小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ヒポクラテスとはどんな人? 生涯・年表まとめ【「誓い」や名言・功績なども紹介】

ヒポクラテスは古代ギリシアの医師です。ヒポクラテス以前の医学は、迷信や呪術のようなもので構成されていましたが、ヒポクラテスは臨床と観察を重点的に行い、科学的に医療することを始めました。

ヒポクラテスは今までの医学の概念を一気に塗り替えたことで、大きく医学を進歩させ他人物なのです。

医学の父とも言われるヒポクラテス

著作である「ヒポクラテス全集」の「ヒポクラテスの誓い」は現代まで語り継がれており、今なお現代医学に大きな影響、反響を及ぼしています。こういった偉大な経歴・功績のあるヒポクラテスですが、実は神殿に放火をしたという逸話もある、謎多き人物です。

この記事ではそんなヒポクラテスの生涯や功績、名言、謎多き逸話を解説していきます。ぜひとも参考にしてください。

ヒポクラテスとはどんな人物か

名前ヒポクラテス
誕生日紀元前460年頃
没日紀元前370年頃
生地ギリシャのコス島
没地江戸ギリシャのラリサ
呼称医学の父、疫学の祖

ヒポクラテスの生涯をハイライト

医学の父とも言われるヒポクラテス。はじめに彼の人生を簡単に説明してきます。

ヒポクラテスは紀元前460年ごろ、エーゲ海南東部にあるギリシャのコス島で生まれました。医者である父のヘラクレイデスと祖父から医学を学び、その後はコス島のアスクレピオス神殿で医術をより高めたと言われています。

ヒポクラテスが医術を学んだコス島のアスクレピオス神殿

医学を学んだヒポクラテスはその後ギリシア各地をめぐり歩き、医学を発展させたと言われていますが、詳しい生涯について詳しいことは分かっていません。数々の地を渡り歩きながら、最終的にはギリシャ中部の都市ラリサにて紀元前370年ごろ、90歳で亡くなったとされています。

その後のヒポクラテスが亡くなった後も、古代ギリシアの医学は、ヒポクラテスの考える医学を重視するヒポクラテス派と呼ばれる派閥ができ、医師のあり方を築いてきました。

そのままヒポクラテスの意思は受け継がれていき、ヒポクラテスの死から約100年後に「ヒポクラテス全集」ができました。この「ヒポクラテス全集」には有名な「ヒポクラテスの誓い」も含まれています

ヒポクラテスの考える医学とは

病気は神の仕業と考えられていた

ヒポクラテスは古代ギリシアの時代でありながら、医学を科学的に考えて、生活習慣や環境によって病気はもたらされるという事を主張しました。

ヒポクラテス以前までの医学は、今とは大きく異なっています。病気というものは、今でいうウイルスや菌、生活の乱れなどで発生するものという考えはなく、呪術や魔術、神の力によって自然的に発生するものだと考えられていました。

簡単に言うと、悪い行いをしたら病気になる、病気になったら信仰が足りていなかった、というような風潮です。当時は神に対する信仰が非常に強かったため無理もありませんが、ヒポクラテスはその概念を打ちこわし、病気とは生活習慣や環境によるものだと主張をしました。

医師であることに厳格な性格だった

医師としてのあり方を説いていたヒポクラテス

ヒポクラテスは医師であることに厳格で近寄りがたい性格だったと言われています。

古代ギリシャの医学はクニドス派とヒポクラテス派に別れていました。このヒポクラテスの性格からか、ヒポクラテス派の医師達も同じように厳格な職業意識を持っており、規律や訓練が非常に厳しかったそうです。

またヒポクラテス派は、医師たるもの身なりを整える、正直になる、冷静でいる、真面目になる、といったことを推奨するなど、今の医師たちにも少なからず影響を与えるような、医師としてのあり方を説いていました。

よく知られる『ヒポクラテスの誓い』とは

「ヒポクラテスの誓い」を医学教育に採用したハレ・ヴィッテンベルク大学

ヒポクラテスといえば「ヒポクラテスの誓い」が最も有名です。ヒポクラテスの死後100年ごろに、ヒポクラテスの意思を継いだヒポクラテス学派の医師たちが作成しました。「ヒポクラテスの誓い」は医師の倫理についての宣誓文で、このようにさまざまな誓約が掲げられています。

  • 医術を教えてくれた先生は敬い、時には助ける
  • 依頼されても人を殺す薬は与えない
  • 害があると分かっている治療法は決して行わない
  • どんな人に対しても平等に医術を行う
  • 他人の生活の秘密は必ず守る

古代ギリシアの時代に作られたものでありながら、現代の医療倫理にも通じていることから、高く評価されていることがうかがい知れます。

ヒポクラテスの功績

功績1「医学を大きく発展させた」

当時使われていた外科医療器具

ヒポクラテスは医学を大きく発展させた人物です。前述したように、当時の医学というのは迷信や呪術といった類の根拠のないものでした。そんな状態からヒポクラテスは、臨床と観察を重視した科学的な医学というものを作り上げます。

こういった観察や経験から、病気とは宗教や神とは関係なく、生活習慣や周囲の環境によるものだとヒポクラテスは主張しました。

現代からすると当然ではありますが、当時としてはこれはすごい発見で、世界で最初にこの考えに至った人物はヒポクラテスと言われています。

功績2「『ヒポクラテスの誓い』が多くの医師に影響を与えている」

「ヒポクラテスの誓い」の宣誓をしていたフランスのモンペリエ大学

「ヒポクラテスの誓い」は現代でも多くの医師に影響を与えています。というのも、現代でもこの誓いは北米では数多くの医学校の卒業式に誓われるほど、医師の職業倫理を重んじる上では大事なものとなっています。

そのため、特に北米の多くの医師はこの「ヒポクラテスの誓い」から「誰に対しても平等に医術を行う」「害のある治療法は決して行わない」などを基本的な医師としての倫理として受け入れています。

ヒポクラテスの名言

ヒポクラテスが描かれた壁画

汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ

ヒポクラテスは食事と医学を結びつけるような言葉が多いです。この言葉も「食事は薬と考えて摂取する」と言っています。

歩くことは人間にとって最良の薬である

現代からしてみると、ウォーキングが体に良いのは当然ではありますが、ヒポクラテスは紀元前400年ごろから、こういった言葉を残しています。

病気は食事療法と運動によって治療できる

現代では生活習慣病という言葉があるように、食事や運動から多くの病気は発症します。また、食事と運動によって治療できるという事は分かり切っていますね。

この言葉からは、ヒポクラテスは食事と運動の大切さを当時から理解していたという事が良く分かります。

ヒポクラテスにまつわる逸話

逸話1「『ナイチンゲール誓詞』を作るのに参考にされた?」

現代でも活用される「ナイチンゲール誓詞」は「ヒポクラテスの誓い」と同様に、医療を行う上での倫理などについて書かれた文書です。1893年にナイチンゲールの偉業をたたえて作成されたもので「害があると分かっている薬は出さない」「患者の秘密は守る」などが誓約として書かれています。

ここまで詳しく読んでくれた方には、ピンときたかもしれませんが「ヒポクラテスの誓い」と内容が少し似ていますよね。それもそのはず「ナイチンゲール誓詞」は「ヒポクラテスの誓い」を参考にして作成したそうです。

現代で新しい誓詞を作るうえでも、何千年も前から受け継がれている「誓い」を参考にされるのは凄いことですね。

ナイチンゲール誓詞とは?意味や和訳・解釈、成り立ちをわかりやすく解説

逸話2「『ヒポクラテス全集』にヒポクラテスは関わっていない?」

ヒポクラテスの誓い

ここまで「ヒポクラテスの誓い」を含む「ヒポクラテス全集」からヒポクラテスの凄さ、影響力を紹介してきましたが、実はヒポクラテスが「ヒポクラテス全集」に関わっているかは、定かではありません。

「ヒポクラテス全集」は紀元前3世紀ごろに、ヒポクラテスに関する書物をまとめてできたものです。紀元前3世紀となると、ヒポクラテスの死後100年ほどが経過しています。

更にどの文書も無記名ということもあり、ヒポクラテスがどれだけこの「ヒポクラテス全集」に関わったのかどうかは答えが出ておらず、未だに謎に包まれています。

逸話3「ギリシャの神殿に放火した?」

現在のコス島

ヒポクラテスはギリシャの神殿に放火したことがある、という逸話が残っています。ただ信憑性は定かではなく、放火した理由もわかっていません。12世紀の文法学者であるヨハネス・ツェツェスによると、ヒポクラテスは医学知識を独占するために生まれ故郷であるコス島の神殿に放火をしたとされています。

また別の説によると、医学を神や宗教などと切り離したことで従来の考えを持っていた勢力が、ヒポクラテスを島から追放するために、放火犯に仕立て上げたとも言われています。

真相はわかりませんが、ヒポクラテスの周りで放火に関する出来事があったことは、間違いないと言えるでしょう。

ヒポクラテスの生涯年表

紀元前460年頃 – 0歳「ヒポクラテス誕生」

コス島にある「ヒポクラテスの木」

医者である父と祖父から医術を学ぶ

ヒポクラテスは紀元前460年ごろ、エーゲ海南東部にあるギリシャ・ドデカネス諸島のコス島で、医者の父・ヘラクレイデスと、母・プラクシテラの間で生まれれました。

その後、祖父から医学を学び、その後はコス島のアスクレピオス神殿で医術をより高めたと言われています。

数々の学問を学ぶ

コス島では医術以外にもデモクリトスとゴルギアスからさまざまな学問を学んだとされています。デモクリトスは古代ギリシアの哲学者で、ソクラテス以前の哲学者でありながら原子という概念を提唱していた非常に頭の良い人物です。ゴルギアスは「この世には本当は何も存在しておらず、存在してようが真実を知ることはできない」というような考えを持つ哲学者です。

また、ヘロディコスというスポーツや体操に詳しい家庭教師からも多くの事を学んだそうです。ヘロディコスはマッサージにも精通しており、こういったヘロディコスの教えが、ヒポクラテスの生活習慣に関する医学を発達させるきっかけになったのかもしれません。

紀元前400年頃 – ??歳「ギリシア各地を遍歴」

ヒポクラテスが旅をしたとされるテッサリアの平原

多くの病気を目にしながら旅を続ける

ヒポクラテスは故郷であるコス島を出て、旅をしながら医学を発展させていきます。コス島からテッサリアへ行き、トラキアを経てマルマラ海まで旅を続けたそうです。日本でいうと本州を縦断するような距離です。

このヒポクラテスの旅についてや生涯については、分かっていることが非常に少なく、資料に関しても裏付けの無いものが多いため、どのような旅をしたのか、何をしていたのかは定かではありません。

紀元前370年頃 – 90歳「ヒポクラテス死去」

ラリサにある古代の劇場

テッサリアの中心都市ラリサで亡くなる

旅を続けたヒポクラテスは最終的に、テッサリアの中心都市のラリサで亡くなったと言われています。

亡くなった年齢に関しては様々あり、90歳という説や、83歳、104歳など非常に様々な憶測が飛び交っており正式な没年齢は不明です。

「ヒポクラテスの誓い」が作られる

ヒポクラテスの死から100年ほどたったころ、ヒポクラテスの意思を継いだヒポクラテス学派によって「ヒポクラテス全集」が作られました。「ヒポクラテス全集」には今も多くの医学校でも宣誓される「ヒポクラテスの誓い」も含まれています。

ただ、作られたのが紀元前という事もあって、文化的停滞にならないか、という批判も一部ではあります。その声を聞いて「ヒポクラテスの誓い」を更に現代的にした誓いを作成している学校も多いです。

ヒポクラテスの関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

誰も知らないヒポクラテス

「誰も知らないヒポクラテス」は、ヒポクラテスのルーツ・歴史・人物像に迫るというような内容になっています。

少し専門的な内容も多いですが、写真も数多くあり、読みやすさもあります。ヒポクラテスについて重点的に語られるのは1部のみとなっていますので、その点は留意しておきましょう。

ヒポクラテスについてのまとめ

ヒポクラテス自身の資料はあまり残っておらず、どのような一生を歩んだのか、どんな旅をしていたのかはあまり判明していません。ですが、ヒポクラテスの功績は本記事で語ったように、絶大なものとなっています。間違いなくヒポクラテスがいなければ、今ほど医学は発展していなかったでしょう。

2000年以上も前の人物が研究したものが、今も通用するというのは凄いですよね。ヒポクラテスが生まれたコス島は観光地としても有名ですので、興味のある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す