小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

恒心教とは?意味や由来、唐澤氏との関係性や問題行為についても解説

「恒心教とはどんな宗教なの?」
「恒心教の成り立ちは?」
「問題視されている行為や、澤氏との関係性について知りたい!」

ネット上で度々話題に挙がる「恒心教」。世界にはさまざまな宗教が存在する中、恒心教は日本でも異色な存在です。

もともとインターネット上で発足した恒心教は、近年でも問題行為が危険視されています。インターネット上だけに限らず、リアル世界での攻撃的な行為が問題視されているのです。

今回は、インターネット上での問題および「恒心教」について関心を抱いた著者が、恒心教とは一体何なのか?成り立ちや宗教の詳細、問題行為、澤氏についても解説します。

恒心教とは?

恒心教の実態とは
出典:ニコニコ

恒心教とは、2012年ごろに日本で発足した疑似宗教です。インターネットで炎上した事件の関係者である、澤弁護士を誹謗中傷したことから端を発しています。

恒心教には数々の問題行動が見られ、犯罪行為も多く危険視されているのです。恒心教は実際には存在しない宗教にも関わらず、「恒心教徒」を名乗る人物は大勢存在します。現在でも高い注目を浴びているのです。

下記では、恒心教の意味や由来に加え、実在しないという事実について詳しく解説します。

恒心教の意味と由来

恒心教の由来となった唐澤貴洋弁護士
出典:朝日デジタル

恒心教は、インターネット上において「唐澤弁護士を攻撃する人」という意味を持つ造語です。恒心教の発足に関係した「ある事件」の担当弁護士、唐澤貴洋氏を誹謗中傷したとして問題となりました。この出来事は、インターネットの使い方を見つめ直すきっかけになったとされています。

そもそもある事件とは、2012年にネット掲示板である「なんでも実況J板」において起こりました。当時、掲示板荒らしを行っていた1人の高校生の個人情報が特定されたことが端を発しているのです。

その後、高校生が雇った唐澤弁護士に対する攻撃がはじまります。彼が設立していた「恒心綜合法律事務所」と、当時掲示板上で話題を集めていた「オウム真理教」。2つの言葉から、「恒心教」という宗教じみた呼び名が生まれました。

恒心教は実在しない?

「疑似宗教」「冗談宗教」と呼ばれます

恒心教は、厳密に言えば実在しない宗教団体です。恒心教はインターネット上での疑似宗教であり、「唐澤氏を攻撃する人たち」が冗談で始めた集団となります。

報道された際、恒心教についてテレビ東京や共同通信などは「架空の宗教団体」、NHKは「ネットに書き込みをするグループ」と表現。世間にも、実在しない宗教であると認識されているのです。

ただし、恒心教を名乗る人たちは上記の報道を批判しています。「信教の自由」を掲げ、「架空宗教の表現は嫌だ」と猛反発しているのです。また、一部の大学関係者も「実在しないとは言い切れない」という内容の発言をしており、議論は現在でも続いています。

一般的な認識では、恒心教は実在しません。しかし、信仰者やコミュニティ、一部の知識人の中には恒心教を「新興宗教」と考えている人も存在します。

恒心教の成り立ちとは?

恒心教の誕生秘話

恒心教の成り立ちは、1人の高校生と唐澤弁護士が大きく関係しています。ことの発端は、2012年に発生したネット掲示板炎上においての、特定個人への誹謗中傷です。

唐澤氏の登場により過激化した誹謗中傷は、後に彼を「尊師」と呼び、疑似宗教の誕生へと繋がりました。下記では、謎の多い「恒心教」の成り立ちについて、詳しく解説します。

きっかけはネット掲示板

きっかけはある出来
出典:ネット用語の意味まとめ

恒心教のきっかけは、ネット掲示板2ch「なんでも実況J板」に現れた1人の高校生です。彼はハンドルネーム「八神太一」と名乗り、インターネット上で他人への誹謗中傷や自らの犯罪行為を語って、掲示板を荒らしていました。

彼の悪質かつ迷惑な行動は、掲示板利用者から反感を買い、嫌われ者として有名だったのです。そんな最中の2012年3月、掲示板上で「八神太一」は大学に合格したことを発表します。その大学は名門として有名であり、掲示板利用者たちは「名門大学の合格」報告を全く信用しませんでした。

すると「八神太一」は次の日、驚くことに「合格通知書の写真」を掲示板に投稿したのです。もちろん本名や学校名は隠していたものの、彼を嫌っていた掲示板利用者たちは、彼の素性を必死に詮索しはじめました。

そして、前述の画像がきっかけとなり、彼の名門大学への合格が本当であること。さらには、彼が利用していたコミュニティサイトmixiアカウントが判明したことで、素性が特定されてしまいます。本名や出身校がバレたことで、彼は焦りを覚えました。

そして「八神太一」は自身のこれまでの投稿、「犯罪行為」や「未成年飲酒」の影響を恐れ、弁護士を雇うことにします。ネット掲示板での些細なきっかけが、後に大きな事件へと発展したのです。

唐澤弁護士の登場

「炎上弁護士」の登場で、事態は思わぬ方向へ
出典:エキサイト

自身への今後の影響を危惧した「八神太一」は、弁護士を雇うことを決意します。唐澤貴洋弁護士の登場です。唐澤弁護士は当時無名の弁護士であり、「八神太一」との出会いは不明ですが、彼の登場によって、ネット掲示板炎上は激化します。

当初、唐澤氏は「ネットに強い弁護士」を自称し、掲示板利用者たちから大きな注目を浴びました。唐澤氏はまず、「八神太一」への特定行為や誹謗中傷を行った人たちに対して、IPアドレスの開示を求めます。IPアドレス開示要請によって周囲を牽制し、事態の収束を図ったのです。

すると、誹謗中傷していた人たちは一時的に活動をセーブし、掲示板上では唐澤氏を称賛する声が続々と寄せられました。さらには「無知な子どもに振り回されて可愛そう」という同情も生まれます。

これらの反応によって、多くの掲示板利用者が「ネットに強い弁護士」に対して関心を抱きました。そして、唐澤氏がどれほど有能な人物であるのか?を詮索し始めたのです。しかし、結果として唐澤氏の登場は、掲示板の炎上激化を招く火種となりました。

炎上の激化

火に油

唐澤弁護士の登場で、一時的に「八神太一」に対する誹謗中傷は収まりました。しかし、掲示板利用者たちが恐れた「IPアドレス開示要請」は、後に3段階あることが判明します。そして、唐澤氏が行ったのは第1段階のみであり、開示されてもほとんど実害がないと判断されたのです。

さらに、最も重い3段階目は時間とお金を消耗するため、「実行されることはないだろう」との安心を与えました。

その後、掲示板利用者たちが唐澤氏について調べていくと、唐澤氏のさまざまな黒歴史が露見します。それは、過去に迷惑なブログやTwitter(スパム利用)運営を行っていたことや、実際には直前まで「IPアドレス開示要請」の方法も知らなかったことなどです。弁護士らしからぬ誤字や脱字が多かった点も、人々の批判を集めました。

さらに、唐澤氏の実家は歴史ある裕福な家庭であり、父は有名な会計士であったことから、妬みや嫌がらせを生む結果となります。そして、誹謗中傷の標的は「八神太一」だけでなく、唐澤氏にも向けられることとなったのです。

すると、今度は唐澤氏が依頼人を差し置いて、自らの保身のために動き出しました。悪意のある書き込みや画像に対し、自身へのIPアドレス開示のみを要請します。つまり「八神太一」分の要請をしなくなってしまったのです。

唐澤氏は掲示板利用者たちから「無能弁護士」と呼ばれ、炎上の激化が続くこととなりました。その後唐澤弁護士は、自身への誹謗中傷と戦うことになります。

恒心教の発足

ついに誕生した恒心教
出典:エキサイト

「無能弁護士」という烙印を押された唐澤氏は、自身への誹謗中傷に対して、次々と「IPアドレスの家事要請」を行う一方、無関係の人たちも巻き込んで行きました。この行為は、後に「検索汚染防止の為」と本人が主張していますが、当時の掲示板では多くの反感を買っています。

こうして、ネット上での環境や唐澤氏自体が「ネタ性」に富んでいたことから、掲示板利用者は次第に彼を神格化し、恒心教の発足に至ったのです。

冗談で生まれた恒心教信仰者は、当時掲示板上で再熱していた「オウム真理教」の影響から、唐澤氏を「尊師」と呼ぶようになります。その他にも、唐澤弁護士が所属する事務所を「聖地」、恒心教を信仰する人を「恒心教徒」と呼びました。

恒心教の過激化

Twitterでトレンド入り?
出典:Twitterトレンド速報

唐澤氏が行った「IPアドレスの開示要請」は、最初のころは恐れられていたものの、実害がほとんどないと判断されると誹謗中傷は再び激化しました。そしてその後、恒心教は過激化していきます。

すると、掲示板内で嫌われ者となった唐澤氏に対して、徐々に関心を寄せる人が増加したのです。「どのレベルなら訴えられるか」といったチキンレース思考が相まり、殺害予告や問題行為が100万回以上と続出。大きな事態まで発展してしまいます。

しかし、唐澤氏が掲示板側に削除を申し入れた際には却下されており、後に彼が「ネット法改正の必要性」を訴えるきっかけとなりました。恒心教の問題行動は徐々に拡大・過激化し、〇〇路線と呼ばれる数々の行いが問題視されるようになるのです。

問題行動の呼称である〇〇路線とは

それぞれの路線、特徴とは?

恒心教には、〇〇路線という問題行為の呼称があり、多種多様な活動路線を指します。恒心教の問題行為は過去の話ではなく、現在でも問題視されているのです。

〇〇路線は、それぞれの思想や内容によって分けられ、中には過激なものも存在します。下記では、数ある〇〇路線の中から、主な8つをご紹介します。

1.布教路線

恒心教の布教スタイルとは
出典:AppleFlyer

布教路線とは、利用者の多いコンテンツを利用し、恒心教を広めることを指します。中には、人気のゲームやYou Tubeを利用し、「八神太一」の本名や「唐澤貴洋」の名を晒す行為もあるようです。

また、2021年時点ではTwitterアカウントにて、堂々と恒心教を名乗る人物も多数存在しています。ちなみに、布教路線の派生として、「海外布教路線」も存在。宗教団体は国内での布教が手詰まりになると、海外布教へシフトすることがあります。

実際に、現在確認されているだけでも中国や韓国、遠くはタイやブラジルでも恒心教徒が存在しているのです。

2.事実追求路線

恒心教内部で、最も評価が高いとされる路線

事実追求路線とは、インターネット上で懸念される嘘やデマを拡散せず、ありのままの情報を伝え広める路線です。数ある恒心教〇〇路線の中でも、最も効果的で正当な路線と言われています。

事実追求路線は、恒心教の基本とされる路線です。恒心教の世間的評価を下げないためにも、事実追求路線の重要性を唱える信仰者もいます。

唐澤氏の行動は事実がネタとなる認識だったため、都度公表される新事実が「恒心教」への信者熱を燃やし続けたといっても過言ではありません。

3.芸術路線

他の場所で力を発揮すれば成功しそうです
出典:とらのあな通販

芸術路線とは、「八神太一」や唐澤弁護士および恒心教をテーマに、イラストや画像を制作する路線です。後に衰退しますが、一時人気の高かった路線のひとつとなります。

ファンシーなものからリアリティあふれるものまで、作風や作品はさまざま。現在でも、Twitter上で簡単に閲覧できます。ちなみに、現在までに生み出された制作物は、画像や動画に限らず「音楽」や「文字列」といったものも。

恒心教内でも、芸術路線の教徒を「芸術教徒」や「芸術芋」と呼ぶそうです。

4.コミケ路線

コミックマーケットに参入
出典:東洋経済オンライン

コミケ路線は、恒心教をモチーフとしたイラストやグッズをコミックマーケット(通称コミケ)で販売し、広める路線です。〇〇路線の中でも特に問題点が多く、現在では消滅したと言われています。

コミケ路線の発足は、販売計画時に同人サークルが出店したことがきっかけです。しかし、出店時に多数の問題行為を起こしたことで、恒心教内でも嫌われる原因になりました。

5.玩具路線

玩具の意味とは

玩具(がんぐ)路線は、画像作成・人気投票企画サイト上で、恒心教をネタとして扱い遊ぶ路線です。

具体的には、You Tube動画やcmなどの画像を編集し、「教祖」とする唐澤氏の玩具と化すと言われています。玩具路線は古くから発足し、芸術路線の元となった路線なのです。

玩具となったのは「遊戯王ジェネレーター」や「もんじろう」をはじめ、「ボカロデューサー」などが挙げられます。

6.ニッセ路線

ニッセ路線、由来は?
出典:唐澤貴洋wiki

ニッセ路線は、「八神太一」や唐澤貴洋になりすまして問題行為を行う路線です。インターネットでの書き込みはもちろん、新聞の投書コーナーやテレビ番組の視聴者コーナーにも、2人の名を語り投書しています。

恒心教の関係者が掲示板にて「ハッセ」という名で書き込みを行ったことから、なりすまし行為を「ニッセ」と呼ぶようになったことが由来しているのです。ニッセ路線はその行為から、「投書路線」とも言われています。

7.贈り物路線

嬉しい贈り物ではない
出典:フルタイムシステム

贈り物路線は、唐澤氏や関係者に宛てて、無断で物を送りつける路線です。郵便局や運送会社を使用し、時には代引きで送ります。

始まりは2013年4月。「唐澤貴洋掲示板」を利用する人が、彼の事務所に雪見だいふくを送りつけたことからはじまります。一部受け取った形跡も確認されているとか。送った物の中には「大量の虫」もあったとされ、非常に迷惑な問題行為です。

ちなみに、贈り物路線の派生として「年賀状路線」や無料パンフレットを送りつける「パンフボム路線」。対象者近辺へ、唐澤氏を名乗り物を送りつける「無差別路線」なども存在します。

8.悪芋路線

最も悪質な路線

悪芋路線とは、数ある問題行為の中でも、度を越した布教活動を行う路線です。爆破予告や殺害予告、実際にインターネット情報の書き換えを行うなど、世間を困らせています。

下記でご紹介する恒心教による「犯罪行為」は、悪芋路線と呼ばれる人たちの行いであり、恒心教内部でも嫌われる存在です。

恒心教による犯罪行為

犯罪行為に走る恒心教の真意
出典:ビジネスジャーナル

恒心教の問題行為は、一部の恒心教徒らによって次第に犯罪行為へ発展します。有名な事件は、インターネットで多くの人が利用するGoogleマップに、悪意ある改ざんを行った「Googleマップ改ざん事件」です。

また、爆破予告は関係のない大学にまで及び、2020年にも逮捕者が出ているのです。彼らは恒心教徒を名乗り、多くの報道に取り上げられました。その他にも、恒心教をネタに使ったとして、youtuberであるゆゆうたやその関係者に対し、多くの嫌がらせ行為も行っています。

下記では、数ある犯罪の行為の中から、特に悪質な2つの事件について、詳しく解説します。

Googleマップ改ざん事件

突如現れた謎の施設
出典:日テレNEWS24

Googleマップ改ざん事件は、2015年に発生したGoogleマップ情報の改竄(かいざん)事件です。実在しない施設名を複数語った今事件は、日本国内に多くの困惑を招きました。

具体的な被害地は、皇居や警視庁本部、島根県にある出雲大社や広島県の原爆ドームなどです。これらの施設や建造物に対して、Googleマップ上で情報の改竄が行われ「恒心教」「恒心教核実験場」などと書き込まれました。

Googleマップは速やかに事態収束へ動き、「恒心教」を名乗る情報の書き直しを行っています。そして、警察は「業務妨害」の容疑で3人の人物を特定し逮捕したのです。

逮捕されたのは岩手県の男子大学生、愛知県に住む男性会社員、大阪府在住の無職の男性の計3名。彼らは皆同様に「恒心教徒」の関係者であることを告白し、動機に関しては「広く知ってもらいたかった」という旨を証言しています。

Googleマップ改ざん事件は、そもそもGoogleマップを素人でも書き換え可能だった事実が驚きを呼びました。その後Googleは、書き換えができないようにセキュリティの強化を検討するとしています。

爆破予告

人々の不安を煽る最悪の行為
出典:元現舎

恒心教による爆破予告は、2020年11月に発生し報道された事件です。爆破予告を受けたのは、東京都の上智大学と、神奈川県にある横浜国立大学でした。

同年6月には、東京大学や株式会社電通グループも被害にあっています。11月に一連の事件に関与したとして大阪大学院生が逮捕されていますが、この人物も「恒心教」を名乗りました。

しかし、事件に関わった人物は複数いるとみられ、彼らの動機や目的が明確になっていないことから犯人の特定に難航しています。爆破予告メールを送りつける際、発信元を特定不可にするソフトが使用されているのも、要因のひとつです。

前述した要因から、恒心教にはインターネットやパソコンに強い人物が多数いるとみられています。しかし、大量の爆破予告を前に、警察は現在でも難解な捜査を続けているのです。

唐澤氏の現在

活躍の場を広げる唐澤氏
出典:DANRO

恒心教のきっかけとも言える唐澤貴洋弁護士ですが、彼は現在も活動を続けています。唐澤氏は1978年に生まれ、慶応義塾大学を卒業後、早稲田大学大学院で学んだいわばエリートです。

「恒心綜合法律事務所」を経て、2018年には法律事務所Steadinessを設立。「炎上弁護士」のタイトルで書籍を出版したり、ネット問題を取り上げたメディアに出演するなど、活躍の場を広げています。

インターネットに関する法律問題を得意とし、掲示板をはじめSNSやブログでの誹謗中傷、プライバシー侵害に対する弁護を多数行っているのです。炎上した際に呼ばれた「無能弁護士」とは、程遠い経歴となっています。

唐澤弁護士に対して行われた問題行為は、ある意味で彼の知名度を上げた出来事と言えるでしょう。もちろん、問題行為はいけないことです。

唐澤弁護士の登場によって発足した「恒心教」。「尊師」と呼ばれる彼は、現在も誰かの悩みを解決していることでしょう。

恒心教に関するまとめ

恒心教は、「架空の宗教団体」や「冗談宗教」などと呼ばれ、現在でもさまざまな賛否を巻き起こしています。成り立ちはネット掲示板上での出来事がきっかけですが、リアル世界でも大きな影響を与えているのです。

「恒心教」に関する一連の事件は、インターネットの使い方を見つめ直し、被害の深刻さの認知に繋がりました。誰でも気軽に利用できるインターネットやSNS。便利な一方で、使い方を誤れば人を傷つける凶器にもなりえます。

当記事をきっかけに、恒心教に関する知識を得るとともに、自身のインターネットやSNSの使い方は正しいのか?今一度考えてみて欲しいと願っています。

コメントを残す