山口誓子は、父・山口新助、母・岑子の長男として、1901年11月3日に京都府京都市に生まれました。

弟の寛(1歳で亡くなりました)、妹の辰江、サク、レツがおり、両親と妹たちに囲まれた幼少期を過ごしています。

なお、誓子の家庭環境は複雑でした。1908(明治31)年、一旦は京都の小学校に入学しますが、1909(明治32)年に東京へ転居し小学校も転校となってしまいました。これには、父親の女性関係を原因とする家庭不和があったとされています。

また、1911年には母が自殺しており、誓子、辰江、サク、レツの4人の兄妹は離れ離れの生活を余儀なくされました。

山口誓子の性格

機械のように自律的な性格をみせた山口誓子

山口誓子は非常に自律的な性格の持ち主でした。次のような逸話があります。

山口誓子は、新幹線や飛行機に乗る際、つねにシートを倒さずに乗っていたというのです。理由は「後ろに座る人に迷惑がかかるから」。もともとシートは倒すように設計されているので、少しくらい倒しても良さそうですが、それができない性格だったのでしょう。

妹の死に際しても、誓子は冷酷なまでに自律を貫いています。自身の仕事を優先し、葬儀に現れなかったのです。これも誓子の「先約を違えるわけにはいかない」という信念にもとづくものでした。

冷たい人間だ、と言ってしまうのは簡単ですが、12歳で母を失い、学費が底を尽きたときも人から助けられ学業を全うした誓子にとって、厳しすぎるほどに自分を律することで心の平衡を保ったのではないかと考えられます。

山口誓子の故郷

京都旧制第三高等学校の風景

山口誓子の出身地は京都です。山口誓子にとって、京都は生まれ故郷であると同時に、青春時代をおくった思い出深い土地でもありました。

山口誓子の家庭は、複雑な事情を抱え、誓子自身親戚筋を頼るかたちで東京、樺太と住まいを転々としています。ふたたび京都に戻ってきたのは1917(大正6)年、誓子16歳の年でした。帰郷を果たした誓子は、京都府立第一中学校から、第三高等学校へと進学します。

その後、京大三高俳句会への参加がきっかけとなり、本格的に俳句の世界に踏込んでいった誓子。日野草城・鈴鹿野風呂といった俳人との出会いは、誓子にとって忘れられないものとなりました。

山口誓子の死因

辞世の句において、花火を詠んだ山口誓子

山口誓子の死因は、呼吸不全です。1994(平成6)年3月に亡くなりました。

若い頃にも肺尖カタルや肺炎で療養を余儀なくされたことがあり、最期も呼吸器疾患によるものでした。

亡くなる前年1993(平成3)年から体調を崩しがちだった山口誓子。その辞世の句を、

一輪の花となりたる揚花火

と詠んでいます。

山口誓子の名言

われわれは、俳句的なる「素材」「用語」「表現様式」「趣味」を排除して、之等を新化することによって、俳句の伝統を新化しようと企てる。「十七字」と「季物」とを死守しつつ、其他一切のものを新化すること。

出典:「ホトトギスの人々とその主張」(1932(昭和7)年稿)

山口誓子の代表的な句集

  • 『凍港』-(素人社、1932年)
  • 『黄旗』-(竜星閣、1935年)
  • 『炎昼』-(三省堂、1938年)
  • 『七曜』-(三省堂、1942年)
  • 『激浪』-(青磁社、1946年)
  • 『遠星』-(創元社、1947年)
  • 『晩刻』-(創元社、1947年)
  • 『妻』-(細川書店、1949年)
  • 『青女』-(中部日本新聞社、1950年)
  • 『和服』-(角川書店、1955年)
  • 『構橋』-(春秋社、1967年)
  • 『方位』-(春秋社、1967年)
  • 『青銅』-(春秋社、1967年)
  • 『一隅』-(春秋社、1977年)
  • 『不動』-(春秋社、1977年)
  • 『遍境 句文集』-(五月書房、1979年)
  • 『雪嶽』-(明治書院、1984年)
  • 『紅日』-(明治書院、1991年)
  • 『大洋』-(明治書院、1994年)
  • 『新撰大洋』-(思文閣出版、1996年)

山口誓子の代表的な俳句

山口誓子×春の俳句

清冽な中にもあたたかさや希望を感じさせる春の俳句

流氷や宗谷の門波荒れやまず

樺太でのくらしを想起させる句です。荒れた宗谷海峡に漂う流氷は、いかんともしがたい人生に漂流(京都から東京、そして樺太へと流れ)する誓子自身のようでもあります。「流氷」という季語からも、どん底は抜け出し春が兆しているものの、寂しさを感じる俳句です。誓子の心のよりどころは、どこにあったのでしょう。

星はみな西へ下りゆく猫の恋

「猫の恋」は春の季語です。発情期にある猫の行動は、恋に支配されたかのようでもあり、猫を飼っていなくとも啼き声などから、春の訪れを感じることができます。西へ下りゆく、というのは、季語にすれば「春の星」なのですが、星座としてはオリオン座、おおいぬ座などの冬の星座ではないでしょうか。

近づくにつれ塔重き春の暮

「春の暮」すなわち春の夕暮れ時です。暮れてゆくにつれ暖色に染まる空と陽光、それにともない陰を濃くしてゆく塔をみつめ、「近づくにつれ」「重き」と表現されています。「つれ」のはたらきによって、塔はいまなお、その重さを強めつづけているようにも感じられます。

山口誓子×夏の俳句

炎暑のもとコントラストの明瞭な夏の俳句

夏の河赤き鉄鎖のはし浸る

夏の河のあたためられた水の気配、その周囲の熱気を感じさせる句です。赤き鉄鎖とは錆びている状態なのでしょう。錆びた鎖が夏の河に、その一端を浸している様子を詠んでいます。単純な風景のようでもありますが、なにか深い心の動静を思わせる句でもあります。

炎天の遠き帆やわがこころの帆

春の「流氷や」の句と同じく、誓子の孤独を感じる俳句です。炎天にあって、海をゆく船(その帆影)を眺めています。あの帆は私の心の帆だ、というのです。だとすれば、誓子はどこへ往きたいのでしょう。(心に帆はあれど……)というじれったさが滲むような俳句です。

ピストルがプールの硬き面にひびき

冒頭「ピストル」にすこしドキッとさせられるのですが、競泳の場面を詠んだ句です。ふつうに「水面」といわず「プールの硬き面(も)」と詠むあたりが誓子の誓子たる所以です。ピストルの音響の軽さと響きとが適格に表現されていると感じられます。

山口誓子×秋の俳句

丸みの中にどこか儚い印象をあたえる秋の句

突き抜けて天上の紺曼珠沙華

色彩の対比がうつくしい句です。「天高く馬肥ゆる秋」という言葉が連想され、秋の晴れ渡る空に、まっかな曼殊沙華の花が映えている様子がありありと伝わってきます。「突き抜けて」の爽快感がこの句の生命です。それだけでなく、空だの晴だのいわずに「天上の紺」としたのも詩的で、非常に精巧な俳句になっています。

月出でていまだ五重の塔越さず

「月」といえば、秋。「花鳥風月」とか「雪月花」というように、月は日本の風物の代表格です。月とともに塔を見ています。さらに「出でて」「いまだ」の二語によって、時間的な隔たりを含んでいることがわかります。その時間の隔たりを、誓子はどう過ごしていたのでしょうか。興味をそそられる俳句です。

秋の雲天のたむろに寄りあへる「たむろ」とは仲間があつまる場所やその集団をあらわす言葉です。この俳句の全体的な意味は「秋の雲が天、すなわち空の一つ所に集まって、寄り添っている」というようなものです。(季節はやがて冬へと移ろってゆく)という心情のもと「秋の雲」を見つめています。一抹の寂しさの中にも温かみのある俳句です。

山口誓子×冬の俳句

苦楽の落差を感じさせる冬の句

スケートの紐結ぶ間もはやりつつ

スキーやスケート、ラグビーなどスポーツを、いちやはく俳句の素材としたのが山口誓子でした。「紐結ぶ間もはやりつつ」は、実際にスケートリンクへ行ったことのある人ならばわかる気持ちではないでしょうか。焦る手元や心拍数、吐く息の白さまで伝わってくる俳句です。

学問のさびしさに堪へ炭をつぐ

山口誓子の孤独シリーズとでも銘打ちたくなるような句がここにも。寒い日の夜、火鉢に炭をつぎ足しながら勉強をしています。孤独感と、それに伴う焦燥感は、夜の闇によって増幅し、身も心も取り込まれそうです。せめてもの抗いとして、炭をつぎ、その光によって体を温めている様子です。

除夜の鐘吾が身の奈落より聞ゆ

除夜の鐘、ということは大晦日ですね。ゆく年を惜しみ、新しい年を迎えるそのとき、誓子はなにか重大な考え事をしていたのでしょう。「吾が身の奈落」という底知れない闇から、ふと心を開くと、除夜の鐘が聞こえています。まるでいままで覗いていた自身の心の深淵から響いているような、鐘の音です。

山口誓子にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「読み間違えられた俳号・誓子」

俳句界の重鎮・高浜虚子

山口誓子は、本名を山口新比古といいます。新しいに比古と書いて、読みは「ちかひこ」でした。俳号を考えるとき、誓子はこの本名をベースに「誓い」という言葉を用い「誓子」とします。

読みは「ちかいこ」。だったのですが、当時「ホトトギス」に加入し、俳句界の重鎮・高浜虚子に師事するため対面したおり「せいし」と読まれてしまいました。

「いえ、『せいし』ではありません。『ちかいこ』です」とは、言えなかったのでしょう。そのまま「山口誓子(やまぐちせいし)」の俳号を使い、終生変えることはありませんでした。

もし対面のときに高浜虚子が「ちかいこ」と読んでいたら、当然今でも「山口誓子(やまぐちちかいこ)」だったはずです。

都市伝説・武勇伝2「妹との再会」

山口誓子の妹・下田実花もまた俳句の道へと進んだ

山口誓子には、生き別れの妹がいました。祖父に引きとられた誓子と、父に引きとられた妹・辰江。その下の双子の妹サクとレツは、それぞれ養子に出されています。

そのうちのレツが、のちの下田実花(1907年-1984年)です。下田実花は、養父が亡くなると養家をささえるため、14歳にして花柳界に身をおくようになりました。のち新橋の芸者となり、やがて高浜虚子に師事するようになります。

奇しくも兄・誓子と同じ俳句の道に足を踏込んだ妹・実花。昭和20年にはホトトギス同人となり、一時はホトトギス社に勤務もしています。「血は争えない」といわれるとおり、この兄妹もまた、俳句という文芸においてそれぞれ才能を開花させていったのでした。

山口誓子の簡単年表

1901年 - 0歳
誓子、誕生

1901(明治34)年、山口誓子は、京都府京都市において父・山口新助、母・岑子の長男として誕生しました。

1908(明治41)年には、京都錦林尋常小学校に入学しますが、家庭の事情から、翌年祖父に預けられるかたちで東京に転居します。

1911年 - 10歳
母を喪う

1911(明治44)年、母・岑子が亡くなります。自殺でした。翌年、祖父とともに樺太に転居します。

1914(大正3)年に入学した庁立大泊中学校時代には、俳句をはじめるようになりました。

1917(大正6)年には、京都へ帰郷をはたし、府立第一中学校に入学しています。

1919年 - 18歳
第三高等学校で本格的に俳句に目覚める

1919(大正8)年、誓子は第三高等学校に入学します。京大三高俳句会で日野草城の俳句にふれ、本格的に俳句活動を開始するようになりました。

草城のすすめで「ホトトギス」に投句をはじめ、俳号を「山口誓子」としています。

1922(大正11)年、東京帝国大学法学部に進学し、ここでも「東大俳句会」に加わり俳句活動を行います。1924(大正13)年、誓子は肺尖カタルを患い大学を休学しました。

1926年 - 25歳
大阪住友合資会社に就職

1926(昭和11)年、大阪住友合資会社に就職した誓子は、翌年「ホトトギス」の課題選者となります。

1928(昭和3)年、山口青邨の講演で「ホトトギスの四S(誓子のほか、水原秋桜子、高野素十、阿波野青畝)」と紹介され、誓子は一躍著名俳人となりました。同年、浅井梅子と結婚しています。梅子もまた「波津女(はつじょ)」の俳号をもつ俳人でした。

1929(昭和4)年、誓子は「ホトトギス」同人となります。

1932(昭和7)年には第一句集『凍港』、1935(昭和10)年には第二句集『黄旗』を著しました。

1935年 - 34歳
「ホトトギス」を離脱

1935(昭和10)年、急性肺炎を患った誓子は、療養中に「ホトトギス」を離脱し、さきに「ホトトギス」を離脱した秋桜子の主宰する「馬酔木」に加わりました。

1941(昭和16)年、療養をかねて伊勢冨田に移ります。

1942(昭和17)年、誓子は住友合資会社を退職し以降は嘱託となりました。また1945(昭和20)年には空襲により家財一切を失ってしまいます。

1948年 - 47歳
誓子の主戦場「天狼」創刊

1948(昭和23)年、誓子は、西東三鬼、秋元不死男らと「天狼」を創刊、あたらしい俳句のあり方を提唱しました。「酷烈なる俳句精神」により俳句の根源を問うことを求めたのです。

誓子は、俳句を他の文芸より劣るものとする「第二芸術論」(1946(昭和21)年、桑原武夫)に対しいち早く反論を行っています。

1953年 - 52歳
終の棲家

1953(昭和28)年、誓子は兵庫県西宮市へ転居しました。

1957(昭和32)年には、朝日俳壇の選者に加わっています。

1976(昭和51)年に勲三等瑞宝章を受章したほか、1987(昭和62)年の日本芸術院賞、1989(平成元)年の朝日賞、1992(平成4)年の文化功労者と受章・受賞がつづきました。

1994年 - 93歳
誓子、逝く

1993(平成5)年、誓子の体調悪化を受け「天狼」が休刊となります。

1994(平成6)年3月26日、誓子は呼吸不全のため亡くなりました。享年92歳、文字通り俳句にささげた生涯でした。

生前に誓子が暮らした屋敷は、翌1995(平成7)年の阪神大震災で倒壊し、いまは記念碑と句碑が建てられています。その後、神戸大学キャンパス内に「山口誓子記念館」として再建されました。なお、山口誓子の墓地は、芦屋市営霊園にあります。

山口誓子の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

俳句添削教室

山口誓子が一句一句に鑑賞を入れつつ、添削を加えて解説をした書籍です。非常にわかりやすい語り口が魅力です。理路整然と指摘される一語一語が、いちいちもっともなので、頷きながら時間をわすれて読み進めることができました。

俳画入門

俳句のみを味わう句集とはまたちがった趣を感じることができる「俳画」。それだけに俳画にとりくむ俳人は多く、与謝蕪村や正岡子規も俳画を残しています。俳画作成に必要となる技法について紹介している本です。入門編とうたうだけあって、筆の使い方など丁寧な解説がされています。

おすすめの動画

ピストルがプールの硬き面にひびき 山口誓子

山口誓子の俳句「ピストルがプールの硬き面にひびき」を解説する動画です。一字一句の解説がなされていることはもちろん、誓子自身の解説も紹介されています。競泳のスタート直前、緊張の一瞬を見つめる観衆の息づかいまで感じられる俳句であると、改めて感じ入りました。

山口誓子記念館にて1

山口誓子記念館を紹介する動画です。余計な解説はなく、実際におとずれた者の視線に沿って館内が映像に写されています。背景音楽に、ショパンのノクターン第20番嬰ハ短調「遺作」が流れており、実際の記念館の雰囲気を感じることができます。

関連外部リンク

山口誓子についてのまとめ

この記事では、山口誓子の人生を、俳句とともに振り返りました。

厳格な性格の持ち主だった山口誓子ですが、ユーモアや情もしっかり持ち合わせていました。例えば、講演の冒頭「私のことをちかこさんとか、せいこさんとかいう方がありますが、私は山口せいし 」と前置きしたり、阿波浄瑠璃で親子の悲哀に感激のあまり涙を流したり。しかし、そういった感情はつとめて俳句には持ち込みませんでした。

山口誓子の生き方や俳句に、一人でも多くの方が共鳴していただけたら嬉しいです!

コメントを残す