小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

ウォルト・ディズニーとは何した人?人生・歴史まとめ【名言や子孫、死因も簡単に紹介】

ウォルトディズニーにまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「ミッキーマウスにはもう一人の親がいた!アブ・アイワークス」

アブ・アイワークス

1919年に、カンザスシティでウォルトと出会ったグラフィックアーティストであり、後にアニメーターとしてウォルトの事業を支えるパートナーとなります。ウォルト共に制作した作品として、実写とアニメを融合した「アリスコメディシリーズ」や「ミッキーの短編映画」などがあり、ミッキーのもう一人の生みの親でもあります。

ですが、ウォルトのアニメ制作のやり方に不満を持ち、ディズニースタジオを退職し、自らのスタジオである「アイワークススタジオ」を設立します。その後、スタジオが倒産すると特殊技師として再びディズニーカンパニーへ戻り、テーマパーク事業などにも携わりました。

都市伝説・武勇伝2「ミッキーの幻の兄弟!キャラクター・オズワルド」

オズワルド

1927年、ミッキーが誕生する以前にウォルトとアイワークスの手によって誕生した「オズワルド・ザ・ラッキーラビット」というキャラクターがいます。ミッキーの原点ともいうべきキャラなのですが、実は所有権を巡りウォルト側と配給元であるユニバーサルピクチャーズと対立が起きてしまいました。

その結果、オズワルドの版権はユニバーサル側に譲渡され、さらにはウォルトのスタジオのアニメーターも引き抜かれるという事件が起こりました。その後、オズワルドの版権がディズニーに戻ったのは2006年、実に78年ぶりの帰還だったのです。現在ではミッキーと共演することもあり、ファンにも愛される存在となりました。

ウォルトディズニーの簡単年表

1901年 - 0歳
ウォルト・ディズニーの誕生

ウォルト・ディズニーはイリノイ州シカゴで生まれました。しかし、両親の仕事の影響で叔父のロバートの暮らしていたミズーリ州マーセリーンへと転居いたします。

1910年 - 9歳
カンザスシティーへ転居

父の農業失敗により、カンザスシティーへ転居することとなりました。この頃に、ウォルトはカンザスで新聞配達のバイトを始めると同時に、イラストを描いて人を喜ばせることへ興味が出てきた時期でもありました。

1918年 - 16歳
第一次世界大戦、赤十字社としてフランスへ

第一次世界大戦中、ウォルトは通っていた高校と美術学校を退学し、陸軍へと志願しました。しかし、年齢が足りなかったことから、赤十字社の衛生兵として、フランスで医療に従事することとなりました。

1919年 - 17歳
カンザスシティーの広告会社に入社

フランスから帰国後、単身カンザスで新聞の漫画仕事に就くも、生活の苦しい日々を送ってました。そこで、兄の紹介により、広告会社へ入社いたしました。その社内で、アブ・アイワークスと出会います。

1920年 - 19歳
独立しデザイン会社を設立

広告会社を退社し、アイワークスと共に「ウォルト・アイワークス・カンパニー」を設立します。しかし、ウォルトはカンザスフィルムに雇用され、会社はそのまま倒産してしまいました。

1921年 - 20歳

ウォルトはカンザスフィルムを退社後、アイワークスらアニメーター数人と共に、アニメ会社「Laugh O’Gram Studio」を設立。童話を中心としたアニメを制作するも、配給元が破綻してしまい、そのまま資金のやりくりなどで破産してしまいました。

1923年 - 21歳
会社が倒産しハリウッドへ

「Laugh O’Gram Studio」が倒産し、ウォルトは再起を図るためハリウッドへと移住しました。そこで、兄であるロイと共に「Laugh O’Gram Studio」時代に製作した「アリスコメディシリーズ」を販売する会社として、「ディズニー・ブラザーズ社」を立ち上げました。

1925年 - 24歳
リリアンと結婚

実写とアニメが融合した「アリスの不思議の国」がヒットし、その過程でアニメ制作を再び手掛けることとなった「ディズニー・ブラザーズ社」は「ウォルト・ディズニー・スタジオ」を併設します。そのスタジオ内の秘書として働いていたリリアンと出会い、1925年に結婚いたします。

1927年 - 26歳
「しあわせウサギのオズワルド」がヒット

興行師チャールズ・ミンツの仲介により、ユニバーサル・ピクチャーズ配給の元、新作アニメの依頼が舞い込んできました。ウォルト達は、「しあわせウサギのオズワルド」というウサギのキャラクターを考案し、子供たちの間で大ヒットとなりました。

1928年 - 27歳
オズワルドの版権とミッキーマウスの誕生

翌年、契約更新の際、ミンツは法外な手数料を要求。これを拒否するとスタジオからアニメーターを引き抜き、さらにはオズワルドの版権もユニバーサル側へ取り上げてしまいました。苦境に立たされたウォルトですが、新たなキャラクターを生み出しました。それが、ミッキーマウスです。

1932年 - 31歳
短編映画「花と木」を制作し、アカデミー賞を受賞

「ミッキーマウスシリーズ」が大ヒットし、新たなシリーズとして「シリーシンフォニー」というアニメシリーズの制作に着手し、その中の一つ、「花と木」という作品は第5回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞しました。

1937年 - 36歳
「白雪姫」が公開

グリム童話が原作の長編アニメーション。制作に4年の歳月と160万ドルを掛けた大作「白雪姫」が公開されました。この作品は当初の不安を振り切り、公開が始まると瞬く間に大ヒットし、結果的に6100万ドルの収益を上げる大ヒット作となりました。

1941年 - 40歳
太平洋戦争勃発、プロパガンダ映画の作成

太平洋戦争に突入し、ディズニースタジオは、軍と協力体制を取り、国主導のプロパガンダ映画をいくつか制作いたしました。

1954年 - 53歳
ABCテレビにて「ディズニーランド」が放映

ウォルトが司会を務めるテレビ番組「ディズニーランド」が放映を開始されました。この番組はウォルトが構想した「ディズニーランド」設立のための資金を確保するための番組でありました。

1955年 - 54歳
ディズニーランド開業

1955年7月17日、カリフォルニア州アナハイムに世界で最初のディズニーランドがオープンしました。ウォルトもオープンセレモニーに出席し、喜びのスピーチを行いました。

1964年 - 63歳
「メリー・ポピンズ」の公開

ディズニーカンパニー製作のミュージカル映画。この作品は、アカデミー賞13部門にノミネートされ、主演女優賞を含む5部門を受賞し、ゴールデングローブ賞、グラミー賞などにも輝いた作品です。

1965年 - 64歳
ディズニーワールドの設立を発表

ウォルトはディズニーランドの成功を受け、自社ブランドの拡大などを狙いに、フロリダ州オークランドにランドよりも規模の大きい「ディズニーワールド」の設立を発表しました。

1966年 - 65歳
肺がんによる肺炎のため逝去

しかし、その開業に向けた準備中、ウォルトは肺癌による肺炎のため、ディズニーワールドの開業を見ることなくバーバンク市内の病院にて満65歳で逝去しました。その後、弟の遺志を継ぎ兄のロイがこのプロジェクトを主導し、1971年10月1日にディズニーワールドが開業しました。

ウォルトディズニーの具体年表

1901年 – 0歳「ウォルトディズニーの誕生」

ウォルトディズニー・ファミリー・ミュージアム

シカゴにてウォルト・ディズニーが誕生

イリノイ州シカゴの地でウォルトディズニーは誕生しました。本名は「ウォルター・イライアス・ディズニー」で、先祖はアイルランドからの移民であったことが分かります。父であるイライアス・ディズニーはユニオン・パシフィック鉄道の鉄道員を退職後、カリフォルニア州で金鉱探し等の事業をしておりました。

しかし、母であるフローラが教師だったため、様々な場所へ転々と移住しておりました。ちなみに、ウォルトと父は疎遠な関係であり、1920年代に事業成功後も父は冷ややかな態度であったため、そこまで交流はなかったそうです。30年代に入ると、ウォルトは両親のために豪邸をプレゼントしました。

幼少期を過ごしたマーセリーン

その後、一家で叔父のロバート・ディズニーが住むミズーリ州マーセリーンへ引っ越し、その地で農業を始めることになりました。しかし、結果的には失敗し、数年後にはまた引っ越すこととなります。ですが、ウォルトにとってマーセリーンで過ごした思い出は後の映画製作などに影響を与えました。

インタビューの際、このマーセリーンの道や兄弟で遊んだリンゴの巨木や納屋等が思い出に残っており、ディズニーランド内の「メインストリートUSA」はマーセリーンのメインストリートがモチーフになっております。また、畑の近くには鉄道が走っていて、ウォルトが鉄道好きになるきっかけとなりました。

1918年 – 17歳「赤十字社として第一次世界大戦に従事」

赤十字社

第一次世界大戦とウォルト

1914年、サラエボ事件が発端となり、第一次世界大戦が勃発。この頃、ディズニー一家はシカゴへと舞い戻り、ウォルトは地元のマッキンリー高校に入学しておりました。家計を支えるため、朝の4時半から新聞配達に勤しみ、放課後、再び配達するという生活をしておりました。

学校内では学級新聞の漫画を担当するなど、イラストへの情熱を見せておりました。その内容は、愛国主義に沿った作品でした、アメリカがこの戦争に参加することを表明すると、ウォルトは通っていた高校と美術学校を退学し、陸軍へと志願するのでした。

赤十字社としてフランスで医療に従事。

しかし、年齢が足りず、赤十字社としてフランスにて負傷した兵士の治療にあたる衛生兵として、フランスへ出征しておりました。この時に、描いたイラストなどが兵士などに好評で、帰国後、イラストの仕事に就きたいと考えるようになりました。

その後、新聞社へ漫画の仕事を請け負いましたが上手くいかず、生活も苦しい日々を過ごしておりました。そこへ、地元の銀行に就職していた兄から広告会社で、デザインの仕事を紹介されそこへ入社します。この広告会社で、ウォルトの仕事の相棒となるアブ・アイワークスとの出会いを果たします。

1922年 – 21歳「ハリウッドにて「ディズニー・ブラザーズ社」を創業」

ハリウッド

「Laugh O’Gram Studio」設立

ウォルトは会社を退職後、アイワークスと共にデザイン会社「ウォルト・アイワークス・カンパニー」を設立します。しかし、ウォルトは設立早々にカンザスフィルムにアニメーターとして雇用され、この会社はすぐに倒産してしまいました。

カンザスフィルムではアイワークスと共にアニメーション制作を手伝い、アニメへ興味を持つようになりました。そして、1920年には、カンザスフィルムから独立し、個人事務所を設立。その後、アニメ制作の事業を拡大し、数人のアニメーターを集め、「Laugh O’Gram Studio」を設立しました。

「Laugh O’Gram Studio」倒産とハリウッドへ

「Laugh O’Gram Studio」では「シンデレラ」など童話をモチーフにしたコミカルな作品を手掛けておりました。しかし、配給元が倒産してしまい、会社も破産状態で製作が中断してしまいました。この時にパイロット版として、アニメと実写を合成した「アリスの不思議の国」を製作しました。

スタジオ倒産後、ウォルトは再起を図るべく、映画産業の本場であるハリウッドへと移住しました。この地でウォルトは、「アリスの不思議の国」の続編製作を手掛ける会社として兄のロイと共に「ディズニー・ブラザーズ社」を立ち上げます。ロイは主に経済面からウォルトの事業をサポートしました。

1 2 3

6 COMMENTS

名無し希望

紹介の口調「~おります」「~いたしました」などは自社や、身内の紹介をする場合に使うもので、このように第三者が紹介する場合は不適当なのではと思いました。違和感が大きく、気になってまともに読めませんでした。

内容はうまくまとめられていているのにもったいなかったです。

返信する
京藤一葉

> 名無し希望さん
ご指摘ありがとうございます。
善処致します。
引き続きよろしくお願いします。

返信する

コメントを残す