小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

神功皇后とはどんな人物?その生涯や卑弥呼との関係を歴史年表付きで解説

神功皇后は『古事記』や『日本書紀』の中の天皇記で活躍する皇族の一人です。古来より武芸の神として崇められており、現代においても数々の神社で祀られ信仰され続けている非常に格の高い神様なのです。

また、神功皇后は日本の第十四代天皇・仲哀天皇の皇后であり、三韓征伐や天皇後継争いで大きな功績を残した人物です。日本の第十五代天皇・応神天皇の母でもあります。

神功皇后には実在説と非実在説があり、どちらかと言えば実在性は否定されており伝説上の人物であるというのが一般的な見解です。しかし、日本には神功皇后の伝承地が多数残されています。更に明治時代には切手や紙幣に神功皇后の肖像画が描かれていました。明治時代から太平洋戦争のあたりまでは、学校教育で「神功皇后は実在の人物である」と教えられていたのです。

歴史の研究が進むにつれ神功皇后の実在性は否定されていき、現代では非実在説が濃厚になってきています。しかし、各地に残されている伝承と歴史書の記述がほとんど一致していることから実在説を提唱する歴史家もいます。

このように神秘的な謎に包まれている神功皇后ですが、神話の中で武芸の才能や母としての強さを見せ、現代では勝運や安産を守護する神様として信仰されています。古代の皇族でこれほどの活躍をした女性は、神功皇后を置いて他にいないでしょう。

神功皇后とはどんな人?

名前神功皇后(息長帯比売命)
誕生日成務天皇40年(169年)
生地近江国坂田郡
没日神功皇后69年4月17日(269年)
没地京都
配偶者仲哀天皇
埋葬場所五社神古墳(神功皇后陵古墳)

神功皇后の生まれは?

神功皇后は皇族の父・息長宿禰王(おきながのすくねのみこ)と新羅王家の血統を持つ母・葛城高額媛(かずらきのたかぬかひめ)との間に生まれました。弟に息長日子王(おきながひこのみこ)、妹に虚空津比売(そらつひめ)がいます。

仲哀天皇と婚姻を結ぶ前は、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)という名でした。

神功皇后は近江国坂田郡(現・滋賀県米原市)で生まれたと言われています。神功皇后の生まれについて正確な記述は無いのですが、父の息長宿禰王は近江国を本拠地として活動をしていました。滋賀県米原市には息長宿禰王を祀る日撫神社が残されています。

このことから神功皇后は近江国で生まれたのではないかとされています。

神功皇后の墓 は?

神功皇后の墓は奈良県奈良市にある「五社神古墳」です。神功皇后陵とも呼ばれます。五社神古墳は、ヤマト政権王家の墓を多く含む「佐紀盾列古墳群」の中の一つです。全長は275メートルにも及び、佐紀盾列古墳群の中で最大規模の古墳となっています。

なお五社神古墳の実際の被葬者は明らかとなっていません。宮内庁によって神功皇后の陵墓であると正式に治定されているものの、それは古事記や日本書紀、その他歴史的文献資料から推察されたものです。

神功皇后の神格 は?

神功皇后は子供を身ごもりながら三韓征伐を成し遂げ、そして子供を第十五代天皇へと立派に育て上げた人物です。

このことから神功皇后の神格は「武芸の神様」「聖母の神様」だと言われています。神格から開運招福・必勝祈願・商売繁盛など勝運にまつわるご利益や、安産・子育てなど子供にまつわるご利益があるとされています。

神功皇后にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「月延石で出産を遅らせた」

三韓征伐に出向いたとき、神功皇后は仲哀天皇との子をその身に宿していました。渡航の際に子を産むわけにいかなかった神功皇后は、月延石と呼ばれる石を腹や腰に複数個くくりつけ、身体を冷やすことで出産を遅らせたのです。

本来であれば10ヶ月で子供は産まれるものですが、神功皇后は15ヶ月もの間お腹に子供を抱えていたと言われています。

そして三韓征伐から帰還した神功皇后は無事に子供を出産します。神功皇后が腹にくくりつけていたとされる月延石は京都府の月読神社に奉納されているそうです。

都市伝説・武勇伝2「紙幣の肖像画は別人?」

明治時代に日本で初めての肖像紙幣が発行されるのですが、その栄えある一番最初の肖像画に選ばれたのが神功皇后でした。肖像画はエドアルド・キヨッソーネというイタリアの画家が描きました。

当然写真など残されているはずのない神功皇后の肖像画を何を参考に描いたのかというと、歴史資料として残されている絵巻などではなく、印刷部の女子職員をモデルに描いたそうです。

実際に神功皇后の肖像紙幣を見てみると、どことなく西洋風の顔つきになっているのが分かります。今となっては紙幣の肖像画は写真をもとに厳密に描かれていますが、当時は想像で描かれていたようです。

神功皇后の略歴年表

成務天皇40年
神功皇后生まれる
神功皇后は成務天皇40年に誕生しました。父は息長宿禰王、母は葛城高額媛です。後に弟と妹が生まれます。
仲哀天皇2年
仲哀天皇の正妻になる
仲哀天皇2年1月に皇后に立てられます。同年7月に熊襲征伐へ向かった仲哀天皇と合流します。
仲哀天皇8年
神がかる
神託を行い神がかります。神功皇后を通して伝えられた神のお告げは「熊襲ではなく新羅を征伐しろ」というものでした。しかし仲哀天皇はこれを信じず神の怒りに触れ、呪い殺されてしまいます。
仲哀天皇9年
三韓征伐
神功皇后は身重でありながらも朝鮮へと出兵し、新羅の国に攻め込みます。その勢いを見た新羅王はすぐに白旗を上げました。帰国後、神功皇后は誉田別尊(ほむだわけのみこと)を出産します。
神功皇后摂政1年
天皇後継争い
誉田別尊の異母兄弟である忍熊皇子(おしくまのみこ)は、自分が天皇の後継となるため神功皇后と誉田別尊の暗殺を企てます。しかし神功皇后の策により、あえなく失脚してしまいました。

こうして神功皇后は皇太后と認められ、神功皇后摂政の年が始まりました。

神功皇后摂政3年
息子を皇太子に立てる
息子の誉田別尊を正式に太子に立てます。
神功皇后摂政49年
新羅再征伐
百済からの貢物が新羅に奪われたことを知り、将軍を派遣して新羅を再征伐します。
神功皇后摂政69年
崩御
4月に神功皇后は崩御されます。享年100歳でした。同年10月に狭城盾列池上陵へ埋葬されたとされています。

神功皇后の生涯具体年表

成務天皇40年 – 0歳「神功皇后の誕生」

近江国で生まれる

成務天皇40年に近江国坂田郡で神功皇后は誕生し、息長帯比売命という名を授けられました。息長帯比売命は、皇族と新羅王家の血を受け継ぐ非常に高貴な生まれでした。

なお『古事記』では息長帯比売命と表記されていますが、『日本書紀』では気長足姫尊と表記されています。どちらも読み方は同じです。

仲哀天皇2年 – 24歳「皇后に立てられる」

皇后となる

仲哀天皇2年1月に、息長帯比売命は仲哀天皇に正室として迎らえれ、皇后に立てられます。

仲哀天皇は、父・日本武尊(やまとたけるのみこと)が征伐した熊襲が叛いたとの報せを聞き、自ら軍の指揮を執り熊襲再征伐へと向かいます。熊襲の征伐には神功皇后も随伴しました。

仲哀天皇8年 – 30歳「仲哀天皇が崩御」

神託を行い神の怒りに触れる

香椎宮に移動した神功皇后の一行は、熊襲での戦いを占うため神託を行います。仲哀天皇が琴を弾いて神功皇后に神を呼び寄せ、大臣の武内宿禰(たけしうちのすくね)が審神者(さにわ)として神託を受け取ることになりました。

儀式を行うと神功皇后は神がかり、そして「熊襲ではなく、海の向こうにある新羅という国を攻めろ」と仲哀天皇に告げます。しかし仲哀天皇は「海の向こうに国など見えない」と言い、琴を弾くのをやめてしまいます。

すると神功皇后についている神は激怒し「お前に国をおさめる資格はない。黄泉へと向かうがよい」と告げます。それを見て恐れをなした武内宿禰は、仲哀天皇に琴を弾くようにと申し出ます。仲哀天皇は再び琴を弾き始めましたが、すぐに音が途切れてしまいました。武内宿禰が確認すると仲哀天皇は既に息を引き取っていました。

仲哀天皇9年 – 31歳「三韓征伐」

神功皇后の神がかり

仲哀天皇が崩御された翌年、神功皇后は武内宿禰を審神者として再び神託を行いました。神託の内容は「新羅の国を征伐し、皇后の腹の中にいる子に国をおさめさせろ」というものでした。

武内宿禰が神に名を尋ねると、神功皇后に神がかっている神は住吉三神であることが分かりました。住吉三神は航海を守護する神だと言われています。

こうして神からの託宣を受け取った神功皇后は、まずは目前の熊襲征伐を完遂させます。そして新羅を征服するため軍と船の準備を始めました。

三韓征伐

神功皇后は男装しお腹に子を抱えたまま、軍を引き連れ新羅の国へ出兵しました。船は海を進むにつれ勢いを増し、国の半分にも及ぶ勢いで新羅の国へ上陸していきます。

それを見た新羅の王はすぐさま白旗を上げ、百済・高句麗と共に朝廷に貢物を差し出すことを誓いました。こうして神功皇后は戦わずして朝鮮の三国を征伐することに成功したのです。

子供を出産する

新羅から帰国した神功皇后は12月に男児を出産し、誉田別尊という名前を授けます。誉田別尊は、後の第十五代天皇である応神天皇です。

神功皇后摂政1年 – 30歳「天皇後継争い」

忍熊皇子との戦争

誉田別尊の異母兄弟である麛坂皇子(かごさかのみこ)と忍熊皇子は、神功皇后が子を産んだとの報せを聞きつけ、両名の暗殺を企てます。そこで二人は神功皇后と戦って勝てるかどうかを占うため誓約狩りをしに行くのですが、突如現れた猪に麛坂皇子は喰い殺されてしまいます。

占いの結果に凶兆を感じた忍熊皇子でしたが、結果を無視し神功皇后の軍を迎え撃つことにします。

帰途で忍熊皇子の暗殺計画を知った神功皇后は、忍熊皇子を翻弄するため「誉田別尊は既に亡くなった」という嘘の噂を流します。そして両軍が衝突するのですが、神功皇后の策に嵌った忍熊皇子は次第に追い詰められていき、将軍の五十狭茅宿禰(いさちのすくね)と共に敗走、湖に入水します。

こうして神功皇后は、無事に勝利をおさめました。

神功皇后摂政3年 – 32歳「誉田別尊を太子に立てる」

誉田別尊が皇太子となる

天皇後継争いに勝利した神功皇后は、初めての摂政となり息子の誉田別尊を皇太子に立てました。

神功皇后摂政13年 – 43歳「禊をする」

誉田別尊の穢れを祓う

天皇後継争いの際、神功皇后は「誉田別尊は既に亡くなった」と嘘の噂を流しました。死人として扱われた誉田別尊は穢れを祓う必要があったため、武内宿禰の付き添いのもと禊を行いました。

神功皇后摂政47年 – 78歳「新羅の謀反を知る」

貢物が奪われる

新羅と百済からの朝貢の際、百済の貢物が貧相であったことを問い詰めると百済の使者は「新羅に貢物を奪われた」と訴えます。その報せを聞いた神功皇后は新羅を再征伐することを決めました。

神功皇后摂政49年 – 80歳「新羅再征伐」

新羅へ将軍を派遣

神功皇后は新羅へ将軍を派遣し、新羅を再び征伐します。

神功皇后摂政69年 – 100歳「崩御」

神功皇后、崩御

この年の4月に神功皇后は崩御されました。享年100歳でした。神功皇后が崩御された後は誉田別尊が応神天皇として天皇に即位し国をおさめます。神功皇后のご遺体は狹城盾列池上陵へ埋葬されました。

こうして数々の伝説を残した神功皇后は、大阪の住吉大社を始め京都や福岡の神社を中心に信仰されています。

関連作品

神功皇后に関連するおすすめ書籍・本・漫画

神功皇后の謎を解く:伝承地探訪録

日本の各地に残されている神功皇后の伝承地を訪れながら、神功皇后の謎に迫っていく一冊です。本で知識を得てから伝承地に実際に行ってみると、より歴史を感じられ感動します。

神功皇后は実在した―その根拠と証明

歴史資料を見直していくことで、神功皇后が実在したという説を提唱している書籍です。神功皇后実在説の書籍は珍しく独自の視点で描かれているため、神功皇后に詳しい人でも面白く読めます。

日本神話の「謎」を歩く

こちらは日本神話全体の伝承地を巡る一冊で、各地の写真や地図などが載せられています。神代よりも天皇記にスポットを当てており、もちろん神功皇后ゆかりの地も出てきます。写真を見ていると実際にその地へ訪れてみたくなります。

神功皇后に関連するおすすめおすすめ動画

神功皇后 の三韓征伐

絵巻や地図、写真などを添えて神功皇后の三韓征伐について詳しく解説をしている動画です。これを見れば神功皇后がいかに三韓征伐を成し遂げたかが分かります。

神功皇后と卑弥呼【前編】【CGS 家村和幸 闘戦経 第24回】

神功皇后と卑弥呼の関係性について考察している動画です。神功皇后と卑弥呼の関係については諸説あるのですが、この動画も一つの考え方として面白く見られます。前編と後編に別れています。

馬台国】記紀によるねつ造なのか、神功皇后による三韓征伐は史実なのか

神功皇后の三韓征伐の実在性について考察をしている動画です。邪馬台国との関連性についても述べられており、歴史の考察動画として参考になる動画です。

関連外部リンク

神功皇后についてのまとめ

神功皇后の神話や伝説について紹介させてもらいましたが、いかがでしたでしょうか?

こうして改めてまとめてみると、神功皇后は非常に豪胆でパワフルな女性であったことが良く分かります。日本神話では様々な天皇が登場しますが、その中でも神功皇后の存在感は特に強烈です。

神がかったり出産を5ヶ月も遅らせたり100歳まで生きたり…伝説的な側面が強い神功皇后ですが、もしかしたら実在していたのかもしれないと考えると面白いですよね。

この記事をきっかけに神功皇后に興味が出てきたら、ぜひあなたも独自の考察をしてみてくださいね。歴史に思いを馳せながら伝承地を巡ってみるのも楽しいと思います。

コメントを残す