小説ヲタクがおすすめするオールタイムベスト83冊

田中義一とはどんな人?生涯・年表まとめ【モラトリアム政策や田中内閣の外交、死因についても紹介】

田中義一は昭和初期に総理大臣を務めた人物です。長州藩出身の軍人でしたが、政治家への転身を図ります。総理大臣就任時に発生した金融恐慌で高橋是清を起用し、見事収束させました。

一方で田中内閣は中国大陸への積極的な派兵を図っています。一連の派兵は満州事変を引き起こす遠因になりました。

政友会総裁時の田中

田中は政治家としては厳しい評価も多いのですが、軍人としては優秀で日露戦争を勝利に導いた功労者でした。気さくな性格から周囲の人望は高く、魅力に溢れた人物でもあったのです。

田中は陸軍の派閥争いや昭和天皇にも影響も与えており、昭和初期におけるキーマンです。彼を知る事は、日本が満州事変や太平洋戦争に突き進んだ理由を知る事にも繋がります。

今回は歴代総理大臣を丸暗記した程に近代史を学んだ筆者が、田中義一の生涯について生涯します。

田中義一とはどんな人物か

名前田中義一
誕生日1864年7月25日
没日1929年9月29日
生地長州藩萩城下町
没地東京都にある田中義一別邸
配偶者田中ステ
埋葬場所蓮正寺(山口県萩市) 多磨霊園(東京都府中市)

田中義一の生涯をダイジェスト

軍服を着た田中

田中義一の人生をダイジェストすると、以下になります。

  • 1864年 長門国萩(山口県萩市)で誕生
  • 1886年 陸軍士官学校を卒業後、日清戦争に従軍
  • 1898年 ロシア留学を命じられ、日露戦争では満州軍参謀として活躍
  • 1918年 原内閣で陸軍大臣を務め、多忙な日々を送る
  • 1925年 政治家に転身を図り、政友会総裁に就任
  • 1927年 田中義一内閣発足
  • 1929年 総理大臣を辞した3ヶ月後に死去

田中義一の性格は?ニックネームは何?

枢密院へ向かう田中

田中は性格は気さくで庶民的な性格でした。結婚する30歳手前まで部下達と同じ寮に住み、多くの同僚や部下に慕われました。その人柄を活用し陸軍をまとめ上げています。

政友会総裁後も性格は変わらず、以下のようなエピソードがあります。

  • 遊説中に見知らぬ人に語りかけられた時に、その人の父親の健康を気遣う
  • 内閣書記官長の鳩山一郎が閣議をサボってゴルフをしていても、「ゴルフちゅうもうんは、そげん面白いもんかのう」とお咎め無し

田中の一人称は「オラ」であり、公の場でも口癖は抜けませんでした。そんな田中のニックネームは「オラが総理」「オラが大将」であり、親しみを込めてそう呼ばれました。

田中義一内閣の政策は?田中外交って何?

田中外交で行われた山東出兵の様子

田中内閣の国内での政策は以下の通りです。

  • 大蔵大臣に高橋是清を起用し昭和金融恐慌を収束させる
  • 政友会に批判的な知事の左遷
  • 特別高等警察の設置
  • 三・一五事件等、治安維持法による思想の弾圧等

田中内閣で特筆すべきは田中外交で、満州の権益を保持する為、武力で介入を行った点です。中国では日本人が度々殺されていましたが、前内閣の外務大臣の幣原喜重郎は穏便な対応に留めています。

田中の為に弁護するならば、幣原外交は当時国内外かや強い批判を浴びており、武力による介入はアメリカ等からも一定の支持がありました。問題点は三度の山東出兵を実施するも成果は上がらなかった点でしょう。

田中内閣は政友会による政党政治でしたが、要職の多くは選挙で選ばれていません。田中が政友会へ引き入れた人物の手によって、「自由民権」を重視していた政友会は親軍的、保守的な政党へ変えられていくのです。

田中義一と昭和天皇は当時どんな関係だった?

束帯姿の昭和天皇(1928年撮影)

昭和天皇は英国の立憲君主制(君主は存在するが、権力は議会や政党が持つ)に憧れを抱きます。昭和天皇は融和外交と思想の自由を望むものの、田中内閣の政策は真逆であり、当初から田中に良い気持ちはありませんでした。

極め付けは張作霖爆殺事件の処遇です。田中は「首謀者を厳罰に処する」と上奏したものの、陸軍や政友会の反発を受けて行政処分に留めました。半年後の1929年7月、行政処分の上奏を行った田中に対し昭和天皇は「それでは前と話が違ふではないか」と激しく叱責。田中の弁明を聞かず部屋に戻ります。更に鈴木貫太郎侍従長に「田中総理の言ふことはちつとも判らぬ。再び聞くことは自分は厭(いや)だ」心境を語りました。

田中が鈴木に昭和天皇への取次ぎを願うものの、昭和天皇の気持ちを伝えて取次ぎを拒否。田中は涙を浮かべてその場を去り、その日の間に辞表を提出したのです。

田中義一の功績

功績1「陸軍随一のロシア通として日露戦争で活躍」

田中が留学したサンクトペテルブルグ

田中は1898年に情報収集任務と語学習得の為にロシア留学を命じられます。ロシア正教に入信し、社交ダンスの習得に励む等、性格を生かして風土に溶け込みます。更に地元の連隊に入隊しました。

留学過程で田中はロシアの弱体化や組織上の問題点、ロシア人特有の享楽的な性格等を見抜きます。1902年に帰国後は、徹底して開戦論を主張。田中の意見が反映され日露戦争は行われました。

日露戦争で田中は児玉源太郎参謀総長と共に、軍の司令系統として携わります。田中の情報がなければ、日本はロシアに勝てなかったかもしれません。

功績2「高橋是清を抜擢し、モラトリアム政策で金融恐慌を収束」

昭和金融恐慌での取り付け騒ぎの様子

昭和金融恐慌の本質は「銀行の破綻」という間違った情報による取り付け騒ぎです。大蔵大臣高橋是清は預金を降ろす為に銀行に殺到した国民を安心させる為、大量の札束を銀行に置くという妙案を実施。

印刷が間に合わず、片面だけの200円札を銀行にばら撒き、何も知らない国民を安心させました。更に資金難の企業にはモラトリアム(支払猶予期間)を実施。2ヶ月足らずで恐慌を収束させます。

高橋は既に政界を引退していたのですが、田中が昭和金融恐慌収束の為に要請をお願いしたのです。モラトリアム政策を主導したのは高橋ですが、田中の功績も大きいでしょう。

田中義一の名言

当時の最上級の正装である大礼服を着た田中義一

軍隊教育は単に指揮刀を振りまわして訓練するだけではダメである。また殴る蹴るの百害あって一利なきものであるから、爾今一切そのようなことはまかりならぬ

田中は軍人は力ではなく指揮系統があって成り立つものであると伝えました。その方針のもとで陸軍をまとめ上げますが、陸軍は田中の意思を超えて暴走していきます。

田中義一にまつわる都市伝説・武勇伝

都市伝説・武勇伝1「嘘から出た誠?田中上奏文」

田中上奏文の原文

田中上奏文とは1927年7月25日に田中が昭和天皇に上奏したとされる報告書です。日本が世界征服を達成するには中国、満州を征服する必要があると書かれており、東方会議後に中国で流布されました。

こちらはその中国、満州を征服する必要があると主張した文章です。

支那を征服せんと欲せば、先ず満蒙を征せざるべからず。世界を征服せんと欲せば、必ず先ず支那を征服せざるべからず。

1922年に死去した山縣有朋が登場する等の誤りも多く、日本では偽物とされていました。中国も偽物と判断していたものの、1931年に満州事変が起こり、事態は一変。田中上奏文と同じ事が起きたからです。

田中上奏文は中国の反日活動の材料にされ、国際連盟で日本糾弾の材料にされた他、東京裁判にも影響を与えました。中国では未だに田中上奏文を本物と考える人が多いのです。誰が文章を作成したのかは謎のままです。

都市伝説・武勇伝2「自殺?腹上死?様々な憶測が持たれる死因」

田中義一の死を伝える新聞

田中が総理大臣を辞したのは1929年7月2日。狭心症の既往があった上、国の元首たる昭和天皇に叱責されたのは堪えました。田中は9月28日に貴族院議員当選祝賀会に参加するものの、元気はありませんでした。

翌日の29日の午前6時に田中は突然死去。死因は一般的には急性狭心症と言われます。前日に主治医に田中から「健康診断に来て欲しい」と連絡もありました。

田中は第二夫人のいる別邸で亡くなった為、「腹上死=行為に及んでいる時に亡くなった」等の噂が流れました。その他、松本清張は政治家夫人からの情報として「切腹自殺説」を挙げています。

田中の周囲には不名誉な噂がつきまといます。天皇の叱責後の様子から分かるように、彼も国の為に責務を果たしていたのです。

田中義一の簡単年表

1864年 - 0歳
田中義一誕生

田中義一は長門国萩城下町で誕生。生家の近くには高杉晋作の生家や木戸孝允の旧邸がある等、数々の偉人を輩出した地域でした。

1886年 - 22歳
陸軍学校を卒業後、日清戦争に従軍

教員や町役場の職員を経て1883年に陸軍士官学校に入学。更に陸軍大学校に進学します。卒業後は日清戦争に従軍しました。

1898年 - 34歳
ロシアに留学する

日清戦争後はロシアの内情を調べる為に留学を命じられます。風土に溶け込み、軍事から文化までロシアについて学びました。

1904年 - 40歳
日露戦争で満州軍の参謀として活躍

帰国後は強硬な開戦論を主張。内地の情報が重用され児玉源太郎のもとで参謀として活躍しました。

1906年 - 42歳
山縣有朋に認められて、出世を重ねる

日露戦争後に書いた随感雑録が山縣有朋に認められ、様々な役職を歴任します。

1918年 - 54歳
原敬内閣の陸軍大臣に任命される

原敬内閣で陸軍大臣に就任。シベリア出兵や尼港事件の対応に追われる中、1921年には心労で大臣を辞任します。

1925年 - 61歳
立憲政友会の総裁となる

軍人を辞めて政界に転身し、政友会総裁となりました。1927年に総理大臣となり、田中外交を推し進めました。

1929年 - 65歳
総理大臣辞職後まもなく死去

1928年に張作霖爆殺事件が勃発。首謀者の河本大作に対して穏便な対応をした事で昭和天皇に叱責されます。総理大臣を辞職したわずか3ヶ月後に死去しました。

田中義一の年表

1864年 – 0歳「田中義一誕生」

田中義一生誕の地

田中義一の父親は大男

1864年6月22日に田中義一は田中信祐と美世の三男として誕生。信祐は色白の美男子でありながら186cmの大男で、藩主毛利忠正に士分として取り立てられた人物です。幼少期の田中は腕白な少年として育ちました。

1876年 – 13歳「萩の乱に参加する」

萩の乱

萩の乱で処刑されかける

義一は13歳の頃に新堀小学校の教員となります。維新後に隆盛を極めた長州藩出身者ですが、下級武士の多くは貧困な生活を送っていました。

1876年に田中は前原一誠の起こした萩の乱に参加。乱は元騎兵隊の三浦梧楼らにより鎮圧されます。田中は年少者の為に罪を許されました。

罪は赦されたものの政府に歯向かった事は変わりません。前途の見えない田中は独学の為、松山や長崎等を転々とします。

1883年 – 19歳「陸軍士官学校に進学」

三浦梧楼

熱心に学業に取り組む

やがて田中は陸軍教導団に入団。これは下士を育成する兵団で、成績優良者は陸軍士官学校に入学出来ました。田中は優秀な成績を収め、陸軍士官学校に進学します。

陸軍士官学校の校長は萩の乱を鎮圧させた三浦梧楼です。その出会いから田中は晴れて長州藩の藩閥の一員となりました。1886年に陸軍士官学校を卒業後、陸軍大学校に進学します。

1894年 – 30歳「日清戦争に従軍」

日清戦争

日清戦争勃発

1894年に日清戦争が勃発し、田中は陸軍第2軍に従軍し第一師団参謀となります。参謀として才能を発揮し、従軍中に作成した第1師団動員計画が高い評価を得ています。

1898年 – 34歳「ロシアに留学する」

共にロシアに留学し、後に軍人と呼ばれる広瀬武夫

ロシアの内情を探る

日清戦争で日本は遼東半島を手に入れるものの、三国干渉により半島を返還。日本はロシアを仮想敵国と定めたのでした。田中は1898年にロシアの内情をさぐる為、留学を命じられます。

ちなみに田中のロシアでの通名はギイチ・ノブスケビッチ・タナカです。

強硬な開戦論を主張

開戦派の山縣有朋と不戦派の伊藤博文による攻防が続く中、田中は1902年に帰国。田中はロシアの内情を知り尽くしており、開戦論を主張します。

この主張により伊藤博文から嫌われた為、ロシア革命に身を投じる事も考えましたが、ロシア通が買われ田中は大本営参謀本部に召喚されました。

1904年 – 40歳「日露戦争」

山縣有朋

児玉源太郎のサポートに回る

日露戦争では満州軍総参謀長の児玉源太郎のもとで働きます。戦争の最中、銃殺寸前の張作霖を児玉の指示を受け、助命の伝令を出しています。

山縣有朋から期待される

田中が注目を集めるのは1906年に提出した随感雑録です。日本の国防戦略についてまとめたもので、山縣が高く評価しました。1907年には列強に対抗する為の指針である帝国国防方針の起草を任されます。

5月には参謀でありながら歩兵連隊長に就任。田中はロシアの士官と兵卒の階級格差が連携を欠いていた事を見抜き、日本軍も二の足を踏まないよう、自ら兵卒に歩み寄る姿勢を見せたのです。

1918年 – 54歳「原敬内閣の陸軍大臣に就任」

原敬内閣の一覧

軍事課長に昇進

1909年には軍事課長に昇進。様々な改革を行い、軍の組織化に抜群の手腕を発揮します。

  • 1910年 退役軍人による在郷軍人会の結成
  • 1915年 陸軍内に新聞班を設置
  • 1917年 大日本連合青年団の理事となる
  • 1917年 シベリア出兵の断行 等

原敬内閣の陸軍大臣に就任

1918年に政友会総裁の原敬内閣の陸軍大臣に就任。田中は男爵に叙され、陸軍大将に任命。

1920年3月にはニコラエフスクで赤軍パルチザンにより村民6000人が虐殺される事件が発生(尼港事件)。在留邦人や陸軍700人以上が犠牲となり、田中の責任が問われました。

更に西原借款問題(中国の段祺瑞による借金の踏み倒し)が議会で非難を浴びます。心労により1921年6月に田中は狭心症で倒れ、陸軍大臣を辞任しました。

1921年 – 57歳「原敬の暗殺」

幣原外交を進めた幣原喜重郎

原敬暗殺事件

田中が療養中、国内外で3つの重要な事が起こります。1つ目は1921年11月に起きた原敬暗殺事件。原不在の政友会は対立が起こり、1924年には政友会と政友本党に分裂します。

山縣有朋死去

2つ目は1922年2月には長州閥の重鎮山縣有朋が死去した事です。長州閥を担っていた桂太郎や寺内正毅もその前に死去していた為、田中が新たな長州閥のリーダーとみなされました。

ワシントン体制の確立

1922年2月にはワシントン海軍軍縮会議が開かれ、以下の2点が決まります。

  • 日本の満州の権益を認める
  • 中国への内政不干渉と列国との協調を図る

全権は幣原喜重郎であり、以降ワシントン体制を厳守した外交を幣原外交と呼びました。

1925年 – 61歳「政友会総裁となる」

田中義一と高橋是清

政友会総裁を打診される

元帥は確実と言われた田中ですが、1925年4月にポストの空いた政友会総裁の座に推薦されました。田中は自らのビジョンを達成する為、陸軍を退役し政治家に転身します。

当初政友会では軍部大臣を文官が行う構想がありましたが、田中はそれを否定。更に数人の人材を政友会に入党させます。

  • 鈴木喜三郎(自由主義を敵対する司法官僚で鳩山一郎の義兄)
  • 久原房之助(長州閥と関わりの深い政商)等

自由主義を謳う政友会は田中の総裁就任を経て親軍的、保守的な政党に変わっていくのです。

若槻禮次郎内閣の倒閣

1926年以降は憲政会の若槻禮次郎内閣が発足し、ワシントン体制に則った幣原外交を展開しました。

1927年の南京事件では日本人が現地で多数殺害されているものの、中国に対して抗議に留めた為、国内から批判の声が高まりました。政友会は幣原外交とは異なる武力による外交を説き、支持を集めます。

幣原外交については、以下の記事で触れているので、是非読んでみてください。

幣原喜重郎の生涯・年表まとめ【内閣時代の政策や評価、日本国憲法の話まで】

1927年 – 63歳「田中内閣発足」

田中義一内閣

若槻禮次郎内閣退陣

1927年昭和金融恐慌が発生した際、若槻内閣は枢密院と対立し処理に失敗し退陣。幣原外交への当てつけの意味もありました。

田中内閣は昭和金融恐慌の処理と積極外交を掲げて発足。昭和緊急恐慌を早々に終結させ国民の支持を得ると「田中義一内閣の政策」に挙げた政策を断行しました。

森恪による対外政策

田中は外務大臣を兼任するものの、実質的には森恪外務次官が田中外交を取り仕切りました。ある程度外交は妥協すべきと考える田中に対し、森は相当強気に山東出兵や東方会議を断行。1929年4月に罷免されます。

戦争は陸軍の暴走と思われますが、軍人以上に強硬的な政治家がいた事も覚えておきましょう。

1929年 – 65歳「総理大臣を辞職する」

張作霖爆殺事件の現場の様子

総理大臣を辞職する

田中は張作霖爆殺事件の対応をめぐり1929年7月に内閣総理大臣を辞職。3ヶ月後に死去した事は前述した通りです。田中の死は様々な影響を与えました。

政友会のその後

田中死去後の政友会は鈴木喜三郎や森恪等の保守派が実権を握るようになりました。後に統帥権干犯問題等の問題を引き起こし、陸軍が暴走するきっかけを作ります。

長州閥の終焉

張作霖爆殺事件の首謀者河本大作は長州閥に属さない若手閣僚でした。田中の死は長州閥の終焉を意味しており、永田鉄山等の若手閣僚が台頭する事になり、1931年の満州事変へと繋がります。

軽い処分で済んだ河本大作は、その後南満州鉄道の理事等の要職に就きました。厳罰を与える事が出来なかった事で、後の五・一五事件等のテロ事件を助長させたのです。

「昭和天皇の思い」

田中が提出した内閣総理大臣の辞職願

田中の死がもたらしたもの

田中の死が最も大きな影響を与えたのは、おそらく昭和天皇でした。自らの発言が総理大臣を辞任に追い込み、死因にも繋がった可能性もあった為です。昭和天皇は

私の若気の至りであった

この事件あつて以来、私は内閣の上奏する所のものは仮令自分が反対の意見を持つてゐても裁可を与へることに決心した

と述べています。日本は戦争の道へと突き進むものの、昭和天皇は閣議決定を拒否する事はなくなります。歴史にifはありませんが、「昭和天皇があの閣議決定を拒否してくれたら」という場面が多いのも事実です。

田中の政策、そして死は様々な影響を与えたのです。

田中義一の関連作品

おすすめ書籍・本・漫画

田中義一―総力戦国家の先導者

田中義一の生涯、政策を詳しく考察した本です。田中はただの開戦論者ではなく、日本を大陸国家にする為に一連の政策を掲げました。田中の認識を改めるには良い本です。

日中歴史認識―「田中上奏文」をめぐる相剋 1927‐2010

日中の対立を田中上奏文から考察する本です。田中上奏文の出所や広がる過程にも緻密な考察がされており、田中の名誉の為にも読む事を勧めます。

池上彰と学ぶ日本の総理 第23号 若槻礼次郎/田中義一/浜口雄幸 (小学館ウィークリーブック)

池上彰の総理大臣紹介シリーズ。田中義一の政策や当時の世界情勢等が分かります。政友会や憲政会、民政党等の政党政治への理解も深まります。

おすすめの動画

昭和宰相列伝1 田中義一 他(1927-1937)

昭和初期の総理大臣について紹介した動画です。山東出兵や張作霖爆殺事件の他、田中の動く姿も見れる為貴重です。屈託のない笑顔からは、田中の人柄の良さが伝わってきます。

関連外部リンク

田中義一についてのまとめ

今回は田中義一の生涯について紹介しました。萩の乱への参加というハンディを背負いながら、総理大臣まで登り詰めた田中は努力の人でした。

政友会の変質、田中外交の影響、そして田中の死による昭和天皇の気持ちの変化。田中は近現代史を語る上で良くも悪くも欠かせない存在です。今回の記事を通じて田中に興味を持っていただけたら幸いです。

コメントを残す