小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

隈研吾はどんな人?生涯・年表まとめ【性格や建築作品、功績についても紹介】

隈研吾は、東京オリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場を始め、山手線の高輪ゲートウェイ駅や六本木のサントリー美術館など、数々の有名な建築物を設計した日本を代表する建築家です。

現代の建築はコンクリートを大量に用いることが一般的ですが、隈研吾は木材を重視した新たな時代の建築手法を用いることで知られています。その設計思想から、隈研吾は「和の大家」とも称され、世界に通用する日本の建築家として認められています。

隈研吾の写真

隈研吾は、私達が日常的に目にしている建築物も多く作り上げています。例えば、福岡県の太宰府天満宮にあるスターバックス、日本橋の三越本店、老舗和菓子屋のパリ支店など、隈研吾の設計した建築物は幅広い地域に点在しており、日本だけでなく世界中で隈研吾のデザインを見ることができます。

この記事では、隈研吾の代表的な建築物を写真とともに紹介しつつ、隈研吾の性格やこだわり、武勇伝など内面的な面も合わせて紹介していきたいと思います。

隈研吾とはどんな人物か

名前隈研吾
誕生日1954年8月8日
出生地神奈川県横浜市
出身校東京大学大学院建築意匠専攻
配偶者篠原聡子(建築家)

隈研吾の生涯をハイライト

隈研吾のオフィシャルWebサイトの写真

隈研吾の生涯について、はじめに簡単にご説明したいと思います。

  • 1954年に横浜で生まれる
  • 幼い頃は獣医を目指していたが、1964年の開催を控えた東京オリンピックの建築物を目にし、本気で建築家を志すことに
  • 東京大学工学部建築学科を卒業後、東京大学大学院建築意匠専攻修士課程を修了
  • その後は大手設計事務所の日本設計に就職し戸田建設、米国コロンビア大学での研究員時代を経て、1990年に隈研吾建築都市設計事務所を設立
  • オリンピックのメインスタジアムとして作られた新国立競技場を始めとして、六本木のサントリーホールや高輪ゲートウェイ駅など、数々の有名建築物を残す
  • 現在でも意欲的に新たな建築設計を行っている現役の設計士

隈研吾の性格は?

隈研吾の肖像写真

隈研吾は、温和な性格で知られています。もともと、運営母体がキリスト教系のイエズス会である神奈川の栄光学園で中学・高校時代を過ごしたこともあり、穏やかな性格であるそうです。

一方で、揺るぎない信念を持つ建築士としての側面もあります。コンクリートを用いた設計が当たり前である大規模建築において、木材を始めとした新しい素材を追求し続ける姿勢は、隈研吾の強い信念が現れている好例と言えます。

隈研吾の代表的な建築作品は?

新国立競技場

隈研吾の建築作品としてもっとも有名なのは、オリンピックのメインスタジアムとして設計された「新国立競技場」でしょう。新国立競技場の設計に携わったことで、世間の多くの人が隈研吾の名前を知ることになりました。

しかし、それ以前にも隈研吾は多くの建築作品でその名前を知られていました。サントリー美術館や根津美術館は、多くの人に知られている隈研吾の代表建築作品です。また、都内の環状8号線沿いに建てられたM2ビルは、隈研吾の出世作として知られています。

隈研吾の建築へのこだわりとは?

木材をふんだんに使ったサニーヒルズ南青山

隈研吾は、「負ける建築」というキーワードをよく使います。隈研吾は、コンクリートで作られた高層ビルは「勝つ建築」であるといいます。それは確かに力強く威圧するものではあるけれども、21世紀の調和が求められる世界においては、勝つのではなく「負ける建築」が必要であるのだといいます。

そして、「負ける建築」として木材を中心とした柔軟で温和、かつサステイナブルな建築を追求しているのです。

隈研吾の功績

功績1「有名な作品を含む150以上の建築物の設計を行った」

隈研吾の代表作「石の美術館」

隈研吾は、多くの建築作品を残しており、その数は150以上にも及びます。この記事の中でもいくつか紹介してきましたが、それ以外にも、無印良品の「窓の家」でしたり、銀座のティファニービル、豊島区役所が入っているとしまエコミューゼタウンビルなども隈研吾の設計です。

街を歩いていれば、一つは隈研吾の設計した建築物があるくらいに、多くの街でその建築物をみることができます。

功績2「建築家として5人目に紫綬褒章を受賞した」

紫綬褒章

様々な功績を残した隈研吾は、2019年に紫綬褒章を受賞します。紫綬褒章は、優れた文化的・芸術的な功績を残した人物に対して送られる褒章で、建築士としては歴代でも5人目という栄誉でした。

これは、隈研吾が日本において多大な功績を残したことが認められたものです。新国立競技場の設計をはじめ、隈研吾の多くの設計物が高く評価されてきたことの表れであるとも言えるでしょう。

隈研吾の名言

哲学のない建築は人の心を動かさない。僕は図面を書くときは、手紙だと思って書けといってるんです。

日本の建築物はデザイン性に欠けるとよく言われます。機能だけを持った建築物は人の心を動かしません。手紙のように心のこもった建築物は、機能性以上に人々の生活を豊かにするものだと言えるでしょう。

20世紀は、コンクリートのせいで、会話は固くなり、人間の表情もずいぶん暗くなった。もう一度、様々な物質と、いきいきとした会話をはじめよう。

20世紀は高度経済成長と共に、高層ビルに代表されるようなコンクリートを大量に利用した巨大な建造物が多く建てられました。

しかし、その無機質な建物たちは人々の表情を暗くしたと隈研吾は言います。コンクリートだけではなく、様々な物質を用いて建築を行うことで、人間の生活を明るくしたいという隈研吾の思いが込められた言葉と言えます。

隈研吾にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「あえてサラリーマンとなり社会勉強をした」

サラリーマンのイメージ

一流を目指す多くの建築士は大学卒業後アトリエ系の建築事務所に就職しますが、その中で隈研吾は敢えて大企業である日本設計に就職しました。

隈研吾は、後のインタビューで「社会に揉まれるため」と就職先の選択理由を語っています。この選択が功を奏したのかはわかりませんが、隈研吾の設計物は多くの人達の心に届く社会的価値の高いものとして評価されています。

都市伝説・武勇伝2「震災の経験から木材を重視するようになった」

隈研吾が設計した太宰府天満宮のスターバックス

隈研吾は、木材を重視する建築家として知られていますが、そのきっかけは阪神淡路大震災と東日本大震災にあったそうです。これらの震災でコンクリート建築の脆さを思い知った隈研吾は、木材に可能性を感じるようになりました。

そして、持続可能で地球と人間をつなぐ素材である木材を重視した設計に取り組むようになりました。

隈研吾の簡単年表

1954年 - 0歳
横浜に生まれる
隈研吾の生まれた横浜の大倉山駅

隈研吾は、神奈川県横浜市の大倉山に生まれました。小さい頃は猫が好きで獣医を志していた隈研吾でしたが、徐々に建築に興味をもつようになり、1964年に開催された東京オリンピックの建築物を目にしたことで、建築家を志すことになりました。

1990年 - 36歳
設計事務所を設立する
事務所の内観

東京大学を卒業した隈研吾は、大手設計事務所である日本設計での勤務、アメリカへの留学を経て、個人事務所を設立します。そして、この設計事務所から数々の著名な建築物を作り上げていきました。

1991年 - 37歳
M2ビルの設計で一躍名前を知られる
M2ビルの写真

隈研吾がその活動初期に設計したM2ビルという商業施設は、その芸術性の高さから高い評価を受けました。M2ビルはいわゆるポストモダン建築を代表するような作品で、M2ビルの設計から隈研吾の名前が知られるようになり、数々の建築物の設計を受注することになりました。

2016年 - 62歳
新国立競技場の設計を担当する
建築途中の新国立競技場

隈研吾の名前を世間一般にまで知らしめたのは、オリンピックのメインスタジアムとして利用される新国立競技場の設計を担当したことでしょう。隈研吾は、自身の設計思想をもとに、木材をふんだんに利用したスタジアムを建設し、世界中から高い評価を受けました。

隈研吾の年表

1954年 – 0歳「横浜に生まれる」

隈研吾が通った栄光学園

隈研吾の生い立ち

隈研吾は、神奈川県横浜市の大倉山に生まれました。父は三菱マテリアルのサラリーマンで、母方は医者の家系でした。母方の祖父が建てた大倉山駅近くの古い家で育った隈研吾は、その古い家がコンプレックスである一方で、建築に興味を持つきっかけになったとも語っています。

小さい頃は猫が好きで獣医を志していた隈研吾でしたが、徐々に建築に興味をもつようになり、1964年の開催を控えた東京オリンピックの建築物を目にしたことで、いよいよ本気で建築家を志すことになりました。

中学・高校時代

隈研吾は、神奈川の名門私立学校である栄光学園に中学・高校と通います。身長が189cmと高かったこともあり、高校ではバスケットボール部でセンターをやっていました。

後に建築家として大成した隈研吾は、栄光学園の校舎のデザインを設計し、母校へ恩返しをしました。

1972年 – 18歳「東京大学に入学し、多彩な仲間たちと出会う」

隈研吾が在籍した東京大学の安田講堂

東大へ進学する

隈研吾は、高校を卒業すると東京大学の建築学科へ進学します。同級生には小林克弘や大江匡、村田誉之など、一流の建築家たちが揃っていました。

その後、東大の大学院へ進学した隈研吾は、東大生産技術研究所の原研究室に在籍しました。大学院時代は、原教授と共に「西アフリカ集落調査」に終始しました。そして、サハラ砂漠を北から南に車2台で縦断しながら、合計100カ所ほどの集落を訪れては村の図面を描く旅を行いました。隈研吾は、このときの体験が自分の建築家としての価値観に大きな影響を与えたと語っています。

1978年 – 24歳「社会人となり建築家の道を歩み始める」

隈研吾のファーストキャリアである日本設計

敢えてサラリーマンの道へ

当時、著名な建築家である安藤忠雄が新進気鋭の存在として注目されていました。東大の同級生の多くは、安藤忠雄に憧れて個人設計所やアトリエ系の就職先に進む中、隈研吾は敢えて大企業である日本設計へと就職し、サラリーマンとなります。

隈研吾は、建築家には社会経験が重要であると考え、同級生たちとは違う道を進むことにします。

1990年 – 36歳「独立し設計事務所を設立する」

隈研吾の設計事務所

事務所を立ち上げる

隈研吾は、日本設計を退職したあと、アメリカへの留学を経て個人事務所である隈研吾設計事務所を設立します。そして、いよいよ建築家として活動を開始していきます。

事務所設立当初は、いわゆるポストモダン建築と言われるような機能性だけではない装飾性に溢れた建築物を多く作り上げました。その中でも、商業施設であるM2ビルは隈研吾の代表的な建築作品として知られています。

1991〜2015年 – 37〜61歳「多数の有名建築物を設計する」

隈研吾が設計した高輪駐車場

木材を活用した建築

隈研吾は、自身の設計事務所を設立したあとも、学校や官公庁舎、美術館など多くの作品を作り続けます。1995年に阪神淡路大震災が発生しますが、隈研吾はこのときの経験からコンクリート建築の限界について考えるようになり、木材を活用した建築について追求し始めます。

その傾向は、2011年の東日本大震災でさらに強まり、隈研吾は脱コンクリートを進めていきます。東京の青山にある根津美術館や赤坂にある東急キャピトルタワーなどは、隈研吾が木材にこだわった建築物として有名です。

実績が認められて大規模な建築にも携わるように

隈研吾が作り上げた建築作品は高い評価を受けました。そして、徐々に大規模かつ重要な建築物の受注も増えていきます。例えば、歌舞伎の劇場である銀座の歌舞伎座の再建築を受注し、その革新的なアイディアでプロジェクトを成功に導きます。また、明治神宮の宝物殿の機能を兼ね備えた明治神宮ミュージアムの設計も担当します。

このように、隈研吾は数多くの建築物を世に送り続けて行きました。

2016年 – 62歳「新国立競技場の設計を担当する」

新国立競技場の利用イメージ

オリンピックのメインスタジアムの設計を担当

東京オリンピックのメインスタジアムである新国立競技場の建設は、その費用が高額であるなどの理由で大きな問題となりましたが、その中で改めて実施されたコンペを勝ち抜いたのが隈研吾の設計事務所でした。こうして、隈研吾は新国立競技場の設計を担当することになります。

隈研吾はその一番の個性である木材を活用した設計思想をふんだんに盛り込んだスタジアムを構想します。デザイン面はもとより、座席にも木材をふんだんに活用しぬくもりのあるスタジアムを作り上げました。2019年、隈研吾の設計した新国立競技場は無事に完成を迎え、オリンピックの舞台として活用されることになります。

隈研吾の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

点・線・面

隈研吾が建築について語った、隈研吾自身が筆を執って描き下ろした思いの詰まった本。200点を超える図版と合わせて文章を読むことで、隈研吾イズムを理解することができるはずです。

隈研吾による隈研吾

隈研吾は、なぜコンクリートや鉄に代わる新しい素材を探求し続けるのか。その答えがこの本にはあります。自己主張の強い建築をよしとせず、その土地の環境や文化と調和する建築を行う隈研吾の考えをこの一冊で学ぶことができます。

負ける建築

超高層ビルは、周囲を威圧してそこに鎮座しています。このような20世紀型の「勝つ建築」は、もはや「弱さ」を表しているといいます。 これからの建築はもっと様々な外力を受けいれる「負ける建築」であるべき。隈研吾の考え方を知ることができる一冊です。

おすすめの動画

建築家 隈研吾氏  2016.2.1

オリンピックに向けて計画されたものの、様々なトラブルが発生した新国立競技場の設計。最終的に、隈研吾の設計事務所が設計を担当することになります。そんな中で行われた隈研吾の記者会見の動画がこちらです。記者からの様々な質問に誠実に答える隈研吾をみることができます。

隈研吾さんインタビュー映像

日本郵便の本社として建設された東京駅の近くにあるKITTEビル。KITTEビルの内装は隈研吾が担当しました。その内装に込めた思いを隈研吾が語る動画です。

おすすめの映画

sur / FACE 14人の現代建築家たち

在日オーストリア人ジャーナリストとドイツ生まれの映像作家が撮影した、日本を代表する14人の建築家たちに迫ったドキュメンタリー映画です。隈研吾も馬頭町広重美術館と石の美術館をテーマに、インタビュイーとして登場します。

うみやまあひだ 伊勢神宮の森から響くメッセージ

伊勢神宮の式年遷宮をテーマとして撮影された長編ドキュメンタリー。数々の映画賞を受賞した名作映画です。2012年の式年遷宮を撮影した貴重な映像を、隈研吾ら著名人たちへのインタビューが彩ります。

関連外部リンク

隈研吾についてのまとめ

この記事では、新国立競技場を設計したことで一躍有名になった隈研吾について、その作品集や性格、年表などを紹介しました。

実は、身近なところにも隈研吾の建築作品があります。街を歩くときに、おしゃれな建物や変わった建物があれば、その建物を設計した建築家を調べたりしてみるのも面白いかもしれませんね。

コメントを残す