いくつ答えられる?ダヴィンチクイズ

福沢諭吉の生涯・年表まとめ【名言や功績、子孫や死因まで解説】

福沢諭吉は一万円札の肖像画の人物として有名で、1984年から2024年に渋沢栄一に変わるまでの40年もの間、一万円の顔となった人物です。「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」という言葉を『学問のすすめ』という本に記した有名な教育家で、慶應義塾大学の創設者でもあります。

また、現在日本で機能する銀行や、保険の制度、新聞を発行するなど、現在の日本社会にも通ずる様々な功績を生涯の中でいくつも残しています。

福沢諭吉

明治維新の偉人は多いですが、その中でもなぜ福沢諭吉は脚光を浴びることが多いのでしょうか。もちろん彼の行ったことが数多いこと、そしてそのどれもが現在の日本にとっても重要であることなどもありますが、そのほかにも様々な魅力があります。

現在、福沢諭吉の肖像画が描いてある紙幣を集めることに必死になっている筆者が、諭吉の魅力を皆さんへお伝えするために、彼の生涯、名言、年表をわかりやすく解説していきます。

福沢諭吉とはどんな人物か

名前福沢諭吉
誕生日1835年1月10日
没日1901年2月3日
生地摂津国大坂堂島浜
没地東京市芝区三田二丁目
配偶者福沢錦
埋葬場所品川区大崎の常光寺→麻布の善福寺

福沢諭吉の生涯をハイライト

若い頃の諭吉

1835年1月、福沢諭吉は大阪で父・百助と母・於順の間に次男(末っ子)として生まれます。一年後、父が病死し、母と子供5人で大分県中津へと戻ることに。5歳の頃から漢学を学び始め、15歳頃には漢書を片っ端から読むようになります。

兄に蘭学を学ぶことを勧められ、19歳の時に長崎へ発ち、書生として下宿生活を開始。一度長崎を離れ、大阪へと戻った際に再び兄からの勧めで緒方洪庵の適塾に入門することとなりました。

22歳の時には緒方塾の塾長となり、医学や物理学などの勉強にも勤しんでいましたが、1858年23歳で江戸への召集がかかり、小さな蘭学の私塾を創設します。これがのちの慶應義塾です。その後、英語も学ぶようになり、1860年には咸臨丸で渡米。ここから1867年までフランス・イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国とアメリカを行き来するようになります。

妻・錦

1861年には妻の福沢錦と結婚し、生涯で4男5女をもうけました。

1868年江戸の私塾を新銭座に移し、慶應義塾と名付けました。さらに3年後には三田に場所を移し、これが現在の三田キャンパスの前身となります。翌年の1872年「学問のすすめ」を執筆・刊行し、ベストセラーに。

諭吉はこの先の人生の間に一橋大学、伝染病研究所、神戸商業高校などの創設にも関与しています。1882年には日刊新聞である「時事新報」を発刊し、1886年には婦人論を執筆、その中で男女平等を訴えました。

1901年2月3日、一週間前に再発した脳溢血により状態が回復せず、そのまま帰らぬ人となりました。

福沢諭吉の家族や子孫の現在は?

演出家・TVディレクター 福澤克雄

福沢諭吉は4男5女の子宝に恵まれました。子孫の皆さんの現在をご紹介します。

  • 息子:時事新報の元代表取締役社長 福沢捨次郎
  • ひ孫:三菱地所の元代表取締役社長 福沢武
  • ひ孫:カーレーサー 福沢幸雄
  • ひ孫:アーティスト 福沢エミ
  • 玄孫(孫の孫):演出家(金八先生、華麗なる一族など) 福澤克雄
  • 玄孫(孫の孫):NHKアナウンサー 片山千恵子

やはり活躍されている方はたくさんいますね。カーレーサーの福澤幸雄さんは事故によって25歳という若さで亡くなってしまったそうです。

福沢諭吉に影響を与えた人は?

兄・福沢三之助の筆跡

福沢諭吉に影響を与えた人物の1人目が兄の三之助で、諭吉を勉学へと促しました。諭吉が学業の上達に優れていることに目をつけ、蘭学を学ぶことも勧め、緒方洪庵の塾へ入ることも奨励しました。しかし、三之助は諭吉が21歳の時に病死してしまいます。

2人目の人物が勝海舟です。1860年咸臨丸に乗船した際に、勝海舟も同じ船に乗り込んでいました。当時から2人の仲はあまり良くなく、薩長戦争の際に諭吉は勝海舟宛に「痩我慢の説」という文書を送ります。内容は「勝算のない勝負で抵抗することも痩我慢の賜物だ」というものでした。

勝海舟はこれに反発し、抗戦は社会の平和を損なうとして江戸城を明け渡すことを決心したのでした。諭吉は「勝海舟も人命を救った点では人傑だが、政権を明け渡した敵と一緒になって名利をむさぼっている」と批判しています。

この争いは新聞にも掲げられ、賛成も反対もありましたが、その直後に諭吉が亡くなってしまったので、そこで終息したのでした。生涯を通じて犬猿の仲の2人ですが、どちらも日本社会には欠かせない重要な人物としてお互いに影響を与えつつ、その人生を全うしたのです。

福沢諭吉の死因は?

晩年の福沢諭吉

福沢諭吉の晩年は一日数時間の勉強と居合の練習などをしながら、自分でお米も炊いて悠々と過ごしていたようです。1898年9月、諭吉が亡くなる2年半前に脳溢血で倒れ、危篤となりましたが、この時は回復に至りました。

その後も、有識者としての活動をしたり、慶應義塾の「修身要領」を編集したり、精力的に時間を過ごしていました。しかし、1901年の1月25日に脳溢血が再燃し、一週間の病床生活を送って、2月3日に亡くなりました。享年68歳でした。

諭吉の葬儀には15000人もの参列者が訪れたと言います。この頃には慶應義塾も学生数1000人を超える学校となり、また、時事新報も大きな新聞社となっていました。

福沢諭吉の名言

「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む」

世の中でその場に何もしないで止まっている人や事柄はないということです。進もうとしなければ、周りがどんどん進んでいくので現在の地点からは必ず下がり、その地点に留まろう、あるいはもっと先に進もうと思えば必ず上がっていくという、向上心の大切さを伝えてくれる言葉です。

「人間は、負けるとわかっていても、戦わねばならない時がある」

こちらは薩長戦争時に勝海舟へ向けた書簡に書かれていた言葉です。「痩我慢の説」という手紙の中に書かれていました。必ずしも戦争だけに当てはまる言葉ではなく、仕事やスポーツなどいろいろな事柄に当てはめることができそうです。

「農たらば大農となれ、商ならば大商となれ」

適材適所という言葉に置き換えることができるでしょう。ちなみにこの前には「学問に入らば大いに学問すべし」という言葉が入ります。学問で生計を立てる人は学問、農業ならば農業、商業ならば商業を極めなさいという教訓です。

「人生は芝居のごとし。上手な役者が乞食になることもあれば、大根役者が殿様になることもある。とかく、あまり人生を重く見ず、捨て身になって何事も一身になすべし。」

大根役者の人の方がたくさんの人の気持ちを汲めるので最終的にはうまくいく可能性もあるということを説いています。人生は才能だけに左右されるわけではないから、とにかく一生懸命に生きなさいと言われているようで勇気を与えられます。

福沢諭吉の功績

功績1「慶應義塾創立」

慶應義塾大学

福沢諭吉が慶應義塾の前身となる私塾を設立したのが1858年、当時23歳のことです。この時、江戸に招かれ、小さな蘭学の私塾を創設します。これがのちに慶應義塾となるのです。

1868年に新銭座に場所を移した時に「慶應義塾」と命名しました。この3年後の1871年に三田にキャンパスを移し、現在の三田キャンパスとなります。福沢諭吉が亡くなる頃には学生数も1000人を超え、諭吉の葬式にはたくさんの学生や卒業生が訪れました。

功績2「『学問のすすめ』が300万部以上売れる」

学問のすすめ

当時の日本人は封建社会と儒教思想のもとで暮らしていました。「封建社会」とは土地を持つ領主が農民を支配し、税金を徴収する社会です。「儒教思想」とは孔子の打ち立てた思想のことで、「仁=人を愛すること、他者を思いやること」と「礼=人間の感情を形として表す規則や習慣」を理念とします。

数百年も続いていたこの社会から近代民主主義国家へ日本が変わっているということをこの本の中で訴えました。この本は300万部以上売れ、当時の日本の人口は3000万人でしたので10人に1人がこの本を手にしたことになります。

功績3「一橋大学、伝染病研究所などの創設にも関与 」

福沢諭吉は慶應義塾大学のみならず、一橋大学、専修大学、神戸商業高校、東京医科大学病院研究所、伝染病研究所の創設に関わったとされています。「学問のすすめ」の中で、これからは有識者が国民を引っ張っていかなければならないと説いていたため、学校の創設に尽力したのでしょう。

また、銀行のシステムを作ったのも、保険というシステムを海外から持ち込んだのも福沢諭吉です。ここまでいろいろな方面に影響を与えている福沢諭吉がいなかったら今の日本はどうなっていたのでしょうか。一万円札の肖像画になるのも頷けます。

福沢諭吉にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「居合道にも精通」

居合刀

居合とは突然襲撃された時に応対するための剣道です。「居」ながらにして急襲に「合」するという意味になります。居合道にも朝山一伝流、鏡心明智流、立身流などさまざまな流派がありますが、福沢諭吉は立身流に属していました。

正確には「立身新流」で20歳前後で免許皆伝に至りました。諭吉は亡くなるまでずっと居合を続けていたようです。1日に1000本以上の型を遂行することもあり、医師からは体への負担が懸念されると進言されましたが、居合の習慣はやめなかったそうです。

都市伝説・武勇伝2「3武将の中では豊臣秀吉を高く評価?」

豊臣秀吉

福沢諭吉は徳川家康を評して「奸計の甚だしきものを言ふがごとし」と言う記録を残しています。意味は「家康の行ったことは悪巧みに過ぎない」ということです。

諭吉の活躍した時代はちょうど明治維新と被っています。今まで長い間続いていた江戸時代が終わるタイミングで、家康の作った制度や文化が根付いている時代です。明治維新はこれまでの江戸のしきたりを壊したいと言う風潮から起こった運動なので、その時代を作った家康には賛同できなかったのでしょう。

福沢諭吉は弱いものの味方であることをよしとしたため、織田信長のように上へ先へというよりも、秀吉のように人徳のある人物を評価していたようです。

都市伝説・武勇伝3「熊や豚の解剖をしていた?」

緒方洪庵の適塾に通っていた頃、熊や豚の解剖をよくしていたそうです。自伝にも「熊の解剖、豚の頭の解剖、散々いじくって煮て食った。」などの記録が残っています。医学の勉強をするうちに動物の体に興味を持つようになったのだと思われます。

自伝には他にも「鯛の味噌漬けと唱してイルカを食わす」、「子育てに関しては衣食を満たして、相応の教育を授けてそれで沢山」などなかなか興味深い文言が載っています。福沢諭吉の自伝「福翁自伝」は「学問のすすめ」よりも平易な言葉でつづっているので読みやすいです。

福沢諭吉の簡単年表

1835年 - 0歳
摂津国大坂堂島浜で誕生

福沢諭吉は摂津国大坂堂島浜の中津藩蔵屋敷で父・百助と母・於順の間に次男(末っ子)として誕生しました。現在はその地に福沢誕生地記念碑が建っています。

1841年 - 5歳
漢学と一刀流を学ぶ

この頃は勉強があまり好きではありませんでしたが、藩士のもとで漢学と一刀流を習うようになります。一刀流はのちの居合道にもつながり、終生付き合っていくこととなったのです。

1854年 - 19歳
緒方洪庵の適塾へ

18歳からは論語、詩経などの書物を読み漁るようになっていました。19歳で蘭学を学びに長崎へ出ることになります。これは兄の三之助から勧められました。

1857年 - 22歳
適塾の塾頭になる

勉強の成績も良く、物覚えが早かった諭吉は22歳にして適塾の塾頭に任命されます。この頃から酒やタバコが好きで、愉快な学生生活を送っていたようです。

1858年 - 23歳
江戸へ発ち、私塾を創設

藩の命令で江戸から招聘を受け、中津から離れることになります。この年に慶應義塾の前身となる私塾を創設します。

1860年 - 25歳
咸臨丸で渡米

蘭学を学んできた諭吉ですが、英語を習得しないと外国人とのコミュニケーションがままならないことに気づき、勉強します。そして、25歳の時に咸臨丸で渡米をします。

1861年 - 26歳
錦と結婚

当時17歳であった錦と結婚しました。生涯で4男5女をもうけ、1924年6月2日、諭吉が亡くなってから約20年後に80歳で死去します。

1862-1867年 - 27-32歳
ヨーロッパとアメリカを行き来

1860年に咸臨丸で渡米してから、世界各国を飛び回るようになります。フランス、イギリス、オランダ、ロシアなどを巡り、1867年には再びアメリカへと旅立ちました。

1868年 - 33歳
慶應義塾の創設

江戸にあった私塾を新銭座に移動し、慶應義塾と名付けます。

1872年 - 37歳

累計300万部のベストセラーとなる「学問のすすめ」を執筆します。当時の封建社会から民主主義社会への移行を伝え、有識者の活躍をうながしています。

1880-82年 - 45歳
時事新報発行

大隈重信、伊藤博文、井上馨から新聞を作るように依頼があったのが1880年です。それから政治的動向の関係もあり、実際の発行は遅れましたが、1882年に「時事新報」が刊行されることとなります。

1892年 - 57歳
伝染病研究所の創立

北里柴三郎とともに伝染病研究所を設立します。この伝染病研究所はのちに野口英世が在籍することにもなります。

1901年 - 66歳
脳溢血にて亡くなる

1898年9月にも脳溢血にて倒れますが、回復します。しかし、その約3年後、再び脳溢血で病床に伏し、そのまま帰らぬ人となりました。

福沢諭吉の年表

1835年 – 0歳「摂津国大坂堂島浜で誕生」

中津藩蔵屋敷跡 福沢諭吉生誕の地

福沢諭吉誕生

福沢諭吉は摂津国大坂堂島浜の中津藩蔵屋敷で父・百助と母・於順の間に次男(末っ子)として誕生しました。父・百助がその一年後に亡くなってしまうため、すぐに大分県の中津へ引っ越しすることになります。現在は諭吉の誕生した大阪の土地に福沢誕生地記念碑が建っています。

藩士のもとで漢学と一刀流を学ぶ

5歳になって中津藩士・服部五郎兵衛のもとで漢学と一刀流を習い始めます。最初の頃は勉強も読書も嫌いでしたが、徐々に勉学にのめり込んでいき、15歳頃には勉強していないと周りからの目がきになるようになり、より熱中していくようになります。

18歳には白石照山の塾へ入りました。勉強の飲み込みは非常に早く、「論語」、「詩経」、「書経」、「史記」、「老子」などは暗記するほど読み込み、この段階で先輩の塾生もしのぐようになっていたようです。

1854年 – 19歳「蘭学を学ぶために長崎へ」

蘭学事始

蘭学を学ぶために長崎市の光永寺へ

黒船がこの年に来航し、大砲の必要性が高まりました。兄・三之助が「オランダ砲術を学ぶためにはオランダ語がわからないといけない」と諭吉を説得し、蘭学を学ぶことを勧めます。そして、長崎奉行の役人であった砲術家のもとでオランダ語を学び始めました。

その一年後、中津藩家老の家柄である奥平家と不仲になり、長崎へいられなくなったため、江戸へ出ようと思い立ちます。その道中で大阪により、兄・三之助の進言を受けて、緒方洪庵の適塾に属するようになりました。

江戸に赴き、私塾を開設する

適塾へ通い始めて2年後には塾頭を務めるようになります。そして、藩の命令により江戸へ来るようにとの報告を受け、中津藩を離れます。江戸に来た諭吉は蘭学の「一少家塾」を設立します。のちの慶應義塾です。

この頃、外国人とコミュニケーションを取るためにはオランダ語ではなく、英語でないといけないということに気づき、英語の勉強を始めます。

1860年 – 25歳「咸臨丸で渡米」

咸臨丸

勝海舟らとともに咸臨丸に乗ってアメリカへ

咸臨丸でアメリカに向かうこととなりましたが、同じタイミングで勝海舟も乗船しています。この頃から2人の仲は険悪で、後年になって薩長戦争の際にも文書上で言い争いをしたそうです。この時に咸臨丸に乗っていた木村摂津守とは親密な交際を晩年まで続けていました。

アメリカに行った際には文化の違いに大いに驚きました。そして、ジョン万次郎とともに「ウェブスター大辞書」を日本へ持ち帰って研究の助けとしました。

錦と結婚後にヨーロッパへ

1861年に錦と結婚し、その年の冬にヨーロッパへと飛び立ちました。イギリス、フランスなどを訪れ、ロンドンでの万国博覧会では蒸気機関車や植字機に触れることとなります。幕府から支給されたお金で書物を買い、日本に数多く持ち帰りました。

ヨーロッパでは銀行や選挙制度など当時の日本にはなかった制度に感銘を受け、日本でも取り入れるように働きかけます。また、日本人はもっと留学すべきだと痛感しました。

1868年 – 33歳「慶應義塾大学創設」

慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎

蘭学塾を慶應義塾に

江戸で開いていた蘭学の私塾を新銭座に移動し、慶應義塾と名付けます。その後に三田へ再度移動し、三田キャンパスが完成します。慶應義塾はこの時に創設してから150年以上、私塾の創設からは160年以上経過していることになります。

1872年「学問のすすめ」執筆

福沢諭吉の著書で最も有名な「学問のすすめ」を執筆します。当時の日本の人口は3000万人でしたが、300万部を超えるベストセラーとなり、この時代に最も売れた啓発本となりました。内容は日本が封建社会から民主主義社会へと突入したという提言が主です。

現在でも読めますが、当時の言葉であり、文章も難しいため少々読みにくいかもしれません。

1880年 – 45歳「新聞を作ることを依頼される」

時事新報

政府高官3人と会見をし、新聞の発行を依頼される

大隈重信邸で伊藤博文、井上馨と会見し、公報新聞の発行を依頼されました。しかし、内容は政府の考えを国民に知らせるということに限られていたため却下します。その後、政府が国会の開設をすると決定したため、新聞発行の任務を引き受けました。

その直後に北海道開拓官有物払下げ問題や大隈重信の失脚などが相次ぎ、新聞を作ることも延期となってしまいました。諭吉は発行の準備を整えていたため、地震で新聞を作ることを決意し、「時事新報」を発刊したのです。

伝染病研究所の設立

1892年長與専斎の紹介で北里柴三郎を迎えて、伝染病研究所を創設しました。諭吉は生涯にこれ以外にも多くの学校を作り上げており、慶應義塾に至っては当時1000人以上の学生がいました。現在では30000人を超える学生が勉学に励んでいます。

伝染病研究所はのちに野口英世も入所するところであり、北里柴三郎のペスト菌発見や破傷風の治療に貢献している施設です。

1901年 – 66歳「脳溢血で死去」

福沢諭吉の墓

脳溢血で病床に臥し、帰らぬ人に

1898年9月に脳溢血で倒れ状態が怪しまれましたが、その際はなんとか回復します。晩年は勉強と居合の練習などをしながら、自炊をして過ごしていたようですが、1901年の1月25日に脳溢血が再燃し、一週間の病床生活を送って、2月3日に亡くなりました。享年68歳でした。

葬儀には諸所の学校の学生を含め、15000人もの参列者が訪れました。

ちなみに近年の著名人の葬儀参列者は美空ひばりが約42000人、尾崎豊が約37000人、ZARDの坂井泉水が約41000人、忌野清志郎が約42000人となっていますが、諭吉の生きていた当時の人口は現在の4分の1なので、単純計算で現代に換算すると60000万人となります。

数字だけで比較するべきではないですが、それだけ民衆に多大な影響を与えた人物だったのです。

福沢諭吉の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

現代語訳 学問のすすめ

声に出して読みたい日本語でおなじみの齋藤孝先生が翻訳した「学問のすすめ」です。原著では昔独特の難しい言葉が並んでいるので、それをできるだけ平易な言葉に書き換えてつづっています。日本が変わりゆくとともに知識人が日本を背負うべきと説いた当時のベストセラー本です。

現代語訳 福翁自伝

こちらも齋藤孝先生が編集した福沢諭吉の自伝です。慶應大学の創設や銀行の仕組みを日本に持ち込んだことなどさまざまな偉業を成した諭吉ですが、意外と破天荒なエピソードも記載されていて、その人間性に触れることができ、親近感を持てます。

学習漫画 世界の伝記 福沢諭吉 文明開化に尽くした教育者

上記の2作品は少し難しいので、簡単なほんで福沢諭吉の生涯を知りたいという方にはこちらの漫画がおすすめです。イラストを用いて諭吉の人生を描いているので理解しやすく、楽しんで読むことができます。子供から大人まで幅広くおすすめします。

以下の記事で他にも福沢諭吉に関する書籍を紹介していますので、ご覧ください。

福沢諭吉をよく知れるおすすめ本9選【伝記から漫画まで】

おすすめの動画

【17分解説】学問のすすめ 福沢諭吉【前編】〜日本国民必読の名著〜

「学問のすすめ」を噛み砕いて解説しています。学問のすすめは現代語訳版でも理解するのが難しいので、読んでも理解できない可能性があります。その点、この動画では本の内容を要約して、抑揚をつけながら解説しているので、飽きずに見ることができます。

【武田邦彦・神回】福沢諭吉に学ぶ『絶対に友達になってはいけない人』

テレビにも出ている有名学者の武田邦彦先生が福沢諭吉の「脱亜論」を紹介しています。「脱亜論」は諭吉の優れた洞察力によってアジアよりも欧米に目を向けよという提案の書かれた書物です。これを学者ならではの視点から解説しています。

おすすめの映画

福沢諭吉

柴田恭兵、仲村トオル、南野陽子など華やかな面々をキャストに迎えて作られた作品です。福沢諭吉の生涯を約2時間の映画に集約しています。主人公諭吉を柴田恭兵が見事に演じあげており、上映時間が短く感じるほどの映画となっています。

おすすめドラマ

幕末青春グラフィティ 福沢諭吉

福沢諭吉の生涯を明るいタッチで描いた作品となっています。役者には、諭吉役に18代目中村勘三郎を迎え、永島敏行、榎木孝明などのキャストを起用しています。この3年前に好評を博した坂本龍馬編に次ぐ第2弾として製作されました。

福沢諭吉についてのまとめ

福沢諭吉は勉学にとても優れており、それを大衆のために還元し、世の中に多大な影響を与えた偉人です。福沢諭吉がいなければ慶應大学も、銀行も、保険もなかったかもしれません。これだけの業績を成してきたのであれば、一万円札の肖像になるのも納得がいきますよね。

今回の記事で福沢諭吉に興味を持っていただけたら幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す