小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

第二次世界大戦における日本の戦力や死者数は?参戦した経緯や影響も解説

「日本はどのように第二次世界大戦に参戦したの?」
第二次世界大戦時の日本軍の戦力が知りたい!」
「もし日本が勝っていたらどうなってた?」

1941年12月8日午前1時30分(日本時間)、アメリカ領ハワイの真珠湾にあるアメリカ軍基地に対して日本は奇襲攻撃をかけました。そして同日午前4時20分にアメリカに対して宣戦布告を行い太平洋戦争が勃発、これにより日本は第二次世界大戦に参戦しました。

激動の昭和半ばに起こったこの戦争は、その後の日本に計り知れない程の大きな影響を与えました。あまりの変化に「あの時こうしていたら」「もし戦争に勝っていたら」などと今でも語られています。

この記事では第二次世界大戦に日本が参戦することになった経緯や戦争から受けた影響、当時の日本の戦力などをご紹介します。

日本は第二次世界大戦にどのように参戦したのか?

第二次世界大戦の大まかな流れ

第二次世界大戦

1939年9月1日、アドルフ・ヒトラーによるドイツ軍のポーランド侵攻が開始され、2日後の9月3日にイギリスとフランスがドイツに宣戦布告したことで第二次世界大戦は始まりました。9月17日にはソビエト社会主義共和国連邦がドイツの侵攻に対抗してバルト三国とフィンランドに侵攻を始めます。

アドルフ・ヒトラー

1940年に入るとドイツはさらに侵略を続けノルウェーやフランスを攻略しますが、イギリス上陸作戦に失敗しソ連侵攻を目論み始めます。9月の下旬にはドイツは日本、イタリアと日独伊三国軍事同盟を締結しました。

ドイツはソ連に侵攻を始め、日本がマレー半島とハワイを攻撃しイギリスやアメリカなどの連合国に宣戦布告します。これによって戦争は世界に広がり第二次世界大戦は激しさを増していきました。

快進撃を続けたドイツと日本でしたが徐々に連合軍に圧され始めます。1945年に連合軍とソ連軍がドイツ本土に侵攻、包囲された総統アドルフ・ヒトラーは4月30日に自ら命を絶ちます。日本は6月に沖縄戦で初めて本土を失い、8月には広島と長崎が原子爆弾の標的となります。

原子爆弾投下後の広島

1945年8月14日に日本はポツダム宣言を受諾し、約6年間続いた第二次世界大戦は終戦を迎えました。

日本の参戦と太平洋戦争

出兵する兵士たち

太平洋戦争とは第二次世界大戦の中でも日本対アメリカの争いのことを指しています。「太平洋戦争」という言い回しはアメリカなどの連合国側から見た呼称で、戦時中の日本国内では「大東亜戦争」と呼ばれていました。

中国に駐留していた大日本帝国陸軍の関東軍が1931年に起こした満州事変を発端として、日本と中国の抗争は激しさを増していました。そしてついに1937年に日中戦争が勃発し日本と中国の関係は悪化の一途をたどります。

泥沼化する戦局を打開するため、中国への補給物資を支援していたフランス領インドシナ政府に日本政府は圧力をかけます。これに反発する米英をけん制するため1940年に日独伊三国軍事同盟を締結させますが、かえって関係を悪化させる結果になり度重なる話し合いもむなしく交渉は決裂してしまいます。

真珠湾攻撃

1941年12月8日未明にイギリス領マレー半島とアメリカ領ハワイの真珠湾に奇襲攻撃を仕掛けたのち、宣戦布告を行い太平洋戦争が勃発しました。

第二次世界大戦による日本の死者数は?

第二次世界大戦における日本の戦没者数は約310万人とも言われ、そのうち軍人の戦死者数は日中戦争での犠牲者も含み約230万人とされています。

残り約80万人が軍人を除く民間人の被災者ということになります。日本国内で唯一戦場となった沖縄戦では12万人以上、東京大空襲約で約10万人、広島と長崎への原爆投下で20万人以上の民間人が犠牲となりました。

日本の戦力は?代表的な戦闘機や戦艦

零式艦上戦闘機

零式艦上戦闘機

零式艦上戦闘機は第二次世界大戦時に活躍した通称「零戦(れいせん、ゼロセン)」と呼ばれる日本でもっとも有名な戦闘機です。太平洋戦争の初期にはアメリカ兵に「地獄への使者」と恐れられ、空中での戦闘においてはほぼ無敵を誇っていました。

当時の他国の戦闘機と比べても非常に長い航続距離を持ち、3350キロもの距離を給油なしで飛行することができたといいます。爆撃機などの大型機を一撃で撃墜するため、当時としては強力な20mm機銃が搭載されていました。

また零戦は機動力を上げるための徹底した軽量化が行われていました。そのため防弾燃料タンク、防弾板、防弾ガラス、自動消火装置などが搭載されておらず、被弾に弱かったという側面もあります。

米国プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館所有の飛行可能な零戦

現存する機体は「国立科学博物館」を始め日本国内外の資料館や博物館で展示されていてます。中には整備・修復が施され今でも飛行可能な機体もあり、航空ショーや映画の撮影に使用されているようです。

戦艦「大和」

航行中の戦艦「大和」

「大和」は大日本帝国海軍によって建造された戦艦で、姉妹艦である「武蔵」とともに世界で一番の大きさを誇りました。排水量64000トンと主砲として搭載された3基の46センチ砲はどちらも史上最大級です。

昭和16年に竣工したあとは連合艦隊の旗艦となり、翌年の6月にミッドウェー海戦で初陣を飾ります。その後「史上最大の海戦」とも呼ばれたレイテ沖海戦に旗艦として姉妹艦「武蔵」とともに出撃しますが、「武蔵」は撃沈されその他多くの艦艇を失います。

「大和」自慢の46センチ砲

「大和」のような巨大な艦で大口径の砲を備える「大艦巨砲主義」は、ワシントン海軍軍縮条約を機に勢いを失っていました。太平洋戦争時にはいかに制空権を奪うかが戦術の要となっていて、「大和」の建造は時代の流れに反した動きといえました。

それを証明するように1945年4月7日の坊ノ岬沖海戦において、アメリカ軍戦闘機からの総攻撃を受けて撃沈されています。

空母「赤城」

空母「赤城」

「赤城」は日本海軍初の大型空母です。当初「赤城」は空母としてではなく天城型巡洋戦艦として建造が開始されましたが、1922年に締結されたワシントン海軍軍縮条約によって主力艦の建造が制限されたため計画が変更され空母「赤城」が誕生しました。

初期の赤城は三段式の甲板を備えており中段の甲板に20cm連装砲2基、後部両舷にそれぞれ単装砲を3基ずつを装備していました。その後、一段全通式の甲板に延長され、一般的に知られる大型空母の形に改造が施されました。

改造前の三段式甲板

1942年6月に「赤城」は、同じく空母「加賀」「蒼龍」らとともにミッドウェー海戦に出撃します。しかしアメリカ軍により暗号を解読され作戦が筒抜けだったため、先制攻撃された「赤城」他2隻の空母はなすすべなく撃沈させられてしまいました。

戦後の日本:第二次世界大戦が日本に与えた影響とは?

帝国主義から民主主義へ

昭和天皇とマッカーサー元帥

明治時代から第二次世界大戦が終結するまで日本は帝国主義国家でした。「大日本帝国」としていくつもの植民地を抱え、軍事力を最優先する軍国主義国家でもありました。

明治維新後の日本は列強諸国に追いつくため日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦などを経験し、着実に力を付けていました。そして第二次世界大戦中には軍国主義を振りかざして国民を強制的に徴兵し、国の決定に従わぬものは非国民として処罰したのです。

敗戦後、アメリカは日本を「GHQ」の監督下に置くと民主主義を植え付けるべく、教育の自由、男女平等、労働組合の推進、農地解放などの政策を推し進めました。そして大日本帝国憲法を改正を迫り、「日本の民主的変革の基本原理」とする日本国憲法を施行させました。

経済復興と産業の発展

戦後の東京

太平洋戦争後における日本の「戦後復興期」は最も成功した例として世界的にも有名で、復興期から高度経済成長期を迎えた日本の戦後は「奇跡の復興」とも呼ばれました。

戦後すぐは食糧難や失業などで混乱を極めましたが、進駐軍工事や公共施設の復興工事などで立ち直った建設業が一早く復興のため立ち上がります。さらに1950年から始まった朝鮮戦争が大きな需要を生み戦後不況を脱することが出来ました。

その後、1955年ごろから本格的な高度経済成長期を迎え、「神武景気」「岩戸景気」「いざなぎ景気」などの好景気が日本の経済と産業の発展のきっかけとなりました。

もし日本が勝っていたらどうなってた?

ミッドウェー海戦において回避行動中の空母「飛龍」

もし日本がミッドウェー海戦で勝利していたとしたら、または第二次世界大戦で連合国と敵対したドイツや日本を含む枢軸国が勝利していたとしたら今の日本はどうなっていたでしょうか。

戦争終結後には帝国主義や軍国主義は一旦は身を潜め、天皇と一部の位の高い軍人が権力を持つ国家になっていたのではないでしょうか。とは言えひとたび戦争となれば、また帝国主義や軍国主義が顔を出して第二次世界大戦の二の舞となり、いつの日か敗戦国になっていたでしょう。

第二次世界大戦中の日本を描いた作品

映画「トラ・トラ・トラ!」

日米合同で制作され1970年に公開された大日本帝国海軍による真珠湾攻撃をめぐる映画です。1970年のアカデミー賞で視覚効果賞を獲得しました。作品名の「トラ・トラ・トラ」とは日本軍の真珠湾攻撃成功を知らせる暗号で、「ワレ奇襲ニ成功セリ」という意味があります。

映画「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッドが監督を勤めた2部作で、第二次世界大戦中で最大の戦闘といわれた硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いたアメリカの戦争映画です。両作ともに日本での評価が高く、ブルーリボン賞や日本アカデミー賞など数々の賞を受賞しています。

第二次世界大戦中の日本に関するまとめ

いかがでしたか?

現在の日本が生まれる大きなきっかけとなった第二次世界大戦への参戦。太平洋戦争が起こらなかったら今の暮らしは無かったかもしれません。現在の豊かな日本が生まれるために大きすぎる代償と犠牲を払ったことを、私たちは決して忘れてはいけません。

過去を知ることによって学ぶことは数多いです。ぜひ今一度、第二次世界大戦について勉強し直しませんか?

コメントを残す