小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

中国国家主席歴代7人とその評価・功績を紹介!権限や選出方法なども解説

中国国家主席とは中国を代表する国家元首のことです。中国の国家主席は毛沢東から始まり現在の習近平に至るまで、歴代7人の国家主席がいました。

この記事では、歴代の国家主席を紹介するとともに、それぞれどのような功績を残し、どのように評価されているのか解説します。また、そもそも国家主席とは何なのか、選出方法や任期、国家主席の持つ権限についてもまとめました。

中国における国家主席とは

中華人民共和国の国旗
出典:Wikipedia

中国の国家主席という役職は中国における国家元首を意味し、他国における大統領と同じような役割を持っています。ちなみに国家主席という名称は正式なものではなく、「中華人民共和国主席」が正式名称となっています。

国家主席は1954年に中華人民共和国憲法が制定され、その中で、国家元首として設置されました。初代国家主席には毛沢東が就任しますが、彼の後に国家主席についた劉少奇が文化大革命と呼ばれる政治闘争に敗れ、国家主席を解任されると、その後国家主席の地位に空白が続きます。

そして、1975年の憲法改正で一度、国家主席は廃止されることになりました。廃止後は全人代常務委員会という組織が集団で国家元首の役割を果たすことが決まります。

現在の国家主席という役職が再度作られたのは1982年で、比較的最近のことになります。

任期と選出方法

全人代の会場となる人民大会堂
出典:Wikipedia

国家主席の任期は5年で、選出方法は日本の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)で選出されます。ただし、候補者の前提条件として中国国民であり選挙権、被選挙権を持つ満45歳以上の有権者であることが求められます。

国家主席の候補者は全人代において選挙が行われ、全議員のうち過半数の票を獲得したものが、国家主席に就任します。しかし、全人代の議員のうち70%は中国共産党が占めているため、中国共産党以外に所属する人が国家主席になったケースはありません。

基本的には中国共産党のトップである総書記の地位にいる人が、国家主席となることが多いです。また、これまでは憲法の規定により、国家主席の任期は2期10年を上限とする制限がありましたが、2018年に憲法が改正されたことで、この任期の制限は撤廃されました。

国家主席が持つ権限

中華人民共和国の国章
出典:Wikipedia

現在の国家主席の持つ権限はそれほど強力なものではなく、どちらかというと儀礼的、象徴的なものとして印象が強いです。以下に国家主席の持つ権限についてまとめました。

  • 法律公布権ー法律を公布する
  • 人事権ー総理や大臣を任命する、勲章を授与する
  • 命令権ー特赦令の発布、戦争状態の宣言をする
  • 外交権ー国家元首として外交使節の応対、条約の批准・破棄を行う

これらの権限は全人代とそこに設置されている常設機関である常務委員会の決定に基づいて行われるため、国家主席という役職そのものに強い権限は付与されていません。

しかし、中国は憲法で中国共産党が国を主導すると定められている一党独裁の状態であるため、中国共産党のトップである総書記が最高指導者となり、国を主導することになります。また、中国の軍隊である人民解放軍を指揮監督する統帥権は中央軍事委員会主席が持つことになっていますが、現在ではこの地位も国家主席が兼任することが通例です。

そのため、国家主席が総書記、中央軍事委員会主席を兼任することで権力が集中し、間接的に国家主席が非常に強い権限を持つことになりました。

歴代国家主席とその評価・功績

毛沢東(もうたくとう)

初代国家主席の毛沢東
出典:Wikipedia
名前毛沢東
初代
第1期
在任期間1954年9月27日~
1959年4月27日
所属政党中国共産党
副主席朱徳

毛沢東は中国共産党の創立メンバーの一人で中華人民共和国を建国した人物でもあります。彼は日中戦争後、中華民国との戦いである国共内戦で勝利し、蔣介石率いる中華民国を台湾に追放することに成功します。そして、1949年10月に中華人民共和国の建国を宣言しました。

そんな建国の父とも呼べる毛沢東ですが、その後徐々に暴君と化していきます。彼は急激に社会主義を推し進め、自身に反対する勢力を次々に粛清します。さらに、そのような中国共産党の独裁を批判する人々を少なくとも50万人以上を失脚・投獄しました。

そして、自身に反対する勢力がいなくなると、1958年「大躍進政策」と呼ばれる農業と工業の大規模な増産計画を実施しようとします。しかし、あまりにも現実的ではない手法と粛清が続いたため、この政策失敗に終わり、それどころか1959年から1961年の3年間に渡って大飢饉を招き、1500~5000万人以上が餓死しました。

この大躍進政策の失敗の責任を取る形で、毛沢東は国家主席の地位を劉少奇に譲ります。彼は建国の父であるとともに、大きな政策の失敗もあるため評価が難しいですが、現在中国では毛沢東の尊厳を貶めることは許されないというのが中国国内の一般認識となっています。

毛沢東をよく知るための本6選【伝記や語録、漫画まで紹介】

劉少奇(りゅうしょうき)

第2代国家主席の劉少奇
出典:Wikipedia
名前劉少奇
2代目
第2期・第3期
在任期間1959年4月27日~
1968年10月31日
所属政党中国共産党
副主席宋慶齢・董必武

劉少奇は大躍進政策でボロボロになった国内の状況を回復するべく奔走しましたが、非業の死を遂げた人物です。1962年に彼は今回の大飢饉は天災が三分、人災が七分と中国共産党の責任を認め、彼は政府が市場に干渉しない市場原理主義を取り入れた経済対策を採り、経済の立て直しを図りました。

そんな社会主義と逆の道を行く劉少奇の政策を見た毛沢東は「何を焦っているのか。足下が崩れかかっておるんだぞ。どうして支えようとしないのかね。わたしが死んだらどうするつもりだ!」と批判したのに対して、劉が「飢えた人間同士がお互いに食らい合っているんです。歴史に記録されますぞ」と言い返したという逸話が残されています。

毛沢東はこの状況に危機感を覚え、文化大革命と言われる政治闘争を繰り広げました。劉少奇はその標的となり、資本主義に組するものとして劉少奇は徹底的に批判されます。

最終的に中国共産党を裏切った人間として党から永久に除名され、失脚、さらに劉は自宅に劣悪な環境で監禁され、死に至り、国家主席という役職も廃止されます。彼の名誉が回復するのは毛沢東の死後のことで、除名処分も取り消されることになりました。

李先念(りせんねん)

第3代国家主席の李先念
出典:Wikipedia
名前李先念
3代目
第4期
在任期間1983年6月18日~
1988年4月8日
所属政党中国共産党
副主席ウランフ

李先念は1980~1990年代にかけて強い権力を有していた中国共産党の八代元老の一人でした。毛沢東が一度、国家主席という役職が廃止しますが、彼の死後、再度設置された際に就任した初めての国家主席です。

先述の通り、再設置された国家主席は儀礼的、象徴的意味合いが強く、彼は実権を多くは持っておらず、このとき中央軍事委員会主席であった鄧小平が大半の実権を握っていました。鄧小平は自分に近しい人たちを重要なポストに就けることで実権を握り、鄧小平体制と呼ばれる体制を築き上げます。この体制は次代の国家主席である楊尚昆まで続きました。

鄧小平は毛沢東のこれまでの政策から方針転換し、市場経済への移行、一人っ子政策など現在に続く中国の大まかな方針を決定づけました。

楊尚昆(ようしょうこん)

第4代国家主席の楊尚昆
出典:Wikipedia
名前楊尚昆
4代目
第5期
在任期間1988年4月8日~1993年3月27日
所属政党中国共産党
副主席王震

楊尚昆も先代の国家主席である李先念と同様に八大元老の一人で、彼は中国人民解放軍に大きな影響力を持っていました。彼の在任期間中にあの有名な天安門事件が起きます。

民主化を求めたデモ隊に対する武力行使に楊尚昆は当初反対し、武力による鎮圧に批判的な立場でした。しかし、50年来の朋友である鄧小平の意志が強いとわかると、彼に従い国家主席の権限で戒厳令を発布します。そして楊尚昆の弟が軍を指揮して、デモ隊を鎮圧しました。

この一件から楊尚昆はさらに中国人民解放軍への影響力を強め、その力は鄧小平も無視できないものとなっていきます。このとき、鄧小平は自身の後任として江沢民へ権力の移譲を画策していたため、楊尚昆の影響力を危惧し、彼に引退を迫ります。さらには楊尚昆よりの軍幹部も辞任を迫られることになりました。

これを受けて楊尚昆は退任し、政界を去ることになります。

江沢民(こうたくみん)

第5代国家主席の江沢民
出典:Wikipedia
名前江沢民
5代目
第6期・第7期
在任期間1993年3月27日~
2003年3月15日
所属政党中国共産党
副主席栄毅仁(第6期)
胡錦濤(第7期)

江沢民は初めて最高指導者として国家主席、総書記、中央軍事委員会主席の3つの役職を兼任して、権力の一元化に成功した人物です。先ほど紹介した通り、これまでは地位と実権が一致しておらず、国家主席ではない鄧小平が実権を握っていました。

しかし、江沢民が国家主席に就任して以降、国家主席が3つの役職を兼任する権力集中体制は次代の国家主席にも受け継がれます。江沢民は国家主席に就任すると、鄧小平の政策を引継ぎ、共産党の独裁体制の維持と経済発展を推し進めます。

彼が自身の基盤を固め、地位を盤石なものにした後、中国を資本主義国化していき、さらには2001年WTO(世界貿易機関)に加盟しました。そして、彼は外資の受け入れと国を挙げて輸出に注力したことで、後に「世界の工場」と評される製造大国への道の礎を作り上げました。

胡錦涛(こきんとう)

第6代国家主席の胡錦涛
出典:Wikipedia
名前胡錦濤
6代目
第8期・第9期
在任期間2003年3月15日~2013年3月14日
所属政党中国共産党
副主席曽慶紅(第8期)
習近平(第9期)

胡錦濤が国家主席に就任すると、これまで経済優先の政策による高度経済成長の弊害で起きた、農村部と都市部の格差や公害などの問題解決に取り組みました。しかし、経済を軽視したわけではなく、彼の任期中に当時史上最大規模の北京五輪や上海万博の誘致・開催に成功します。

また、今まで輸出重視の政策を転換し、輸出のみに頼るのではなく、国内の消費を重視する内需拡大を目指しました。そしてついに、中国のGDPが日本を抜き、世界2位に躍り出ます。

胡錦涛が在任期間に中国もリーマンショックに起因する世界金融危機に巻き込まれますが、金融緩和や高速鉄道の建設など4兆元もの財政出動により、世界最速でこの金融危機を乗り越えます。

この政策により、世界のGDP成長率の半分以上に関与したことから、胡錦涛はリーマンショック後の世界経済を救済したと評価されました。その一方で、国内に数多くの不良債権を抱えたと批判的に評価されることもあります。

習近平(しゅうきんぺい)

第7代国家主席の習近平
出典:Wikipedia
名前習近平
7代目
第10期・第11期
在任期間2013年3月14日~
現在(2021年6月時点)
所属政党中国共産党
副主席李源潮(第10期)
王岐山(第11期)

習近平は2013年から現在(2021年6月時点)に至るまで、国家主席に就任している人物です。彼はこれまでの国家主席の経済重視の政策を引継ぎ、「一帯一路」と呼ばれる中国からヨーロッパにかけての巨大な経済圏構想を唱えます。

この構想は100以上の国から支持、協力を取り付け、さらには国連総会、国連安全保障理事会、ASEAN、EUなど多くの国際機関も支持しました。習近平は中国建国100周年にあたる2049年までに一帯一路の完成を目指しています。

一方で自身の政権を維持するためなのか、2018年の全人代でこれまで2期10年が上限だった国家主席の制限を撤廃する憲法改正をしました。これは国内外に衝撃を与え、事実上の習近平政権の終身体制が整ったという見方もされています。

また、国内外のメディアへの圧力や言論弾圧を進める姿勢と新疆ウイグル自治区に住むウイグル人への監視・洗脳などの人権侵害の疑惑で批判を受けています。

中国の歴代国家主席まとめ

今回は中国の歴代国家主席を紹介するとともに、国家主席はどのような役割を持つのか、また、任期や選出方法、その権限について解説しました。

中国の国家主席と言えば、絶大な権力を持っているイメージでしたが、国家主席という役職そのものには大きな権限を有していないことに驚きですよね。毛沢東以降、歴代の国家主席は経済を重視した政策を推し進め、それにより中国は爆発的な経済成長を成し遂げました。

一方で、中国共産党による一党独裁の弊害として、人権問題や表現の自由、汚職問題などが表面に出てきています。これからの中国がどのような動きを見せるのか見守る必要がありそうです。

この記事を読んで、皆様が中国の歴代国家主席について少しでも理解を深めことができたなら幸いです。

コメントを残す