小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ベルベル人とは?民族の特徴や衣装、有名美人・イケメンも簡単に紹介

ベルベル人とは、マグリブ地域に古くから住む諸民族の総称です。その存在は紀元前から認められています。

また、トゥアレグ族・リーフ人といった多民族から多くの影響を受けたことで、さまざまな文化と共存した民族でもありました。

ベルベル人の旗
出典:Wikipedia

そんな長い歴史を持つベルベル人ですが、

「ベルベル人ってどこの人たちなの?」
「ベルベル人には美人が多いって本当?」
「ベルベル人出身の有名人が知りたい!」

など、ベルベル人の詳細が気になっている方も多いはず。

そこで今回は民族の歴史に詳しい筆者がベルベル人の特徴や築いた王朝、有名美女からイケメンまでをわかりやすく解説します。この記事を読めば、ベルベル人について漏れなく理解を深められますよ。

ベルベル人とは?

ベルベル人の男性
出典:Wikipedia

ベルベル人とは、マグリブ地域に古くから住むトゥアレグ族・リーフ人といった諸民族の総称です。もともとは白人の肌を持つコーカソイドでしたが、トゥアレグ族との混血によって一部の民族は黒人の肌を持つネグレクト化しております。

ベルベル人の名前の由来は、「聞きにくい言葉を話す者」、「訳の分からない言葉を話す者」の意味を持つギリシャ語・バルバロイからつけられました。そのこともあり、ベルベルと呼ばれることを嫌がる現在のベルベル人たちは自分たちのことを「誇り高き自由人」の意味を持つアマーズィーグと呼んでいます。

マグリブ地域を表す地図
出典:Wikipedia

また、ベルベル人は古くから住んでいたマグリブ地域はモロッコやアルジェリア、モータリニアなどの北アフリカの西側を指します。「西方」の意味でも用いられました。

マグリブ地域に侵攻したアラブ人によって、イスラム化したベルベル人たちはアラビア語を強制的に話すことを義務付けられます。そのことにより、ベルベル人が興した王朝は多々ありますが、ベルベル語を公に話す機会はなくなりました。

ベルベル人の抑えておきたい4つの特徴

数多くの敗北と差別を経験した民族

多くの民族の介入によりベルベル人らしさは失われていった

ベルベル人は紀元前のころから侵略者との戦いに明け暮れ、敗北した後に服属という道をたどった悲運な種族でもあります。ベルベル人を服属した民族はローマ人やアラブ人であり、彼らにベルベル語を軽視されたことによってラテン語やアラビア語を話すよう指示されました。

そして、ベルベル語を話すことから差別を受け、ベルベル人と呼称されました。

美人とイケメンが多い民族

ベルベル人の女性
出典:Wikipedia

ベルベル人は美人とイケメンが多いことで有名な種族。女性は「色っぽくて、魅力的」、男性は「根性があって、勇気がある」と評価されています。しかし、男性の評価は時々「頑固で融通が利かない」と悪い意味でとられることが多々。

このような評価をアラブ人たちは言葉遊びのように使い、アラブ人男性がベルベル人女性と付き合った時は羨ましがれ、逆にアラブ人女性がベルベル人男性と付き合うと心配されることもあります。

部族ごとに異なる民族衣装

ベルベル人系遊牧民・トゥアレグ族の民族衣装
出典:Wikipedia

ベルベル人は多くの民族の総称なので、民族衣装も民族ごとにバラバラ。特にトゥアレグ族は青いターバンを民族衣装として使用することから「青衣の民」として知られています。

また、男性が顔まで衣装で覆っているのに対し、女性は皮膚を出していることが特徴。これには男性であることの象徴や悪霊から身を守るため、おしゃれの一部分としての意味があります。

クスクスやタジン鍋などを生み出した食文化

マグリブ料理の1つ・タジン鍋
出典:Wikipedia

マグリブ地域は砂漠が大半を占め、水が乏しい場所。しかし、その場所だからこそ水を使わない料理・タジン鍋やクスクスといった食文化が生まれたことも特徴です。

タジン鍋はタジンと呼ばれる鍋を使用し、野菜から出る水分を利用し蒸し焼きにした料理。クスクスもタジン鍋と同じ原理で作られています。加えて、雪解け水で農作物の栽培や家畜の飼育もしているので、食材に豊富な場所でもあります。

ベルベル人が興した王朝

ズィール朝(983年~1148年)

ズィール朝の位置
出典:Wikipedia

ズィール朝はイフリーキヤ(現在のチュニジア)で興したベルベル人によるイスラム王朝です。ズィール朝はファーティマ朝に仕えるベルベル人の軍人・ブルッギーン・イブン=ズィーリーがイフリーキヤの統治された際に樹立しました。

983年にファーティマ朝から独立し、木材や鉄などの資源に恵まれていたことから艦隊の造船に着手します。しかし、1140年にシチリア王国に攻撃され、シチリア王国の属国となり、1148年に滅亡しました。その後ズィール朝が支配していた土地はムワッヒド朝に奪われました。

ハンマード朝(1015年~1152年)

ハンマード朝の位置
出典:Wikipedia

ハンマード朝はズィール朝の王族だったハンマード・イブン=ブルッギーンが1015年にズィール朝から独立し、現在のアルジェリア北部に樹立した王朝です。アラブ遊牧民と友好関係となったハンマード朝は、他の王朝からの侵攻をアラブ遊牧民の支援によって防いでいました。

しかし、次第にアラブ遊牧民たちが力をつけてくると、ハンマード朝は衰退。1152年にムワッヒド朝に征服されて滅亡しました。

ムラービト朝(1056年~1147年)

ムラービト朝の国旗
出典:Wikipedia

ムラービト朝はモロッコとアルジェリア北部、イベリア半島南部を支配したベルベル系の砂漠遊牧民・サンハージャ族をもとにして樹立された王朝です。ムラービト朝はイスラム教を受け入れ、「城塞(ラバート)に拠る人々」の意味を持つムラービトゥーンと呼ばれたサンハージャ族とイスラム教徒・イブン・ヤーシーンの子孫ヤフヤー・イブン・ウマルが1056年に興しました。

ムラービト朝は1061年に在位したユースフ・イブン・ターシュフィーンの代で最盛期を迎え、領土が大幅に拡大しました。しかし、ユースフ死後に継いだアリー・イブン・ユースフが前王のように指導力がなかったことから一気に衰退。その情勢の中で反ムラービト運動が起こるようになります。そして、1147年にムワッヒド朝に滅亡されました。

ムワッヒド朝(1130年~1269年)

ムワッヒド朝の国旗
出典:Wikipedia

ムワッヒド朝はベルベル人のマスムーダ族出身のイブン・トゥーマルトが開始したイスラム改革運動が起因となって興った王朝です。1121年にイブン・トゥーマルトはムラービト朝に対する反乱を開始し、それに従う者たちは「タウヒードの信徒」を意味するムワッヒドの名で呼ばれました。イブン・トゥーマルトの死後、跡を継いだアブドゥルムウミンが1130年にムワッヒドの名を用いた王朝を樹立しました。

ムワッヒド朝の創始者・アブドゥルムウミン
出典:Wikipedia

ムワッヒド朝はこれまで他のベルベル人が興した王朝、ズィール朝・ハンマード朝・ムラービト朝を滅ぼし、マグリブ地域のほとんどを支配下に治めます。さらにはアブドゥルムウミンの跡を継いだヤアクーブ・マンスールの時代には、リビア西部まで支配下にする最大勢力圏を築き上げました。

しかし、マンスールの跡継ぎだったムハンマド・ナースィルの時代に、ナバス・デ・トロサの戦いでアルフォンソ8世が率いる十字軍に敗れると、次第に衰退。そして、1269年に新しく興ったマリーン朝に滅ぼされました。

レコンキスタとは?意味や流れ、原因を分かりやすく簡単に解説

マリーン朝(1196年~1465年)

マリーン朝の国旗
出典:Wikipedia

マリーン朝はベルベル人のマリーン族が興したイスラム王朝です。この王朝は1195年にイベリア半島で起きたアラルコスの戦いで略奪を目的とした軍事行動の成果として翌年の1196年に樹立しました。

マリーン朝は1331年に在位した「モロッコの黒いスルターン」と呼ばれた11代君主アブー・アルハサン・アリーとその子で12代君主アブー・イナーン・ファーリスの代で最盛期を迎えます。しかし、2人が亡くなるとマリーン朝は衰退。

さらに王朝内で内乱が起きたことで国力回復は困難を極めました。そして、1465年にワッタース家に取って代わるように滅亡しました。

ハフス朝(1229年~1574年)

ハフス朝の国旗
出典:Wikipedia

ハフス朝はムワッヒド朝のイフリーキーヤ(現在のチュニジア)の総督になったアブー・ザカリーヤーが、ムワッヒド朝がキリスト教徒の傭兵たちを雇用したことが起因となり、独立して樹立した王朝です。1249年に在位したアブー=アブドゥッラー・ムハンマド・アル=ムスタンスィルの代でハフス朝は発展します。

アル=ムスタンスィル死後、ハフス朝は内紛により衰退。一度は再興されるもマリーン朝やキリスト教徒といった外部勢力により、次第に弱体化していきました。そして、1534年にはバルバリア海賊団の侵攻と1574年にオスマン帝国に包囲されたことによってハフス朝は滅亡しました。

ザイヤーン朝(1236年~1550年)

ザイヤーン朝の国旗
出典:Wikipedia

ザイヤーン朝はベルベル系遊牧民ザナータ族のザイヤーン家を主体として樹立した王朝です。ザイヤーン家自体は力の弱い家でしたが、ムワッヒド朝でトレムセン(アルジェリア北西部)総督を務めていたヤグムラーサン・イブン・ザイヤーンの時代にムワッヒド朝が衰退したことで独立。1236年に新たな王朝として樹立されます。

ザイヤーン朝は1299年と1307年に2度に渡り、マリーン朝の侵攻を受けました。一度国力を回復したものの、1335年に3度目の侵攻を受けます。さらに1352年にはアラブ遊牧民が侵攻したことにより、王朝は不安定な状態でした。

そして、1509年にはスペインの属国となったザイヤーン朝は1517年にバルバロス海賊団、新興王朝のサアド朝と次々に支配者が代わる状態となります。その後、オスマン帝国がサアド朝を退けたことにより、1550年オスマン帝国の支配下となり、ザイヤーン朝は滅亡しました。

ベルベル人の有名美人

インディ・ザーラ

インディ・ザーラ
出典:Wikipedia

インディ・ザーラはモロッコ育ちの歌手で、2009年に歌手活動を始めました。彼女の歌は英語を用いた歌ですが、一部ベルベル語を使った歌詞もあります

ロリーン

ロリーン
出典:Wikipedia

ロリーンはスウェーデン生まれの歌手で、ベルベル人の血をひいています。2004年からロリーンは活動を始め、2012年に行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2012ではスウェーデン代表として出場。

372点の高得点を出し、13年ぶりにスウェーデン5度目の優勝に導きました。

沢尻リラ

沢尻リラ
出典:PRTIMES

沢尻リラは元女優・沢尻エリカの母親です。彼女はベルベル系フランス人で、2000年から2007年までリラズ・テーブルという地中海料理レストランのオーナーシェフを務めていました。

2017年には「沢尻リラさんの家庭でつくる地中海料理」という料理本を出版していることから、料理の腕は確かなことがわかります。

ベルベル人のイケメン有名人

ジネディーヌ・ジダン

ジネディーヌ・ジダン
出典:Wikipedia

ジネディーヌ・ジダンはフランス生まれの元サッカー選手です。ジダンの両親はベルベル人の一部族カビール人だったこともあり、ジダンのことをフランスでは「北アフリカ移民の星」として親しみと人気があります。

1988年に初めてフランス代表に選ばれた後、多くの試合を経験しますが、2006年のワールドカップ決勝で相手方のイタリア人からジダンの人種を侮辱したことに怒り、頭突きをしてしまいます。この一大事件はたちまちテレビで知るところとなり、ジダン=頭突きで覚えている方も多々いました。

現役引退後は解説者を務めた後、2016年にスペインのサッカークラブ・レアルマドリードの監督に就任。2017-18シーズンでは大会最多優勝回数を更新する手腕を見せました。しかし、現在では2021年5月に監督を辞任しています。

カリム・ベンゼマ

カリム・ベンゼマ
出典:Wikipedia

カリム・ベンゼマはフランスを代表するサッカー選手です。2005年にデビューしてから着実に成果を残し、2009年にはレアルマドリードへの移籍が決定となります。

2018-19シーズンで大会通算60点目、2020-21シーズンで250点目を達成した功績から、カリムはレアルマドリードになくてはならない存在となりました。また、レアルマドリードの最前線で共に戦ったガレス・ベイルとクリスティアーノ・ロナウドの頭文字をとってBBCと呼ばれていました。

イブラヒム・アフェレイ

イブラヒム・アフェレイ
出典:Wikipedia

イブラヒム・アフェレイはオランダ出身のサッカー選手です。2004年にデビューした後、2010年にバルセロナへ移籍。その後は様々なクラブへ移籍しましたが、現在はフリーとなっています。

ベルベル人の歴史年表

紀元前112年-共和政ローマ帝国に服属

共和政ローマ帝国の国旗
出典:Wikipedia

先史時代よりベルベル人たちはヌミディアと呼ばれるアルジェリア北東部に住んでいましたが、紀元前112年から共和政ローマ帝国の侵攻を受けることになります。この戦いはユグルタ戦争と呼ばれ、敗北したヌミディアはローマ帝国の属国となりました。

そして、ラテン語が公用語となり、キリスト教も流れたことからベルベル人のキリスト教化が進みました。

ローマ帝国とは?歴史年表とともに分裂や滅亡について簡単に紹介

435年-ヴァンダル王国に服属

ヴァンダル王国が支配した土地
出典:Wikipedia

やがてローマ帝国の衰退が進むと、フン族の侵攻によってヴァンダル人が南下。ベルベル人が住んでいた領域も征服したヴァンダル人は、その地にヴァンダル王国を樹立。ベルベル人はヴァンダル王国の公用語だったゲルマン語とラテン語を話すようになりました。

534年-東ローマ帝国に服属

東ローマ帝国の国旗
出典:Wikipedia

534年にヴァンダル王国が東ローマ帝国に滅ぼされると、ベルベル人が住んでいた場所は東ローマ帝国が所有することになります。ギリシャ化が進んでいた東ローマ帝国での公用語はギリシャ語となり、ベルベル人も必然とギリシャ語を話しました。

東ローマ帝国とは?ビザンツ帝国との違いは?歴史年表まとめ【政治体制から文化、宗教まで紹介】

705年-イスラム帝国に服属

イスラム帝国の1つ・ウマイヤ朝の国旗
出典:Wikipedia

7世紀になると、アラブ人がベルベル人の住む領域へ侵攻。ベルベル人はアラブ人との戦いを繰り広げますが、705年にイスラム帝国に服従します。

イスラム帝国により、北アフリカにはアラブ遊牧民が入ったことにより、ベルベル人のイスラム化が起こりました。また、公用語が大きく変わり、アラビア語を公用語として話しました。

983年~1236年-ベルベル人が興した王朝が乱立する

約250年に渡り、ベルベル人たちは王朝を興した

ベルベル人は、983年にイスラム王朝だったファーティマ朝から独立し、ズィール朝を興すと、1015年にハンマード朝・1056年にムラービト朝・1130年にムワッヒド朝・1196年にマリーン朝・1229年にハフス朝・1236年にザイヤーン朝と、約250年の間で数多くの王朝を興しました。

しかし、すべての王朝がベルベル人同士で友好関係を築いたわけではなく、前の王朝衰退時に征服や滅亡を行ったことで、新たに興した王朝や独立して興した王朝ばかりでした。

1550年-オスマン帝国の支配下に置かれる

オスマン帝国の国旗
出典:Wikipedia

ベルベル人最後の王朝・ザイヤーン朝が1550年にオスマン帝国によって滅ぼされると、ベルベル人はオスマン帝国に服属。オスマン帝国支配下ではアラブ化が徐々に進んでいきました。

1830年以降-フランスに植民地支配される

植民地支配により、ベルベル人とアラブ人の一部が団結する結果となった

19世紀に欧米列強が力をつけてくると、ベルベル人のいたマグリブ地域はフランスに植民地化されました。フランスの植民地となったことで公用語はアラビア語からフランス語に変わります。しかし、中には植民地化に納得しないベルベル人とアラブ人が、同じイスラム教徒であることから、一体性を持ち始めました。

1920年-第三次リーフ戦争が起こる

第三次リーフ戦争の中心人物でリーフ共和国の初代大統領・アブド・エル・クリム
出典:Wikipedia

1920年には1859年から起きたスペイン・モロッコ戦争の一部で、最も大規模な反乱・第3次リーフ戦争が起きます。この戦争の中でアブド・アルカリームは1921年にモロッコ北部のリーフ地区でリーフ共和国を建国しました。

1926年-リーフ共和国崩壊

リーフ共和国の国旗
出典:Wikipedia

リーフ共和国が建国されたことで戦争が長期化します。そのため、スペイン側は戦車や航空機などの最新鋭の乗り物に加え、毒ガス攻撃を実施し、せん滅を図りました。

さらにはフランスがスペインの支援を行ったことが決定打となり、1926年に第3次リーフ戦争は終結。それにあたって、リーフ共和国も崩壊しました。

1989年-マグリブ連合の結成

マグリブ連合の旗
出典:Wikipedia

1956年にフランスから独立したマグリブ地域は、1989年にヨーロッパ連合にならって、同じ文化を共有した背景からマグリブ地域の経済促進や団結を目指すマグリブ連合を結成しました。しかし、アルジェリア内部が不安定なことが足かせとなり、目立った活動はしておりません。

ベルベル人に関するまとめ

今回は、ベルベル人について解説しました。

ベルベル人は紀元前より他国や他民族の侵攻を受け、征服されることを多く経験した族種です。しかし、イスラムの文化やイスラム教を信仰したことにより、大きく発展しベルベル人による様々な王朝ができたことも事実。

そして、美男美女が多いことでも有名であるため、一度はマグリブ地域へ足を運んでみたいものです。我々日本人のことを自分たちがさらに理解することも大事ですが、ベルベル人のような世界の人々に目を向けてみると、新たな発見や日本とは違った文化を学べることがわかりました

この記事を通して、ベルベル人について興味や関心を持っていただけたら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す