小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

三島由紀夫に子供はいるの?現在の姿や妻との関係も簡単に紹介

作家として数多くの有名作品を残した三島由紀夫。政治活動家の一面もあり、幅広く活躍していましたが、45歳という若さで自ら命を絶ちました。

そんな三島由紀夫ですが、早くにこの世を去ったことから、

三島由紀夫に子供はいたの?」
「三島由紀夫の子供は今どうしているの?」

と疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

結論、三島由紀夫には2人の子供がいました。この記事では、子供たちの人柄から三島由紀夫とのエピソードまで解説します。

三島由紀夫の子供たち、そして父親としての三島由紀夫の姿に迫っていきましょう。

三島由紀夫に子供・孫はいたのか

三島由紀夫
出典:ザテレビジョン

三島由紀夫(本名・平岡公威)には、男女一人ずつ2人の子供がいました。既に政治活動を開始していた34歳と37歳の時に子供を授かっています。

そんな三島の妻は平岡瑤子という女性。二人はお見合いで結婚しました。

三島由紀夫と妻・瑤子
出典:福助’sROOM

同性愛者であると言われることが多い三島由紀夫ですが、瑤子とは恋愛の末に結婚。瑤子も三島に強く惹かれて大学を中退して21歳の若さで三島と結婚しました。三島への恋慕が強く、三島が可愛がっていた猫にも嫉妬するほどだったそう。

そんな2人はその後、2人の子供を授かります。三島は子供を大変可愛がったと言われており、子供との様々なエピソードが残されているのです。

孫についてですが、長女・紀子が子供を生んでいることから存在はしています。しかし一般の方のために人物像は不明です。

三島由紀夫の子供はどんな人だったのか、さらには父親・三島由紀夫はどんな人だったのか、この後から詳しく解説します。

三島由紀夫とはどんな人?生涯&年表まとめ【代表作品や死因、功績も紹介】

三島由紀夫の長女・平岡紀子とは?

三島由紀夫の第一子で長女の平岡紀子は1959年6月2日生まれ。三島が34歳の時の子供で、現在は62歳です。

東京都虎ノ門病院で誕生し、お七夜にて「紀子」と名づけられました。誕生時、三島由紀夫は病院に急いで駆けつけ新生児室からガラス越しで紀子を見つめていたと言います。

紀子は幼稚園から学習院に通学。そのまま大学まで進み学習院大学文学部仏文科を卒業しました。非常に頭脳明晰な方だったことが分かりますね。

三島由紀夫との思い出

瑤子夫人と子供二人。下の階には三島由紀夫
出典:Gooブログ

三島は初めての子供の紀子が誕生した際に、

「怪物的であつて、あんまり可愛らしくないので、これなら溺愛しないでもすみさうだ」

と安心していたようですが、時間が経つに連れて父性が徐々に芽生え始めると

「人から見て可愛くも何ともないものが可愛くみえるといふことは、すでに錯覚である。困つたことになつたものだと私は思つた」

と語ったそうです。子供への愛情を不安な気持ちと表現する部分は、とても三島らしく文学的です。

また紀子が1歳の時、同居していた両親に預けて三島夫妻は3か月かけてアメリカ、ヨーロッパ、エジプト、香港へ海外旅行に出かけます。その際に、旅行先から紀子へ次のような言葉をしたためた絵葉書を送りました。

「のり子ちゃん元気ですか?お父様とお母様はディズニィ・ランドへ行きました。とても面白く、のり子ちゃんの喜びさうなものが一杯ありました」

さらに、三島の師でもあった作家・川端康成から紀子へカバンが贈られたこともあったとか。喜んだ紀子の様子を見た三島はすぐに川端にお礼の手紙を送りました。

紀子の現在は?

父の文才を異なる形で受け継ぎ、演出家に
出典:千代田区観光協会

紀子は現在、演出家として活動しているようです。父・三島が亡くなって20年経った1990年に三島の戯曲『葵上』と『弱法師』を舞踊劇にプロデュース・演出しました。

一方、三島の書簡を無断使用した小説『剣と寒紅』の著者・福島次郎と、出版社・文藝春秋を相手に「著作権侵害」を訴える裁判を起こし、出版の差し止めを求めることも。その2年後に勝訴するなど、父親の著作権保護にも努めました。

ちなみに『剣と寒紅』の著者・福島次郎は学生時代から三島由紀夫を慕い、恋愛感情を持っていたのだそうです。

紀子さんはプライベートでは外交官の冨田浩司と結婚。外交官夫人としてシンガポールに住み、子供を一人産んでいます。

現在は「笑い文字」と呼ばれるあたたかさがモチーフの習字の講師としても活躍中です。

三島由紀夫の長男・平岡威一郎とは?

平岡威一郎が編集・監修した『三島由紀夫映画論集成』
出典:アマゾン

三島由紀夫の第二子は平岡威一郎さんは1962年5月2日生まれ。三島が37歳の時の子供で、現在59歳です。

お茶の水女子大学附属小学校に通い、名門・開成中学校に進学。しかし高校には進まずそのまま渡米。帰国後は映画監督・市川崑のもとで映画製作の助手を務めました。

その後の学歴について明確なことは不明ですが、威一郎が通学していた小学校の校長であり倫理学者の勝部真長(かつべみたけ)によれば、威一郎は慶応義塾大学に進んだそうです。

学生時代からクリエイティブな部分は父親譲りかもしれません。

三島由紀夫との思い出

威一郎にボディビルを見せていた三島
出典:吃驚!偉人奇人伝

三島は威一郎が誕生した時から「小説家だけにはなってもらいたくない」と懇願していたのだそう。特に威一郎に関しては男児ということからも将来に対して強い心配を抱いていました。

三島は普段、子供と食事をする際はテレビを消すなど、大衆文化を見させない徹底した教育方針を持っていました。しかし唯一三島が好きだったのは赤塚不二夫の『もーれつア太郎』で、それが掲載されている雑誌を威一郎と取り合っていたのだそうです。お茶目なエピソードですね。

また威一郎が6歳の時、家に友人が集まる時には、三島は自慢のボディビルを奇声を挙げながら披露して子供たちを楽しませていたというエピソードも残っています。

威一郎の現在は?

映画にまつわる仕事を多数行った威一郎
出典:監督館

威一郎は成人後、映画の助監督を務めました。また『三島由紀夫映画論集成』の編集・監修に携わるほか、三島の代表小説『春の雪』の企画・監修も行うなど、父の偉業を形作る仕事を多数行いました。その際には、「三島威一郎」の名義だったそうです。

一方、1990年代には作詞家も志し、中森明菜『少女A』の作詞家・売野雅勇(うりのまさお)に弟子入りした経験もあります。

このような創作活動にかかわるかたわら、宝石店を営むなどの実業家としても活動しているそうです。

三島由紀夫の死因は?三島事件とは?経緯や背景にある思想も解説

三島由紀夫の自決と子供へ抱いていた想い

自決寸前にスピーチをする三島由紀夫
出典:読売新聞

三島由紀夫は1970年11月25日に市ヶ谷駐屯地で、自衛隊員に決起を促すスピーチをした後に割腹自殺しました。この時にも既に紀子と威一郎は生まれており、三島は家族を置いてこの世を去ったのです。

自決当日、市ヶ谷駐屯所へ向かう車を学習院初等科の近くに停車させます。そして、

「わが母校の前を通るわけか。俺の子供も現在この時間にここに来て授業をうけている最中なんだよ」

と、11歳の紀子のことを気にかけていたと言います。学習院初等科と市谷駐屯地は近くにあるので、どのような思いで車を停めたのか少し胸が詰まります。

三島由紀夫が通った「かつ吉」
出典:ぐるなび

また、三島は自決を決意した1970年の3月頃から威一郎と時間も多く持つようになりました。

デパートや後楽園遊園地に威一郎をよく連れて行ったそうです。そして遊んだ帰りには水道橋にあるとんかつ屋「かつ吉」へ行ったとか。筆者も行ったことがありますが「かつ吉」は現存しており、とても美味しいとんかつ丼が人気です。

自決の2週間前には授業参観に行き、校長と威一郎について3時間も懇談しました。また、自決の前日には母親に対して「お母様、僕はもう威一郎を諦めました」と語っていたそうです。

三島由紀夫をより深く知るなら

作家、政治活動家、父親と多様な顔をもった三島
出典:毎日新聞

ここで三島由紀夫の概要について少し紹介します。

三島由紀夫は第二次世界大戦後に日本文学を代表する作家です。ノーベル文学賞候補にもなり、その名声は海外にまで及びました。『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』などの代表作は、無頼的でありながら西洋思想も通底しており、東洋と西洋の要素が合わさった作風が特徴です。

晩年には自衛隊に入隊。政治的傾向が強まった三島は1970年に割腹自殺を決行。これにより新右翼が生まれるなど社会的にも大きな影響を与えました。

三島由紀夫はかの有名な歌手・美輪明宏とも交流がありました。また、青年期から同級生の男子学生に美しさを見出すなどの同性愛的傾向もあったようです。そのような特性は三島文学の「美」の感性に大きな影響を与えたとも考えられています。

壮絶すぎる人生を歩んだ三島由紀夫物語

三島由紀夫子供に関するまとめ

三島由紀夫の子供について解説しました。いかがでしたでしょうか。

私の中では始め、その作品や政治活動家としての印象の強さの方が正直勝っていました。しかし今回、父親としての三島由紀夫の姿を知り、その愛情深さや父性の強さを知って三島の「柔らかな一面」に触れられた気がします。そして、子供たちの三島作品を守り、受け継ぐ姿にも胸を打たれました。

確かにここに父親・三島由紀夫がいたことを強く実感した執筆でした。

この記事を通して、三島由紀夫やその作品に興味を持っていただけたら幸いです。

こちらの記事もおすすめ

三島由紀夫のおすすめ本・書籍6選【初期から晩年作品まで紹介】

コメントを残す