小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

アーサーCクラークとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や代表作も紹介】

アーサーcクラークは、20世紀を代表するSF作家です。SF界の「ビッグスリー」(他に、ロバート・A・ハインライン、アイザック・アシモフ)と呼ばれ、『2001年宇宙の旅』、『幼年期の終わり』、『宇宙のランデブー』など多くの作品を残しました。『宇宙のランデブー』では、ヒューゴー賞をはじめ、ネビュラ賞、ローカス賞など名だたる文学賞を受賞しています。

机に向かうアーサーcクラーク

また、紳士的な人柄はつとに有名で、英国においてはナイトに叙され、移住したスリランカにおいても最高勲章を受章しています。

SF作家の中でも、科学的知識の豊富さとたしかな文体で知られたアーサーcクラークは、スキューバダイビングの愛好者としても有名です。70代でポリオ後症候群を患ってからは、車いす生活となりましたが、90歳でなくなる直前まで執筆活動をつづけました。

この記事では、13歳で『2001年宇宙の旅』を読み、アーサーcクラークの虜となった筆者が、アーサーcクラークの人生とSF世界の魅力についてをご紹介します。

アーサーcクラークとはどんな人物か

名前アーサーcクラーク
没日1917年12月16日
誕生日2008年3月19日
生地イギリス国サマセット州マインヘッド
没地スリランカ国コロンボ
配偶者Marilyn Mayfield(1964年に正式離婚)
埋葬場所共同墓地Borella Cemetery(コロンボ)

アーサーcクラークの生涯をハイライト

常にアーサーcクラークを虜にして離さなかったであろう星空

アーサーcクラークは、1917年に英国サマセット州マインヘッドに生まれました。少年時代から星や宇宙に興味を持っており、SF雑誌との出会いを経てSF小説を書くようになります。第二次大戦中は、イギリス空軍将校として、レーダーによる早期警戒システムの構築等に関わりました。

小説家としての活動は、1937年頃から開始していましたが、人気がでたのは1946年の『アスタウンディング』5月号に掲載された『太陽系最後の日』です。

その後、『幼年期の終わり』(1953年)、『都市と星』(1956年)、『2001年宇宙の旅』(1968年)、『楽園の泉』(1979年)などを次々と発表しています。とりわけ『2001年宇宙の旅』は、スタンリー・キューブリック監督による映画公開ののち小説を発表、いずれもSFの最高傑作として全世界で人気を博しました。

その後も数多くのSF長編・SF短編、エッセイを発表するなど活発な執筆活動を行っています。1950年代には、ダイビングの趣味が高じてスリランカに移住しました。1960年代からはポリオを罹患し車いす生活となりますが、書くことへの意欲が衰えることはありませんでした。

2008年3月、心肺機能不全のため死去しました。

アーサーcクラークの性格

凪いだ波のように、アーサーcクラークは紳士と評判だった。

アーサーcクラークの性格は、思い切りのいい英国紳士を思わせます。

1953年。36歳のころ、アメリカ・フロリダ州へ旅行にいき、そこで出会ったアメリカ人女性と結婚しています。また、1950年代にはスキューバダイビングを愛するあまり、スリランカに移住しています。

結婚生活は半年ほどで破綻していますが、移住は一生の決断だったらしく生涯をスリランカで過ごしました。同じ英国人作家で、クラークと深い親交のあったマイケル・ムアコックも、アーサーcクラークを「紳士」と評しています。

アーサーcクラークの死生観

アーサーcクラークにとって宗教・神とは、宇宙そのものであったのかもしれない

アーサーcクラークは、さまざまな作品の中で死生観、宗教観をうかがわせるシーンを書いており、これらはアーサーcクラーク作品における、一つの特徴となっています。その一方で、自身は、宗教については終生淡白ともいえるほど距離をとっていました。

例えば、イギリス空軍に所属をしていたころは「汎神論者」といい、2000年当時インタビューに応じた際は「無神論者」といっています。しかし、その作品においては、死者の果たす役割や生きることへの根源的な懐疑を扱うなど、命について深い洞察を行っています。

アーサーcクラークの死因

スリランカの夕日

アーサーcクラークは、2008年3月にスリランカの自宅で亡くなりました。死因は、呼吸器の合併症、心肺機能不全などと報じられています。

アーサーcクラークは、1962年にポリオに感染しており、その後は車いす生活になっていました。1988年にはポリオ後症候群を発症するなど、病気を抱えながら晩年を過ごしています。そのため、死因としては「ポリオ後症候群」による呼吸困難と心不全という説明がされています。

アーサーcクラークの代表作

作品1『2001年宇宙の旅』

アーサーcクラーク作品で、もっとも有名な作品といえるのが『2001年宇宙の旅』です。人工知能や冷凍睡眠といった作中に登場する技術は、まさに先見の明といえるもの。SFが現実世界を先取りした例としてとりあげられることが多いです。続編に『2010年宇宙の旅』『2061年宇宙の旅』『3001年終局への旅』があります。

作品2『幼年期の終わり』

宇宙人との邂逅を描く長編SFです。宇宙人に管理され、平和と繁栄を手に入れた人類は、やがてあらたな存在へと進化してゆく、というもの。しかし、その宇宙人の狙いとは何なのか、なぜ地球へやってきたのかという謎に惹かれます。

作品3『宇宙のランデブー』

接近した小惑星、それは他の文明が作り出した構造物だった、というストーリです。ラーマと呼ばれる構造物に乗り込む人類がその中で目にしたものとは。終始、ドキドキさせられる、アーサーcクラーク作品群の中でも出色の作品です。

作品4『渇きの海』

月面で遭難した観光船救出のために繰り広げられる人命救助を主題としたSF作品です。大きな骨組みとしてはSF邦画などでも馴染みのある展開があり、安心して読み進めることができます。もちろん、月面であること、砂礫の世界観もあり、しっかり緊迫感も味わえます。

作品5『都市と星』

閉鎖空間という管理された世界に安住する人類。その中で、外界を志向する若者が現れたことで、物語が進展してゆきます。管理された被治者として安穏と暮らすのか、真実を求めて冒険の海に漕ぎだすのかという、人類にとって奥深いテーマのように感じられます。

アーサーcクラークの名言

アーサーcクラークの名言として、『未来のプロファイル』とその改訂版において次の3つの法則が提唱されています。いわゆる「クラークの三法則」と呼ばれるものです。

高名で年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。また不可能であると言った場合には、その主張はまず間違っている。

非常に示唆に富んだ名言です。老いた名科学者は、自然保守的にならざるを得ないということでしょうか。そのものが「できる」といえばでき、逆に「不可能だ」といってもできるということは…。言葉以上の深い意味を感じずにはいられません。

可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。

訳者が先走って「第2法則」としてしまい、あとからクラーク本人が追認した言葉です。ありとあらゆる方法論を駆使し、不可能に行きついたとき、はじめて「限界」が認知される。翻って見れば、人類の歴史はこの繰り返しであったといえます。

十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。

「第2法則」追認にあわせ、クラーク本人が提唱した「第3法則」です。古代の人びとに21世紀の科学技術を見せれば「魔法」だと思うでしょう。逆にはるかに進んだ文明がわれわれの目の前に姿を現すとき、私たちにはそれが「魔法」であると映る筈です。

アーサーcクラークにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「特許を取らなかったクラーク」

衛星同士を結ぶ光衛星間通信実験衛星「きらり」(JAXA)

1945年、アーサーcクラークは、静止衛星の概念から人工衛星同士の無線通信技術構想を科学雑誌『Wireless World』に発表します。この論文で15ポンドの報奨金を受け取りますが、現在では数十億円規模の価値があるといわれています。

「特許を申請していれば……」と惜しむ周囲に、アーサーcクラークは「自分が生きている間に実現すると思わなかった」と飄々と答えています。

都市伝説・武勇伝2「クラークが呼んだ?死の間際の天体イベント」

ガンマ線バーストの想像図

2008年3月19日、うしかい座の方角にガンマ線バーストが発見されます。ガンマ線バーストは光度の高い物理現象で、超新星爆発やブラックホールとの関連が指摘されています。

「GRB 080319B」と名づけなれたこのガンマ線バーストの数時間後、アーサーcクラークが死去したことから「クラークイベント」と名付けようとする動きがあります。ひょっとしたら死の間際のクラークに気づいた、異星人からのメッセージなのかもしれません。

アーサーcクラークの簡単年表

1917年
アーサーcクラーク、誕生

アーサーcクラークは、1917年に英国サマセット州マインヘッドに誕生しました。

1930年、13歳になったクラーク少年は、アメリカのSF雑誌「Amazing Stories」を読み、SFに興味をもちました。同年、マインヘッド公共図書館にて『最後にして最初の人類』(オラフ・ステープルドン)を読み、感銘を受けました。

1936年
就職と戦争と学問

1936年、グラマースクールを卒業したアーサーcクラークは、公務員として勤務しますが、その後英国空軍に属します。1943年には空軍少尉に昇進し、レーダー(を利用した早期警戒)システムの構築に貢献しました。

その後、キングスカレッジ(ロンドン)で物理学・数学を学び、1946年に卒業しています。

1950年
本格的に執筆活動を開始

1950年、アーサーcクラークは本格的に執筆活動を開始しました。

1953年には、『幼年期の終わり』が大ヒットします。この作品で経済的な自由を獲得したクラークは、スキューバダイビングの趣味に熱中するようになります。同年、米国人Marilyn Mayfieldさんと結婚するも半年で婚姻関係は破綻してしまいます。

1956年
スリランカへの移住とその後の作品群

1956年、アーサーcクラークは、スリランカへ移住します。趣味のスキューバダイビングが高じたためとされていますが、スリランカの気候風土・風俗など総合的にスリランカを愛したことがわかっています。

1968年には『2001年宇宙の旅』の映画公開、小説発表を行います。また、1973年には『宇宙のランデヴー』を著し、名だたるSF文学賞を総なめにしています。1979年には『楽園の泉』を発表しており、この時代は、非常にパワフルにヒット作をとばしつづけた時期となりました。

1988年
ポリオ後症候群発症と栄典授与

1988年、アーサーcクラークは、ポリオ後症候群を発症します。その後は病気の影響で車いす生活となりました。

1998年には、英国においてナイトの称号を得ます(授賞式は2000年5月に実施されました)。また、2005年にはスリランカにおいて文民最高勲章「Sri Lankabhimanya」を受章しました。

2008年
SF界の巨星堕つ

2008年3月19日、アーサーcクラークは、ポリオ後症候群による呼吸困難と心不全により、自宅にて死去しました。享年90歳。今も共同墓地Borella Cemetery(コロンボ)に眠っています。

アーサーcクラークの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

楽園の日々―アーサー・C・クラークの回想 (ハヤカワ文庫SF)

1989年、クラーク89歳の作品で、ユーモアとサービス精神をふんだんにとりこみ自身の半生を語っています。どこまでも純粋で透明な、宇宙への熱情。クラーク作品の登場人物が実存するごとく感じられます。

最終定理 (ハヤカワ文庫SF)

クラークが最後の力を振り絞って執筆にあたっていた本書は、フレデリック・ポールとの共著です。このコンビでの共著は最初で最後の作品となりました。クラークからの最後のプレゼント(=遺作)としてふさわしい一冊です。

おすすめの映画

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

SF史に残る名作です。あまり知られていないですが、小説版は本作の「原作」としてではなく、映画公開後に発表されたものでした。展開がスローリーだとの批判がありますが、当時、米ソが宇宙開発でしのぎを削っていた時代には、映画としてこのテンポでよかったと思います。内容をつかむため、小説版をあわせ読むことをお勧めします。

2010年 [Blu-ray]

映画『2001年宇宙の旅』の続編です。抽象的・哲学的で尖っていた前作とは路線を変更し、ドラマらしいドラマとして仕上がっています。前作の謎解きとしての位置づけもありつつ、新たな謎も感じられる本作。アーサーcクラーク作品の醍醐味を得られる作品です。

関連外部リンク

AFPBB News SFの巨匠、アーサー・C・クラークさんの生涯

アーサーCクラークについてのまとめ

アーサーcクラーク作品の特徴は、科学技術の進歩あるいは他の先進文明との邂逅から人類の文明がより高度に進歩するユートピア的設定にあります。とかくSFにおいては、ディストピア的な色彩をもつ作品が多い中で、アーサーcクラークの世界はとにかく前向きで肯定的です。

とはいえ、決して軽薄に流れるわけではなく、生と死や文明批判といった重厚なテーマ性も兼ね備えています。クラークは、その上で作中人物(人類)にあたらしいステップを踏ませているのです。これはクラーク本来の人間的な朗らかさによるものかもしれませんが、SFに限らず文学全般を俯瞰しても、稀有な例だといえます。

この記事が多くの方にとって、アーサーcクラーク作品との出会いの助けとなれば幸いです。

コメントを残す