【新着】日本で起きた凶悪事件TOP30

イメケントラウマとは?画像は本物?検索してはいけない言葉の理由

「イメケントラウマってどんな画像なの?」
「どうして検索してはいけない言葉なの?」

イメケントラウマとは「検索してはいけない言葉」に選ばれている、グロテスクな男性の画像です。一見すると何を表しているかわからないワードですが、うっかり調べると後悔するような画像が出てきます。

検索してはいけない危険度は3であり、危険度3は「検索・閲覧する場合は注意」はいけないと表しているのです。グロいと言われる「イメケントラウマ」とはどういった画像なのか、画像が本物なのかも調査しました。

この記事を書いた人

フリーランスライター

高田 里美

フリーランスライター、高田里美(たかださとみ)。大学は日本語・日本文学科を専攻。同時にドイツ史に興味を持ち、語学学校に通いながら研究に励む。ドイツ史研究歴は約20年で、過去に読んだヨーロッパ史の専門書は100冊以上。日本語教師、会社員を経て結婚し、現在は歴史研究を続けながらWebライターとして活躍中。

検索してはいけない「イメケントラウマ」とは?

美男子を想像していると想像の斜め上をいく画像が検出される

「イメケントラウマ」とは、「グロ・ホラー・殿堂入り」のジャンルで閲覧注意とされている言葉です。ここではイメケントラウマがどういった画像なのかを解説していきます。

グロテスクな男性の画像

舌がとても長く始めてみると衝撃を受けてしまう

イメケントラウマとは、真っ黒な瞳に鼻が無く舌が長い男性の画像です。目はほぼ黒目で白目がなく、鼻が全くない状態となっています。極めつきが口を大きく開いており、そこからただれた大きな舌が出ているのです。舌は普通の人とは考えられない長さなのも特徴です。

そして舌をよく見てみると、所々が赤黒く変色しており火傷の痕らしきものが見られます。また火傷以外の傷も見られ、一見するとなんの画像なのかわからないところも、イメケンのグロテスクさといえます。

「イケメン」と間違えて検索しがち

「イメケン」を「イケメン」と勘違いしている人も多い

この画像の特徴は、「イメケン」を「イケメン」と間違えて検索してしまいやすいところです。本当は「イメケン」なのですが、なぜイケメンがトラウマになるのかと思わず調べたくなってしまいます。

ちなみに「イケメントラウマ」で検索しても、同じイメケンの画像が上位にヒットします。そのために、どんなイケメンが出てくるのかと楽しみにしていた人は、全く自分の検索意図と違う画像がいきなり出てくるので、誤って検索してしまい後悔したという人も多いと考えられます。

なぜ「イメケン」と呼ばれているのか?

イメケンとはイメージ検索の略語なのだそう

イケメンと勘違いしやすいイメケンですが、「イケメン」を意識して出来た言葉なのかというと、実はそうではないそう。イメケンとは、「イメージ」「検索」の略ということで、すなわち画像検索を表しているといいます。「イメケントラウマ」とは、トラウマレベルのイメージ検索という意味だったのです。

イメケントラウマを検索した人の感想?

イメケントラウマを絵に描いている人がいました。端的に画像の特徴を掴んでいるので、まだ検索を迷っている人は参考になります。

やはりトラウマになっているという人が多く見られました。他の検索してはいけない画像と系統が違いますが、何となく頭から離れない画像であることは間違いありません。一度見ると、トラウマになる人も多いようです。

「イケメン」と「イメケン」を勘違いしていたという人もいたようです。Twitterを見る限り、最初は単語しか出てこなかったそうですが、現在検索すればすぐに見られるようになっています。

1 2 3

コメントを残す