小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

魔女裁判(魔女狩り)とは?起こった経緯や結末、関わった人物まで紹介

どのような分野であれ、「歴史」というものを調べていくと、大抵一つや二つは様々な悪意によって起こった「事件」というものに行き当たります。
ナチスドイツによるユダヤ人の迫害や、コロンブスによる先住民の虐殺などは、その最たるものだと言えるでしょう。

しかし、そのような「歴史上の事件」を語るにあたっては、200年近くにわたって行なわれ続けた「魔女裁判」という事件についても避けて通るわけにはいきません。「魔女」という超自然的な存在を起点とした世界史上でも最大規模の迫害と虐殺は、今もなお創作の題材などとして、不謹慎な言い方ではありますが人気を集めています。

人々の信仰心や猜疑心、あるいは恐怖や利権などと絡み合ったその悪習は、薄々「何も生まない」と多くの人に気づかれながらも、一体なぜ200年にもわたって行われ続けたのか。

この記事では、そんな人類史上でも最大レベルの迫害事件である「魔女裁判」について解説していきたいと思います。

魔女裁判(魔女狩り)とはなんだったのか

魔女のイメージ像

「魔女裁判」とは?

魔女裁判を描いた絵画

「魔女裁判」とは、「魔女である」とされた人物に対して行われた一連の裁判手続きのことです。このような「魔女裁判」に代表される、魔女に対する迫害などの一連の行為を指して「魔女狩り」と呼ばれています。つまり「魔女裁判」とは、「魔女狩り」の代表的な行為の一つということですね。

源流としては、12世紀末ごろから起こった異端審問の流れから始まりますが、教会主導ではなく主に民衆の主導で行なわれた、実質的な私刑に近い制度であり、この一連の「魔女狩り」の流れで犠牲になった人物は、「全ヨーロッパで4万人から6万人が処刑された」とされるほどの大規模なものでした。獄中で衰弱死した者達も含めれば、死者の数はさらに増加するでしょう。

原因としては当時の深刻な社会不安や、腐敗聖職者による利権の絡む感情の暴走。あるいは単純な金目当ての者達の悪意など様々な原因が挙げられ、とても一貫した原因を見つけることはできません。

とはいえ、多くの民衆が抱く少量の悪意が、一部の多大な悪意によって寄り集まり、200年にも及ぶ悪習の原型を作り上げたことだけは、まず間違いないでしょう。

魔女裁判の起こり

魔女裁判の源流となった「異端審問」を描いた絵画

先のトピックで書いた通り、魔女裁判は教会による「異端審問」を源流として、民衆の間から発生した迫害であると言われています。このため時折「12世紀ごろの異端審問によって、教会主導の魔女狩りが横行した」と語られることがありますが、これについては主導者の部分に間違いがあると言えます。

また、教会の異端審問は「神の教えに背くもの」を罰していたのに対し、魔女狩りは「魔術によって人を害する者」という、本当は実在していないものをでっち上げて罰していたという部分にも違いが存在していると言えるでしょう。

凄惨な拷問や処刑、ずさんすぎる捜査など、似通った部分もかなり多い異端審問と魔女裁判ですが、そもそも存在しないものをでっちあげて罰しているという点で見れば、魔女裁判の方が人の悪意に満ちた行いであるように思えます。

そもそも「魔女」とは何なのか

実は今でいう「祈祷師」のことだった「魔女」

そもそもの話、「魔女」というのは異端審問の流れが起こるまでは、職業として認知された存在でした。社会的な役割としては祈祷師やシャーマン、あるいは薬師などのようなもので、魔女というのはそもそも、立派に認知されていた職業の一つだったのです。

しかし、12世紀ごろに教会による異端審問の流れが起こると、次第に「超自然的なもの」自体が疑いの目を向けられることに。これによって「魔女」は立場を悪くしていった挙句、様々な社会不安や反ユダヤ感情のはけ口として扱われるようになっていきます。

しかも悲劇は重なり、この「魔女狩り」の風潮を金儲けのために利用する者や、いたずらに不安を煽り立てるゴシップ系の出版物などの存在によって、職業としての「魔女」のみならず「魔女らしい振る舞い」をしているものまでもが魔女狩りの標的に。

「魔女狩り」の最盛期には、男女を問わず「魔女」とされた人々が処刑や拷問を受けましたが、それらの多くは「結婚適齢期を過ぎても未婚で一人暮らしだった」「先天的な障害で人と少し違う容姿をしていた」「ペットに黒猫を飼っていた」などの理由がほとんどだったそうです。

現在の観点でみると「アホらしい」としか言いようのない魔女狩りの熱狂ですが、情報や科学的な理論が成熟していない当時の民衆にとっては、集団ヒステリーのようなこの状況こそが真実だと映ったのでしょう。

とはいえ、このような集団ヒステリーと、それをいたずらに煽り建てる少数の者たちの悪意によって、罪のない多くの人々が迫害と虐殺に飲み込まれていった事件が、「魔女狩り」という世界史上の大虐殺事件なのです。

魔女狩りの終焉

魔女裁判を終わらせた人物の一人、ガリレオ・ガリレイ

15世紀から17世紀末にかけて、広くヨーロッパ全域で悲劇を生んだ魔女狩りは、17世紀の末頃になってから急速に衰退していきました。明確な禁止令などが出たわけでもなく魔女狩りが終結したのには、これもまた民衆の集団心理が働いています。

その大きな要因の一つとして挙げられるのは、ガリレオやニュートンデカルトなどの近代思想の持ち主が表舞台に登場し始めたこと。

これまでの常識を大きく覆す者達の登場によって、民衆や知識階級の価値観が変わり、次第に魔女への刑罰は極刑から徐々に引き下げられていきました。最終的には民衆が「魔女狩り」を行って裁判を申し出ても、裁判所が魔女を無罪にするという状況が続くようになったのだと言われています。

魔女を迫害するようになったのも人の集団心理であり、魔女の迫害を終わらせたのもまた、人の集団心理。「魔女狩りの悲劇が終わったこと」はもちろん喜ぶべきことですが、それをただ喜ぶのではなく、現代に再びこんな悲劇を生まないように、考え続けねばならない事柄でもあるように思えます。

有名な魔女裁判

魔女に対する処刑は、次第に過激さを増していった

ノース・ベリック魔女裁判

最初期の魔女裁判の舞台、”ノース・ベリック(ノース・バーウィック)”の現在の姿

イギリスにおける魔女裁判の始まりであり、後の世の魔女裁判全ての原型とも言うべき大事件です。この裁判は、当時のスコットランド王であるジェームズ6世を襲ったある不運に端を発しています。

1589年、ジェームズの妻であるデンマーク王女・アンを乗せた船が嵐によって遭難。ジェームズ6世はノルウェーに遭難したアンを迎えに行きますが、その帰り道にまた嵐に遭って遭難。ジェームズ6世はこの度重なる不運を「魔女の仕業だ」と断定し、これによってノース・ベリック魔女裁判が改定することになるのです。

この裁判においては、ノース・ベリックの町に住む200人近くの人々が「魔女である」との疑いを掛けられ、罪に問われることになりました。

中でも助産師であるアグネス・サンプソンと、学校長であり「魔術師」としても知られていたジョン・フィニアンは凄惨な拷問を受けて自白を強要され、最期はエディンバラのキャッスル・ヒルで火あぶりに処されるという悲惨な最期を迎えてしまっています。

そしてこの凄惨な事件以降、ジェームズ6世の魔女嫌いはより加速することになってしまいます。『悪魔学』という著書を執筆して魔女を攻撃したり、『魔術法』を改定して「犠牲者がいなくとも、魔術を行っただけで死刑に処する」事を宣言したりと、彼は後の魔女裁判の悲劇の原型を、わずか一代で作り上げてしまうのでした。

ペンドル魔女裁判

ペンドル魔女裁判で「魔女」とされた者達が幽閉されたランカスター城の牢獄

上記のノース・ベリック魔女裁判から派生する形で起こった、イングランド史上最大の魔女裁判です。

物乞いをしてどうにか生計を立てていた10人が、「食べ物を与えることを拒否した男性を呪い、半身不随にした」と疑いを掛けられ、処刑されたという凄惨な事件です。もちろん「男性を呪った」というのは事実無根であり、記録された状況から見るに、男性は脳梗塞を起こした可能性が高いのですが、当時の医療技術ではそんな事は分からなかったため、ある意味では時代ゆえの悲劇だとも言えるでしょう。

このペンドル魔女裁判が凄惨な事件であることはもちろんですが、実のところ「魔女裁判」としては取り立てて珍しい事件ではありません。しかしこの事件については、関わった裁判官の記録が残っており、「魔女裁判」を行っていた当時の人々の心理がよくわかる事件だと言えるのです。

裁判官はこの事件を扱った当時の手記に「一度にこれほど多くの哀れな人々の命を破滅させることになるとは…」と、悲嘆や迷いともとれる言葉を残しています。ジェームズ6世に従わざるを得ないことに、苦悩を抱えた当時の裁判官の心理が読み取れる言葉でしょう。

こうして、個人の考えなどとは違った段階で、「魔女裁判」という悲劇はヨーロッパ中を呑み込んでいくことになったのでした。

セイラム魔女裁判

セイラム魔女裁判を描いた絵画

「魔女狩り」という行為がさほど浸透しなかったアメリカの中で、ほとんど唯一にして最大の魔女裁判です。最近ではスマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』のシナリオモチーフともなったため、「魔女裁判と言えばこれ」と考えている方も多いのではないでしょうか。

セイラムの町に住む少女、アビゲイル・ウィリアムズとベティ・パリスに端を発する、セイラムとその近辺の町全体を巻き込んだ大規模な魔女裁判であり、アビゲイルをはじめとする少女たちの証言によって、多くの無実の人々が絞首刑に処された陰惨な事件でもあります。

このセイラム魔女裁判の大きな特徴は「絞首刑に処された全員が、魔女であることを最期まで否定していたこと」と「アビゲイルたちが『遊び半分で告発をしている』と仄めかしていたこと」でしょう。

少女たちの遊びが取り返しのつかない結果を生み、やがて町全体を狂気とヒステリーで覆い尽くす結果となったセイラムの魔女裁判。犠牲者の数だけを見ればヨーロッパ圏の魔女狩りよりも少ない事件ではありますが、その陰惨さだけで見れば「魔女狩り」という行為を象徴する事件だとも言える、非常に不気味な事件です。

魔女裁判に関わったとされる人物

マシュー・ホプキンス

「魔女狩り将軍」と呼ばれたマシュー・ホプキンス

イングランド東部で活動した、「魔女狩り将軍」と呼ばれた人物であり、おそらく「魔女狩り」という行為の醜悪さを最も体現した人物です。

彼は「自分はイギリス政府から『魔女狩り』の認可をもらっている」と吹聴しながら街を渡り歩き、その街にいる手近な女性を魔女に仕立て上げて処刑。その謝礼として多額の金銭を受け取るという、あまりにも醜悪な方法で「魔女」を利用した人物だと伝わっています。

彼自身の「魔女狩り」がでっち上げだったのはもちろん、「イギリス政府からの認可」も実体のない自称だったことが明らかになっており、正直なところ「悪」というにも生温い詐欺師であり殺人者が、このマシュー・ホプキンスだと言えるでしょう。

ハインリヒ・クラーマー

ハインリヒ・クラーマーが著した『魔女に与える鉄槌』

ドイツの宗教裁判官であり、魔女狩りによる凄惨な拷問や処刑を加速化させた人物です。

彼は『魔女に与える鉄槌』という著書を執筆して「魔女の撲滅の必要性」を社会に知らしめましたが、その中で誤った「魔女の見分け方」を多数紹介したことで、凄惨な拷問や処刑が横行する、陰惨な「魔女狩り」の加速化を招きました。

ハインリヒ・クラーマー自身も、決して模範的な裁判官とは言えず、議事録の改ざんや拷問による自白の強要などを行っていた記録が残っており、魔女狩りに際しては同僚から「耄碌して幼児退行しているように見えた」とすら評されています。

『魔女に与える鉄槌』を著した理由は、単純な利益を求める感情だったのか、歪んだ正義感だったのか。どちらにせよ、彼もまた魔女裁判を加速化させた加害者であることには違いありません。

アビゲイル・ウィリアムズ

ゲーム『Fate/Grand Order』にてキャラクター化されたアビゲイル

セイラム魔女裁判の元凶である少女です。スマートフォン向けゲーム『Fate/Grand Order』にてキャラクター化されたため、名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。

セイラム魔女裁判が始まるきっかけを作り、何人もの罪のない人々を「魔女」として告発して処刑台に送ったことが記録されており、「魔女狩り」という「無知ゆえの狂気」を象徴する人物だとも言えます。

そもそもが奇矯でヒステリックな少女だったことが記録されていますが、彼女の記録はセイラム魔女裁判の最中、1692年時点からすっぽりと抜け落ちており、その後半生については全くの謎に包まれています。一説では船でセイラムを去ったともされていますが、信ぴょう性のある記録から彼女の足跡をたどることは、現在では不可能だと言わざるを得ません。

魔女裁判で「魔女」とされた人物

ティテュバ

セイラム魔女裁判の最初の被害者・ティテュバ

セイラム魔女裁判にて、最初に魔女として告発されたネイティブアメリカンの女性です。セイラムの悲劇の元凶の一人であるベティ・パリスの父親に仕える奴隷であり、オカルト的な技術を数多く知っていたことから悲劇に巻き込まれることになりました。

とはいえ、彼女は告発こそされましたが、魔女裁判の重要な証人として処刑を免れ、最終的には釈放されています。しかし裁判以降の彼女の人生は全く記録に残っておらず、アビゲイルの行く末同様に、彼女の行く末もまた、セイラム魔女裁判が残した謎の一つとなっているようです。

アグネス・サンプソン

ノース・ベリック魔女裁判を描いたとされる絵画

ノース・ベリック魔女裁判で特に厳しい拷問を受けた、助産師の女性です。

前進の大望をそられた挙句、舌を圧迫するくつわを付けられたまま鞭打ちの拷問を受けた彼女は、拷問に耐えきることができずに自白。53にも及ぶでっち上げの罪状と、悪魔と契約したことを認めさせられた挙句に、火あぶりに処されてしまうという悲劇に見舞われました。

彼女の死によって魔女狩りの風潮が加速してしまったこともあり、もしかすると「魔女狩り」という迫害の一番の被害者だと言える人物かもしれません。

ジャンヌ・ダルク…?

ジャンヌ・ダルクは「魔女」として処刑された?

ジャンヌ・ダルクもまた、「魔女の疑いを掛けられて処刑された」とも言われる人物です。しかし厳密に言えば、彼女を裁く裁判は「魔女裁判」ではなく、あくまで教会主導の「異端審問」だったと言えます。

凄惨な拷問や処刑など、ジャンヌ・ダルクを襲った悲劇と魔女狩りは似通っていますが、厳密には異なる形の悲劇ですので、その辺りは混同しないように注意が必要です。

魔女裁判に関するまとめ

知識のない民衆が、不安をあおる一部の人間の悪意によって暴走し、やがて取り返しのつかない悲劇を生み出す。まさに「人間社会故の悲劇」とでも言うべき、魔女裁判という事件。

一応は終息したと言ってもいいこの悲劇ですが、これに類似するような動きは、現在でもそこかしこで散見されています。フェイクニュースやSNSでの炎上騒ぎなどは、ある意味でこのよう事件の前段階のようなものだとも言えるでしょう。

「歴史に学ぶ」ということは、過去に起こった”良い事”を繰り返し、”悪い事”を繰り返さないこと。

「魔女」という非科学的なものの存在が薄れている現代ではありますが、だからこそこの「魔女裁判」という悲劇をもう一度学び直し、現代の社会生活に活かしていってほしいと思います。

コメントを残す