小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

7年戦争とは?原因や結果、その後の影響をわかりやすく解説

「7年戦争ってなに?」
「7年戦争は、どの国とどの戦争?」
「7年戦争とオーストリア継承戦争は何が違うの?」

この記事にたどり着いたあなたは、このようにお考えではないでしょうか。 7年戦争は、18世紀中ごろにオーストリアとプロイセンが戦った戦争です。フランスがオーストリアを、イギリスがプロイセンを支援したため、ヨーロッパだけではなく北米やインドでも戦争が行われました。

7年戦争地図

オーストリアのマリア・テレジアは、オーストリア継承戦争でプロイセン王フリードリヒ2世に奪われたシュレジェン地方の奪還を目指します。ヨーロッパの外ではイギリスとフランスが第二次百年戦争ともよばれる植民地戦争を繰り広げていました。

この記事では、ヨーロッパで行われた7年戦争と、同時に行われた海外の植民地戦争、戦争後の条約、7年戦争が欧米諸国に与えた影響について解説します。

7年戦争とは

7年戦争(1756年)

7年戦争とは、1756年から1763年にかけてヨーロッパを中心に行われた戦争です。戦争を始めたのはオーストリアのマリア・テレジアでした。戦争の目的はオーストリア継承戦争でプロイセンに奪われたシュレジェン地方を奪還することでした。

オーストリアはフランス・ロシアと同盟を組み、プロイセンを追い詰めます。プロイセン王フリードリヒ2世は包囲に苦しみながらも戦争を戦い抜きました。

また、同時並行でイギリスとフランスが戦う植民地戦争も起こります。こちらは、最終的にイギリスがフランスに勝利しました。

1763年、フベルトゥスブルク条約とパリ条約が結ばれ7年戦争が終わります。

原因はオーストリア継承戦争と英仏植民地戦争

7年戦争の原因はいったい何だったのでしょうか。2つの原因が考えられます。一つは、シュレジェン地方を奪われたマリア・テレジアが奪還にこだわったこと。もう一つは世界各地でおきていたイギリスとフランスの植民地戦争です。

オーストリア継承戦争とは

オーストリア継承戦争

オーストリア継承戦争の発端は、マリア・テレジアのハプスブルク家相続でした。マリア・テレジアの父カール6世はハプスブルク家の領土を分割しないことや、男子がいない場合は女子が家督相続することを認める国事詔書を出し、ヨーロッパ各国に承認してもらいました。

しかし、カール6世が死去するとプロイセン王フリードリヒ2世は、相続承認と引き換えにオーストリア領のシュレジェン地方を要求します。シュレジェンはオーストリアの領土の中でも鉱工業などが発達していた地域でした。

1740年、交渉が決裂するとプロイセン軍がシュレジェンに攻め込み、7年戦争が始まります。戦争の序盤、軍制改革を進めていたプロイセン軍がオーストリア軍に対し優位に戦闘を進めます。戦争後半、オーストリアが体勢を立て直しアーヘンの和約に持ち込みました。

アーヘンの和約では、オーストリアがシュレジェン地方をプロイセンに譲るかわりにマリア・テレジアのハプスブルク家相続が認められます。マリア・テレジアとしては、フリードリヒ2世は約束を破ったうえに領土を奪った憎い敵となったことでしょう。

英仏植民地戦争とは

第二次百年戦争・ワーテルローの戦い

17世紀の末から19世紀の初めにかけて、イギリスとフランスは世界各地に植民地を広げました。両国は主に北アメリカとインドで激しく対立します。14世紀から15世紀におきた百年戦争になぞらえて、第二次百年戦争とも呼ばれます。

ヨーロッパで大戦争が起きると、イギリスとフランスは必ずといっていいほど植民地で戦争をしました。英仏両国は、ヨーロッパでスペイン継承戦争が起きると、北アメリカでアン女王戦争を戦います。オーストリア継承戦争の時はジョージ王戦争がおきました。

7年戦争の時には、北アメリカでフレンチ=インディアン戦争が、インドではカーナティック戦争とプラッシーの戦いが起きました。

マリア・テレジアが7年戦争を仕掛けた理由

マリア・テレジア

マリア・テレジアは、なぜ、プロイセンに復讐戦を挑んだのでしょうか。

それは、プロイセンに奪われたシュレジェンが非常に重要な地域だったからです。現在のポーランド南西部からチェコ北東部にあたるシュレジェンは豊かな地域でした。

1526年にオーストリア・ハプスブルク家の領土となったシュレジェンは鉄や石炭などの鉱産資源に恵まれ、鉱工業が発達します。ブレスラウを中心とするシュレジェン地方の人口は100万人に達し、オーストリア領の中でも最も裕福です。そのため、自国の発展を願うプロイセン王フリードリヒ2世は併合を熱望していました。

また、フリードリヒ2世はカール6世が諸国に承認させた国事詔書を破った裏切り者です。マリア・テレジアはフリードリヒ2世を「シュレジェン泥棒」と呼び、シュレジェンの奪還に全力を尽くしました。

7年戦争の構図

ロシアの女帝・エリザヴェータ

オーストリア継承戦争の経験で、マリア・テレジアはプロイセンに対抗するには周辺諸国と同盟するべきだと悟ります。マリア・テレジアが目を付けたのはたびたび争ってきた宿敵ブルボン朝フランスでした。

オーストリアはフランスと同盟し、これに、フリードリヒ2世を嫌いなロシアの女帝エリザヴェータを加えた「三枚のペチコート」でプロイセンを包囲します。オーストリアがフランスと組んだことから、イギリスはプロイセンと同盟し、植民地戦争を継続します。

外交革命でプロイセン包囲網を形成

ポンパドゥール夫人

オーストリアとフランスの対立は15世紀から続いていました。フランス王家がヴァロワ家からブルボン家にかわっても、オーストリアとフランスの対立は続きます。そのため、オーストリアにとってフランスは歴史的な宿敵でした。

マリア・テレジアの宰相カウニッツ伯は、プロイセンと戦うにはフランスとの同盟が必要だと主張します。カウニッツは「もし、ハプスブルク家が生き延びようとするなら、プロイセンを倒さなければならない」と口癖のように語りました。

カウニッツが目を付けたのはフランス王ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人です。カウニッツは美貌と才知でルイ15世を虜にしていたポンパドゥール夫人を動かし、フランスとオーストリアとの同盟を成立させました。

ちなみに、ポンパドゥール夫人はおしゃれでも有名で、彼女の前髪を膨らませ高い位置でまとめる髪型は現在も「ポンバドール」の名で知られています。

カウニッツはフランスとの交渉を行う傍ら、ロシアとも同盟交渉を進めます。その結果、オーストリアとロシアの同盟も成立しました。これにより、プロイセンはオーストリア、ロシア、フランスに包囲されてしまいました。

三国の指導者が女性だったことからプロイセン包囲網は「三枚のペチコート」とよばれます。過去の常識を打ち破った外交政策の転換を外交革命といいます。

イギリスとフランスの植民地戦争

1750年の北アメリカ。イギリスがピンク、青がフランスの植民地

オーストリア継承戦争で、イギリスはオーストリアを支持します。これは、植民地で対立しているフランスがプロイセン側についていたからにほかなりません。極端な話、イギリスはフランスと戦うことができるなら、どの国と同盟しても利益があったといえます。

イギリスとフランスは植民地をめぐって激しく対立していました。北アメリカでは、イギリス系移民がつくった13州植民地とカナダやルイジアナを拠点とするフランスの植民地(ヌーべルフランス)が対立しました。

インドではイギリス拠点のカルカッタのそばにフランス拠点のシャンデルナゴル、イギリス拠点のマドラスのそばにフランス拠点のポンディシェリーがあるなど、まるでマンツーマンディフェンスのように互いに邪魔しあっていました。

イギリスとしては、目障りなフランスと戦えるならどこと同盟しても利益になるといってもいい状況です。オーストリアがフランスと同盟した以上、イギリスがフランスの敵となったプロイセンと同盟するのは当然のことでした。

7年戦争の経過

ツォンドルフの戦い

苦戦するプロイセン王

1756年、フリードリヒ2世は包囲攻撃される前に自分から戦争を仕掛けました。1756年のザクセンの戦いや1757年のプラハの戦いではプロイセン軍が勝利します。

しかし、マリア・テレジアが育て上げたオーストリア軍は以前とは違い簡単に負けません。1757年のコリンの戦いではオーストリア軍がプロイセン軍に勝利します。

オーストリアの同盟国であるロシアは東プロイセンに攻め込みました。これを知ったフリードリヒ2世は軍をプロイセン本国に返します。プロイセン軍は各地を転戦し、ロスバッハの戦いやロイテンの戦いでオーストリアやドイツ中小国の連合軍に勝利します。

戦術的にはプロイセン軍は有利でした。しかし、徐々に数の差がプロイセン軍を苦しめます。1759年から1760年はプロイセン軍にとって苦しい時期となりました。消耗戦を繰り返す中、プロイセン軍は残り10万人まで減少しました。しかも、その多くが新兵で兵の質も低下してしまいます。フランス・ロシア・オーストリアは数の力で勝利するかに見えました。

ロシア女帝エリザヴェータの死

ピョートル3世

プロイセン軍が6万人まで減少し、首都ベルリンが包囲される寸前まで追い込まれたとき、神はプロイセンに救いの手を差し伸べます。ロシアの女帝エリザヴェータが亡くなったのです。

フリードリヒ2世嫌いだったエリザヴェータの跡を継いだのは、フリードリヒ2世を信奉するピョートル3世でした。ピョートル3世はロシア軍を撤退させ、プロイセンと和平を結びました。そればかりか、ロシアとプロイセンが同盟を結びます。これを、ブランデンブルクの奇跡といいました。

その後、プロイセン軍は単独でオーストリア軍と戦い勝利。プロイセンはシュレジェンを奪還しました。マリア・テレジアはシュレジェンの奪還を断念せざるを得なくなりました。

植民地戦争でフランスを圧倒するイギリス

軍人デュプレクス

同じころ、イギリスとフランスは海外植民地をめぐって戦いを繰り広げていました。

北アメリカのフレンチ=インディアン戦争は、イギリス本国が大規模な増援を行いイギリス優位に展開します。イギリス軍は1759年にケベックを、1760年にモントリオールを占領してヌーベルフランスのフランス軍を無力化します。

インドでは、南インド諸国の対立にイギリスやフランスが介入したカーナティック戦争が起きていました。戦争の前半、デュプレクス率いるフランス軍がマドラスなどを占領し、戦いを有利に運びます。

しかし、フランス本国がデュプレクスを解任したためフランス軍の力は大幅に低下しました。その後、カーナティック戦争はイギリス優位に進みます。イギリスのクライヴはプラッシーの戦いで、イギリス東インド会社軍を率いてフランス東インド会社軍・ベンガル太守の連合軍に勝利し、インドでのイギリスの優位が決定的となりました。

7年戦争の結果は?

ヴロツワフ(ドイツ名でブレスラウ、シュレジェン地方の中心都市)

フヴェルトゥスブルク条約とパリ条約が結ばれた

1763年、プロイセンとオーストリアを除く参戦国はパリ条約を締結し、戦争を終結させます。プロイセンとオーストリアはフヴェルトゥスブルク条約を結び、7年戦争を終わらせます。

プロイセンのシュレジェン領有が確定したフヴェルトゥスブルク条約

プロイセンとオーストリアが結んだフヴェルトゥスブルク条約では、オーストリア継承戦争後に結ばれたアーヘンの和約を確認し、プロイセンがシュレジェンを領収することが確定しました。マリア・テレジアの悲願は、ついに果たされることなく潰えました。

イギリスが広大な植民地を手に入れたパリ条約

7年戦争で最も利益を得たのはイギリスでした。イギリスは北アメリカ大陸のフランス勢力を一掃し、北米植民地を大幅に拡大します。また、西アフリカのセネガルやカリブ海のドミニカなどもフランスから獲得しました。

7年戦争が欧米諸国に与えた影響とは?

フランス革命の遠因となった

7年戦争が欧米諸国に与えた影響は主に以下の4つです。

  • プロイセンの国際的地位が向上し、列強の一角にのし上がった
  • イギリスが海外植民地を拡大させ、大英帝国の基礎を築いた
  • イギリスが北米で起きたフレンチ=インディアン戦争の戦費を北米植民地に課したことで独立戦争の原因を作った
  • 敗戦国となったフランスが植民地の多くを失い財政難が深刻化した(フランス革命の遠因となった)

7年戦争に関するまとめ

いかがだったでしょうか。

7年戦争はその後の歴史に大きな影響を与えた戦争でした。政治力と外交力でプロイセンを追い詰めたカウニッツとマリア・テレジア、常に戦場にあり最後まであきらめずに戦ったフリードリヒ2世、神のいたずらとも思えるブランデンブルクの奇跡などドラマッチックな展開の戦争でした。

しかも、ヨーロッパだけではなく北アメリカやインドでの戦争も関連し、イギリスが世界最強の帝国にのし上がるきっかけの戦争でもありました。

7年戦争が世界史にどんな影響を与えたか、7年戦争当時の国際関係がどうだったか、オーストリア継承戦争との違いは何かなどについて「そうだったのか!」と思える時間を提供できたら幸いです。

それでは、長時間をこの記事におつきあいいただき、誠にありがとうございました。

コメントを残す