小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

藤田田とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格、名言、伝説のエピソードについて紹介】

伝説の経営者と呼ばれた男、藤田田(ふじたでん)。彼の最も大きな功績といえば、マクドナルドを海外から日本に取り入れ、日本中に浸透させたことです。また彼はマクドナルドだけでなく、トイザらスも日本に取り入れるなど、現在では皆さんが当たり前のように利用しているお店を創業しました。

ハンバーガーを手に持つ藤田田

藤田田の経営センスはずば抜けており、彼の総資産は数千億円あったとも言われています。そんな彼の口から出る言葉は、全てが本質をついた金言であると言われ、今なお多くの経営者が彼の生き方を参考にしています。

今回の記事では、藤田田をこよなく尊敬し、彼の生き方を人生の柱としている筆者が、藤田田の生涯についてご紹介していきます。

藤田田とはどんな人物か

名前藤田田
誕生日1926日3月13日
没日2004年4月21日
生地大阪府大阪市淀川区
没地東京都
配偶者藤田悦子

藤田田の生涯をハイライト

笑顔で対談する藤田田

まずは藤田田がどのような生涯を送ったのか、ハイライトでご紹介していきます。

藤田田は1926年に大阪に生まれました。学校の成績はかなり優秀で、大学は東京大学の法学部へ入学しました。学費や生活費を稼ぐために通訳の仕事を始めた彼は、そこで人生の転機となるユダヤ人との出会いを果たします。

ユダヤ人との親交を深めた藤田は、彼らから「ユダヤの商法」を学びました。この商法を活かして彼は、その後の人生で数々の成功を収めることになるのです。

東京大学在学中に輸入商社である「藤田商店」を設立した彼は、卒業後本格的に経営に取り組みました。藤田商店が成功すると、次は当時世界最大のファーストフードチェーン店と言われていたマクドナルドを日本に持ち込み「日本マクドナルド」を創業します。

創業からわずか十数年で、マクドナルドは日本の外食産業で売り上げ1位を達成し、日本中にマクドナルドを普及させました。

マクドナルドの看板

続いて玩具屋チェーンの「トイザらス」も日本に取り入れ、「日本トイザラス」を設立。こちらも当然のように大成功し、藤田田はカリスマ経営者として誰もが認める存在となりました。

2004年4月21日、藤田田は78歳でその生涯を終えました。しかし彼の功績や、彼の残した言葉は多くの本や記事にまとめられ現代の人々にも影響を与え続けています。

藤田田の性格

頬杖をつき笑顔を見せる藤田田

藤田田の性格を一言で表すと、「超正直者」です。彼はどんな人に対しても、自分の気持ちを抑えることなく正直に伝えます。他社との交渉の場面でも「命令は絶対に受けない」という姿勢を貫き、人の下につくという発想はありません。

また、

「資本主義社会では、金が全てである」

「ビジネスは金を持っている人から取らないと成り立たない」

など、かなり過激な発言もバンバンしています。しかし一貫して超正直なスタンスを保っていたため、逆に人々からの信頼は厚くなっていったのです。

藤田田の死因

道端に落ちるタンポポ

藤田田は2004年4月21日に79歳で亡くなります。死因は「うっ血性心不全」でした。

うっ血性心不全とは、体のどこかで血液が滞ってしまい血流が悪くなることで、呼吸困難などの症状が出る病気です。日本では肺がんに並ぶ最も死亡数が多い病気の一つと言われています。

ちなみに亡くなった当時、彼には491億円という莫大な金額の遺産がありました。これは日本の歴代で6位の記録だそうです。この遺産は藤田の妻と長男の2人が相続することとなりました。

藤田田が影響を与えた人物

スピーチをする孫正義

藤田田は多くの人々に影響を与えてきましたが、その中でも特に有名な人物といえば「孫正義」でしょう。

孫正義は「日本ソフトバンク」を設立し、現在では長者番付で日本2位、保有資産額は2兆円を超える天才実業家です。そんな藤田と孫が出会ったときのエピソードをご紹介します。

ある日、藤田田のもとに1人の高校生が訪ねてきました。彼は藤田田のことをとても尊敬していて、「ぜひ一度会いたい」と何度も頼み込んできたそうです。初めは断っていた藤田田もその熱意に負け、15分だけ面談をすることにしたのです。

高校生の少年は藤田田に「これからアメリカに行こうと考えているが、何を学んだら良いか」と尋ねます。これに対し藤田田は、

「これからはコンピューターだ。今はこの部屋ほど大きなコンピューターしかないが、これからはもっと手軽で誰でも使えるものになる。コンピューターについてのみ勉強してきなさい」

とアドバイスしました。少年はこのアドバイスを忠実に守りアメリカでコンピューターについて学びました。実はこの少年こそ、のちの日本ソフトバンク社長、孫正義だったのです。

藤田のアドバイスがなければ、ソフトバンクが立ち上げられることもなかったでしょう。このように藤田の言葉は孫の人生にとてつもなく大きな影響を与えていたのです。

藤田田の功績

功績1「日本マクドナルドを創業」

マクドナルド

藤田田の最大の功績はなんといっても日本マクドナルドの創業です。

藤田はマクドナルドの創業者であるレイ・クロックと対談した際に、様々な条件について交渉しました。まず、日本マクドナルドの資本金の割合が、日本とアメリカで50:50であることを理由に、「アメリカからのアドバイスは受けるが、命令は受けない」と宣言し、経営の主導権を握ります。

また、アメリカのマクドナルドに対して支払う権利使用料を、売り上げの1%と定めたのです。普通ではあり得ないほど低いロイヤリティですが、レイ・クロックはこれを承諾しました。

ここまで強気の交渉だったにもかかわらず、レイ・クロックが条件を受け入れたのは、彼が藤田の経営のセンスを見抜いていたからでしょう。

その後レイ・クロックからも藤田に対して一つの条件を提示されました。その内容は30年間で500店舗の事業拡大を成功させることでした。この条件に対し藤田は「でしたら、700店舗にしましょう」と返したそうです。

功績2「マクドナルドを日本中に浸透させた」

マクドナルドのハンバーガー

藤田がマクドナルドを日本に広めるために行った施策の一つは「マクドナルドの発音を変えた」ことでした。実は、アメリカではマクドナルドのことを「McDonal’s(マクダーナルズ)」と発音しています。

しかしマクダーナルズという音は日本人には発音しづらいのではないかと考えた藤田は「マクドナルド」と日本人が読みやすい発音になるよう読み方を変えました。

また藤田は、マクドナルドがアメリカ発祥のハンバーガー店であることを隠しました。その理由としては、太平洋戦争を連想させてしまうからだそうです。

お客さんが戦争の辛い記憶を思い出してしまうと、マクドナルドを利用するお客さんが減ってしまうと考えた藤田は、徹底的に店舗からアメリカを連想させるものを排除していきました。

このように細かいところにも強烈にこだわる姿勢が、日本にマクドナルドを広げる要因となったのです。

功績3「日本トイザらスを創業 」

トイザらス

藤田は日本マクドナルドの創業後、アメリカのトイザらスと提携し、1989年に日本トイザらスを創業しました。こちらも2000年には100店舗達成、2009年には150店舗以上を展開するほど大きな会社へと成長しました。

ちなみにアメリカでは「Toys“R”Us」と書き、ロゴでは、Rの文字が反対向きに書かれています。これは子供がRの字を書き間違えたことを表現しているのですが、日本版では、「トイザらス」のように「ら」を平仮名にすることで、その稚拙さを再現しています。

藤田田の名言

女と口を狙え

藤田田は、女性に向けた物か、食べ物を商品とするのが良いと考えていました。なぜ女性を狙うのかというと、ブランド品のバッグやアクセサリーを買ったり、ランチに出かけたりなど、女性の方が圧倒的に浪費する習慣が強いからです。

また、食べ物はどんなものでもその日のうちに消化されるため、需要が尽きることがないという理由から、商品にすべきだと考えていたのです。

「きれいな金」「汚い金」といった金銭感覚はすぐさまきれいさっぱり捨ててしまうことだ。
捨ててしまって、金儲けは人生の最重要事項だと心得ることだ

「金儲けは人生の最重要項目」というのは、かなり極端な言い方かもしれません。しかし、これほどまで振り切ったものの考え方を持っていたからこそ、彼のような大成功を収めることができたのでしょう。

社長たるものは明日返事するよりは、間違ってもいいから、今日答えるべきである。
もし間違っていることに気付いたら、訂正するばいいのである

藤田の考え方は、「質よりもスピード」です。普通の人であれば、提出すべき資料があった時、できるだけ時間をかけて完璧な状態に仕上げてから提出しようと考えます。

しかし実はその逆で、質はいいからできるだけ早く提出することが大切であるというのです。

藤田田にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「78:22の法則を利用していた」

数字の起源

藤田は商売において78:22の法則を利用していたと言われます。一体この「78:22」の法則とは何なのでしょうか。

わたしの成功の基盤には、「宇宙はすべて78対22に分割されている」という大原則が、厳としてある。

藤田はこのように語っています。つまりこの世にあるあらゆるものが78:22の割合に分けられているというのです。

例えば、空気中の窒素と酸素の割合は78:22です。また、面積を100とした正方形に内接する円の面積は78.5、残りの面積は21.5とほとんど78:22と一致しています。人間の体に含まれる水分とその他の物質の割合も78:22となっています。とても不思議ですよね。

藤田はこの法則は商売においても同じであると考えました。日本中のお金持ちでない人間が持っているお金を合計すると、日本に存在するお金の22%分しかないそうです。

それに対し、20万人ほどしかいない大金持ちたちが、日本中にあるお金の78%を持っているため、商売はお金持ちを狙った方が儲かるに決まっている、と藤田は考えたのですね。

このように78:22の法則を経営の様々な方面で利用したことによって、藤田はここまでの大成功を収めたのだと思われます。

都市伝説・武勇伝2「究極のメモ魔だった」

メモを取る男性

藤田は雑学は人生を豊かにするためには欠かせないと考えていたため、とにかく何でもメモにすることを徹底していました。

仕事をする上で、知識をたくさん持っておくことで誰も思いつかないようなアイデアを生み出したり、契約相手の情報を知っておくことで相手に気に入られたりと様々な場面で役に立つのです。

その徹底ぶりは凄まじいもので、家の至る所にメモ書きがあり、トイレや風呂場にまでメモを持ち込み、気になることがあればメモを取っていました。外出先にも必ずメモ用紙を持っていくようにしており、会話の中でタメになる話があればメモを取ります。

メモは用紙だけでなく、割り箸の袋やマッチ箱など至る所にメモをするようにしていたといいます。あとで見返すためというよりは、メモを書くこと自体が頭に情報をインプットするのに役立っているのかもしれませんね。

藤田田の簡単年表

1926年 - 0歳
藤田田誕生
生まれたばかりの赤ん坊

1926年、大阪で藤田田は生まれました。田(でん)という名前はかなり珍しいですよね。名前の由来としては「口」と「十字架」の形を組み合わせたものであり「良い言葉を吐くように」という意味が込められているそうです。

母親がキリスト教徒だったためにこのような名前がつけられたといいます。藤田は、自分の記事などがメディアに出るたびに「デンと発音してください」という言葉を添え、そのフレーズが世間でも話題となりました。

1946年 - 20歳
ユダヤ人との出会い
ユダヤ人

藤田は、大学時代に通訳として働いていた際に、ユダヤ人と出会います。そこでは決して良い身分とは言えないユダヤ人たちが、贅沢をしながら暮らしていたのです。

なぜこんな暮らしができるのか不思議に思った彼はユダヤ人と深く関わって見ることにしました。彼らと仲を深め信用を得た藤田はユダヤ人たちが持っている特別な商法を教えてもらったのです。

1971年 - 45歳
日本マクドナルド創業
様々なハンバーガー

1971年に日本マクドナルドを創業すると、そこからの業績は右肩上がりでした。2000年にはデフレの中、「平日半額セール」などのキャンペーンを行い業績を伸ばし続けます。

こうして日本マクドナルドは「デフレ時代の勝ち組」と呼ばれることになりました。

2003年 - 77歳
藤田田退任
イラスト版藤田田

創業から順調に売上を伸ばし続けていた日本マクドナルドでしたが、2001年に創業以来初となる赤字を出してしまいます。そしてここから徐々に売上が低迷するようになりました。

そして2003年に最終赤字を出したことを機に、社長を退任することを決意したのです。

藤田田の年表

1926年~1945年 – 0歳~19歳「学生時代の藤田田」

若い頃の藤田田

成績優秀なのに浪人していた

藤田は幼い頃から成績優秀な優等生でした。そんな藤田ですが実は、小学生時代に浪人していました。

なぜかというと、彼の母親が教師に賄賂を渡さなかったからという理由で、教師に内申書を改ざんされてしまったからです。結果的に彼は優等生だったにもかかわらず、浪人することになったのです。

これはかなり理不尽な事情ですね。

1946年 – 20歳「ユダヤの商法を学ぶ」

ユダヤからの教え

ユダヤ人からの信用を得たエピソード

藤田田はどのようにしてユダヤ人からの信頼を獲得したのでしょうか。藤田は過去にユダヤ人が経営する会社からナイフとフォーク300万本を注文されたそうです。この案件を受注した藤田でしたが、船舶で輸送すると納期に間に合わないということがわかりました。

普通であれば、納期に遅れることを謝罪しようと考えますが、藤田は1,000万円かけて飛行機をチャーターし、納品を完了させたのです。

しかし、これだけではありませんでした。翌年も同じようにナイフとフォークを600万本納品する案件を引き受け、飛行機をチャーターし納期に間に合わせたのです。

藤田は、この「自分が損をしてでも必ず納期を守る誠実さ」によって、ユダヤ人からの信用を勝ち取ったのです。

1950年~2003年 – 24歳~77歳「経営者としての活動」

ビジネスマン

とにかく人に話しかける日々

藤田田は、とにかく人に話しかけまくるという習慣がありました。それはちょっとした会話の中から経営のヒントになる情報を収集するためです。

藤田はタクシーに乗った際は必ず運転手と会話をするといいます。また、マクドナルドを利用したお客さんに「なぜ店に入ったのか」、逆に利用せず店の前を通り過ぎる人々に対して「なぜ店に入らなかったのか」と聞いて回っていました。

この異常ともいえる徹底ぶりにより、藤田は猛烈な勢いで知識を吸収していったのです。

40年にわたる積立預金

藤田は経営者として働いていた間、40年にわたって複利預金を行なっていました。そして彼は初めの10年間は、月5万ずつ、次の10年間は月10万ずつと、預金額を徐々に増やしていきました。

「たった5万円?」と思うかも知れませんが、当時は5万円でも相当な大金で、日雇い労働者の給料8ヶ月分ほどであったと言います。

預金した総額は4,800万円にもなっていましたが、それだけではありません。その預金額がさらに複利でまわっていき、最終的に彼の預金額は2億円を超えていました。

小さな積み上げでしたが40年間継続したことで、とんでもない額を達成することができたのです。

孫正義の成功後

かつて藤田田がアドバイスをしたことによって、アメリカでコンピューターを学ぶことを決めた孫正義。彼はコンピューターの知識を活かして、「ソフトバンク」で大成功を収めます。

それを藤田に報告したところ、藤田は「君はあの時の高校生か?」と大いに感激したといいます。さらに、ソフトバンクに対しパソコンを300台発注するという特大のプレゼントを贈りました。

2004年 – 78歳「藤田田死去」

人生の最期

藤田田の最期

社長を退任した翌年、78歳でこの世を去りました。死の直前まで、経営者として活動してきた藤田は、「金儲けは人生の最重要項目」という言葉を自ら体現していると言えますね。

また偶然か必然か、彼が亡くなった年齢は78歳でした。藤田は自らの人生をもって78:22の法則を証明していたのではないかと考えさせられます。

藤田田の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

ユダヤの商法

本書は、藤田田が成功するために用いたユダヤの商法について、詳細に書かれた一冊です。なぜ彼が成功できたのか、どのようにすればお金を稼ぐことができるのかが、藤田の手によって記されています。

彼のはっきりした物言いから、内容を極端だと捉える方もいるかも知れません。しかし、だからこそ力強く、読む人をワクワクさせる一冊となっています。

勝てば官軍

藤田自身の体験から、「どの時代にも共通する成功法則」とは何なのかが述べられています。

今もなお色褪せることなく、ビジネスマンたちが生き抜くヒントとなることでしょう。本書は全経営者が参考にすべきと言えるほど、本質を捉えた一冊となっています。

おすすめの動画

【孫正義①】アメリカ留学からSoftBank創業秘話まで【偉人伝】

こちらの動画は、芸人であるオリエンタルラジオの中田敦彦が、ソフトバンク社長の孫正義について詳しく解説している動画です。その中で、藤田田との出会いについても解説しています。

孫正義、藤田田について非常にわかりやすく、かつ面白く紹介されているおすすめの動画です。

【藤田田】6分で学ぶ『ユダヤの商法』

藤田田のベストセラー「ユダヤの商法」についてまとめられた動画です。おすすめのポイントは何といっても6分という短い時間の中で、「ユダヤの商法」の大まかな内容が理解できるという点です。

手軽に内容を知りたいという方はぜひ見てみてください。

藤田田についてのまとめ

いかがだったでしょうか。今回は、藤田田という経営者についてご紹介してきました。

彼は日本マクドナルドや、日本トイザらスなど、海外から輸入した会社を創業し、誰もが知る大企業へと成長させたカリスマ経営者で、その大胆すぎる発言や経営の仕方の裏には一日中メモを取るなど、地道にお金と向き合い続ける姿がありました。

そんな彼はあの孫正義の人生に多大な影響を与えた人物であり、日本の食文化を変えた人物であることに間違いはありません。

今回の記事で、藤田田という男について、少しでも伝わったのであれば嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す