小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

イランイラク戦争とは?なぜ勃発した?原因や影響、日本との関係についても紹介

「イランイラク戦争ってなに?」
「イランイラク戦争ってなにが原因で起こったの?」
「イランイラク戦争で日本人に被害が出たのか知りたい!」

この記事をご覧のあなたはこのように思っているのではないでしょうか。

イランイラク戦争は、中東で1980年から1988年まで、8年間に渡って続いた戦争です。イラン革命が発端で、長年くすぶっていたイランとイラクの宗教的な対立や石油資源をめぐる争いが表面に出た戦争とも言えます。

また、イランイラク戦争中には200名の日本人が空爆の危機にさらされました。

そこで本記事では、イランイラク戦争の原因と経過、影響について解説します。そして、イランイラク戦争と日本との関係や、トルコによる日本人救出についても紹介しますので、ぜひご覧ください。

イランイラク戦争とは

イランイラク戦争。日本ではなかなか終わらないことから「イライラ戦争」とも呼ばれた

イランイラク戦争とは、1980年から1988年にイラン・イスラム共和国とイラク共和国の間で行われた戦争です。アラブ諸国では第一次湾岸戦争と呼ばれています。日本でも「湾岸戦争」と呼ばれていましたが、1990年代以降はイラクのクウェート侵攻が発端の戦争を指す言葉になりました。

戦争の犠牲者は100万人と推定されており、近代の中東で最も血生臭い戦争です。

イランイラク戦争の原因

石油輸出の要所シャトル・アラブ川の使用権

石油輸出の要所シャトル・アラブ川。
ユーフラテス川とチグリス川の合流地点から
ペルシア湾までを指す(写真右下)

イランイラク戦争の主要な原因として、シャトル・アラブ川の使用権の問題があります。

シャトル・アラブ川はもともとイラクの領土でした。川沿いには石油積み出しの場として重要な、イラク第二の都市バスクがありました。しかし1975年のアルジェ協定により、シャトル・アラブ川の中央に国境線が引かれてしまい、自由に航行できなくなったのです。

これに不満を持っていたため、イラクは次であげるイラン革命をきっかけにアルジェ協定を破棄し、シャトル・アラブ川を再び自分の領地に戻そうと戦争を仕掛けました。

イスラム原理主義の拡散を恐れた

イラン革命(写真中央)ホメイニー

イランイラク戦争の発端となったのは、1979年にイランで起きたイラン革命です。

イラン革命とは、イスラム教の勢力の1つシーア派が中心となって起こった革命です。彼らはホメイニーを指導者に「イスラーム法による正しい政治を行うべきだ」と主張し、勝利します。

革命に成功しましたが、イラン国内は混乱しました。さらに保守派を粛清したため、軍部の司令系統に乱れがあると外国からは見られました。これらは、敵対しているイラクにとって攻めいる絶好の機会となりました。

当時のイラクは、石油危機で高価になった原油を輸出し、莫大な資金を得て軍備拡張に当てていました。そのため、中東最大かつ世界第四位の軍事大国へと成長していたのです。

戦争をする準備ができていたことも開戦の理由に数えられますが、イラクのフセイン大統領は、イラン革命の影響がイラク国内におよぶことを恐れていました。なぜなら、国民の半数がシーア派だったからです。

これらの理由により、イランイラク戦争は、アルジェ協定の破棄による領土回復とイラン革命の拡散を恐れて起こりました。

イランイラク戦争の経過

イランイラクの地図

1980年9月22日 イランイラク戦争開戦

1980年9月22日のイラン首都テヘラン

1980年9月22日、イラク軍がイラン軍を奇襲し、戦争が始まりました。

奇襲により、イラン軍の基地施設の破壊に成功しましたが、肝心の戦闘機の破壊にイラクは失敗。翌日、イラクは両国の644kmに渡る国境線を超えて、三方向から地上軍を攻めました。

準備万端で攻め入ったイラク軍の攻撃は、革命で混乱していたイラン軍の弱点をつく形となります。しかしイラン軍も負けておらず、イラク軍が破壊に失敗した戦闘機を使って制空権を握り、イラクの石油施設や首都を攻撃しました。

一方各国では、イランの革命が世界中に広がることを恐れ、戦争に介入しようと米国や欧州、ソ連、中国などがイラクを支援しました。領地の広さで劣るイラクは、当時世界第二位の石油輸出国だったことを利用して、石油がないと困る大国を味方につけたのです。

対してイランは、大国が経済制裁を発動させたため、物資や兵器の補給がままならなくなります。さらに革命の混乱があり、物資や兵器の差を人でなんとかするほかありませんでした。そのため、イラン側では大量の犠牲者が出てしまいました。

1981〜1982年 形勢逆転イラン優勢に

イラン空軍

圧倒的な国力の差から、早期決着すると思われたイランイラク戦争ですが、予想に反してイラン国民の士気は高く、戦争は長引きました。劣勢にも関わらず、イランでは20万人の義勇兵が前線に加わったのです。

対してイラクは軍部と政党の間で意見が食い違い、戦線は1981年5月に膠着しました。さらにイラクにとって都合の悪いことに、裏では各国がそれぞれの思惑を持って、イランを支援し始めていたのです。

米国は、イラン革命で起こったアメリカ大使館占拠事件の人質を解放するための取引で、武器屋資金を援助し、イランともともと仲が良かったイスラエルは、イラクと敵対していたため、イランに武器を援助していました。

さらにイランと似た思想を持つシリアやリビアと行った国々も援助に加わりました。また、イランと同じくアメリカに良い感情を持っていなかった北朝鮮もイランを援助し、イラクはますます苦しい戦いを強いられることとなります。

1981年6月には、イスラエル空軍がイラク領の原子力発電所を爆破します。これにより、イラクはイスラエル方面の警戒もしなければならなくなりました。

1982年4月になると、シリア経由の輸出ルートが止められてしまい、イラクは石油の輸出ができなくなってしまいました。これは石油輸出で資金を得ていたイラクにとって痛手です。

この頃になると、膠着していた戦況はイランに傾きました。勢いに乗ったイランは5月24日にホラムシャハル港を奪還し、イラク兵3万人を捕虜にします。6月には領土のほぼ全域を奪還し、イランは侵略される側から、侵略する側になりました。

イラク国内へと攻め入ってくるイラン。このままではイランが勝つかもしれない、と不安になったイラクは休戦を持ちかけます。しかし、形勢逆転し、フセイン体制打倒にこだわっていたイランは休戦を拒絶し、戦争は終わりませんでした。

1984年 イラクが化学兵器を使用

イラクの化学兵器使用はこの年だけでなく、
停戦するまでたびたび投下された。

レバノン内戦、フォークランド戦争、グレナダ侵攻など世界各地で争いが起こり、一時的に世界の目が、イランイラク戦争から離れました。1984年2月にはレバノンの自爆テロの報復に、シリア軍へ艦砲射撃したアメリカ軍が撤退しました。

アメリカ軍が撤退すると、沈静化していたイランイラク間の戦闘が再び始まります。1984年3月に、イランの人海戦術に苦しんでいたイラクは化学兵器(タブン神経ガス)を使用します。化学兵器は3週間で48回も投下され、2700人のイラン将兵を死傷させました。

イラク側の反撃成功に貢献した化学兵器ですが、第一次世界大戦で使われ凄惨な光景を生み出して以来、使用を禁止されていたため世界各国から非難されます。

1986年〜1988年 アメリカの介入。停戦へ

クウェートのタンカーを護衛するアメリカ海軍

1986年、両国は決め手がないまま激しい戦いが続きました。イランはイラク内の反政府組織に協力して内乱を起こさせたり、南部戦線への大攻勢を仕掛けたりと攻め入ります。

結果は思わしくなく、イラク軍に損害は与えたものの、ためらいなく化学兵器を使う姿にイラン軍の士気は下がってしまいます。

1987年5月、イラクの戦闘機が発射したミサイルがカタール沖を航行していたアメリカの船を沈める、という事件が起きました。攻撃はイラク側としても不測の事態でした。すぐさまアメリカ大統領に謝罪を入れ、ことなきを得ました。

しかし、この事件にショックを受けたアメリカ大統領は本格的に戦争への介入を決意します。ペルシア湾航行の安全を確保するためにアメリカは軍備を整えました。

また、イランイラクからの攻撃を防ぐために、アメリカはクウェートのタンカー(液体を運ぶ船)に星条旗を掲げさせて、護衛をつけました。

アメリカの一連の動きは石油輸出の要衝であるペルシア湾の緊張を高め、世界各国に「戦争を早く終わらせなければまずい」という認識を与えます。

これらの動きにより、1987年7月に国連が両国に停戦を呼びかけます。イラクは呼びかけに従う動きを見せたのですが、イランはこれを無視。ペルシア湾に大量の機雷を浮かべて、イラク軍へ攻撃を仕掛けます。

当然イラク軍は報復するのですが、そこからは攻撃の応酬が続き激化します。最終的にアメリカにも被害はおよび、イランは報復を受けて2つの油田を攻撃されました。この事件は歴史上最大の株価暴落を引き起こします。

最終的にイラクはペルシア湾のイラン原油積み出し港のカーグ島を空爆し、石油危機を恐れた国連が再び停戦朝廷に乗り出します。イランは国内に広がる厭戦ムードや戦況の不利を鑑みて停戦に同意。1988年にイランイラク戦争は、両者の痛み分けで終結しました。

イランイラク戦争の影響

イランイラク戦争は終わったが、すぐに次の戦争が起きた

クウェート侵攻

(画面中央)クウェート

アメリカはイラン革命で被害を受けたため、シーア派イスラーム原理主義政権と敵対するイラクを援助しました。

「敵の敵は味方」の理論でイラクを援助していたアメリカですが、多額の援助をしていたことが仇となります。イランイラク戦争で600億ドルの賠償金をイラクは抱えました。戦によって経済の回復は遅れており、イラクにとって外貨を得る手段は石油輸出しかありません。

しかし、当時の原油は1バーレルあたり15〜16ドルの安値です。頼みの石油輸出も当てにならない状況でした。

こうして、行き詰まったイラクは、1990年に石油資源を狙ってクウェートに侵攻したのです。

湾岸戦争へ

多国籍軍によるイラク爆撃のルート
(砂漠の嵐作戦とも呼ばれる)

イラク政府はクウェート侵攻をアメリカが黙認してくれると期待していました。しかし、当時のアメリカは国際平和や秩序を乱す国家の存在を許さない、という姿勢を強めていました。

そのためイラク政府の身勝手を認めるわけにいかず、1991年に湾岸戦争に踏み切ったのです。

アメリカはイランイラク戦争のときとは違い、イラクへの経済制裁を実行しました。さらに、サウジアラビアやアラブ首長国連邦などの周辺諸国を味方につけ、各国から有志を募って多国籍軍を編成するなど、土台を固めます。

結果、湾岸戦争は開戦から3ヵ月で停戦しました。

イランイラク戦争と日本との関係

イランイラク戦争の影にあった日本とトルコの友情

イラン在外日本人の危機

脱出方法がないままイランに取り残された日本人

イランイラク戦争時の1985年3月17日、48時間後以降にイラン上空を飛ぶ航空機を無差別に攻撃するとイラクの大統領フセインは宣言しました。宣言のあと、イランに住む外国人はそれぞれの国の航空機や軍の救済機によってイランから脱出しましたが、日本人だけは脱出できずにいました。

理由は2つあります。1つ目は、法律的にも物理的にも自衛隊をイランへ派遣できなかったことです。当時の自衛隊法は、海外における活動を想定していませんでした。またイランまで休まず飛行できる航空機も所持していなかったのです。

2つ目の理由は、日本航空がイランへの飛行を拒否したことです。イランまで自衛隊を派遣できないため、日本政府は日本航空にチャーター便の派遣を依頼しました。しかし、日本航空のパイロットと客室乗務員で構成された労働組合は、安全が保証されないことを理由にこれを拒否したのです。

イラン日本大使館も、救援機を派遣した各国と交渉するなど手を尽くしました。しかし、いずれの国も自国民の救助で手一杯、日本人の救助に手を回す余裕がありません。結果200人を超える在外日本人が、脱出方法が見つからないまま生命の危機にさらされました。

トルコ政府の協力

在外日本人を救出したトルコ航空の機体

脱出方法が見つからず、このままイランに取り残されると思われた在外日本人。しかし、ギリギリのところで在イラン特命全権大使が、トルコの特命全権大使に救援を求め、これにトルコ政府が応じました。

トルコの国営航空会社ターキッシュ・エアラインズが自国民救援のための航空機を2機増やします。それに在外日本人は乗せてもらい、タイムリミットの1時間15分前に無事イランを脱出できました。

実はこのとき、トルコは自国民よりも日本人を優先して救援機に乗せました。理由は2つあります。まず、イランとトルコは陸続きだったため、陸路で脱出が可能でした。次に、トルコは1890年に和歌山沖で起きたエルトゥールル号遭難事件で、日本から恩を受けていたためです。

日本から受けた恩を忘れず、しかもこのような形で返してくれるなんて素晴らしいですね。

この事件がきっかけとなり、日本とトルコは仲良くなりました。2015年には125年に渡る親交を記念して、エルトゥールル号遭難事件とイラン脱出劇を描いた映画『海難1890』が製作されています。興味のある方は視聴してみてください。

イランイラク戦争に関するまとめ

イランイラク戦争について解説しましたが、楽しんでいただけたでしょうか?最後に、簡単に記事の内容をまとめます。

  • イランイラク戦争は1980年〜1988年に、イラン革命と石油資源が原因で起こったイランとイラクの戦争
  • イランイラク戦争は痛み分けで終わった。後に賠償金で困ったイラクのクウェート侵攻によって湾岸戦争へと発展する
  • イランイラク戦争で日本人は空爆の危機にさらされたが、在外日本大使がトルコの大使に掛け合った結果、協力を得られて無事にイランから脱出できた

宗教と利害によって引き起こされた戦争は、100万人もの犠牲者とさらなる戦争を生み出しました。そんなイランイラク戦争を理解するに当たって、本記事がお役に立てたなら幸いです。

本サイトでは他にも、歴史的事件や戦争について詳しく解説しています。イランイラク戦争は、他の戦争と比べるとどういう戦争だったのか、比較するのも面白いかもしれません。よかったら、他の記事もぜひご覧ください。

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す