小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

渋沢栄一の功績10選!有名な偉業から隠れた実績まで紹介【一覧表付】

幕末から明治にかけて活躍した実業家・渋沢栄一。最近では新1万円札の肖像に決まったことでも話題の人物ですね。

渋沢栄一の肖像

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」でも主人公として取り上げられた渋沢ですが、一体これまでにどのような功績を残したのでしょうか?名前は知っているけど具体的な実績を知らない!という方も多いことでしょう。

そこで、今回は渋沢栄一が残した功績を10選紹介します。代表的な功績はもちろん、「これも渋沢栄一が作ったの?」と驚くような功績まで紹介するので、是非最後までご覧ください。

渋沢栄一の主な功績を一覧で紹介

若かりし頃の渋沢栄一。彼が挙げた功績は数えきれない。
年月主な功績
1869年静岡商法会所を設立
1872年富岡製糸場を設立
1873年第一国立銀行・抄紙会社を設立
1875年商法講習所を開校
1876年東京会議所の会頭、
東京養育院の事務長就任
1878年東京株式取引所を設立
1879年東京海上保険会社を設立
1881年日本鉄道株式会社を設立
1882年東京電灯株式会社、
共同運輸会社を設立
1883年浅野セメントを設立
1884年東京瓦斯株式会社を設立
1885年日本郵船会社を設立、
東京養育院の院長就任
1887年札幌麦酒株式会社、
東京ホテルを設立
1901年日本女子大学校を開校
1906年日本電報通信社を設立
1920年滝乃川学園の理事長就任

渋沢栄一の功績10選

渋沢はこれまでに約500の企業を育て、約600の公共事業に関わったといわれています。その中でも代表的な功績を10選にまとめてご紹介致します。

  • 功績1:日本初の株式会社を設立したこと
  • 功績2:現みずほ銀行を作るなど日本の銀行と金融のシステムを樹立したこと
  • 功績3:大蔵省に入省し日本近代化に貢献したこと
  • 功績4:500以上に及ぶ企業の創業・営業に関与したこと
  • 功績5:日本のライフラインの基礎を築いたこと
  • 功績6:富岡製糸場や今の王子製紙を作るなど絹織・製紙の基礎を築いたこと
  • 功績7:現NHKを作るなど運輸・放送・通信の基礎を作ったこと
  • 功績8:数々の大学も設立し、教育による人材育成に力を注いだこと
  • 功績9:日本赤十字社の設立にも携わるなど、社会・福祉事業に貢献したこと
  • 功績10:経営の神様”ピーター・ドラッカー”も認めた経営手腕

功績1:日本初の株式会社を設立したこと

日本で初めての株式会社を設立した

渋沢栄一は、フランスへの外遊で得た合本組織(いわゆる株式会社)の仕組みを参考に、「静岡商法会所」という組織を設立しました。広く一般から資金を集めて元手とし、この資金で商売を行い、更に配当まで行う一連のシステムを構築しました。このシステムが現在の株式会社です。

商法会所は公益に繋がるものに金を融通し、新たなものを創造するという「合本主義」に基づいた株式会社で、今でいえば銀行のような業務を行っていました。そのために預金の貸し付けや預金の受け付け、殖産興業の資金貸与などを展開していたといいます。

現在の東京商工会議所

商法会所はその後東京商工会議所となり、中小企業の経営支援など今でも日本の企業を支える重要は役割を担っています。

功績2:現みずほ銀行を作るなど日本の銀行と金融のシステムを樹立したこと

当時の第一国立銀行(1930年頃)

渋沢栄一は1873年に大蔵省時代に自らが制定に関わった「国立銀行条例」を使って、日本で初めての銀行「第一国立銀行(現:みずほ銀行)」を設立しました。銀行の総監役を務め、金融・銀行の仕組みまだしっかりできていない状態だった日本金融の先駆けとなったのです。

企業に対して資金提供を行い、金融の要として産業を起こす事業主の支援を行いました。渋沢は経済が発展するためにはたくさんのお金の流れが必要だと考え、「大河のようなお金の流れを作る」を目指し銀行を運営したといわれています。

東京株式取引所

国家銀行条例を制定と共に、渋沢は近代的な紙幣基盤を整備しています。この時、英語の「Bank」を「銀行」と訳したそうです。そして東京株式取引所(現:東京証券取引所)も創立し、日本の金融システムの基盤づくりに関わったのです。

功績3:大蔵省に入省し日本近代化に貢献したこと

渋沢の功績で全てのものさしが新しくなった

渋沢栄一は静岡で開いた「商法会所」が評価され、大隈重信の説得を受け1969年から1973年の間大蔵省(現:財務省)に入省しました。官僚としての活躍は4年程度でしたが、その間に多くの法律や制度を整備しています。

  • 度量衡の統一(長さ・体積・重さの基準)
  • 租税制度の導入
  • 簿記法の整備

などです。それまでに藩ごとで統一されていなかった度量衡や税制などを、全国統一させることに奔走したのです。これらの制度は現在に続く制度であり、日本の近代化に多大な貢献を残したといえるでしょう。

大隈重信とはどんな人?生涯・年表まとめ【性格や功績を交えて解説】

功績4:500以上に及ぶ企業の創業・営業に関与したこと

東京海上日動も渋沢の活躍で設立している

渋沢栄一は500以上の企業の創業・営業に関与しました。現在もある大企業も多く渋沢が関係しており、現在の日本経済を支えています。代表的な企業に、

  • 東京海上保険(現:東京海上日動)
  • 共同運輸(現:日本郵船)
  • 日本鉄道(現:東日本旅客鉄道)
  • 抄紙会社(現:日本製紙)
  • 札幌麦種(現:サッポロホールディングス)
  • 浅野セメント(現:太平洋セメント)
  • 東京株式取引所(現:東京証券取引所)
  • 東京電力(現:東京電力ホールディングス)
  • 東京瓦斯(現:東京ガス)
  • 東京ホテル(現:帝国ホテル)

エネルギーからホテルまで、多岐にわたっていることがわかります。業界や業種にとらわれることなく、幅広く事業を展開しています。現在も業界の先端を行く企業が多くあり、まさに渋沢が日本の資本主義の基盤をを造ったといっても過言ではないのです。

功績5:日本のライフラインの基礎を築いたこと

1904年の東京瓦斯の広告

渋沢栄一は1884年に「東京瓦斯株式会社」という会社を設立しました。渋沢自身が委員総代となり経営を行っています。その後もガス普及に取り組み、「名古屋瓦斯株式会社(現現在の東邦瓦斯株式会社)」、九州の「門司瓦斯株式会社」の設立に関わっています。

また渋沢は日本の電力供給にも大きく貢献しています。1882年に工部大学校の学生らの提案を受けて、「東京電灯株式会社」を設立し、火力発電所を建設して東京に電力を供給しています。

東京瓦斯株式会社本社

瓦斯の事業は元々は公営だったのですが、ガス料金が高く赤字が続いていたために渋沢に委託されたものでした。渋沢は生産費の削減し利益を計上することに成功し、日本のライフラインの基礎を築いたのです。

功績6:富岡製糸場や今の王子製紙を作るなど絹織・製紙の基礎を築いたこと

あの有名な「富岡製糸場」の設立にも携わっている

1872年渋沢栄一は、ユネスコ文化遺産財にも登録されている「富岡製糸場」を設立しています。これは日本初の本格的な器械製糸を行う工場で、渋沢は設置主任として携わっていました。

当時の日本は生糸が主力の輸出商品であったために、品質向上と増産を目的とした建設でした。富岡製糸場で生産された生糸は海外に輸出され、日本経済の成長に大きく功績を残しました。

現在の王子ホールディングス株式会社

また1873年には、抄紙会社(現在の王子製紙)を王子に設立しています。抄紙会社が造られたことにより、今まで輸入に頼っていた洋紙の国産化を目指したのです。洋紙会社の設立は渋沢が大蔵省時代に、紙幣を印刷するための洋紙の必要性を感じていたからといわれています。

富岡製糸場とは?世界遺産登録の理由や歴史、設立目的など簡単に解説

功績7:現NHKを作るなど運輸・放送・通信の基礎を作ったこと

1900年頃の貸客船、日本郵船株式会社は海上の足として今も活躍している

渋沢栄一は1882年に、共同運輸会社の創立発起人となっています。この会社は現在の日本郵船株式会社で、今も国際的な海上運送を担っています。

また放送業界では、1926年に社団法人日本放送協会(現NHK)の設立に携わり、顧問に就任しています。日本(N)放送(H)協会(K)の略でNHKです。現在も創立時と同じ愛称で親しまれ、私たちに最新のニュースを届けてくれているのです。

いわずと知れた大手広告会社電通

通信業界においても、1906年に日本電報通信社(現在の株式会社電通)の設立の手助けをしています。現在株式会社電通は世界で5本の指に入る大手の広告代理店として、広告業界を牽引する存在となっています。

功績8:数々の大学も設立し、教育による人材育成に力を注いだこと

商法講習所跡

渋沢栄一が設立した大学も多くあります。代表的な学校を挙げると、

  • 商法講習所(現在の一橋大学)
  • 大倉商業学校(現在の東京経済大学)
  • 日本女子大学校(現在の日本女子大学)
  • 東京女子大学校(現在の東京女子大学)

などです。学校を作ることにより座学中心だった学問を、実際の社会経験を身につける「実学教育」に転換する必要性を唱え、多くの教育機関の創立や経営に関わっています。

女性の教育環境を整えることに尽力した

特に日本女子大学は女子教育の先駆的存在でした。まだまだ男尊女卑の強い世の中でしたが、「家庭にいる女性がもっと読み書きができれば、より良い社会が作れる」という考えから始まったものですが、結果的に女性の社会進出を促すことに繋がったのです。

功績9:日本赤十字社の設立にも携わるなど、社会・福祉事業に貢献したこと

日本赤十字も渋沢が携わっていた

渋沢栄一は社会事業の分野においても、現在活躍する機関の設立に携わっています。

  • 東京養育院(現在の東京都健康長寿医療センター)
  • 中央慈善教会(現在の日本社会福祉協議会)
  • 日本赤十字社(現在の日本赤十字)

渋沢は社会事業も「継続し続けること」が重要と考えていました。社会事業も組織化することにより、経済的に運用できなければと考えていたといいます。特に1874年から50年以上関わった「東京養育院」の運営は、渋沢に大きな影響を与えました。資本主義は良いことばかりではないことを痛感し、社会事業により力を入れるようになったのです。

渋沢栄一は社会的弱者の味方でもあった

福祉事業にも尽力し1920年に、日本で最初の「知的障がい者施設滝乃川学園」の理事長に就任しています。当時障がい者教育の世間での理解は低く、学園も常に財政難に立たされていたそうです。

そのため経営支援に渋沢が乗り出し、理事長に就任したのです。渋沢は学園の経営を財団法人化し、経済の安定に尽力しました。そのために今も「滝乃川学園」は苦境を乗り越え現在も、運営が続けられているのです。

功績10:経営の神様”ピーター・ドラッカー”も認めた経営手腕

経営の神と呼ばれたドラッカーも渋沢栄一を賞賛している

渋沢栄一の功績で、全てに一貫していえることは「私利を追わず公益を図る」の精神です。経営の神様といわれるピーター・ドラッガーも渋沢の事を、

「率直にいって私は、経営の『社会的責任』について論じた歴史的人物の中で明治を築いた偉大な人物の一人である渋沢栄一の右に出るものを知らない。彼は世界のだれよりも早く、経営の本質は『責任』にほかならないということを見抜いていたのである」

と評しています。渋沢の実業家としての特徴に「財閥を作らなかった」ことがあります。当時は「三井財閥」・「住友財閥」など財閥を作り、市場を独占する企業活動が主流でした。そんな中渋沢は早くから、「私利を追わず公益を図る」の考えを貫き通し、企業経営を行ったのです。

渋沢栄一の功績に関するFAQ

渋沢栄一の功績を簡単に教えてください。

功績1:日本初の株式会社を設立したこと
功績2:現みずほ銀行を作るなど日本の銀行と金融のシステムを樹立したこと
功績3:大蔵省に入省し日本近代化に貢献したこと
功績4:500以上に及ぶ企業の創業・営業に関与したこと
功績5:日本のライフラインの基礎を築いたこと
功績6:富岡製糸場や今の王子製紙を作るなど絹織・製紙の基礎を築いたこと
功績7:現NHKを作るなど運輸・放送・通信の基礎を作ったこと
功績8:数々の大学も設立し、教育による人材育成に力を注いだこと
功績9:日本赤十字社の設立にも携わるなど、社会・福祉事業に貢献したこと
功績10:経営の神様”ピーター・ドラッカー”も認めた経営手腕

渋沢栄一は生涯に500社も会社を作ったそうですがそれは本当ですか。どのくらいの数の会社、団体にかかわったのでしょうか。

彼が設立に関わった会社は約470社、それ以外に500以上の慈善事業にも関わり、後世、「日本資本主義の父」「実業界の父」と呼ばれてノーベル平和賞の候補にもなっています。※全ての会社を”創業”したわけではありません。

渋沢栄一の最大の功績はなんですか。

ひとことで言えば、「欧米から完全に遅れをとっていた日本経済を官民両軸から類稀なるリーダーシップを持って推進したこと」です。

渋沢栄一の功績に関するまとめ

いかがでしたでしょうか?今回は渋沢栄一の数ある功績の中から、代表的なものをピックアップしました。

彼がこれだけの実績が残せたのは、渋沢が大事にしていた「道徳経済合一性」の考えがあってこそです。経営学で有名なドラッカーも、「第二次世界大戦以降に成長した日本企業は、渋沢が思い描いた『ビジネスと道徳の融合』によって生まれた」と表しているほどです。

現在の日本は、お金のシステムが貨幣からキャッシュレスに転換している最中。お金のシステムが新たな局面を迎えるこのタイミングで、お金のシステムを変えた渋沢栄一が肖像に選ばれるというのも、何か運命を感じてしまいます。

これを機に、私たちもお金に対する考え方を見直してみると、今後の生活が豊かになるかもしれませんね。

コメントを残す