小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ピカソとはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や死因、凄さのワケ、名言、作品も紹介】

パブロ・ピカソ(1881-1973)はスペインのマラガで生まれ、フランスにて制作活動を行った芸術家です。

油絵、素描(白黒のみで描かれた完成形のデッサン)、版画、彫刻など、総計で生涯におよそ14万以上の作品を世に送り出し、その功績から多くのメディアで「最も多作な芸術家」だと言われています。実際その作品数はギネス記録にも認定されました。

パブロ・ピカソ

また、ピカソは『キュビズム』と呼ばれる美術の革命的な技法を生み出したことで有名です。キュビズムとは、遠近法など1つの視点からではなく、様々な視点から描く美術技法のことで、「3次元を2次元に省略した描き方」とも言われています。フランスの画家「ジョルジュ・ブラック」と共に、ピカソはキュビズムの創始者として知られています。

つまり、ピカソは芸術家として革命的な人物であるからこそ、有名になったのだと考えられます。しかし、「ゲルニカ」や「アビニヨンの娘たち」といったピカソの名作は、素人にはどう上手いのかわかりません。ただ本記事を読み進めれば、ピカソの芸術家としてのスゴさが理解できるでしょう。

ピカソってどんな人?

名前パブロ・ディエゴ・ホセ
・フランシスコ・デ・パウラ
・ファン・ネポムセーノ
・チプリアーノ・デ・ラ
・サンティシマ・トリニダード
・ルイス・イ・ピカソ
通称パブロ・ピカソ
誕生日1881年10月25日
生地スペイン マラガ市
没日1973年4月8日(91歳)
没地フランス南部 ニース
配偶者オルガ(1955年没)
ジャクリーヌ・ロック
埋葬場所スぺイン ヴォーヴナルグ城

ピカソの生い立ちと死因は?

ピカソはユーモアに富んだ人物だった

ピカソはスペインの最南部にある港町「マラガ」でピカソ家の長男として生まれました。父は美術教師のホセ・ルイス・ブラスコ。母はマリア・ピカソ・ロペスです。幼少期は父から絵を学んだと言われています。

そんなピカソの死因ですが、「急性肺水腫」という肺胞に水が溜まって呼吸困難になる病気です。呼吸ができず苦しんでいる姿を、当時の妻ジャクリーヌが発見し、医者を呼んだものの助からなかったそう。彼は亡くなる半年前からアトリエに籠って制作活動に没頭しており、死ぬ間際まで作品の発想が途切れないほど元気だったと言われています。

ピカソの本名はなぜ長い?

ピカソの本名は非常に長いことで有名です。なぜこれほど長いのかというと、キリスト教の洗礼名と、血縁関係の名前を複雑に混ぜているから。後半の「ルイス・イ・ピカソ」は父方と母方の姓を合わせたものです。しかし故郷スペインのマラガ市では「ルイス」がありふれた姓だったので、画家になったピカソはルイスを省き「パブロ・ピカソ」と名乗るようになりました。

ちなみにこの長い本名はピカソ本人も覚えきれていなかったらしく、その影響からか歴史書やインターネットでも多少違う名前、順序で説明されることがあります。

ピカソの有名作品は?

ピカソ『泣く女』

ピカソの作品は数えきれないほどありますが、中でも最も有名なのは以下の3つです。

  • アビニヨンの娘たち(1907年)
  • ゲルニカ(1933年)
  • 泣く女(1937年)

3作品とも「キュビズム」の技法を用いた代表作。特に「ゲルニカ」はスペインにあるソフィア王妃芸術センターに保管され、値段がつけられないほどの価値があると言われています。ちなみにピカソの愛人を描いた「泣く女」は100種類以上が存在するとされ、その中の1つは10億円で売られたとのこと。ピカソの絵には物凄い価値があるとわかりますね。

ピカソの名言は?

I do not seek, I find.
私は捜し求めない。見出すのだ。

パブロ・ピカソ

Good artists copy, great artists steal.
優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。

パブロ・ピカソ

Love is the greatest refreshment in life.
人生で最もすばらしい癒し、それが愛なのだ。

パブロ・ピカソ

People want to find a meaning in everything and everyone. That’s the disease of our age…
人はあらゆる物や人に意味を見出そうとする。これは我々の時代にはびこる病気だ。

パブロ・ピカソ

He can who thinks he can, and he can’t who thinks he can’t. This is an inexorable, indisputable law.
できると思えばできる、できないと思えばできない。これは、ゆるぎない絶対的な法則である。

パブロ・ピカソ

I paint objects as I think them, not as I see them.
私は対象を見たままにではなく、私が思うように描くのだ。

パブロ・ピカソ

I don’t believe the subject as a thing. I believe in a theme expressed using symbols. Goya does it on May 3rd. For a long time there was also the expression of death with the skull.
私はものとしての主題は信じない。信じるのは、象徴を用いて表現されたテーマだ。ゴヤは「5月3日」でそれをやっている。ずっと昔から、頭蓋骨で死を表現するというのもあった。

パブロ・ピカソ

ピカソにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「ピカソは9人の女性と関係を持ったクズ男」

ピカソとマリー

ピカソは女性関係にとても奔放だったことで有名です。2度の結婚をしており、妻や愛人との間に4人の子どもを授かっています。死ぬまでにできた愛人の数は、ハッキリわかっているだけでも7人です。

ピカソと女性に関する逸話は書ききれないほどあるのですが、中でも6人目の相手「マリー」を口説いたエピソードは強烈です。デパートにいたマリーに一目ぼれしたピカソは、初対面にも関わらず腕を掴み、「君の絵を描きたい。私はピカソだ」と告白したそうです。非常に自信家だったことが女性には魅力的に映ったのかもしれませんね。

都市伝説・武勇伝2「ピカソは”モナリザ”を盗んだ容疑で逮捕された」

ピカソは30歳のころ、レオナルドダヴィンチの「モナリザ」をルーヴル美術館から窃盗した罪で逮捕されました。逮捕の理由は、過去に知人からルーヴルで盗んだ彫刻を受け取ったことがあり(後日盗品と気付いたピカソは返品している)、その記録が残っていたから。

ただ、この事件はあくまでピカソが容疑者としてマークされたに過ぎず、実際は証拠不十分で不起訴となりました。後日ルーヴル美術館の塗装職人が本当の犯人として逮捕されています。

ピカソの生涯を簡単に年表でまとめると?

1881年
スペインのマラガで生まれる
ピカソはスペインのアンダルシア地方マラガ市にて誕生しました。顔は母に似ているとされ、体系的にも非ヨーロッパ的であったそう。
1895年
バルセロナに移住
父親の転勤の影響で、生まれ故郷マラガとは遠く離れた「バルセロナ」に移住します。美術学校にも通いますが、ほとんどの技術は学校ではなく父親からの教えと独学で覚えたとされています。
1897年
国展で初の入賞
わずか15~6歳にして、大作『科学と慈愛』がマドリード開催の国展で佳作に選ばれ、同時にマラガの展覧会で金賞を受賞。ピカソにとって最初の成功体験となりました。
1900年
友人と共に初めてのパリ訪問
バルセロナのカフェで出会った画家の「カサヘマス」と、共同のアトリエを持つほど仲良くなったピカソ。彼と連れ立ち、芸術の都市パリへ初訪問します。
1901年
パリで初めての個展開催
パリのラファイエット通りにある小さなギャラリーで、正式には初となる個展を開催。この年が「青の時代」の始まりだとされています。青の時代とは、ピカソ芸術観の変化を示した時代区分の1つです。
1907年
『アビニヨンの娘たち』を製作
25歳の時、キュビズムを用いた初めての大作「アビニヨンの娘たち」を制作します。以後キュビズム革命の発端となった作品として知られるようになりました。
1918年
オルガ・コクローヴァと自身初の結婚
ピカソより10歳年下のオルガと結婚。第一次世界大戦期に、ロシア・バレー団という演劇団の舞台芸術を手伝った際に出会いました。
1937年
『ゲルニカ』を制作
スペインの田舎町ゲルニカがドイツ軍に爆撃されたことをキッカケに、ゲルニカの制作を決意。たった1か月ほどで完成した作品は、反戦を表す戦争画としても話題となりました。
1954年
ジャクリーヌ・ロックと共同生活、最後の結婚
陶芸がキッカケでジャクリーヌと出会い、フランス南部にて同棲を始めます。1961年に結婚し、ピカソが亡くなるまで画家としての活動に専念できるよう尽力しました。
1973年
急性肺水腫により91歳で死去
晩年は南フランスのムージャンにある自宅と、エクス・アン・プロヴァンスという町にあるアトリエを行き来しながら、制作活動に没頭。91歳で自宅にて亡くなりました。

ピカソの生涯を具体的に年表でまとめると?

1881年 – 0歳「スペインのマラガ市で生まれる」

ピカソ家のルーツ

ピカソの祖父ディエゴは11人の子を授かり、その9番目の子ども「ホセ」がピカソの父親に当たります。そんな父親の血統はスペイン南北地方にルーツがあるとされています。

母方の父ドン・フランシスコ・ピカソはマラガの役人で、ピカソの母親マリアもマラガに住んでいましたが、その血統はイタリアにあります。そのため、ピカソはスペイン南北地方の親を持ちながら、イタリアの血も混ざっているという複雑な血統を持っているのです。

ピカソは難産だった

ピカソは産まれるときに、助産師から「死産です」と言われるほどの難産でした。産声を上げなかったピカソを助産師はテッキリ亡くなったものだと捉えたそうです。

しかし医師であり、ピカソの叔父にあたるドン・サルバドール氏が葉巻の煙を顔面に吹きかけたところ反応し、無事に産声を上げたそうです。このエピソードはピカソ自身、何度も母親から聞かされたと言われています。

1895年 – 14歳「バルセロナに移住する」

バルセロナ ピカソの壁画

10歳で「ラ・コルーニャ」、14歳で「バルセロナ」へ

10歳でスペイン西北部に位置するラ・コルーニャへと移住。その理由は父親のホセが同市にあるダ・グワルダ工芸学校の美術教師と、地域の美術館にある学芸員になるため転勤となったからです。

その4年後に再び転勤が理由でバルセロナへと移住。バルセロナでは美術学校に通い、同年にはスペイン最高峰の美術学校であるマドリードの王立美術学校にも行くようになりますが、早々に学校を辞めています。既存の美術技法では満足いかなかったことが原因です。

ピカソと芸術が結びついた理由は「父親の職業」

ピカソの父ホセは、美術工芸学校の講師を務めていました。そのため、幼少期から美術に触れる機会は多く、基本的な技術はほとんど父から学んでいます。

実際に14歳で描いた作品『ひげを生やした老人の肖像』は、古典的な技術を十分に吸収しており、中学生とは思えないクオリティに仕上がっています。当の父親もこの作品をみて以降、ピカソのためにアトリエを借りるなど技術力の高さを認めていたとされています。

1897年 – 15歳「国展で入賞体験。実力が世に知られる」

ピカソ『科学と慈愛』

初の受賞作『科学と慈愛』とは?

ピカソ最初の話題作となった『科学と慈愛』は、科学の象徴である医者と、死にかけの病人、そして慈愛や恩寵を表す尼僧の3人が描かれており、デッサン・構図共に15歳とは思えないほど高レベルな作品です。

そんな本作は、美術教師である父親がコンクール入賞を狙って描かせた作品であり、「死」をテーマにしていたそう。本作は結果的に入賞したのですから、ピカソの才能もさることながら、父親の教育もかなり熱心だったことが伺えますね。

あまりのレベルに審査員はもめた

マドリードの国展に出品された本作は、プロである審査員にとっても驚異的なレベルであり、「本当に15歳が描いたのか?」と議論になったそうです。その結果大賞ではなく「佳作」に落ち着いたものの、ピカソの実力が世に知れ渡るキッカケとなりました。

ちなみにその後、『科学と慈愛』はピカソの地元マラガのコンクールに出品され、そこでは見事金賞に輝いています。

1900年 – 19歳「芸術の都『パリ』に初訪問」

若き日のピカソ

友人のカサヘマスと共にパリへ

ピカソは絵を描くとき以外は仲間と交流するのが好きだったようです。バルセロナのカフェで出会った仲間の一人が「カサヘマス」でした。ピカソは初のパリ訪問の付き添いや、共同のアトリエを持つほど彼を慕っていたそうです。

しかし、カサヘマスはパリで出会った女性モデルのジェルメールに恋をし、失恋したことをきっかけに自殺してしまいます。しかも自殺の理由は、カサヘマスが性的に不能だったからということなので、自らに失望して心中を計ったことが見て取れます。

カサヘマスを悼むため描いた作品『招魂』

ピカソはマドリードにいたため、パリで自殺した親友に立ち会うことができませんでした。そのため、追悼の意を込めた絵画を複数描いています。その一つが『招魂』で、副題には「カサヘマスの埋葬」と付けられ、不幸な死を悲しむ心情が込められました。

ただ、親友の死を悼むために製作された作品をキッカケに、ピカソは後に説明する「青の時代」へと突入します。つまり、ピカソ自身が成功する初期の画風を見出せたのは、親友の死があったからこそであり、人間関係が画家に与える影響は多大だと言えるのです。

1901年 – 19歳「ピカソ『青の時代』へ」

ピカソ作『青い部屋』

親友の死によって「青の時代」が始まる

ピカソは作風が何度も変化した画家として有名であり、その最初が「青の時代」です。これはその名の通り、青色で絵全体が覆われた作品ばかりを描いたことから名づけられました。

また絵の色調だけでなく、登場する人物も盲人や乞食といった、当時社会の端に追いやられていた人ばかりという特徴が見られます。親友の死を悲しみ、憂鬱な気持ちになっていた若者ピカソの心情が、そのまま作風にも表れたのですね。

その後の作風の変化は?

ここで少し先回りをして、ピカソの作風を示した「時代」をいくつか紹介します。

  • 青の時代
  • バラ色の時代
  • アフリカ彫刻の時代
  • キュビズムの時代(初期/分析的/総合的)
  • 新古典主義の時代
  • シュルレアリスムの時代
  • 戦争の時代

他にもいくつか作風の変化は見られるのですが、主な時代は上記の通りです。バラ色の時代はピンクやオレンジといった色彩が多かったり、アフリカ彫刻の時代は彫刻をベースとした絵画が増え、後の「キュビズム」に繋がったりと、ピカソの人間関係や気分・社会背景に影響されながら、変遷していったことがわかります。

※新古典主義の時代…古典的な技法と、彫刻的でボリューム感のある感じが混ざった作風
※シュルレアリスムの時代…超現実主義という、無意識や夢などに注目する考えを投影している時代。非現実的な形態や、怪物のようなものが多く描かれています。

1907年 – 27歳「『アビニヨンの娘』のスゴさとは?」

ピカソ作『アビニヨンの娘』

『アビニヨンの娘』とは?

美術の教科書や、メディアなどで一度は目にしたことのあるピカソの代表作が『アビニヨンの娘』です。娼婦のいる店の入り口を題材とした本作は、アフリカの彫刻のような野性味と、「バラ色の時代」を象徴する明るい色彩、そして後に代名詞となる「キュビズム」の技法が混ざっています。

つまり、ピカソがバラ色の時代から革新的なキュビズムを創作するまでの作風の変遷がハッキリ表れている作品なのです。この革命的な部分が現代では評価されていると言われています。

しかし!製作当時は困惑を生んだ…

題材は娼婦。しかも「キュビズム」という当時ではワケのわからない技法が入り込んだせいで、人々には無謀な実験的作品としか思われませんでした。

親友にも悪評を言われたり、「衝撃的であることは認める」などのピンとこない評判を生むだけだったりと、アビニヨンの娘は人々を困惑させるだけの作品として終結したそうです。しかし、現代ではピカソ本人の革新的技法を称える名作として高い評価を受けています。

1918年 – 37歳「オルガとの初結婚」

ピカソとオルガ

初の息子を授かった相手オルガ・コクローヴァ

第一次世界大戦が勃発し、戦火から逃れるためにローマへと渡ったピカソ。ローマで公演を控えるロシア・バレー団を手伝っていたところ、出会ったのがオルガでした。彼女はバレー団の一員であり、ロシア女性特有の豊満な体型をしていたゆえに、ピカソの描く女性像にも影響を与えたそうです。

1918年にピカソ自身初の結婚、1921年には初めての息子パウロを授かるなど、オルガとは当初順風満帆な日々を送りました。

奔放な女性関係が生んだ悲劇

しかし自由奔放なピカソの性格に愛想をつかし、次第に夫婦関係は疎遠になります。そして1935年からは別居を始め、離婚を考えるも「資産を半分渡さねばならない」ということが判明し、別れることが出来ませんでした。

そして結局1955年、ピカソとの関係悪化から発生した精神病をキッカケにオルガは亡くなります。亡くなるまで結婚は続いたとはいえ、存命の際もピカソは「マリー」という17歳の女性と密会を続けるなど、奔放な生活をしていました。ちなみにマリーは22歳のとき、ピカソとの間に娘を授かっています。

1937年 – 57歳「代表作『ゲルニカ』を完成させる」

ピカソ『ゲルニカ』

『ゲルニカ』とは?

誰しも一度は見たことがある『ゲルニカ』とは、一体どんな作品だったのでしょう?

ゲルニカが誕生したのは、1937年4月26日にドイツ軍がスペインの田舎町ゲルニカを爆撃したことがキッカケです。当時ピカソはパリで開かれる大規模な展覧会の壁画を描く予定でした。しかし爆撃のことを聞いたため予定を変更し、急遽ゲルニカの制作を決めたのだそう。

それだけこの非人道的行為に怒っていたことがわかります。ピカソは平和主義者だったとも言われていますが、その所以はゲルニカ製作にあったのです。

『ゲルニカ』の絵を簡単に解説

『ゲルニカ』はいななく馬の表情や、苦しむ母親と児童などが描かれています。ピカソはゲルニカを「反戦を表す絵画」としてパリの展覧会に出品すべく、わずか1か月弱という急ピッチで完成させました。

本作が人々に強烈なインパクトを与える理由は、「怒り、悲しみ、苦しんでいる人々や動物の姿がある」「ピカソの絵は色彩が多いのに、本作は全てモノクロ」という、誰が見ても強烈な印象を与えているからに他なりません。

しかし絵の要素だけではなく、戦争に憤り、当時オルガやマリーなどといった女性関係に悩まされていたピカソの複雑な心情が表れているからこそ、ゲルニカは今も人々の心を掴んで離さないのだとも言われています。とにかく複雑で、解説が難しい作品なのですね。

1961年 – 80歳「ジャクリーヌと自身2度目の結婚」

ジャクリーヌ・ロック

ピカソ最後の女性「ジャクリーヌ」とは?

1953年、ピカソが72歳のときに出会った26歳の女性がジャクリーヌ・ロックです。ピカソは彼女に惚れ、バラの花を届けるなど熱心な求愛行動が実を結び、愛人関係がスタートしました(当時ピカソはオルガと結婚中)。

ジャクリーヌは非常に献身的な女性だったそうです。1961年に結婚して二人の家へと引っ越してからは、訪問者を厳しく制限することで制作活動に没頭させるなど、ハウスキーパー的な役割を全うしました。

ピカソを捨てた唯一の女「フランソワーズ」

フランソワーズ・ジロー

ピカソの女性関係を語るうえで切っても切れないのが「フランソワーズ・ジロット」という女流画家の愛人です。1943年から付き合いを始めたフランソワーズは、独占欲の強さからピカソとの間に2人の子をもうけます。

しかし、性急な彼女はピカソとの愛人関係を早々に諦め、ギリシャ人男性と不倫をします。そうしてピカソは初めて女性に捨てられたのです。その後、フランソワーズはピカソとの事柄を週刊誌に載せるなどして揉めます。このことによりフランソワーズは非難されますが、ピカソという人間分析に多大な貢献をしたことは間違いない女性なのです。

1973年 – 91歳「ピカソの死と没後の出来事」

ピカソの晩年と死

最後の妻ジャクリーヌの献身があり、ピカソは南フランスにある2つのアトリエを行き来しながら、各種の制作活動に打ち込んでいました。90歳を超えてもなお150点をこえる連作を次々に生み出し、パリの画廊で展示されるなど、最後まで芸術家としての人生をまっとうしています。

そして1973年の4月8日。91歳という長い人生に幕を降ろしたのです。死因は肺胞に水が溜まって呼吸困難に陥る急性の肺水腫でした。

没後の出来事(遺産、ゲルニカ返還)

『ゲルニカ』が展示されるソフィア王妃芸術センター

ピカソは遺書も残さずに亡くなり、美術品や金銭など総額690億円もの遺産が残りました。その相続問題は荒れに荒れ、1977年まで決着がつかない事態となったそう。結局ジャクリーヌや長男ポールの子ども、愛人フランソワーズの子どもなど6人に分配されました。

また、ピカソ最高傑作ともいえる『ゲルニカ』がスペインに返還されます。「返還」とはいっても、実はゲルニカがスペインに来るのは初めてのこと。これまでスペインに置けなかった理由は、ゲルニカがスペインの独裁者フランコを非難した絵であったため。フランコの死によって実現したとされるゲルニカ返還は、当時の国民に喜びと困惑を生みました。

ピカソに関する作品って?

おすすめ書籍・本・漫画

ピカソ


生前のピカソと交流のあった美術評論家「瀬木慎一」氏の考察が見事です。まるでピカソが今もそこにいるかのように、性格や生き方、作品の魅力をわかりやすく理解できます。

もっと知りたいピカソ~生涯と作品~(アート・ビギナーズ・コレクション)


タイトルに「ビギナーズ」という言葉が入っているように、ピカソ初心者の方が最初に読むべき入門書です。ピカソの生涯から、美術の基本的知識まで、網羅的に学ぶことが出来ます。

美の20世紀〈1〉ピカソ


大型のピカソ画集です。ピカソを知るうえで、描いた作品を見ることは非常に重要。そういった意味では画質がよく、価格も比較的安い本書は非常にオススメできます。

おすすめ動画

100人の20世紀「ピカソ」

ピカソの周辺人物や、アトリエなどゆかりのある地を巡りつつ、人物像と人生を明らかにしていくドキュメンタリー番組です。ピカソ初心者向けの動画となっています。

おすすめ映画

ミステリアス ピカソ ~天才の秘密~


ピカソの制作過程を単調に撮影している映画なのですが、なぜか引き込まれ、楽しめる映像となっています。ピカソの絵に対する情熱と技術の高さはもちろん、本映像にしか登場しない作品が把握できるため、ピカソファンは必見の映画です。

ヒトラーvsピカソ~奪われた名画のゆくえ~


ナチスドイツの総統ヒトラー。彼が奪ったとされる美術品と、その行方を描いたドキュメンタリー映画です。ピカソを含め、ヒトラーに振り回される芸術家たちの人生が垣間見えます。

おすすめドラマ

ジーニアス・ピカソ

ピカソと同じスペインマラガ市生まれの俳優「アントニオ・バンデランス」がピカソ役を演じた2018年放送のドラマ。ピカソの人生、女性関係、社会背景や名作の秘話など、ピカソの全てをドラマとして、わかりやすく学ぶことができます。

ピカソ関連外部リンク

ピカソについてのまとめ

本記事では、世界で最も多くの作品を残したピカソ91年の生涯を、様々な視点からまとめました。

幼少期から美術に没入し、作風を何度も変更しながら『ゲルニカ』など多くの名作を生み出したピカソ。そんな彼の根本には「人間関係」があり、多くの女性との経緯や、親友の死などを乗り越えているからこそ、単純なようで味わい深い「キュビズム」を生み出せたのだろうと思います。

筆者としては本記事をキッカケに、ピカソはもちろん、美術の世界に興味を持って頂けたら嬉しいです。

【ピカソクイズ#1】20世紀最大の巨匠の知られざる姿とは

コメントを残す