小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ベートーベンとはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や功績、死因も簡単に紹介】

ベートーベン(以下、ベートーヴェン)は、本名をルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンといい、西洋音楽史の大きな分岐点にいる音楽家の一人です。日本では「楽聖」と呼ばれており、生誕から200年以上経った現代でもベートーヴェンの音楽は世界中で演奏され、親しまれています。

怖い顔をした印象的な肖像画や、交響曲第5番「運命」や交響曲第9番の「歓喜の歌」のフレーズなどもよく知られているのではないかと思います。また、聴力を失いながらも作曲活動を続けた音楽家としても有名ですね。

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

数ある音楽家の中でも、どうしてベートーヴェンはこのように広く知られているのでしょうか。もちろん彼自身やその作品たちが魅力的であるという点も大きいですが、その他にも様々な原因があります。

この時代は様々な価値観などが変遷していく時代であり、ベートーヴェンの作品を通してそれらを感じることもできるとも言われています。この記事ではベートーヴェンについて、時代背景なども含めながらご紹介できればと思います。

ベートーヴェンとはどんな人?生涯をダイジェスト

1
2
3
4
5
6
7
8
9
previous arrow
next arrow
1
2
3
4
5
6
7
8
9
previous arrow
next arrow
名前ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
誕生日1770年12月16日頃(不明)
生地神聖ローマ帝国(現在のドイツ)ボン
没日1827年3月26日
没地オーストリア帝国 ウィーン
配偶者無し
埋葬場所ウィーン中央墓地

ベートーヴェンはどのような生涯を送ったのでしょうか。はじめに簡単にご説明したいと思います。

彼の祖父はボンのケルン選帝侯宮廷の歌手で、父も宮廷音楽家(テノール歌手)でした。ベートーヴェンも幼少時は美しい声のボーイソプラノだったため、カストラート(去勢した男性歌手)になっていたかも知れないとも言われています。やがて祖父が亡くなった頃から、音楽的な英才教育を受け始めるようになります。

ベートーヴェンの生涯

1787年、ベートーヴェンが17歳の頃に母親が亡くなると、歌手であった父親はアルコール依存に陥って失職し、ベートーヴェンが仕事を掛け持ちして家計を支えるようになります。やがてベートーヴェンはハイドンなどに音楽の才能を認められてウィーンに移住し、20代になるとピアニストとして頭角を表していきます。

しかし20代後半から難聴を患い、音楽家でありながら聴力を失うという絶望感から死を選ぶほどまで苦悩しました。それでも音楽への情熱で絶望を乗り越え、作曲家として大成していきます。

40代になると全聾になったともいわれ、心身ともに疲弊した日々を送ったといわれています。その苦悩の中から交響曲第9番などの名作を生み出し、1827年に58歳で人生の幕を閉じました。死因は肝硬変だったようで、アルコール依存症だった父と同じく,自身もアルコールによって寿命を縮めました。ベートーヴェンの葬儀には2万人もの葬列者がいたといわれています。

ベートーヴェンの性格や容姿、死因

気難しい性格だったベートーヴェン

変わり者で有名だった?

ベートーヴェンはとても気難しい性格だったと言われています。時々ひどい癇癪を起こしたようで、雇った家政婦が次々にやめてしまったともいわれています。また生涯のうち70回以上引っ越しをするなど、風変わりな行動も目立ちました。

ボサボサの髪でこちらを睨みつけるような肖像画、「ダダダダーン」といきなり乱暴に始まる交響曲第5番「運命」の主題…ベートーヴェンが「気難しい性格だった」「変わり者だった」という話も、何だか納得できるような気がしますね。どうしてベートーヴェンがそのような性格だったのか、一緒に考えてみましょう。

気難しい性格だった原因の1つはベートーヴェンの難聴

まず一つに、ベートーヴェンが患った難聴が原因しています。「ハイリゲンシュタットの遺書」で彼が自ら語るには、元々ベートーヴェンは人と交わったり話したりすることが好きな性格でしたが、耳が聞こえなくなっていくことによって自ら人との関わりを避けるようになったとのことです。遺書でもその切なさ、やるせなさを繰り返し語っています。ベートーヴェンのダイナミックで感情的な作風は「私の音楽を聴いてくれ」「こっちを見てくれ」という切実な心の叫びでもありました。

またもう一つに、ベートーヴェンがフリーランスの音楽家であったことが関係しています。当時はフランス革命後で、貴族の求心力が急激に落ちた時代でもあります。今までの音楽家たちのようにパトロンの庇護を受けていれば安心して活動できる、という時代は終わり、自らで人を惹きつける作品を発信していかなければならなかったのです。

そのため作曲家自身の強烈なキャラクターというのはとても良い作品の宣伝になりました。実際当時のウィーンでは、ベートーヴェンが変わり者であったということを知らない人はいなかったということです。しかしそのイメージはベートーヴェン自身やシンドラーの脚色という説、或いは保守的なメッテルニヒ政権下によるデマであったという説など、最近は多角的に見直されつつあります。

容姿は「小柄、色黒、ロン毛」だった

小柄で色黒、ロン毛が特徴的な容姿だったベートーヴェン

また若い頃は着飾ったり、身なりを気にすることがあったようですが、晩年になると自身の見た目を気にしなくなっていきました。髪の毛はぼさぼさで伸び放題、服はぼろぼろ、身なりが汚いため不審者に間違えられて警察に捕まってしまったという話もあったようです。

また、学校の音楽室などに飾ってある音楽家の肖像画は、ベートーヴェンを境にカツラから地毛になっていきます。音楽性だけではなく、彼の容姿からも時代の移り変わりを感じることができるでしょう。

「ハイリゲンシュタットの遺書」で絶望を乗り越え、音楽家として覚醒

ベートーヴェンは32歳の頃、難聴を苦にして自殺を決意し、夏の避暑地として過ごしていたハイリゲンシュタット(現在はウィーンの一部)で遺書を書きました。その内容やエピソードが有名ですので、一部ご紹介します。

ハイリゲンシュタットの遺書

手紙の内容は日ごと悪化していく難聴への絶望感からはじまります。当時すでに若手の演奏家・作曲家してとして有名になりつつあったベートーヴェンは、「私は人より優れた耳を持っていると人から思われているのに、『すみませんが、耳が聞こえづらいので大きい声で言ってください』などとは恥ずかしくて言えなかった」という生々しい感情を吐露しています。

更に自ら社交場から遠ざかる孤独感や、素行の悪い弟たちに対する複雑な愛情が綴られますが、筆を進めるうちに一転して「それでも私を死から引き止めているのは芸術である」と音楽に対する情熱を自覚し、彼は死を選択することはなく遺書の内容は強い決意へと変わっていきます。

自らの音楽活動に使命感を感じていたベートーヴェン

ベートーヴェンは「もし後世に自分が不幸だ、と思う者がいて、過去に耳の不自由な音楽家が仕事を完遂したと知ったら生きる勇気を与えることができるのではないか」という内容を綴っており、自らの音楽活動に使命感を感じたのでしょう。

その証拠に、遺書を書いた後のベートーヴェンの作品は交響曲第三番「エロイカ(英雄)」、第五番「運命」、第六番「田園」など、私たちもよく知る名作ぞろいです。このベートーヴェン中期の充実した創作時期は、後に20世紀の作家・ロマン・ロランによって「傑作の森」と名づけられました。

死因は56歳で患った「肝硬変」

肝硬変が死因となり、56歳でこの世を去ったベートーヴェン

ベートーヴェンは1827年3月26日、56歳の時にウィーンで亡くなりました。死因は肝硬変だったと言われています。「肝硬変」という病名から連想できるように、ベートーヴェンはとてもよくお酒(ワイン)を飲んだようです。当時のワインに含まれていた甘味料の成分だった鉛が、彼を生涯苦しめた難聴の原因だったという説もあるほど、大量にワインを摂取していたのではないかと言われています。

また病で伏せてからのベートーヴェンは水腫にも苦しみ、腹水を抜くための手術もたびたび行われました。しかしベートーヴェンの遺髪からは、痛み止めのモルヒネは検出されなかったようです。これはモルヒネによる血圧低下や眠気、依存性などによる音楽創作意欲の低下を避けたのではないかと言われております。死に際してもベートーヴェンが自分らしく死と苦痛に向き合っていたことがよくわかりますね。

詳細はこちらの「ベートーヴェンの遺髪」という本でも触れられており、非常に興味深い内容となっておりますので、よろしければご覧ください。

1 2 3

1 COMMENT

コメントを残す