日本で起きた凶悪事件・怖い事件ランキングTOP30

この記事を書いた人

某週刊誌の元記者

東条りな

Rekisiru編集部、東条りな(とうじょうりな)。新卒で某有名週刊誌を運営する出版社に入社。8年勤務したのち結婚を機に退社。芸能ネタとネットゴシップ収集が生き甲斐であり趣味であり仕事。現在はWeb系メディアを中心にメディア編集業に従事。

30位:奈良小1女児殺人事件 – 2004年

犯人の小林薫元死刑囚

奈良小一女児殺人事件は、2004年11月17日に奈良県奈良市で当時小学1年生だった女児が誘拐の末に殺害された事件です。犯人は新聞販売店の従業員・小林薫であり、女児に対する強制わいせつ行為で懲役刑に処された過去がありました。

小林は「女の子に悪戯をしたい」という欲求に駆られ、7歳の女子児童を誘拐。自宅に連れ込んで湯船に沈めて殺害し、わいせつな行為や歯を折る等の死体損壊行為を繰り返しました。

被害者の有山楓さん

小林は女児の携帯電話で「娘はもらった」などの趣旨のメールと少女の写真を母親に送り付けた他、女児の遺体を自宅から離れた場所に遺棄。その後母親の携帯に再度「次は妹を狙う」とメールを送っています。

しかしメールの送信履歴から小林容疑者が浮上し、逮捕にいたっています。逮捕された小林容疑者の自宅からは幼児ポルノのビデオが大量と盗まれたものとみられる女子の下着が沢山あったそうです。小林薫は死刑判決が下り、2013年に死刑が執行されました。

 29位:名張毒ぶどう酒事件 – 1961年

逮捕された奥西勝死刑囚

名張毒ぶどう酒事件は、1961年3月28日に三重県名張市葛尾の公民館で集落の懇親会で出されたワインを飲んで5人が死亡し、17人が中毒症状を起こした事件です。混入された毒物はニッカリンTという毒物でした。

結果的に逮捕されたのは奥西勝という鉄道会社の職員でした。決め手は被害者の中に奥西さんの妻と愛人がいた為であり、警察は「三角関係を解消する為の犯行」と判断。奥西さんは1972年の最高裁判所で死刑判決が下ったのです。

奥西死刑囚は無実を訴え続けた

警察は執拗な自白を強要したとされ、奥西さんと支援団体は生前9度にわたる再審請求を要求。彼は無実を訴え続けたものの、死刑判決から43年後に89歳で死亡しています。

当事件を題材とした出版物も数多く出ていますが、その殆どが「奥村さんは冤罪」という主張に則ったものです。奥村さんが犯人ではない場合、誰がこのような凄惨は事件を起こしたのでしょうか。凶悪事件ではあるものの、事件の全貌は未だ不明です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29