小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

レンブラントファンレインとはどんな人?生涯・年表まとめ【自画像や代表作品、絵画の特徴を紹介】

レンブラントファンレインの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

レンブラント大全

レンブラントが生涯に描いた作品のほぼ全てを網羅している書籍です。629点の作品を高画質で掲載しており、その迫力に圧倒されます。レンブラントが生きた時代背景や作品の制作意図などの説明も添付されているため、レンブラントの絵画について詳しく知りたい方にオススメの一冊です。

もっと知りたいレンブラント 生涯と作品

17世紀オランダで活躍した画家レンブラントの生涯と作品についてを紹介する本です。80ページほどの書籍で、掲載する絵画も厳選しており、説明もシンプルに施されているため、レンブラントに興味を持ち、どのような画家なのかを簡単に知りたい方にオススメの一冊です。

レンブラントとフェルメール

ほとんど同時期にオランダで活躍し、「光の画家」と呼ばれたフェルメールと「光と影の画家」呼ばれたレンブラントを対照的に解説しています。絵画の収録点数も比較的多く、時代の流れや画家たちの思想なども説明として盛り込まれているので、この二大巨匠に興味のある方にオススメの一冊です。

おすすめの作品

ポスター レンブラント・ファン・レイン 『夜警』

高級感のある厚めの紙を使用し、印刷にもこだわり抜いているため、本物の質感が伝わってくるようなポスターに仕上がっています。サイズはA3(297mm×420mm)のためインテリアとしても手頃なサイズです。「夜警」はレンブラントの代表作なので、レンブラントファンの方にはおすすめです。

キャンバス画 レンブラント テュルプ博士の解剖学講義

レンブラントの代表作「テュルプ博士の解剖学講義」をキャンバスに印刷した商品になります。高画質を追求しているため、本物を忠実に再現しています。サイズは3種類から選べるため、お好みに合わせて指定が可能です。

レンブラント 絵画インテリア 肖像画

レンブラントが多く手掛けた肖像画作品の一つです。高品質なアクリル塗料を使用しているため、発色が良く、作品を鮮明に再現しています。サイズは50cm×70cmなので、壁に飾るのにちょうど良い大きさとなっています。

おすすめの映画

レンブラント

17世紀オランダで活躍し、人生の酸いも甘いも噛み分けたレンブラントの人生を描いた伝記映画となっています。画家としても有名なシャルル・マトンが監督を務め、主演にクラウス・マリア・ブラウンダウアーを迎えています。映画を楽しみながらレンブラントについて知りたいという方におすすめです。

レンブラントの夜警

レンブラントの代表作でもあり、世界的な名画としても知られている「夜警」について、その裏側に潜んでいる謎に迫るという趣旨の作品となっています。第64回ヴェネチア国際映画祭正式出品ミンモ・ロテッラ賞を受賞した傑作です。

パッション

名画を再現する監督と工場を解雇された労働者が協力し、レンブラントの「夜警」、ゴヤの「裸のマハ」、アングルの「小浴女」、ドラクロワの「十字軍のコンスタンチノープル入城」などを再現する様子を描いています。1982年カンヌ国際映画祭フランス映画高等技術委員会賞受賞作品です。

レンブラントファンレインについてのまとめ

今回の記事ではレンブラントファンレインの生涯やエピソードについてご紹介させていただきました。

画家として若い頃から評価され、活躍してきた一方で、私生活の面では酸いも甘いも噛み分けたレンブラントは高い才能を持ちながらも人間味のあふれる一面を持っているのでした。絵画における「光と影の魔術師」は人生における”光と影”も存分に味わったのです。

この記事をきっかけにさらにレンブラントファンレインに興味を持っていただけると幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1 2 3

コメントを残す